薬剤情報記事

Nogapendekin Alfa Inbakicept-pmln(ノガペンデキン アルファ インバキセプト)

米国承認初掲載日: 2024/5/16~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Anktiva    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Nogapendekin Alfa Inbakicept-pmln [ノガペンデキン アルファ インバキセプト]

適応となるがん

ノガペンデキン アルファ インバキセプトは、以下の治療に承認されています。
・乳頭状腫瘍の有無を問わない上皮内がんを伴う筋層非浸潤性膀胱がん。カルメット・ゲラン桿菌 (BCG) 単独による治療に反応しない成人のがん患者に対して、BCGと併用される。

ノガペンデキン アルファ インバキセプトは、他の種類のがんの治療でも研究されています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAがBCG不応性の筋層非浸潤膀胱がんにノガペンデキン アルファ インバキセプトを承認

Nogapendekin Alfa Inbakicept-pmln [ノガペンデキン アルファ インバキセプト] に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。
ノガペンデキン アルファ インバキセプトの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Lifileucel(リフィリューセル)

米国承認初掲載日: 2024/3/26~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Amtagvi    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Lifileucel [リフィリューセル]

適応となるがん

リフィリューセルは、以下の治療に承認されています。
・悪性黒色腫、がんが体の他の部位に転移しているか、切除不能の成人患者に用いられる。
・PD-1阻害抗体および、BRAF遺伝子異常のある場合MEK阻害薬の併用の有無にかかわらずBRAF阻害薬に対して、反応がない場合または反応しなくなった場合に使用する。

リフィリューセルは、他の種類のがんの治療でも研究されています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
切除不能または転移を有する悪性黒色腫に対し、リフィリューセルを迅速承認

Lifileucel[リフィリューセル]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。
リフィリューセルの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Nirogacestat(ニロガセスタット)

米国承認初掲載日: 2023/12/19~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Ogsiveo    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Nirogacestat[ニロガセスタット]

適応となるがん

ニロガセスタットは、以下の治療に承認されています。
・進行性のデスモイド腫瘍。
・全身療法が必要な成人患者に使用されます。

ニロガセスタットは、他の種類のがんの治療でも研究されています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAがデスモイド腫瘍にニロガセスタットを承認

Nirogacestat[ニロガセスタット]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ニロガセスタットの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Repotrectinib(レポトレクチニブ)

米国承認初掲載日: 2023/12/7~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Augtyro    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Repotrectinib [レポトレクチニブ]

適応となるがん

レポトレクチニブは、以下の治療に承認されています。

・転移性、ROS1陽性の非小細胞肺がん

レポトレクチニブは、他の種類のがんの治療でも研究されています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAがROS1陽性肺がん(NSCLC)にレポトレクチニブを承認

Repotrectinib[レポトレクチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

レポトレクチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Fruquintinib(フルキンチニブ)

米国承認初掲載日: 2023/11/28~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Fruzaqla    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Fruquintinib [フルキンチニブ]

適応となるがん

フルキンチニブは、以下の治療に承認されています。

・他の部位に転移した大腸がん。フルオロピリミジン、オキサリプラチン、イリノテカン、抗VEGF療法による治療歴のある成人患者に使用されます。KRAS野生型を有するがん患者も抗EGFR療法を受けている可能性があります。

フルキンチニブは、他の種類のがんの治療でも研究されています。 
適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが遠隔転移を有する難治性大腸がんにフルキンチニブを承認

Fruquintinib [フルキンチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

フルキンチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Toripalimab(トリパリマブ)

米国承認初掲載日: 2023/12/12~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Loqtorzi    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Toripalimab [トリパリマブ]

適応となるがん

トリパリマブは、以下の治療に承認されています。
・上咽頭がん(頭頚部がんの一種)
 ・がんが体の他の部位に転移したり近くの組織に再発した成人に対する一次治療として、シスプラチンおよびゲムシタビンとの併 用で使用する。
 ・成人で、がんが再発して手術で切除できないか、体の他の部位に転移しており、プラチナ製剤による化学療法を受けたが効果がなかったか、もはや効果がない場合に単独で使用する。

トリパリマブは、他の種類のがんの治療でも研究されています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Toripalimab [トリパリマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

トリパリマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Elranatamab-bcmm(エラナタマブ)

米国承認初掲載日: 2023/08/25~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Elrexfio    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Elranatamab-bcmm [エラナタマブ]

適応となるがん

エラナタマブは、以下の治療に承認されています。
・再発または難治性の多発性骨髄腫。免疫調節剤、プロテアソーム阻害剤、抗 CD38 モノクローナル抗体を含む 4 ライン以上の治療歴のある成人に使用されます。

エラナタマブは、FDA の迅速承認プログラムに基づいて承認されています。承認の条件として、検証的試験によりこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
エラナタマブは、他の種類のがんの治療でも研究されています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが多発性骨髄腫にエラナタマブを迅速承認

Elranatamab-bcmm [エラナタマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エラナタマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

PEB療法

初掲載日: 2016/08/15

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → PEB療法

適応となるがん

PEB療法は以下の治療に用いられます。
脳への浸潤がない、悪性性腺外胚細胞がん 。
悪性卵巣胚細胞がん 。
悪性精巣胚細胞癌がん

本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

PEB療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
PEB療法で使用される薬剤
P=Cisplatin  [シスプラチン(シスプラチン注射剤)]
E=Etoposide phosphate  [エトポシドリン酸塩]
B=Bleomycin  [ブレオマイシン]

化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[PEB regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

PCV療法

初掲載日: 2015/09/02

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → PCV療法

適応となるがん

PCV療法は以下の治療に用いられます。
脳腫瘍(特定の種類)。PCV療法は放射線治療とよく併用されます。

本併用療法は、他の薬剤もしくは治療法との併用、またはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

PCV療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
PCV療法で使用される薬剤
P = プロカルバジン塩酸塩
C = ロムスチン(CCNU)
V =ビンクリスチン硫酸塩

化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[PCV regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

MVAC療法

初掲載日: 2018/08/08

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → MVAC療法

適応となるがん

MVAC療法は、以下の治療に用いられます。
・進行尿路上皮がん(膀胱がんを含む)

本併用療法は、他の薬剤もしくは治療法との併用、またはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

MVAC療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
MVAC療法で使用される薬剤
M = メトトレキサート
V = ビンブラスチン
A = ドキソルビシン(アドリアマイシン)
C = シスプラチン

化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[MVAC regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pomalidomide[ポマリドミド]

米国承認初掲載日: 2013/02/13

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Actimid、Pomalyst[ポマリスト]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pomalidomide[ポマリドミド]

適応となるがん

ポマリドミドは、以下の治療に承認されています。
・高活性抗レトロウイルス療法(HAART)による治療後に疾患が増悪した成人のAIDS関連カポジ肉腫1
・HIV陰性の成人のカポジ肉腫1
多発性骨髄腫。レナリドミドとプロテアソーム阻害剤を含んだ2種類以上の他の療法による治療中または治療後に疾患が増悪した成人患者の治療にデキサメタゾンとの併用で使用されます。

1本適応は、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験によりポマリドミドがこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
ポマリドミドは、ポマリストREMS(リスク評価・軽減戦略)という特別なプログラムを通じてのみ入手可能です。
ポマリドミドは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが、カポジ肉腫にポマリドミドを迅速承認
ポマリドミドのFDA承認

Pomalidomide[ポマリドミド]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ポマリドミドの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Polatuzumab Vedotin-piiq[ポラツズマブベドチン]

米国承認初掲載日: 2019/06/25

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Polivy
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Polatuzumab Vedotin-piiq[ポラツズマブベドチン]

適応となるがん

ポラツズマブベドチンは、以下の治療に承認されています。
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫。2つ以上の他の治療を受けた後にがんが再発した、または改善しなかった成人患者に、ベンダムスチンおよびリツキシマブとの併用で使用されます。

本適応は、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験によりポラツズマブベドチンがこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
ポラツズマブベドチンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAがびまん性大細胞型B細胞リンパ腫にポラツズマブベドチンを承認

Polatuzumab Vedotin-piiq[ポラツズマブベドチン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ポラツズマブベドチンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Plerixafor[プレリキサホル]

米国承認初掲載日: 2009/02/25

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Mozobil[モゾビル]
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Plerixafor[プレリキサホル]

適応となるがん

プレリキサホルは、以下の治療に顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)との併用で承認されています。
多発性骨髄腫
非ホジキンリンパ腫(NHL)

プレリキサホルは、自家幹細胞移植において幹細胞が骨髄から末梢血中へ移行することを助長します。これにより幹細胞を回収、貯蔵し、患者の体内に戻すことが可能となります。
プレリキサホルは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Plerixafor[プレリキサホル]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

【NCIブログ】末梢血幹細胞移植に使用される薬剤が転移乳がんに対する免疫療法を強化する可能性(2019/03/11)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

プレリキサホルの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pexidartinib[ペキシダルチニブ]

米国承認初掲載日: 2020/03/23

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Turalio
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pexidartinib[ペキシダルチニブ]

適応となるがん

ペキシダルチニブは、以下の治療に承認されています。
腱滑膜巨細胞腫。手術による改善の見込みがない重度の疾患に伴う症状を有する特定の成人患者に使用されます。

ペキシダルチニブは、Turalio REMS(リスク評価・軽減戦略)という特別なプログラムを通じてのみ入手可能です。
ペキシダルチニブは、一部のがん種やその他の病態の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが腱滑膜巨細胞腫にペキシダルチニブを承認

Pexidartinib[ペキシダルチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ペキシダルチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pertuzumab, Trastuzumab, and Hyaluronidase-zzxf[ペルツズマブ・トラスツズマブ・ヒアルロニダーゼ]

米国承認初掲載日:2020/07/15

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Phesgo
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

適応となるがん

ペルツズマブ・トラスツズマブ・ヒアルロニダーゼは、以下の治療にドセタキセルまたは他の化学療法との併用で承認されています。
・HER2陽性乳がん。
- 局所進行、炎症性、または早期乳がんの成人患者に、術前補助化学療法として使用されます。化学療法と併用して投与されます。
- がんの再発リスクが高い早期乳がんの成人患者に、術後補助化学療法として使用されます。化学療法と併用して投与されます。
- 抗HER2療法または化学療法による治療歴のない転移乳がんの成人患者に使用されます。ドセタキセルと併用して投与されます。
ペルツズマブ・トラスツズマブ・ヒアルロニダーゼは、皮下注射で投与されるペルツズマブとトラスツズマブの固定用量配合剤です。点滴で投与されるペルツズマブまたはトラスツズマブより短時間で投与できます。ペルツズマブ・トラスツズマブ・ヒアルロニダーゼに適用されるペルツズマブとトラスツズマブの詳細については、ペルツズマブおよびトラスツズマブの薬剤情報をご覧ください。
→ 応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが医療従事者による在宅投与可能なHER2乳がんの皮下注射剤Phesgoを承認

Pertuzumab, Trastuzumab, and Hyaluronidase-zzxf[ペルツズマブ・トラスツズマブ・ヒアルロニダーゼ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ペルツズマブ・トラスツズマブ・ヒアルロニダーゼの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

MOPP療法

初掲載日: 2009/09/18

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → MOPP療法

適応となるがん

MOPP療法は以下の治療に用いられます。
・ホジキンリンパ腫

本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

MOPP療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
MOPP療法で使用される薬剤
M = メクロレタミン
O = ビンクリスチン(オンコビン)
P = プロカルバジン
P = プレドニゾン

化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[MOPP regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Vincristine Sulfate[ビンクリスチン]

米国承認初掲載日: 2008/12/10~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 -   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Vincristine Sulfate[ビンクリスチン]

適応となるがん

ビンクリスチンは、以下の疾患を有する成人および小児患者の治療に承認されています。
急性白血病
ビンクリスチンは、以下を含む他のがん種を有する成人および小児患者の治療に使用されることがあります。
ホジキンリンパ腫
神経芽細胞腫
非ホジキンリンパ腫(NHL)
横紋筋肉腫
ウィルムス腫瘍
ビンクリスチンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Vincristine Sulfate[ビンクリスチン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ビンクリスチンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Vinblastine Sulfate[ビンブラスチン]

米国承認初掲載日: 2011/02/03~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 -  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Vinblastine Sulfate[ビンブラスチン]

適応となるがん

ビンブラスチンは、以下の疾患に緩和療法として承認されています。
・他の治療法で改善しなかった乳がん。成人患者に使用されます。
・他の化学療法で改善しなかった絨毛がん(妊娠性絨毛性疾患の一種)。成人患者に使用されます。
ホジキンリンパ腫。進行疾患を有する成人および小児患者に使用されます。
カポジ肉腫。成人患者に使用されます。
菌状息肉腫(皮膚T細胞リンパ腫の一種)。成人患者に使用されます。
・成人の非ホジキンリンパ腫(NHL)
精巣胚細胞腫瘍。進行疾患を有する成人および小児患者に使用されます。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Vinblastine Sulfate[ビンブラスチン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ビンブラスチンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Venetoclax[ベネトクラクス]

米国承認初掲載日: 2016/04/13~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Venclexta[ベネクレクスタ]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 ベネクレクスタ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Venetoclax[ベネトクラクス]

適応となるがん

ベネトクラクスは、以下の治療に承認されています。
・新たに診断された急性骨髄性白血病。75歳以上の成人患者または集中的な導入化学療法が非適応の成人患者に使用されます。アザシチジン、デシタビンもしくは低用量のシタラビンと併用されます。
・成人の慢性リンパ性白血病(CLL)または小リンパ球性リンパ腫(SLL)。単剤で投与されるか、オビヌツズマブまたはリツキシマブとの併用で投与されます。
ベネトクラクスは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが急性骨髄性白血病にベネトクラクス併用療法を正式承認
FDAが白血病(CLL)および小リンパ球性リンパ腫にべネトクラックスを承認
FDAが高齢者急性白血病の治療にvenetoclaxを承認
FDAがp17欠失のない慢性リンパ性白血病に対してもvenetoclaxを承認
FDAが、17p欠失慢性リンパ性白血病にvenetoclaxを承認

Venetoclax[ベネトクラクス]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】ベネトクラクス+リツキシマブが白血病(CLL)の予後を改善(2018/01/05)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ベネトクラクスの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

VeIP療法

初掲載日: 2011/12/23~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → VeIP療法

適応となるがん

VeIP療法は以下の進行性疾患の治療に用いられます。
・卵巣胚細胞腫瘍
・精巣胚細胞腫瘍
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

VeIP療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
VeIP療法で使用される薬剤
Ve =  ビンブラスチン(Velban)
I = イホスファミド

P =  シスプラチン(プラチノール)
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[VeIP regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

VAMP療法

初掲載日: 2011/12/22~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → VAMP療法

適応となるがん

VAMP療法は以下の治療に用いられます。
・小児ホジキンリンパ腫。同療法はリスクの低い癌放射線療法と併用して用いられます。
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

VAMP療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
VAMP療法で使用される薬剤
V = ビンクリスチン
A = ドキソルビシン (アドリアマイシン)
M = メトトレキサート
P = プレドニゾン

化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[VAMP regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Vemurafenib[ベムラフェニブ]

米国承認初掲載日: 2011/09/09~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Zelboraf [ゼルボラフ]    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 ゼルボラフ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Vemurafenib[ベムラフェニブ]

適応となるがん

ベムラフェニブは、BRAF遺伝子に特定の変異を有する以下の疾患の患者の治療に承認されています。
エルドハイム・チェスター病
・切除不能または転移したメラノーマ
ベムラフェニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAがエルドハイム・チェスター病にベムラフェニブを承認

Vemurafenib[ベムラフェニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ベムラフェニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Vandetanib[バンデタニブ]

米国承認初掲載日: 2011/04/29~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Caprelsa [カプレルサ]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 カプレルサ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Vandetanib[バンデタニブ]

適応となるがん

バンデタニブは、以下の治療に承認されています。
・切除不能な局所進行または転移した甲状腺髄様がん
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
バンデタニブのFDA承認(日本語訳)

Vandetanib[バンデタニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

バンデタニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Ponatinib Hydrochloride[ポナチニブ ]

米国承認初掲載日: 2012/12/26~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Iclusig[イクルシグ]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Ponatinib Hydrochloride[ポナチニブ ]

適応となるがん

ポナチニブは、以下の治療において承認されています。
・フィラデルフィア染色体陽性でT315I変異のある急性リンパ性白血病
・T315I変異のある慢性骨髄性白血病
T315I変異のない上記白血病の患者については、他のチロシンキナーゼ阻害剤による治療を受けることができなかった場合に、ポナチニブが使用されます。
ポナチニブは、そのほかのがんの治療にも試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
ポナチニブのFDA承認

Ponatinib Hydrochloride[ポナチニブ ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【臨床試験結果】薬剤抵抗性の白血病に期待される治験薬ポナチニブ(2012/12/11)(日本語訳)-この治療薬に対する重要な臨床試験結果、背景や試験実施方法についての情報。

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ポナチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

VAC療法

初掲載日: 2015/12/08~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → VAC療法

適応となるがん

VAC療法は以下の治療に用いられます。
・卵巣胚細胞腫瘍(特定の種類)
・小児横紋筋肉腫
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

VAC療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は各種薬剤の情報がご覧いただけます。
VAC療法で使用される薬剤
V=ビンクリスチン硫酸塩
A=ダクチノマイシン(アクチノマイシンD)
C=シクロホスファミド
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[VAC regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pralatrexate[プララトレキセート]

米国承認初掲載日: 2009/10/29~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Folotyn 
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pralatrexate[プララトレキセート]

適応となるがん

プララトレキセートは、以下の治療に承認されています。
・難治性または再発した末梢T細胞リンパ腫
本適応は、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験によりプララトレキセートがこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
プララトレキセートは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
プララトレキセートのFDAの承認(日本語訳)

Pralatrexate[プララトレキセート]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

プララトレキセートの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pralsetinib[プラルセチニブ]

米国承認初掲載日: 2020/10/09~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Gavreto    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pralsetinib[プラルセチニブ]

適応となるがん

プラルセチニブは、以下の治療に承認されています。
・RET遺伝子変異を有する進行または転移甲状腺髄様がん。全身治療を必要とする成人患者および12歳以上の小児患者に使用されます。1
・RET融合遺伝子を有する転移非小細胞肺がん。成人患者に使用されます。1
・RET融合遺伝子を有する進行または転移甲状腺がん。放射性ヨウ素治療を受けたが効果が得られなかったもしくはこれ以上効果が得られない患者を含む、全身治療を必要とする成人患者および12歳以上の小児患者に使用されます。1
1本適応は、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験によりプラルセチニブがこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
プラルセチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAがRET遺伝子変異を有する甲状腺髄様がんにプラルセチニブを承認
FDAがRET融合遺伝子を有する肺がんにプラルセチニブを承認

Pralsetinib[プラルセチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

プラルセチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Prednisone[プレドニゾン]

米国承認初掲載日: 2010/08/25~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標  ―
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Prednisone[プレドニゾン]

適応となるがん

プレドニゾンは、炎症を軽減し免疫反応を抑制する目的での使用に承認されています。
プレドニゾンは、他剤との併用で以下のがんの治療に使用されます。
急性リンパ性白血病(ALL)および急性骨髄性白血病(AML)。成人および小児患者に緩和療法として使用されます。
慢性リンパ性白血病(CLL)および慢性骨髄性白血病(CML)。成人患者に緩和療法として使用されます。
ホジキンリンパ腫。成人患者に緩和療法として使用されます。
菌状息肉腫(皮膚T細胞リンパ腫の一種)
非ホジキンリンパ腫。成人患者に緩和療法として使用されます。
プレドニゾンは、単独または他剤との併用で、がんに関連した以下の病態の予防および治療にも使用されます。
貧血
薬剤過敏症(アレルギー反応)
高カルシウム血症(血中カルシウム値の上昇)
血小板減少症(血小板値の低下)
プレドニゾンは、その他多くの疾患および病態の治療に単独または他剤との併用で使用されます。また、多くのがん種やその他の病態の治療について、引き続き試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが転移性高リスク去勢感受性前立腺がんにアビラテロンアセテートとプレドニゾンの併用を承認

Prednisone[プレドニゾン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】小児白血病治療が思春期・若年成人にも有効(2019/02/25)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

プレドニゾンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Procarbazine Hydrochloride[プロカルバジン]

米国承認初掲載日: 2010/08/28~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Matulane  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Procarbazine Hydrochloride[プロカルバジン]

適応となるがん

プロカルバジンは、以下の治療に他剤との併用で承認されています。
・進行ホジキンリンパ腫。成人および小児患者に使用されます。
プロカルバジンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Procarbazine Hydrochloride[プロカルバジン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

プロカルバジンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Propranolol Hydrochloride[プロプラノロール]

米国承認初掲載日:2016/09/02~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Hemangeol[ヘマンジオル]、Inderal[インデラル]  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Propranolol Hydrochloride[プロプラノロール]

適応となるがん

プロプラノロールは、以下の治療に承認されています。
小児血管腫(良性腫瘍)。5週目から5か月までの小児患者に使用されます。
本適応で承認されているプロプラノロールの商品名(以下、米国商標):「ヘマンジオル」。
プロプラノロールは、褐色細胞腫患者の手術前や他の疾患や病態を含む高血圧の治療に他の商標でも使用されています。プロプラノロールは、その他の病態や他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Propranolol Hydrochloride[プロプラノロール]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

プロプラノロール塩酸塩の臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Valrubicin[バルルビシン]

米国承認初掲載日: 2017/10/31~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Valstar   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Valrubicin[バルルビシン]

適応となるがん

バルルビシンは、以下の治療に承認されています。
膀胱がん。カルメット-ゲラン桿菌(BCG)による治療が奏効しない上皮内がんに対する治療として膀胱内に直接投与されます。直ちに手術を受けることができない患者に使用されます。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Valrubicin[バルルビシン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

バルルビシンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Sunitinib Malate [ス二チニブ]

米国承認初掲載日: 2006/10/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Sutent [スーテント]  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる /商標 スーテント

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Sunitinib [スニチニブ]

適応となるがん

スニチニブは、以下の治療に承認されています。
消化管間質腫瘍(胃がんの一種)。イマチニブを使用中に病態が増悪した患者や、イマチニブを使用できない患者に対して使用されます。
膵臓がん。手術による摘出不可能、局所進行または転移した進行性神経内分泌腫瘍の患者に対して使用されます。
腎細胞がん(腎がんの一種)。
・進行疾患の患者に使用されます。
・腎摘除術を受けており、がんが再発するリスクが高い患者に補助療法として使用されます。
スニチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
スニチニブのFDA承認(日本語訳)

FDA承認ニュース
FDAが腎細胞がんの術後化学療法にスニチニブを承認

Sunitinib[スニチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

スニチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pertuzumab[ペルツズマブ]

米国承認初掲載日: 2012/07/13

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Perjeta[パージェタ]
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる/商標 パージェタ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pertuzumab[ペルツズマブ]

適応となるがん

ペルツズマブは、以下の治療にトラツズマブおよびドセタキセルまたは他剤との併用で承認されています。
・HER2陽性(HER2+)の乳がん
・転移疾患に対して抗HER2療法や化学療法を受けたことのない転移疾患の患者に使用されます。
・局所進行、炎症性または早期乳がんに対する術前補助療法(術前に腫瘍を縮小させるため)として使用されます。
・再発リスクの高い早期乳がんに補助療法として使用されます。

ペルツズマブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
ペルツズマブのFDA承認(日本語訳)

FDA承認ニュース
FDAがHER2陽性乳がん術後補助療法にペルツズマブを承認

Pertuzumab[ペルツズマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ペルツズマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pemigatinib[ペミガチニブ]

米国承認初掲載日: 2020/04/28

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Pemazyre
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pemigatinib[ペミガチニブ]

適応となるがん

ペミガチニブは、以下の治療に承認されています。
・転移または局所進行し手術による治療ができない胆管がん。FGFR2遺伝子融合またはFGFR2遺伝子の構造に他の変化を有する疾患に対して治療歴がある成人患者に使用されます。

本適応は、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験によりペミガチニブがこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
ペミガチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAがFGFR2再構成/融合胆管がんにペミガチニブを迅速承認

Pemigatinib[ペミガチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ペミガチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pemetrexed[ペメトレキセド]

米国承認初掲載日: 2006/10/05

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Alimta[アリムタ]、Pemfexy
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pemetrexed[ペメトレキセド]

適応となるがん

ペメトレキセドは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。
・手術で治療できない悪性胸膜中皮腫
・再発、局所進行または転移した非扁平上皮非小細胞性肺がん(特定の患者)

ペメトレキセドは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
ペメトレキセドのFDA承認(日本語訳)

Pemetrexed[ペメトレキセド]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ペメトレキセドの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

STANFORD V療法

初掲載日: 2009/09/18~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → STANFORD V療法

適応となるがん

STANFORD V療法は以下の治療に用いられます。
・ホジキンリンパ腫
 適応となるがん最新(原文ページ)

STANFORD V療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
STANFORD V療法で使用される薬剤
メクロレタミン
ドキソルビシン
ビンブラスチン
ビンクリスチン
ブレオマイシン
エトポシドリン酸塩
プレドニゾン
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗癌作用を示すため、通常、多剤併用は単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)によって承認されています。
NCI治療薬辞典[STANFORD V regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Sotorasib [ソトラシブ]

米国承認初掲載日: 2021/06/21~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Lumakras   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 ルマケラス

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Sotorasib [ソトラシブ]

適応となるがん

ソトラシブは、以下の治療に承認されています。
・KRAS p.G12C変異を有する転移非小細胞肺がん(NSCLC)。1種類以上の全身療法を受けた成人患者に使用されます。
ソトラシブは、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験により本剤がこれらの患者に有用性をもたらすことが示されなければなりません。
ソトラシブは他のがん種についても試験が行なわれています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが進行非小細胞肺がんにKRAS G12C阻害薬ソトラシブを承認

Sotorasib[ソトラシブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ソトラシブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Sorafenib Tosylate [ソラフェニブ]

米国承認初掲載日: 2006/10/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Nexavar [ネクサバール]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 ネクサバール

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Sorafenib Tosylate [ソラフェニブ]

適応となるがん

ソラフェニブは、以下の治療に承認されています。
・手術による切除不能な肝細胞がん(肝がんの一種)。
・進行腎細胞がん(腎がんの一種)。
甲状腺がん。放射性ヨード療法に反応しなくなった進行、再発または転移疾患を有する特定の患者に使用されます。
ソラフェニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
ソラフェニブのFDA承認(日本語訳)

Sorafenib Tosylate[ソラフェニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

研究結果
【NCIブログ】ソラフェニブがデスモイド腫瘍/侵襲性線維腫症患者の無増悪生存期間を延長(2018/03/28)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

ソラフェニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Uridine Triacetate [ウリジントリアセテート]

米国承認初掲載日: 2016/01/07~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Vistogard  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Uridine Triacetate [ウリジントリアセテート]

適応となるがん

ウリジントリアセテートは、以下の緊急治療薬として承認されています 。
・フルオロウラシルまたはカペシタビン投与後4日以内に発現した心疾患系または 中枢神経系に対する毒性またはその他の重篤な副作用
・フルオロウラシルまたはカペシタビンの過剰投与
ウリジントリアセテートは、その他の病態 についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが化学療法剤の過剰投与に緊急治療薬ウリジン・トリアセテートを承認

Uridine Triacetate [ウリジントリアセテート]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ウリジントリアセテートの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pembrolizumab[ペムブロリズマブ]

米国承認初掲載日: 2014/09/18

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Keytruda[キイトルーダ]
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる/商標 キイトルーダ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pembrolizumab[ペムブロリズマブ]

適応となるがん

ペムブロリズマブは、以下の治療に承認されています。
・トリプルネガティブ乳がん
 -PD-L1陽性で再発し手術による切除不能または転移したがんを有する患者に化学療法と併用して使用されます。
 -再発リスクの高い初期がん患者に、手術前に化学療法と併用して使用し、手術後に単剤で使用されます。

子宮頸がん。
 -PD-L1陽性で、化学療法による治療中または治療後に増悪した再発または転移がんを有する患者に単剤で使用されます。  
 -PD-L1陽性で再発または転移がんを有する患者または治療が奏効しなかった患者に、化学療法あるいは化学療法+ベバシズマブとの併用で使用されます。

古典的ホジキンリンパ腫。
 -難治性または再発がんを有する成人患者に使用されます。  
 -難治性または2つ以上の他の種類の治療を受けた後に再発したがんを有する小児患者に使用されます。

・局所進行、再発または転移皮膚扁平上皮がん(皮膚がんの一種)。手術や放射線治療で治癒しない患者に使用されます。

・手術または放射線治療で治療できず他の全身治療後に増悪した子宮内膜がん。
 -高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)またはミスマッチ修復欠損(dMMR)を有さない患者に、レンバチニブとの併用で使用されます。  
 -MSI-HまたはdMMRを有するがん患者に単剤で使用されます。

・手術または化学療法と放射線療法の併用により治療できない転移食道がんまたは胃食道接合部がん。
 -プラチナ製剤による化学療法とフルオロピリミジンとの併用で使用されます。  
 -PD-L1陽性で全身療法による治療を受けた扁平上皮細胞がん患者に単剤で使用されます。

胃がん・胃食道接合部腺がん。  
 -HER2陽性で転移がんを有する患者または手術による治療ができない患者に、初回治療としてトラスツズマブとフルオロピリミジン+プラチナ製剤による化学療法との併用で使用されます。1  
 -PD-L1陽性で再発または転移がんを有する患者に単剤で使用されます。2回以上のフルオロピリミジン+プラチナ製剤による化学療法(場合によっては、HER2 標的療法)での治療中または治療後にがんが増悪した患者に使用されます。1

・ソラフェニブによる治療歴を有する患者の肝細胞がん(肝がんの一種)。1

メラノーマ。  
 -手術による切除不能もしくは転移したがんを有する患者に使用されます。  
 -IIB期、IIC期またはIII期のメラノーマを有する成人患者および12歳以上の小児患者に使用されます。手術により切除された後にメラノーマが再発するのを予防するために使用されます。

メルケル細胞がん(成人および小児)。再発または転移がん患者に使用されます。1

・転移性または手術による切除不能な高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)またはミスマッチ修復欠損(dMMR)がん。
 -他の治療後に増悪し、他の療法で治療できない成人患者および小児患者の固形腫瘍の治療に使用されます。1  
 -大腸がんの治療に使用されます。MSI-HおよびdMMRがんは特定の遺伝子変異を有し、治療の種類によっては奏効しないことがあります。

非小細胞肺がん。  
 -EGFR遺伝子またはALK遺伝子に変異がない転移非扁平上皮がん患者に初回治療としてペメトレキセドおよびプラチナ製剤による化学療法との併用で使用されます。  
 -転移扁平上皮がんに初回治療としてカルボプラチン+パクリタキセルもしくはカルボプラチン+パクリタキセル・アルブミン安定小粒子製剤との併用で使用されます。  
 -PD-L1陽性でEGFR遺伝子またはALK遺伝子に変異がないがんを有する患者に初回治療として単剤で使用されます。手術、化学療法または放射線療法で治療できないステージIIIのがん患者に使用されます。転移がんを有する患者にも使用されます。  
 -転移がんを有し、PD-L1陽性でプラチナ製剤による化学療法での治療中または治療後に増悪した患者に単剤で使用されます。EGFR遺伝子またはALK遺伝子に変異を有するがん患者は、遺伝子変異に対しFDAが承認した治療を受けた後に増悪した場合にのみ、ペムブロリズマブによる治療を受けるべきです。

原発性縦隔大細胞型B 細胞リンパ腫。難治性または2つ以上の他の治療法を受けた後に再発したがんを有する成人患者および小児患者に使用されます。

腎細胞がん(腎がんの一種)
 -手術による切除不能または転移したがん患者に初回治療としてアキシチニブまたはレンバチニブとの併用で使用されます。  
 -腎臓を切除する手術または腎臓および転移がんを切除する手術を受けた後に再発するリスクの高い患者に補助療法として使用されます。

・腫瘍遺伝子変異量の高い(TMB-H)固形がん(転移がんまたは手術による切除不能)。治療後にがんが増悪し、他の治療法を受けることができない成人および小児患者に使用されます。1

・再発または転移頭頸部扁平上皮がん。  
 -手術による切除不能ながん患者に初回治療としてプラチナ製剤による化学療法およびフルオロウラシルとの併用で使用されます。  
 -PD-L1陽性で手術による切除不能ながん患者に初回治療として単剤で使用されます。  
 -プラチナ製剤による化学療法での治療中または治療後にがんが増悪した患者に単剤で使用されます。

尿路上皮がん(膀胱がんの一種)。  
 -転移し、プラチナ製剤による化学療法で治療できないがん、もしくはプラチナ製剤による化学療法による治療中または治療後に増悪したがんを有する患者に使用されます。  
 -リスクが高く、カルメット・ゲラン桿菌(BCG)による治療が奏効せず、筋肉に転移していない上皮内がんを有する患者に使用されます。手術を受けることができないまたは手術を受けないと決めた患者に使用されます。 

1本適応は、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験によりペムブロリズマブがこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。

ペムブロリズマブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが腎細胞がんの術後療法としてペムブロリズマブを承認
FDAが再発/転移子宮頸がんの一次治療にペムブロリズマブの併用を承認
FDAが進行腎細胞がんにペムブロリズマブとレンバチニブの併用を承認
FDAがハイリスク早期トリネガ乳がんの術前/術後補助療法にペムブロリズマブを承認
FDAがHER2陽性胃がんと胃食道接合部がんにペムブロ+トラスツズマブ+化学療法を承認
FDAが食道/胃食道接合部がんにペムブロリズマブを承認
FDAが局所再発切除不能または転移トリネガ乳がんにペムブロリズマブを迅速承認
FDAが古典的ホジキンリンパ腫にペムブロリズマブを拡大承認
FDAが切除不能な大腸がんの初回治療にペムブロリズマブ(キイトルーダ)を承認
FDAが皮膚扁平上皮がんにペムブロリズマブを承認
FDAが、腫瘍遺伝子変異量の高い(TMB-H)成人/小児の固形がんにペムブロリズマブを承認
FDAがペムブロリズマブの新たな投与レジメンを承認
FDAがBCG不応高リスク筋層非浸潤膀胱がんにペムブロリズマブを承認
FDAが肝細胞がんにペムブロリズマブを迅速承認
FDAが転移扁平上皮肺がんの初回治療にペムブロリズマブ併用を承認
FDAが転移非扁平上皮肺がん初回治療にぺムブロリズマブを正式承認
FDAが尿路上皮がんでのアテゾリズマブとペムブロリズマブの使用を制限
FDAが再発または転移性子宮頸がんにペムブロリズマブを承認
FDA が再発・難治性B細胞リンパ腫(PMBCL)にペムブロリズマブを承認
FDAが特定の遺伝子特性を有するあらゆる固形がんにペムブロリズマブを承認
FDAが進行または転移性尿路上皮がんにペムブロリズマブを承認
ペムブロリズマブ、古典的ホジキンリンパ腫にFDAが迅速承認
ペムブロリズマブ、高PD-L1発現肺癌一次治療にFDA承認
FDAが頭頸部扁平上皮がん治療にペムブロリズマブを迅速承認
FDAが転移性メラノーマの一次治療にペムブロリズマブを承認
FDAが進行非小細胞肺がんの治療にペムブロリズマブを承認

Pembrolizumab[ペムブロリズマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

【NCIブログ】HLA遺伝子:免疫療法薬が必ずしもすべての人に有効ではない理由(2022/01/27)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報
【NCIブログ】免疫チェックポイント阻害薬の長期的な副作用が研究で明らかに(2021/04/30)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報
【NCIブログ】新しい抗がん剤、新たな副作用、がん免疫療法の合併症(2019/05/10)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ペムブロリズマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Nivolumab and Relatlimab-rmbw[ニボルマブとレラトリマブの配合剤]

米国承認初掲載日: 2022/04/14~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Opdualag
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Nivolumab and Relatlimab-rmbw[ニボルマブとレラトリマブの配合剤]

適応となるがん

ニボルマブとレラトリマブの配合剤は、以下の治療に承認されています。
・手術による切除不能または転移したメラノーマ。成人患者と12歳以上の小児患者に使用されます。
本剤はニボルマブとレラトリマブの配合剤です。この剤形は、いずれかを単独で使用するよりも高い効果を発揮する可能性があります。この配合剤に適用される可能性があるニボルマブに関する詳細な情報については、ニボルマブの薬剤情報詳細をご覧ください。
ニボルマブとレラトリマブの配合剤は、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが切除不能または転移メラノーマにニボ+レラトリマブの配合剤を承認

Nivolumab and Relatlimab-rmbw[ニボルマブとレラトリマブの配合剤]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】初のLAG-3標的免疫療法薬OpdulagのFDA承認(2022/04/06)(日本語訳)-この治療薬をがんに使用する際の情報
【NCIブログ】Nivolumab and Relatlimab Combination Shows Promise in Advanced Melanoma[ニボルマブとレラトリマブの配合剤が進行メラノーマ治療に有望](2021/06/21)(原文)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ニボルマブとレラトリマブの配合剤の臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pegfilgrastim[ペグフィルグラスチム]

米国承認初掲載日: 2016/12/22

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Fulphila、Neulasta、Nyvepria、Udenyca、Ziextenzo
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pegfilgrastim[ペグフィルグラスチム]

適応となるがん

ペグフィルグラスチムは、以下の成人および小児患者の感染症リスクの低減に承認されています。
・非骨髄性がんに対する骨髄抑制化学療法による好中球減少症

ペグフィルグラスチムは、フィルグラスチムとポリエチレングリコールの結合体です。この結合体は、フィルグラスチムよりも体内に長く滞留するため、投与回数が少なくて済みます。詳細情報は、フィルグラスチムの薬剤情報をご参照下さい。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Pegfilgrastim[ペグフィルグラスチム]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ペグフィルグラスチムの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pegaspargase[ペグアスパラガーゼ]

米国承認初掲載日: 2006/10/05

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Oncaspar
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pegaspargase[ペグアスパラガーゼ]

適応となるがん

ペグアスパラガーゼは、以下の治療に他剤との併用で承認されています。
急性リンパ芽球性白血病(ALL)。成人および小児患者に使用されます。
・初回治療として使用されます。
・アスパラギナーゼで治療できないがんに使用されます。

ペグアスパラガーゼは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
PegaspargaseのFDA承認(日本語訳)

Pegaspargase[ペグアスパラガーゼ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】小児白血病治療が思春期・若年成人にも有効(2019/02/25)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ペグアスパラガーゼの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pazopanib[パゾパニブ]

米国承認初掲載日: 2009/11/25

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Votrient[ヴォトリエント]
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pazopanib[パゾパニブ]

適応となるがん

パゾパニブは、以下の治療に承認されています。
・進行腎細胞がん(腎がんの一種)
・進行軟部肉腫。すでに化学療法を受けたことのある患者に使用されます。

パゾパニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
パゾパニブのFDA承認(日本語訳)

Pazopanib[パゾパニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】パゾパニブが小児および成人の軟部肉腫に有望(2020/09/09)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報
【NCIブログ】免疫療法薬が胞巣状軟部肉腫に有効(2019/01/09)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

パゾパニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Nivolumab[ニボルマブ]

米国承認初掲載日: 2015/01/07~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Opdivo[オプジーボ] 
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる/商標 オプジーボ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Nivolumab[ニボルマブ]

適応となるがん

ニボルマブは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。
・以下のいずれかの治療後にがんが再発または増悪した成人患者における古典的ホジキンリンパ腫
   - 自家幹細胞移植およびブレンツキシマブ ベドチンによる治療
   - 自家幹細胞移植を含む3種以上の他の治療
・成人患者および12歳以上の小児患者における大腸がん。フルオロピリミジン、オキサリプラチンおよびイリノテカンによる治療後に増悪した高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)またはミスマッチ修復機能欠損(dMMR)の転移性大腸がんの治療に単独またはイピリムマブとの併用で使用されます。1
食道がんまたは胃食道接合部腺がん
   - 食道がんまたは胃食道接合部腺がんを化学療法と放射線療法の併用で治療し、その後がんを完全に切除する手術を受けたが、切除した腫瘍またはリンパ節にがん細胞が見つかった患者に使用されます。
   - 食道の扁平上皮細胞がんが手術による切除不能で、フルオロピリミジンおよびプラチナ製剤による化学療法による治療後に転移または再発した患者に使用されます。1
・転移した胃がん胃食道接合部腺がんまたは食道がん。フルオロピリミジンおよびプラチナ製剤による化学療法との併用で使用されます。1
悪性胸膜中皮腫。がんが手術による切除不能な成人患者に初回治療としてイピリムマブとの併用で使用されます。
メラノーマ
   - 手術による切除不能または転移したがん患者に使用されます。イピリムマブとの併用で使用されることもあります。
   - リンパ節に広がったまたは転移したメラノーマを切除するための手術を受けたことがある患者に使用されます。
非小細胞肺がん
   - PD-L1タンパク質を発現しEGFRまたはALK遺伝子に変異のない転移がんの成人患者に、イピリムマブとの併用で初回治療として使用されます。
   - EGFRまたはALK遺伝子に変異のない転移または再発がんの成人患者に、イピリムマブおよびプラチナ製剤による化学療法との併用で初回治療として使用されます。
   - プラチナ製剤による化学療法の治療中または治療後に増悪した転移がんの患者に使用されます。EGFRまたはALK遺伝子に変異を有するがん患者は、遺伝子変異に対しFDAが承認した治療を受けた後に増悪した場合にのみ、ニボルマブによる治療を受けるべきです。
・進行した腎細胞がん(腎臓がんの一種)。
   - 血管新生阻害薬による治療を受けた患者に対して使用されます。
   - 初回治療としてカボザンチニブとの併用で使用されます。
   - 一部の腎細胞がん患者に初回治療としてイピリムマブとの併用で使用されます。
・転移または再発した頭頸部の扁平上皮がん。プラチナ製剤による化学療法の治療中または治療後にがんが増悪した患者に使用されます。
尿路上皮がん(膀胱または尿路がんの一種)。
   - 再発リスクの高いがん患者においてがんを切除する手術を受けた後に使用されます。
   - プラチナ製剤による化学療法で治療したが、効果が得られなかったもしくはこれ以上効果が得られない患者、あるいはプラチナ製剤による化学療法の治療中または治療後にがんが増悪した患者に使用されます。
1本適応は、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験によりニボルマブがこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
ニボルマブは、その他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが尿路上皮がんの術後療法にニボルマブを承認
FDAが切除後の食道がん、胃食道接合部がんに二ボルマブを承認
FDAが進行または転移性の胃がん、胃食道接合部がんおよび食道腺がんにニボ+化学療法を承認
FDAが腎細胞がんにニボルマブ+カボザンチニブを承認
FDAが悪性胸膜中皮腫の一次治療にニボ+イピ併用を承認
FDAが食道扁平上皮がんにニボルマブを承認
転移非小細胞肺がんの初回治療にニボルマブ+イピリムマブを承認
FDAが肝細胞がんの2次治療にニボ+イピ併用を承認
FDAが転移小細胞肺がんに対する三次治療にニボルマブを迅速承認
FDAが進行腎細胞がんにニボルマブ+イピリムマブ併用療法を承認
FDAがメラノーマの術後化学療法にニボルマブを承認
FDAがニボルマブをミスマッチ修復機能欠損または高頻度マイクロサテライト不安定性の大腸がんに迅速承認
FDA、尿路上皮がんにニボルマブを迅速承認
FDA、ニボルマブを頭頸部がんに拡大承認
FDAが進行腎臓がんの治療薬としてニボルマブを承認
FDAが進行肺がんの治療にニボルマブの適応拡大を承認
ホジキンリンパ腫に対するニボルマブのFDA迅速承認
FDAが切除不能または転移性のBRAF V600野生型メラノーマ患者に対しニボルマブとイピリムマブの併用療法を承認
FDAが進行肺扁平上皮癌の治療にニボルマブの適応拡大を承認
FDAが進行性メラノーマの治療にニボルマブを承認

Nivolumab[ニボルマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】Immunotherapy Combination Most Effective as Initial Treatment for BRAF+ Melanoma BRAF[陽性メラノーマの初期治療として免疫療法との併用が最も効果的](2021/12/17)(原文)-この治療薬に対するNCIからの情報
【NCIブログ】Nivolumab and Relatlimab Combination Shows Promise in Advanced Melanoma[ニボルマブとレラトリマブの併用が進行メラノーマに有望](2021/06/21)(原文)-この治療薬に対するNCIからの情報
【NCIブログ】Nivolumab-Based Combinations Improve Survival in Advanced Esophageal Cancer[ニボルマブの併用療法が進行食道がんの生存率を改善](2021/06/17)(原文)-この治療薬に対するNCIからの情報
【NCIブログ】免疫チェックポイント阻害薬の長期的な副作用が研究で明らかに(2021/04/30)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ニボルマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Niraparib[ニラパリブ]

米国承認初掲載日: 2017/10/23~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Zejula    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Niraparib[ニラパリブ]

適応となるがん

ニラパリブは、以下の治療に承認されています。
・上皮性卵巣がん、卵管がん、または原発性腹膜がん。
・プラチナ製剤を含む初回化学療法で完全奏効または部分奏効が得られた進行がんの成人患者に対して、維持療法として使用されます。
・プラチナ製剤を含む化学療法で完全奏効または部分奏効が得られた再発がんの成人患者に対して、維持療法として使用されます。
・3種以上の化学療法レジメンを受けたことがある進行がんの成人患者で、疾患が以下のどちらかに当てはまる患者に使用されます。
 ・BRCA1またはBRCA2遺伝子に特定の変異がある。
 ・ゲノム不安定性を有しプラチナ製剤を含む化学療法が奏効した後に増悪した。
ニラパリブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが進行卵巣がんの初回維持療法にニラパリブを承認
FDAがHRD陽性進行卵巣がんにニラパリブを承認
FDAがニラパリブを再発上皮卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がん維持療法に承認

Niraparib[ニラパリブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】PARP阻害薬3剤、卵巣がん初期治療に有望な結果(2019/10/29)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ニラパリブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Moxetumomab Pasudotox-tdfk[モキセツモマブ パスドトクス]

米国承認初掲載日: 2018/10/24

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Lumoxiti
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Moxetumomab Pasudotox-tdfk[モキセツモマブ パスドトクス]

適応となるがん

モキセツモマブ パスドトクスは、以下の治療に承認されています。
・再発または難治性の有毛細胞白血病。プリンヌクレオシドアナログを含む2回以上の全身療法歴のある成人患者に使用されます。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが有毛細胞白血病にモキセツモマブを承認

Moxetumomab Pasudotox-tdfk[モキセツモマブ パスドトクス]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

【NCIブログ】Moxetumomab Pasudotox、有毛細胞白血病の新たな選択肢(2018/06/05)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報
【NCIブログ】白血病の毒素治療に対する抵抗性を予防する薬(2018/03/12)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

モキセツモマブ パスドトクスの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Mogamulizumab-kpkc[モガムリズマブ]

米国承認初掲載日: 2018/08/30

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Poteligeo
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Mogamulizumab-kpkc[モガムリズマブ]

適応となるがん

モガムリズマブは、以下の治療に承認されています。
菌状息肉症またはセザリー症候群(皮膚T細胞リンパ腫の1種)。1種類以上の全身療法を受けた成人患者に対して再発または難治性疾患を治療するために使用されます。

モガムリズマブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが非ホジキンリンパ腫にモガムリズマブを承認

Mogamulizumab-kpkc[モガムリズマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

モガムリズマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Mobocertinib[モボセルチニブ]

米国承認初掲載日: 2021/10/22

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Exkivity
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Mobocertinib[モボセルチニブ]

適応となるがん

モボセルチニブは、以下の治療に承認されています。
・プラチナ製剤による化学療法での治療中または治療後に増悪した局所進行または転移非小細胞肺がん(NSCLC)。特定のEGFR遺伝子変異を有する成人患者に使用されます。

モボセルチニブは、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験により本剤がこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
モボセルチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAがEGFRエクソン20挿入変異陽性進行肺がん(NSCLC)にモボセルチニブを承認

Mobocertinib[モボセルチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

モボセルチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Mitoxantrone[ミトキサントロン]

米国承認初掲載日: 2014/09/09

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Mitoxantrone[ミトキサントロン]

適応となるがん

ミトキサントロンは、以下の治療に他剤との併用で承認されています。
・成人の急性非リンパ球性白血病
前立腺がん。ホルモン抵抗性進行疾患への緩和治療として用いられます。

ミトキサントロンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Mitoxantrone[ミトキサントロン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ミトキサントロン臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Mitomycin[マイトマイシン]

米国承認初掲載日: 2011/11/10

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Jelmyto
Mitosol
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Mitomycin[マイトマイシン]

適応となるがん

マイトマイシンは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。
・局所進行または転移した胃と膵臓の腺がん。 他の治療で改善しなかった患者に使用されます。
・上部尿路の尿路上皮癌。低悪性度の疾患を有する成人患者に対する治療として、尿管または腎臓に直接投与されます。本適応で承認されているマイトマイシンの商品名(以下、米国商標):Jelmyto

マイトマイシンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが低悪性度上部尿路上皮がんにマイトマイシンを承認

Mitomycin[マイトマイシン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

マイトマイシンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Nilutamide[ニルタミド]

米国承認初掲載日: 2016/10/10~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Nilandron   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Nilutamide[ニルタミド]

適応となるがん

ニルタミドは、以下の治療に承認されています。
・転移した前立腺がん。睾丸を切除する手術(睾丸摘除術)を受けた患者に使用します。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Nilutamide[ニルタミド]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
前立腺がんに対するホルモン療法(日本語訳)

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ニルタミドの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Nilotinib[ニロチニブ]

米国承認初掲載日: 2008/02/01~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Tasigna 
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Nilotinib[ニロチニブ]

適応となるがん

ニロチニブは、以下の治療に承認されています。
・フィラデルフィア染色体陽性の慢性骨髄性白血病(CML)。
・新たに慢性期CMLと診断された成人患者および1歳以上の小児患者に使用されます。
・イマチニブを含む治療ができないまたは奏効しない慢性期または移行期のCML成人患者に使用されます。
・チロシンキナーゼ阻害剤による治療ができないまたは奏効しない慢性期CMLの1歳以上の小児患者に使用されます。
ニロチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
ニロチニブ のFDA承認(日本語訳)

Nilotinib[ニロチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】慢性骨髄性白血病の一部患者でのTKI投与中止は安全かつQOL向上に寄与(2020/12/15)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ニロチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Neratinib Maleate[ネラチニブ]

米国承認初掲載日: 2017/07/27~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Nerlynx  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Neratinib Maleate[ネラチニブ]

適応となるがん

ネラチニブは、以下の治療に承認されています。
・HER2陽性乳がん
・早期疾患に対してトラスツマブによる治療を受けた成人患者に、延長補助療法として使用されます。 
・転移疾患に対して2つ以上の他の抗HER2療法を受けた進行または転移疾患を有する成人患者に、カペシタビンとの併用で使用されます。
ネラチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが転移HER2陽性乳がんにネラチニブを承認
FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチニブを承認

Neratinib Maleate[ネラチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ネラチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

CVP療法

初掲載日:2011/07/08~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → CVP療法

適応となるがん

CVP療法は以下の治療に用いられます。
・緩慢性(増殖が遅い)非ホジキンリンパ腫(NHL)
・慢性リンパ性白血病(CLL)
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

CVP療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
CVP療法で使用される薬剤:
C = シクロホスファミド Cyclophosphamide
V = ビンクリスチン Vincristine Sulfate
P = プレドニゾン Prednisone
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[CVP regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

COPP-ABV併用療法[COPP-ABV併用療法]

初掲載日: 2013/06/21~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → COPP-ABV併用療法

適応となるがん

COPP-ABVは、以下のがんの治療に用いられます。
・小児のホジキンリンパ腫。放射線療法と併用される可能性があります。
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

COPP-ABV併用療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は各種薬剤の情報がご覧いただけます。
COPP-ABVに用いられる治療薬
C = シクロホスファミド
O = 硫酸ビンクリスチン(オンコビン)
P = プレドニソン
P = 塩酸プロカルバシン
A = 塩酸ドキソルビシン(アドリアシン)
B = ブレオマイシン
V = 硫酸ビンブラスチン
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[COPP-ABV regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

COPP療法

初掲載日: 2011/01/04~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → COPP療法

適応となるがん

COPP療法は以下の治療に用いられます。
・ホジキンリンパ腫
・非ホジキンリンパ腫(NHL)
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

COPP療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
COPP療法で使用される薬剤:
C = シクロホスファミド
O = ビンクリスチン(オンコビン)
P = プロカルバジン
P = プレドニゾン
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[COPP regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

COPDAC療法[COPDAC療法]

初掲載日: 2015/09/11~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → COPDAC療法

適応となるがん

COPDAC療法は以下の治療に用いられます。
小児ホジキンリンパ腫。本併用療法は特定の男児患者に対して用いられ、しばしば放射線療法と併用されます。
本併用療法は、他の薬剤もしくは治療法との併用、またはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

COPDAC療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は各種薬剤の情報がご覧いただけます。
COPDAC療法で使用される薬剤
C =  シクロホスファミド
O = ビンクリスチン硫酸塩 (オンコビン)
P = プレドニゾン
DAC = ダカルバジン
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[COPDAC regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

CMF療法

初掲載日: 2009/09/18~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → CMF療法

適応となるがん

CMF 併用療法は一部の乳癌の治療に用いられます。
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他の癌の治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

CMF療法に関する詳細情報

リンクが掲載された薬剤はNCI薬剤情報もご覧いただけます。
CMF併用療法で使用される薬剤;
C= シクロホスファミド
M =メトトレキサレート
F = フルオロウラシル
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[CMF regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

CHOP[CHOP療法]

初掲載日: 2009/09/18~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → CHOP療法

適応となるがん

CHOP併用療法は一部の非ホジキンリンパ腫の治療に用いられます。
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他の癌の治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

CHOP療法に関する詳細情報

リンクが掲載された薬剤はNCI薬剤情報もご覧いただけます。
CHOP併用療法で使用される薬剤;
C=シクロホスファミド
H = ドキソルビシン塩酸塩 (ヒドロキシダウノマイシン)
O = ビンクリスチン硫酸塩(オンコビン)
P = プレドゾニン
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[CHOP regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

CHLORAMBUCIL-PREDNISONE療法

初掲載日: 2011/01/04~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → CHLORAMBUCIL-PREDNISONE療法

適応となるがん

クロラムブシル、プレドニゾン併用療法は以下の治療に用いられます。
・慢性リンパ性白血病(CLL)
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

CHLORAMBUCIL-PREDNISONE療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
クロラムブシル、プレドニゾン併用療法で使用される薬剤:
クロラムブシル(日本語訳) 
プレドニゾン(日本語訳) 
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[CHLORAMBUCIL-PREDNISONE regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

CEV療法[CEV療法]

初掲載日: 2016/11/09~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → CEV療法

適応となるがん

CEV療法は以下の治療に用いられます。
・小児網膜芽細胞腫。リスクが高い網膜芽細胞腫患者に転移予防を目的として使用されます。
本併用療法は、他の薬剤もしくは治療法との併用、またはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

CEV療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
CEV療法で使用される薬剤:
C=Carboplatin [カルボプラチン]
E=Etoposide Phosphate [エトポシドリン酸塩]
V=Vincristine Sulfate [ビンクリスチン硫酸塩]
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[CEV regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

CEM[CEM療法]

初掲載日:2016/02/12~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → CEM療法

適応となるがん

CEM療法は以下の治療に用いられます。
高リスク神経芽腫。幹細胞移植の前処理用の薬剤として用いられます。
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

CEM療法に関する詳細情報

本療法の薬剤名にリンクがある場合は各種薬剤の情報がご覧いただけます。
CEM療法で使用される薬剤
C = カルボプラチン
E = エトポシドリン酸塩
M = メルファラン塩酸塩
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[CEM regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

CARBOPLATIN-TAXOL[カルボプラチン-タキソール療法]

初掲載日: 2012/05/30~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → カルボプラチン-タキソール療法

適応となるがん

カルボプラチン-タキソール併用療法は以下の治療に用いられます。
原発不明がん
子宮頸がん
子宮内膜がん
非小細胞肺がん
卵巣がん
・進行/未治療の胸腺腫または胸腺がん
本併用療法は、他の薬剤もしくは治療法との併用、またはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

カルボプラチン-タキソール療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
カルボプラチン-タキソール併用療法で使用される薬剤:
カルボプラチン(日本語訳)
パクリタキセル[タキソール](日本語訳)
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[CARBOPLATIN-TAXOL](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

CAPOX療法

初掲載日: 2012/04/04~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → CAPOX療法

適応となるがん

CAPOX療法は以下の治療に用いられます。
・進行大腸がん
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

CAPOX療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
CAPOX療法で使用される薬剤
CAP = カペシタビン  Capecitabine
OX  = オキサリプラチン Oxaliplatin
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[CAPOX regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

CAF[CAF療法]

初掲載日: 2009/09/18~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → CAF療法

適応となるがん

CAF併用療法は一部の乳がんの治療に用いられます。
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

CAF療法に関する詳細情報

リンクが掲載された薬剤はNCI薬剤情報もご覧いただけます。
CAF併用療法で使用される薬剤;
C= シクロホスファミド
A = ドキソルビシン塩酸塩(アドリアマイシン)
F = フルオロウラシル
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[CAF regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

ADE療法[シタラビン・ダウノルビシン・エトポシド]

初掲載日: 2010/12/30~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → ADE療法

適応となるがん

ADE療法は以下の治療に用いられます。
・小児急性骨髄性白血病
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

ADE療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
ADE療法で使用される薬剤:
A = シタラビン(Ara-C)Cytarabine (Ara-C)
D = ダウノルビシン Daunorubicin Hydrochloride
E = エトポシドリン酸塩 Etoposide phosphate
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[ADE regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Nelarabine[ネララビン]

米国承認初掲載日: 2006/10/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Arranon[アラノン]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Nelarabine[ネララビン]

適応となるがん

ネララビンは、以下のがんを有する成人患者および1歳以上の小児患者の治療に承認されています。
T細胞急性リンパ芽球性白血病
T細胞リンパ芽球性リンパ腫
ネララビンは、他の治療法で効果がみられない、あるいは2つ以上の化学療法レジメンを受けた後に再発した患者に使用されます。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
NelarabineのFDA承認(日本語訳)

Nelarabine[ネララビン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ネララビンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Necitumumab[ネシツムマブ]

米国承認初掲載日: 2015/12/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Portrazza[ポートラーザ]  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Necitumumab[ネシツムマブ]

適応となるがん

ネシツムマブは、以下の治療にゲムシタビンおよびシスプラチンとの併用で承認されています。
・転移した扁平上皮非小細胞肺がん。初回治療として使用されます。
ネシツムマブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが転移、扁平上皮非小細胞肺癌の一次治療にNecitumumabを承認

Necitumumab[ネシツムマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ネシツムマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

AC-T療法[AC-T療法]

初掲載日: 2009/09/18~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → AC-T療法

適応となるがん

AC-T併用療法は一部の乳がんの治療に使用されます。
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

AC-T療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
AC-T併用療法で使用される薬剤;
A = ドキソルビシン塩酸塩(アドリアマイシン)(日本語訳)
C = シクロホスファミド(日本語訳)
T = パクリタキセル(日本語訳)
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[AC-T regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Naxitamab-gqgk[ナキシタマブ]

米国承認初掲載日: 2021/01/21~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Danyelza    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Naxitamab-gqgk[ナキシタマブ]

適応となるがん

ナキシタマブは、以下の治療に顆粒球-マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)との併用で承認されています。
・骨または骨髄における再発/難治性の高リスク神経芽腫。他の治療法で少なくとも部分奏効を示した1歳以上の小児患者と成人患者に使用されます。
本適応は、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験によりナキシタマブがこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが骨または骨髄の高リスク神経芽腫にnaxitamabを迅速承認

Naxitamab-gqgk[ナキシタマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ナキシタマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Exemestane[エキセメスタン]

米国承認初掲載日: 2006/10/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Aromasin[アロマシン]
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Exemestane[エキセメスタン]

適応となるがん

エキセメスタンは、以下の治療に承認されています。
・進行乳がん
・初期およびエストロゲン受容体陽性乳がん
エキセメスタンは、タモキシフェンによる治療歴のある閉経後の女性に使用されます。
エキセメスタンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
エキセメスタンのFDA承認(日本語訳)

Exemestane[エキセメスタン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エキセメスタンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

AC療法[AC療法]

初掲載日: 2010/04/22~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → AC療法

適応となるがん

AC療法は以下の治療に用いられます。
・乳がん
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

AC療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
AC療法で使用される薬剤:
A = ドキソルビシン(アドリアマイシン)Doxorubicin Hydrochloride
C = シクロフォスファミドCyclophosphamide
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[AC regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Midostaurin[ミドスタウリン]

米国承認初掲載日: 2017/05/17

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Rydapt
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Midostaurin[ミドスタウリン]

適応となるがん

ミドスタウリンは、以下の治療に承認されています。
急性骨髄性白血病(AML)。新たに診断されたFLT3遺伝子変異を有する成人患者にシタラビンとダウノルビシンと併用して使用されます。
・成人患者の侵襲性全身性肥満細胞症関連造血器腫瘍を有する全身性肥満細胞症(SM-AHN)および肥満細胞白血病

ミドスタウリンは、その他の病態や他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAがFLT3遺伝子変異白血病(AML)にミドスタウリンを承認

Midostaurin[ミドスタウリン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ミドスタウリンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Methylnaltrexone Bromide[メチルナルトレキソン]

米国承認初掲載日: 2017/02/21

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Relistor
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Methylnaltrexone Bromide[メチルナルトレキソン]

適応となるがん

メチルナルトレキソンは、以下の治療に承認されています。
・オピオイド使用に起因する便秘。がんもしくはがん治療に起因する痛み、または他の進行性疾患に起因する痛みを有する成人患者に使用されます。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
オピオイド誘発性便秘に Relistor(メチルナルトレキソン)承認

Methylnaltrexone Bromide[メチルナルトレキソン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

メチルナルトレキソンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Everolimus[エベロリムス]

米国承認初掲載日: 2009/04/21~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Afinitor[アフィニトール]、Afinitor Disperz、Zortress    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Everolimus[エベロリムス]

適応となるがん

エベロリムスは、以下のがんの治療に承認されています。
乳がん。レトロゾールまたはアナストロゾール による治療で改善がみられないホルモン受容体陽性(HR+)、HER2陰性(HER2-)進行乳がんの閉経後女性に、エキセメスタンとの併用で用いられます。
膵臓がん、消化器がん、肺がん(特定の種類)。切除不能、局所進行または転移した進行性神経内分泌腫瘍を有する成人患者に用いられます。
・スニチニブまたはソラフェニブによる治療で改善しなかった成人の進行腎細胞がん(腎がんの一種)。
・結節性硬化症に伴う、手術不能な成人および1歳以上の小児の上衣下巨細胞性星細胞腫
がん治療の適応については、エベロリムスの商標アフィニトールおよびアフィニトール分散錠に対して承認されています。また、エベロリムスは移植後の拒絶反応の治療にも承認されており、この適応についてはエベロリムスの商標Zortressに対して承認されています。
エベロリムスは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
エベロリムスのFDA承認 2009年-2012年(日本語訳)

FDA承認ニュース
非機能性神経内分泌腫瘍に対するエベロリムスのFDA承認

Everolimus[エベロリムス]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エベロリムスの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

ABVE-PC療法[ABVE-PC療法]

初掲載日: 2010/11/19~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → ABVE-PC療法

適応となるがん

ABVE-PC療法は以下の治療に用いられます。
・小児ホジキンリンパ腫
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

OPPA療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
ABVE-PC療法で使用される薬剤:
A = ドキソルビシン(アドリアマイシン)Doxorubicin Hydrochloride (Adriamycin)
B = ブレオマイシン Bleomycin
V = ビンクリスチン Vincristine Sulfate
E = エトポシドリン酸塩 Etoposide phosphate
P = プレドニゾン Prednisone
C = シクロフォスファミド Cyclophosphamide
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[ABVE-PC regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

PAD療法

初掲載日: 2014/06/17~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → PAD療法

適応となるがん

PAD療法は以下の治療に用いられます。
・多発性骨髄腫
本併用治療は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

OPPA療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
PAD療法に用いられる薬剤
P =ボルテゾニブ(PS-341)
A =ドキソルビシン塩酸塩(アドリアマイシン)
F =デキサメタゾン

化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[OPPA regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Etoposide phosphate[エトポシドリン酸塩]

米国承認初掲載日: 2008/08/12~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Etopophos    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Etoposide phosphate[エトポシドリン酸塩]

適応となるがん

エトポシドリン酸塩は、以下の治療に他剤との併用で承認されています。
小細胞肺がん。一次治療としてシスプラチンと併用して使用されます。
精巣がん。手術、放射線療法または他の化学療法による治療をすでに受けたが改善がみられない患者に使用されます。
エトポシドリン酸塩にはエトポシドという別製剤もあります。詳細は、エトポシドの薬剤情報をご覧ください。
エトポシドリン酸塩は、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Etoposide phosphate[エトポシドリン酸塩]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エトポシドリン酸塩の臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

ABVE療法[ABVE療法]

初掲載日: 2010/11/19~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → ABVE療法

適応となるがん

ABVE療法は以下の治療に用いられます。
・小児ホジキンリンパ腫
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

OPPA療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
ABVE療法で使用される薬剤:
A = ドキソルビシン(アドリアマイシン)Doxorubicin Hydrochloride (Adriamycin)
B = ブレオマイシン Bleomycin
V = ビンクリスチン Vincristine Sulfate
E = エトポシドリン酸塩 Etoposide phosphate
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[ABVE regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Panitumumab[パニツムマブ]

米国承認初掲載日: 2006/10/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Vectibix[ベクティビックス]    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 ベクティビックス

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Panitumumab[パニツムマブ]

適応となるがん

パニツムマブは、以下の治療に承認されています。
 ・転移した大腸がん
・初回治療としてFOLFOX併用化学療法と併用して使用されます。
・オキサリプラチン、イリノテカンおよびフルオロピリミジンを含む化学療法による治療後に疾患が悪化した患者に単剤で使用されます。
パニツムマブは、RAS遺伝子に変異のないがん患者での使用が承認されています。
パニツムマブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Panitumumab[パニツムマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

パニツムマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pamidronate Disodium[パミドロン酸二ナトリウム]

米国承認初掲載日: 2013/08/14~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Aredia[アレディア]    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pamidronate Disodium[パミドロン酸二ナトリウム]

適応となるがん

パミドロン酸二ナトリウムは、以下による骨の損傷の治療に対して化学療法との併用で承認されています。
・骨に転移した乳がん。
・骨に転移した多発性骨髄腫。
パミドロン酸二ナトリウムは、また以下の治療に承認されています。
・悪性腫瘍による高カルシウム血症(高濃度の血中カルシウム)
パミドロン酸二ナトリウムは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Pamidronate Disodium[パミドロン酸二ナトリウム]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

パミドロン酸二ナトリウムの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Netupitant and Palonosetron Hydrochloride[ネツピタント・パロノセトロン]

米国承認初掲載日: 2015/05/27~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Akynzeo[アキンゼオ]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Netupitant and Palonosetron Hydrochloride[ネツピタント・パロノセトロン]

適応となるがん

ネツピタント・パロノセトロンは、以下の予防にデキサメタゾンとの併用で使用されます。
・成人患者の化学療法に起因する悪心嘔吐
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが癌化学療法に伴う悪心および嘔吐の予防にネツピタント・パロノセトロン配合剤を承認

Netupitant and Palonosetron Hydrochloride[ネツピタント・パロノセトロン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ネツピタント・パロノセトロンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Palonosetron Hydrochloride[パロノセトロン]

米国承認初掲載日: 2010/05/06~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Aloxi[アロキシ]  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 アロキシ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Palonosetron Hydrochloride[パロノセトロン]

適応となるがん

パロノセトロンは、以下の予防に成人および生後1カ月以上の小児患者に承認されています。
・化学療法に起因する悪心嘔吐および術後の悪心と嘔吐
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Palonosetron Hydrochloride[パロノセトロン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

パロノセトロンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Palifermin[パリフェルミン]

米国承認初掲載日: 2006/10/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Kepivance    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Palifermin[パリフェルミン]

適応となるがん

パリフェルミンは、以下の予防および治療に承認されています。
・重度の口腔粘膜炎。血液がんに対して高用量化学療法と放射線療法を受けており、その後幹細胞レスキューを受ける成人および小児患者に使用されます。
パリフェルミンは、その他のがんの治療時に高頻度で生じる副作用の治療に対しても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Palifermin[パリフェルミン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

パリフェルミンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Palbociclib[パルボシクリブ]

米国承認初掲載日: 2015/02/10~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Ibrance[イブランス]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 イブランス

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Palbociclib[パルボシクリブ]

適応となるがん

パルボシクリブは、以下の治療に他剤との併用で承認されています。
・ホルモン受容体陽性(HR+)でHER2陰性(HER2-)の進行または転移した乳がん
  - ホルモン療法による治療後に疾患が増悪した成人患者にフルベストラントとの併用で使用されます。
  - ホルモン療法を受けていない閉経後の女性患者および男性患者にアロマターゼ阻害剤との併用で使用されます。
パルボシクリブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが閉経後進行乳癌患者に対するパルボシクリブを承認

Palbociclib[パルボシクリブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】ナノ粒子により実験的骨芽腫治療の効果が飛躍的に向上(2022/02/25)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

パルボシクリブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Pacritinib[パクリチニブ]

米国承認初掲載日: 2022/03/23~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Vonjo   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Pacritinib[パクリチニブ]

適応となるがん

パクリチニブは、以下の成人患者の治療に承認されています。
・血小板数がきわめて少ない中リスクまたは高リスクの骨髄線維症(骨髄疾患)。以下のタイプが含まれます。
  - 原発性骨髄線維症
  - 真性多血症後骨髄線維症
  - 本態性血小板血症後骨髄線維症
本適応は、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験によりパクリチニブがこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
パクリチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Pacritinib[パクリチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

パクリチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Etoposide[エトポシド]

米国承認初掲載日: 2008/08/12~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Etoposide[エトポシド]

適応となるがん

エトポシドは、以下の治療に他剤との併用で承認されています。
・小細胞肺がん。一次治療として他の化学療法と併用して使用されます。
・精巣がん。手術、放射線療法または他の化学療法による治療をすでに受けたが改善がみられない患者に使用されます。
エトポシドは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
エトポシドにはエトポシドリン酸塩という別製剤もあります。詳細は、エトポシドリン酸塩の薬剤情報をご覧ください。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Etoposide[エトポシド]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エトポシドの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Paclitaxel Albumin-Stabilized Nanoparticle Formulation[パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤]

米国承認初掲載日: 2006/10/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Abraxane[アブラキサン]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 アブラキサン

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤

適応となるがん

パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤は、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。
・他の化学療法による治療後に再発または転移した乳がん。
・局所進行または転移非小細胞肺がん。外科手術または放射線療法による治療ができない患者に、一次治療としてカルボプラチンと併用して使用されます。
・転移性膵臓がん。一次治療としてゲムシタビンと併用して使用されます。 
パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤は、他のがん種の治療についても試験が行われています。
パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤は、ナノ粒子(非常に小さいタンパク粒子)のパクリタキセル製剤です。この治療薬は、小粒子パクリタキセルやタンパク結合パクリタキセルとも呼ばれます。本製剤は、パクリタキセルよりも有効性が高く、副作用の少ないと考えられている薬です。パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤に適用されるパクリタキセルの詳細情報については、パクリタキセルの薬剤情報をご覧ください。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤のFDA承認(日本語訳)

Paclitaxel Albumin-Stabilized Nanoparticle Formulation[パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤の臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Erlotinib Hydrochloride[エルロチニブ]

米国承認初掲載日: 2006/10/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Tarceva [タルセバ]    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Erlotinib Hydrochloride[エルロチニブ]

適応となるがん

エルロチニブは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。
・特定の上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異を有する転移非小細胞肺がん(NSCLC)。
  ・初回治療として使用されます。
  ・維持療法中の患者または化学療法後に増悪した患者に使用されます。
EGFR遺伝子変異を伴わないNSCLC治療へのエルロチニブの使用は、現在、FDAに承認されていません。(2016年10月18日 適応改訂)
・膵臓がん。切除不能、局所進行または転移した患者に、ゲムシタビンと併用で使用されます。
エルロチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
エルロチニブ塩酸塩のFDA承認適応:2004年~2013年(日本語訳)

FDA承認ニュース
転移非小細胞肺がんの初回治療にラムシルマブ+エルロチニブを承認
非小細胞肺がんに対するエルロチニブの適応をFDAが改訂

Erlotinib Hydrochloride[エルロチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】Drug Combination Reduces Number of Colorectal Polyps in Patients with Hereditary Cancer Syndrome[併用療法により遺伝性がん症候群患者の大腸ポリープ数が減少](2018/03/14)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エルロチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Paclitaxel[パクリタキセル]

米国承認初掲載日: 2006/10/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標  - 
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる /商標 タキソール

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Paclitaxel[パクリタキセル]

適応となるがん

パクリタキセルは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。
エイズ関連カポジ肉腫。二次治療として使用されます。
・乳がん
・リンパ節陽性疾患の患者に、ドキソルビシンを含む併用化学療法と併用して補助療法として使用されます。
・併用化学療法が奏効しなかった転移疾患を有する患者に使用されます。
・非小細胞肺がん。手術や放射線治療で治療できない患者に初回治療としてシスプラチンと併用して使用されます。
進行卵巣がん。他の治療を受けたことがある患者に、初回治療としてシスプラチンと併用してまたは単剤で使用されます。
パクリタキセルは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
パクリタキセルは、パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤という別の製剤でも使用可能です。詳細情報については、パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤の薬剤情報をご覧ください。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Paclitaxel[パクリタキセル]]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

パクリタキセルの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Methotrexate[メトトレキサート]

米国承認初掲載日: 2008/05/21

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Trexall
Xatmep
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Methotrexate[メトトレキサート]

適応となるがん

メトトレキサートは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。
・中枢神経系に転移した急性リンパ芽球性白血病もしくは中枢神経系への転移の予防。成人および小児患者に使用されます。
乳がん
妊娠性絨毛腫瘍
・特定の頭頸部がん
肺がん
・進行性菌状息肉腫(特定の皮膚T細胞性リンパ腫)。成人患者に使用されます。
・進行性非ホジキンリンパ腫。成人患者に使用されます。
・他の部位に転移していない原発巣切除後の骨肉腫

メトトレキサートは、 他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Methotrexate[メトトレキサート]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

【NCIブログ】小児白血病治療が思春期・若年成人にも有効(2019/02/25)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

メトトレキサートの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Eribulin Mesylate[エリブリン]

米国承認初掲載日: 2010/12/10~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Halaven[ハラヴェン]    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Eribulin Mesylate[エリブリン]

適応となるがん

エリブリンは、以下の治療に承認されています。
・転移した乳がん。アントラサイクリン系およびタキサン系抗がん剤を含む転移疾患に対する化学療法を2種類以上受けたことがある患者に使用されます。
・切除不能または転移した脂肪肉腫(軟部肉腫の一種)。アントラサイクリン系抗がん剤による化学療法歴がある患者に用いられます。
エリブリンはまた、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
エリブリンのFDA承認:脂肪肉腫(日本語訳) ※下記のFDAニュースに飛びます。
エリブリンのFDA承認:乳がん(日本語訳)

FDA承認ニュース
FDAが脂肪肉腫の治療にエリブリンメシル酸塩を承認

Eribulin Mesylate[エリブリン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エリブリンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Mesna[メスナ]

米国承認初掲載日: 2011/06/24

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Mesnex
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Mesna[メスナ]

適応となるがん

メスナは、以下の予防に承認されています。
・イフォスファミドを用いた化学療法により生じる出血性膀胱炎(膀胱内での出血)
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Mesna[メスナ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

メスナの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Erdafitinib[エルダフィチニブ]

米国承認初掲載日: 2019/05/01~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Balversa   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Erdafitinib[エルダフィチニブ]

適応となるがん

エルダフィチニブは、以下の治療に承認されています。
・特定のFGFR3遺伝子変異またはFGFR2もしくはFGFR3遺伝子が関与する遺伝子融合を有する、局所進行または転移した尿路上皮癌(膀胱がんの一種)。少なくとも1レジメンのプラチナ製剤を含む化学療法による治療中または治療後に疾患が増悪した成人患者に使用されます。
本適応は、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験によりエルダフィチニブがこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
エルダフィチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが転移尿路上皮がんにエルダフィチニブを迅速承認

Erdafitinib[エルダフィチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エルダフィチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Mercaptopurine[メルカプトプリン]

米国承認初掲載日: 2013/07/12

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Purinethol
Purixan   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Mercaptopurine[メルカプトプリン]

適応となるがん

メルカプトプリンは、以下の治療に他剤との併用で承認されています。
急性リンパ性白血病(ALL)。成人および小児において維持療法として用いられます。

メルカプトプリンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Mercaptopurine[メルカプトプリン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

メルカプトプリンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Melphalan Hydrochloride[メルファラン塩酸塩]

米国承認初掲載日: 2016/03/28

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Evomela
Hepzato  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Melphalan Hydrochloride[メルファラン塩酸塩]

適応となるがん

メルファラン塩酸塩は、以下の治療に承認されています。
多発性骨髄腫
・経口投与できない患者の緩和治療として用いられます。本適応で承認されているメルファラン塩酸塩の商品名(以下、米国商標):  Alkeran、Evomela
・幹細胞移植の前処理用の薬剤として用いられます。本適応で承認されているメルファラン塩酸塩の商品名(以下、米国商標): Evomela

メルファラン塩酸塩は、他のがん種の治療についても試験が行われています。
メルファランは、錠剤投与も可能です。詳細は、メルファランの薬剤情報をご覧ください。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Melphalan Hydrochloride[メルファラン塩酸塩]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

メルファラン塩酸塩の臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

EPOCH療法[EPOCH療法]

初掲載日: 2009/09/18~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
EPOCH療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → EPOCH療法

適応となるがん

EPOCH併用療法は一部の非ホジキンリンパ腫の治療に用いられます。
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがん治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

EPOCH療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
EPOCH療法で使用される薬剤
E = エトポシドリン酸塩
P = プレドニゾン
O = ビンクリスチン硫酸塩(オンコビン)
C = シクロホスファミド
H = ドキソルビシン塩酸塩 (ヒドロキシダウノマイシン)

化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[EPOCH regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Melphalan[メルファラン]

米国承認初掲載日: 2016/03/28

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Alkeran [アルケラン]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Melphalan[メルファラン]

適応となるがん

メルファランは、以下の緩和治療に承認されています。
多発性骨髄腫
切除不能の上皮性卵巣がん。

メルファランは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
メルファランは、経口投与ができない患者に対して注射薬も使用可能です。詳細は、メルファラン塩酸塩の薬剤情報をご覧ください。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Melphalan[メルファラン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

メルファランの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

ABVD療法

初掲載日: 2009/09/18~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → ABVD療法

適応となるがん

ABVDは以下の治療に用いられます。
・ホジキンリンパ腫
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

ABVD療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
ABVD療法で使用される薬剤
A= ドキソルビシン塩酸塩(アドリアマイシン)(日本語訳)
B=ブレオマイシン(日本語訳)
V=ビンブラスチン(日本語訳)
D=ダカルバジン(日本語訳)
化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[ABVD regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Cyclophosphamide[シクロホスファミド]

米国承認初掲載日: 2007/11/06~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Cyclophosphamide[シクロホスファミド]

適応となるがん

シクロホスファミドは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。

・小児の急性リンパ性白血病(ALL)

急性単球性白血病

急性骨髄性白血病(AML)

乳がん

慢性顆粒球性白血病

慢性リンパ性白血病(CLL)

慢性骨髄性白血病(CML)

ホジキンリンパ腫。III期またはIV期の患者に使用されます。

多発性骨髄腫

・進行菌状息肉腫(皮膚T細胞リンパ腫の一種)

・播種性神経芽細胞腫

非ホジキンリンパ腫(NHL)。以下の種類を含むIII期またはIV期のNHL患者に使用されます。

・リンパ球性リンパ腫(結節性またはびまん性)

・混合細胞型リンパ腫

・組織球性リンパ腫

・バーキットリンパ腫

卵巣がん

網膜芽細胞腫

シクロホスファミドは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Cyclophosphamide[シクロホスファミド]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
シクロホスファミド注射剤およびシクロホスファミド錠剤に関するMedline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

シクロホスファミドの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Cytarabine[シタラビン]

米国承認初掲載日: 2007/06/15~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Cytarabine[シタラビン]

適応となるがん

シタラビンは、以下の治療に他剤との併用で承認されています。

・成人および小児の急性非リンパ球性白血病
シタラビンは、以下の予防および治療にも承認されています。

髄膜白血病(髄膜に転移する白血病)。髄腔内療法として使用されます。
シタラビンは、以下の治療にも使用される場合があります。

急性リンパ芽球性白血病(ALL)

・急性転化期の慢性骨髄性白血病(CML)

シタラビンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
シタラビンは、ダウノルビシンと組み合わせた別製剤もあります。詳細は、ダウノルビシン/シタラビンリポソームの薬剤情報をご覧ください。

→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Cytarabine[シタラビン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

シタラビンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Crizotinib[クリゾチニブ]

米国承認初掲載日:2011/10/11~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Xalkori[ザーコリ]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Crizotinib[クリゾチニブ]

適応となるがん

クリゾチニブは、以下のがんの治療において承認されています。

・未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)陽性全身性未分化大細胞リンパ腫。再発/難治性疾患を有する1歳以上の小児および若年成人患者に使用されます。

・ALK陽性またはROS1陽性で転移した非小細胞肺がん

クリゾチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
クリゾチニブのFDA承認 2013年(日本語訳)

FDA承認ニュース
FDAが小児と若年成人の再発/難治性未分化大細胞型リンパ腫にクリゾチニブを承認
FDAがROS-1陽性進行肺がんにクリゾチニブの適応を拡大

Crizotinib[クリゾチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

クリゾチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Copanlisib Hydrochloride[コパンリシブ]

米国承認初掲載日: 2017/09/25~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Aliqopa [アリコパ]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Copanlisib Hydrochloride[コパンリシブ]

適応となるがん

コパンリシブは、以下の治療に承認されています。

・再発した濾胞性リンパ腫。2つ以上の他の全身治療を受けたことのある成人患者に使用されます。

本適応は、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験によりコパンリシブがこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。

コパンリシブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが再発濾胞性リンパ腫の成人患者にcopanlisibを承認

Copanlisib Hydrochloride[コパンリシブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

コパンリシブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Cobimetinib[コビメチニブ]

米国承認初掲載日: 2015/11/16~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Cotellic  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Cobimetinib[コビメチニブ]

適応となるがん

コビメチニブは、以下の治療にベムラフェニブとの併用で承認されています。

・手術による切除不能または転移した黒色腫(メラノーマ)。BRAF遺伝子に特定の変異を有する患者に使用されます。

コビメチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが進行皮膚がんにベムラフェニブとコビメチニブ併用療法を承認
FDAが悪性黒色腫(メラノーマ)の治療にコビメチニブを承認

Cobimetinib[コビメチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

コビメチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Clofarabine[クロファラビン]

米国承認初掲載日: 2006/10/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Clolar[クロラール]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Clofarabine[クロファラビン]

適応となるがん

クロファラビンは、は、以下の治療に承認されています。

・すでに2種類以上の他の治療を受けた1歳から21歳の小児患者および若年成人患者の再発または難治性急性リンパ芽球性白血病

クロファラビンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
Clofarabine[クロファラビン]に対するFDA承認の詳細(日本語訳)

Clofarabine[クロファラビン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

クロファラビンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Epoetin Alfa[エポエチンアルファ]

米国承認初掲載日: 2018/05/08~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Epogen、Procrit、Retacrit  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Epoetin Alfa[エポエチンアルファ]

適応となるがん

エポエチンアルファは、以下の治療に承認されています。
ある種のがんに使用される骨髄抑制性化学療法に起因する貧血 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Epoetin Alfa[エポエチンアルファ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エポエチンアルファの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Duvelisib [デュベリシブ]

米国承認初掲載日: 2018/10/17~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Copiktra   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Duvelisib [デュベリシブ]

適応となるがん

デュベリシブは、以下の治療に承認されています。
・再発または難治性の慢性リンパ球性白血病または小リンパ球性リンパ腫。2種類以上の他の治療を受けた成人患者に使用されます。
デュベリシブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが再発または難治性の白血病(CLL、SLL)にデュベリシブを承認

Duvelisib[デュベリシブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

デュベリシブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Epirubicin Hydrochloride[エピルビシン]

米国承認初掲載日: 2007/01/25~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Ellence [エレンス]    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Epirubicin Hydrochloride[エピルビシン]

適応となるがん

エピルビシンは、以下の治療に他の薬剤との併用で承認されています。
乳がん。がんが腋下リンパ節に浸潤した患者において手術後に使用されます。
エピルビシンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Epirubicin Hydrochloride[エピルビシン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エピルビシンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Enzalutamide[エンザルタミド]

米国承認初掲載日: 2012/09/26~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Xtandi[イクスタンジ]  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 イクスタンジ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Enzalutamide[エンザルタミド]

適応となるがん

エンザルタミドは、以下の治療に承認されています。
前立腺がん
‐ 去勢抵抗性(テストステロン値を低下させる治療が奏効しなかった)がん患者に使用されます。
‐ 転移した去勢感受性(テストステロン値を低下させる治療が奏効した)がん患者に使用されます。
エンザルタミドは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
エンザルタミドのFDA承認(日本語訳)(2013/7)

FDA承認ニュース
FDAが転移を伴う去勢感受性前立腺がんにエンザルタミドを承認
FDAが非転移性の去勢抵抗性前立腺がんにもエンザルタミドの適応を拡大

Enzalutamide[エンザルタミド]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エンザルタミドの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Enfortumab Vedotin-ejfv[エンホルツマブ ベドチン]

米国承認初掲載日: 2020/02/25~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Padcev   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Enfortumab Vedotin-ejfv[エンホルツマブ ベドチン]

適応となるがん

エンホルツマブ ベドチンは、以下の成人患者の治療に承認されています。
・手術による切除不能または転移した尿路上皮がん(膀胱または尿路がんの一種)。
  -プラチナ製剤の化学療法および免疫療法による治療歴がある患者に使用されます。
  -一種類以上の他の治療法による治療歴があり、シスプラチンを投与できない患者に使用されます。
エンホルツマブ ベドチンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが局所進行/転移性尿路上皮がんにエンホルツマブベドチンを承認
FDAが転移尿路上皮がんにエンホルツマブ ベドチンを迅速承認

Enfortumab Vedotin-ejfv[エンホルツマブ ベドチン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エンホルツマブ ベドチンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Entrectinib[エヌトレクチニブ]

米国承認初掲載日: 2019/09/16~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Rozlytrek[ロズリートレク]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 ロズリートレク

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Entrectinib[エヌトレクチニブ]

適応となるがん

エヌトレクチニブは、以下の治療に承認されています。
・ROS1陽性の非小細胞肺がん。転移がんを有する成人患者に使用されます。
・神経栄養因子受容体チロシンキナーゼ(NTRK)融合遺伝子を有し、特定のTRKタンパク質に薬剤耐性変異のない固形がん。がんが転移した、または手術による切除不能であり、他の治療法を受けた後にがんが増悪した、または他の療法で治療できない成人および12歳以上の小児患者に使用されます。1
1本適応は、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験によりエヌトレクチニブがこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
エヌトレクチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが特定の遺伝子陽性固形がんおよび非小細胞肺がんにエヌトレクチニブを承認

Entrectinib[エヌトレクチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エヌトレクチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Encorafenib[エンコラフェニブ]

米国承認初掲載日: 2018/07/16~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Braftovi   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 ビラフトビ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Encorafenib[エンコラフェニブ]

適応となるがん

エンコラフェニブは、以下の治療に他剤との併用で承認されています。
・転移した大腸がん。既治療歴のある成人患者にセツキシマブとの併用で使用されます。
メラノーマ。手術による切除不能または転移したメラノーマを有する患者にビニメチニブとの併用で使用されます。
エンコラフェニブは、BRAF遺伝子に特定の変異がある患者に使用されます。
エンコラフェニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが転移のあるBRAF変異大腸がんにエンコラフェニブ+セツキシマブを承認
FDAがBRAF変異メラノーマにencorafenibとbinimetinibの併用を承認

Encorafenib[エンコラフェニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エンコラフェニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Enasidenib Mesylate[エナシデニブ]

米国承認初掲載日: 2017/08/08~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Idhifa   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Enasidenib Mesylate[エナシデニブ]

適応となるがん

エナシデニブは、以下の治療に承認されています。
・再発あるいは難治性急性骨髄性白血病(AML)。イソクエン酸デヒドロゲナーゼ2(IDH2)遺伝子に変異がある急性骨髄性白血病の成人患者に使用されます。
エナシデニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが再発性または治療抵抗性の急性骨髄性白血病にenasidenibを承認

Enasidenib Mesylate[エナシデニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エナシデニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Emapalumab-lzsg[エマパルマブ]

米国承認初掲載日: 2019/01/15~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Gamifant   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Emapalumab-lzsg[エマパルマブ]

適応となるがん

エマパルマブは、以下の治療に承認されています。
・遺伝性血球貪食性リンパ組織球症(HLH)。疾患が難治性、再発もしくは増悪した、またはHLHに対する他の療法で治療できない成人患者と小児患者(新生児以上)に使用されます。
エマパルマブは、その他の病態の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが血球貪食性リンパ組織球症にemapalumabを承認

Emapalumab-lzsg[エマパルマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エマパルマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Durvalumab [デュルバルマブ]

米国承認初掲載日: 2017/05/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Imfinzi [イミフィンジ]  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 イミフィンジ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Durvalumab [デュルバルマブ]

適応となるがん

デュルバルマブは、以下の治療に承認されています。

非小細胞肺がん(NSCLC)。手術による切除不能で、プラチナ製剤による化学療法および放射線治療後に増悪しなかったIII期NSCLCの成人患者に使用されます。

小細胞肺がん。進展型小細胞肺がんの成人患者に、初回治療としてカルボプラチン+エトポシドまたはシスプラチン+エトポシドとの併用で使用されます。

デュルバルマブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが進展型小細胞肺がんにデュルバルマブを承認
FDAが切除不能III期非小細胞肺がん(NSCLC)にデュルバルマブを承認
FDAが切除不能ステージ3非小細胞肺がんにデュルバルマブを承認
FDAが尿路上皮がんにdurvalumabを迅速承認

Durvalumab[デュルバルマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

研究結果
【NCIブログ】デュルバルマブが進行胆道がんの生存を緩やかに改善(2022/02/10)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報
【NCIブログ】HLA遺伝子:免疫療法薬が必ずしもすべての人に有効ではない理由(2022/01/27)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報
【NCIブログ】免疫チェックポイント阻害薬の長期的な副作用が研究で明らかに(2021/04/30)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報
【NCIブログ】デュルバルマブと化学療法の併用により、小細胞肺がんの生存期間が延長(2019/10/31)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

現在行われている臨床試験
デュルバルマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Eltrombopag Olamine[エルトロンボパグ オラミン]

米国承認初掲載日: 2008/12/29~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Promacta    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 レボレード

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Eltrombopag Olamine[エルトロンボパグ オラミン]

適応となるがん

エルトロンボパグ オラミンは、以下の治療に承認されています。
血小板減少症。慢性型の免疫性血小板減少性紫斑病(ITP)の成人患者および1歳以上の患児に用いられます。ITPとは、免疫系により血小板が破壊される状態のことです。本剤は他の治療で改善がみられなかった一部のITP患者に用いられます。
エルトロンボパグ オラミンはその他の症状や他の種類のがんの治療についても試験が行われています。 
 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
小児患者におけるエルトロンボパグ オラミンのFDA承認(FDAニュース:原文)
エルトロンボパグ オラミンのFDA承認(日本語訳)

Eltrombopag Olamine[エルトロンボパグ オラミン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エルトロンボパグ オラミンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Elotuzumab[エロツズマブ]

米国承認初掲載日: 2015/12/08~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Empliciti 
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 エムプリシティ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Elotuzumab[エロツズマブ]

適応となるがん

エロツズマブは、以下の治療に承認されています。
多発性骨髄腫
・1~3種類の他の治療を受けたことがある成人患者にレナリドミドとデキサメタゾンとの併用で使用されます。
・レナリドミドおよびプロテアソーム阻害剤を含む他の治療を2種類以上受けたことがある成人患者にポマリドミドとデキサメタゾンとの併用で使用されます。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが多発性骨髄腫の治療に新しい免疫賦活薬エロツズマブを承認
FDAが多発性骨髄腫の治療にエロツズマブを承認

Elotuzumab[エロツズマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

エロツズマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Doxorubicin Hydrochloride Liposome [ドキソルビシンリポソーム]

米国承認初掲載日: 2007/08/10~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Doxil[ドキシル]
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → ドキソルビシンリポソーム

適応となるがん

ドキソルビシンリポソームは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。

・他の薬剤が使用できない、もしくは他の全身化学療法後に悪化したエイズ関連のカポジ肉腫

多発性骨髄腫。一種類以上の化学療法による治療歴がありボルテゾミブによる治療歴のない患者にボルテゾミブとの併用で使用されます。

・プラチナ製剤を含む化学療法による治療後に悪化または再発(再燃)した卵巣がん

ドキソルビシンリポソームは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
ドキソルビシンリポソームは、リポソーム(非常に小さい脂質粒子)内にドキソルビシンを含む製剤です。本製剤は同成分の他の製剤と比べ有効に機能し、副作用が少ないことが示されています。また、体内でより長時間作用するため、頻繁に投与する必要がありません。本製剤に適用されるドキソルビシンの詳細情報については、
ドキソルビシンの薬剤情報をご覧ください。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
ドキソルビシンリポソームのFDA承認(日本語訳)

Doxorubicin Hydrochloride Liposome[ドキソルビシンリポソーム]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ドキソルビシンリポソームの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Doxorubicin Hydrochloride [ドキソルビシン]

米国承認初掲載日: 2007/08/10~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 DOXORUBICIN HYDROCHLORIDE  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 アドリアシン

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Doxorubicin Hydrochloride [ドキソルビシン]

適応となるがん

 ドキソルビシンは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。

急性リンパ芽球性白血病(ALL)

急性骨髄性白血病(AML)

乳がん

・脇下リンパ節に転移したがんを有する女性患者において原発腫瘍を切除する手術後に使用されます。他剤との併用で使用されます。

・転移性乳がん患者に使用されます。

・転移性胃がん

ホジキンリンパ腫

・転移性神経芽腫

非ホジキンリンパ腫

・転移性非小細胞肺がん

・転移性卵巣がん

・転移性小細胞肺がん

・転移性軟部組織肉腫および骨肉腫

・転移性甲状腺がん

・転移性移行細胞膀胱がん

・転移性ウィルムス腫瘍

ドキソルビシンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
ドキソルビシンは、ドキソルビシンリポソームという別製剤もあります。詳細は、ドキソルビシンリポソームの薬剤情報をご覧ください。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Doxorubicin Hydrochloride [ドキソルビシン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ドキソルビシンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Dostarlimab-gxly [ドスタルリマブ]

米国承認初掲載日: 2021/05/24~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Jemperli   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Dostarlimab-gxly [ドスタルリマブ]

適応となるがん

ドスタルリマブは、ミスマッチ修復欠損(dMMR)がある、以下の再発または進行がんを有する成人患者の治療に承認されています。
・プラチナ製剤による化学療法で治療されたが、効果がなかったもしくはこれ以上効果のない子宮内膜がん
・他の治療法で治療中または治療後に増悪し、他の療法で治療できない固形がん
ドスタルリマブは、FDAの迅速承認プログラムの下で承認されています。承認の条件として、検証的試験により本剤がこれらの患者に臨床的有用性をもたらすことが示されなければなりません。
ドスタルリマブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAがMMR機能欠損がある固形がんにdostarlimabを迅速承認
FDAがMMR機能欠損がある子宮内膜がんにdostarlimabを承認

Dostarlimab-gxly[ドスタルリマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】HLA遺伝子:免疫療法薬が必ずしもすべての人に有効ではない理由(2022/01/27)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ドスタルリマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

OPPA療法

初掲載日: 2009/09/18~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → OPPA療法

適応となるがん

OPPA療法は以下の治療に用いられます。
・小児のホジキンリンパ腫。女性の患者に使用され、しばしば放射線治療と共に行われます。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

OPPA療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
OPPA療法で使用される薬剤
O=硫酸ビンクリスチン
P=塩酸プロカルバジン
P=プレドニゾン
A=塩酸ドキソルビシン(アドリアマイシン)

化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[OPPA regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

OFF療法

初掲載日:2014/05/29~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)薬剤情報に基づいて作成しています。
療法の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → OFF療法

適応となるがん

OFF療法は以下の治療に用いられます。
・進行性で、ゲムシタビン塩酸塩の投与後に増悪した膵臓がん。
本併用療法は、他の薬剤または治療法との併用、もしくはその他のがんの治療に用いられる場合があります。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

OFF療法に関する詳細情報

薬剤名にリンクがある場合は、各種薬剤の情報をご覧いただけます。
OFF療法に用いられる薬剤
O =オキサリプラチン
F =フルオロウラシル
F =ロイコボリンカルシウム(フォリン酸)

化学療法は複数の薬剤を組み合わせて行われることもあります。それぞれ作用の異なる薬剤がそれぞれに抗がん作用を示すため、通常、多剤併用は、単剤で行うよりも効果があります。
本併用療法で使用される薬剤はそれぞれ、がんおよびがんに起因する症状の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)に承認されています。
NCI治療薬辞典[OFF regimen](原文) - 詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別の名称

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索が可能です。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Oxaliplatin[オキサリプラチン]

米国承認初掲載日: 2006/10/05~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Eloxatin  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 オキサリプラチン

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Oxaliplatin[オキサリプラチン]

適応となるがん

オキサリプラチンは、以下の治療に他剤との併用で承認されています。
・進行した結腸直腸がん
ステージ3の大腸がん。がんを切除する手術を受けた患者に術後補助療法として使用されます。
オキサリプラチンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
オキサリプラチンのFDA承認(日本語訳)

Oxaliplatin[オキサリプラチン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

オキサリプラチンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Osimertinib[オシメルチニブ]

米国承認初掲載日:2015/11/23~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Tagrisso[タグリッソ]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 タグリッソ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Osimertinib[オシメルチニブ]

適応となるがん

オシメルチニブは、以下の治療に承認されています。
非小細胞肺がん。腫瘍に特定の上皮成長因子受容体(EGFR)変異を有する成人患者に、腫瘍切除術後の補助療法として、転移疾患に対する初回治療として、または他のEGFRチロシンキナーゼ阻害薬による治療中または治療後に増悪した転移疾患に対して使用されます。
オシメルチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAがEGFR陽性非小細胞肺がんの一次治療にオシメルチニブを承認
FDAがEGFR T790M変異陽性の転移非小細胞肺がんにosimertinibを承認
FDAがEGFR T790M変異陽性肺がんにosimertinibを承認

Osimertinib[オシメルチニブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】Osimertinib Improves Survival in Advanced Lung Cancer with EGFR Mutations[オシメルチニブがEGFR変異を有する進行肺がん患者の生存率を改善](2019/12/12)(原文)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

オシメルチニブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Ondansetron[オンダンセトロン]

米国承認初掲載日: 2015/07/28~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Zofran[ゾフラン]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 オンダンセトロン

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Ondansetron[オンダンセトロン]

適応となるがん

オンダンセトロンは、以下の予防に承認されています。
・化学療法、放射線療法および外科手術による吐き気および嘔吐。成人および小児患者に使用されます。
オンダンセトロンは、その他の病態の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

Ondansetron[オンダンセトロン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

オンダンセトロンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Omacetaxine Mepesuccinate[オマセタキシン]

米国承認初掲載日: 2012/11/19~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Synribo    
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Omacetaxine Mepesuccinate[オマセタキシン]

適応となるがん

オマセタキシンは、以下の治療に承認されています。
慢性骨髄性白血病。チロシンキナーゼ阻害剤で治療できない、または少なくとも2種類のチロシンキナーゼ阻害剤による治療後に悪化した慢性期または移行期の疾患を有する成人患者に使用されます。
オマセタキシンは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
オマセタキシンのFDA承認(日本語訳)

Omacetaxine Mepesuccinate[オマセタキシン]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

オマセタキシンの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Olaparib[オラパリブ]

米国承認初掲載日: 2014/12/31~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Lynparza[リムパーザ]   
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる / 商標 リムパーザ

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Olaparib[オラパリブ]

適応となるがん

オラパリブは、以下の治療に承認されています。
・HER2陰性で、特定の生殖細胞系BRCA1/BRCA2遺伝子変異を有する転移した乳がん。成人患者に使用されます。
  - 術前/術後化学療法による治療歴のある高リスク早期乳がん。補助療法として使用されます。
  - 術前/術後化学療法、または転移がんに対する化学療法による治療歴のある転移がん。
・特定の生殖細胞系BRCA1/BRCA2遺伝子変異を有する進行卵巣がん。すでに3つ以上の他の化学療法を受けた成人患者に使用されます。
上皮性卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がん。プラチナ製剤による化学療法に対して完全奏効か部分奏効が認められた成人患者に対する維持療法として使用されます。
   - 特定の生殖細胞系または体細胞系BRCA1/BRCA2遺伝子変異を有する進行がん患者に初回維持療法として使用されます。
   - ゲノム不安定性および特定の生殖細胞系または体細胞系BRCA1/BRCA2遺伝子変異を有する進行がん患者に初回維持療法としてベバシズマブと併用して使用されます。
   - 再発がん患者に使用されます。
膵臓がん。プラチナ製剤を含む化学療法による初回治療後に進行せず、特定の生殖細胞系BRCA1/BRCA2遺伝子変異を有する転移がんの成人患者に維持療法として使用されます。
・相同組換え修復経路に関与する特定の遺伝子に生殖細胞系または体細胞系変異を有する転移性去勢抵抗性(テストステロン値を低下させる治療法が奏効しない)前立腺がん。エンザルタミドまたはアビラテロンによる治療後に増悪した成人患者に使用されます。

オラパリブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAが、HRR遺伝子変異陽性の転移性去勢抵抗性前立腺がんにオラパリブを承認
卵巣がん、卵管がん、腹膜がんにオラパリブ+ベバシズマブの適応拡大
FDAがgBRCA変異および転移を有する膵臓腺がんにオラパリブを承認
FDAがBRCA変異卵巣がんの一次治療薬にオラパリブを承認
FDAがBRCA遺伝子変異転移乳がんの治療にオラパリブを承認
FDAが卵巣がん維持療法にオラパリブ錠を承認
FDAが進行卵巣癌の治療にオラパリブを承認

Olaparib[オラパリブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】抗生物質によるPARP 阻害薬耐性がん治療薬の可能性(2021/7/27)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報
【NCIブログ】オラパリブとルカパリブの承認で、前立腺がん治療はPARP阻害薬の時代に突入(2020/06/11)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報
【NCIブログ】PARP阻害薬3剤、卵巣がん初期治療に有望な結果(2019/10/29)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

オラパリブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Docetaxel [ドセタキセル]

米国承認初掲載日: 2006/10/05

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Taxotere [タキソテール]
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる /商標 タキソテール

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Docetaxel [ドセタキセル]

適応となるがん

ドセタキセルは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。

・他の化学療法が奏効しなかった局所進行または転移した乳がん。また、腋窩リンパ節転移陽性で手術可能な乳がんにもドキソルビシンとシクロホスファミドとの併用で使用されます。

・局所進行または転移した非小細胞肺がん

・プラチナ製剤を含む化学療法が奏効しなかった患者に単剤で使用されます。

・手術で治療できない患者にシスプラチンとの併用で使用されます。

・ホルモン不応性の(ホルモン治療に反応しない)転移した前立腺がん

・局所進行頭頸部扁平上皮がん。シスプラチンとフルオロウラシルとの併用で使用されます。 
・進行した
胃腺がんまたは食道胃接合部腺がん(食道がんの稀な一種)。化学療法の治療歴がない患者に使用されます。
ドセタキセルは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認済み適応一覧
Docetaxel[ドセタキセル]のFDA承認適応(日本語訳)

Docetaxel[ドセタキセル]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ドセタキセルの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Dinutuximab [ジヌツキシマブ]

米国承認初掲載日: 2015/03/26~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標 Unituxin  
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる/商標 ユニツキシン

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。

『海外がん医療情報リファレンス』内の記事を検索 → Dinutuximab [ジヌツキシマブ]

適応となるがん

ジヌツキシマブは、以下の治療に、顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)、アルデスロイキン(IL-2)、13-シスレチノイン酸との併用で承認されています。

・高リスク神経芽細胞腫。他の薬剤や治療においてある一定の効果のみられた小児患者に使用されます。
→ 適応となるがん最新(原文ページ)

FDA承認ニュース
FDAがハイリスク神経芽細胞腫に対する初の治療薬ジヌツキシマブを承認

Dinutuximab[ジヌツキシマブ]に関する詳細情報

NCI治療薬辞典(原文)-詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名
Medline Plusの情報(原文)-治療薬に関する重要な情報を一般の方向けの言葉でまとめています。内容は次のようなものです。
・この治療薬に対するFDAの警告や注意
・この治療薬の適応症、使用方法
・この治療薬の使用の前に担当医に伝えておくべきこと
・この治療薬の使用の前に知っておくべきこと
・この治療薬と相互作用がある可能性のある他の薬剤
・起こりうる副作用

研究結果
【NCIブログ】小児神経芽腫治療の進展が示された臨床試験(2019/09/23)(日本語訳)-この治療薬に対するNCIからの情報

治療薬は、すでに承認された適応以外にも治療や予防に役立つ効果があるかどうか別の試験で調べられることがあります。この患者向け『薬剤情報』では、承認された用法のみ記載していますが、情報の大部分は、現在試験が行われている未承認の使用法にも適応されることでしょう。

ジヌツキシマブの臨床試験/治験を検索(原文)-現在患者を受け入れているがん領域のNCI臨床試験リスト

検索リンク

PubMed論文検索-米国National Library of Medicine。世界の科学論文一覧。薬剤の論文を調べることができます。
Clinicaltrials.Gov-世界中の臨床試験、治験一覧ページ。薬剤名で検索可能。

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

Cladribine[クラドリビン]

米国承認初掲載日: 2016/12/21~

このページは、米国国立がん研究所(NCI)「Drug Information」に基づいて作成しています。
薬剤の簡単な解説と、本治療薬の用法、関連ニュース、研究結果および現在進行中の臨床試験に関する情報へのリンク集です。最新情報は、下記の原文ページでご覧ください。

米国の商標     
日本の承認の有無/商標KEGG PMDA で調べる

  ※原文リンクは、個人のブラウザの自動翻訳でご覧いただけます。