「イノツズマブ オゾガマイシン」での検索結果

Inotuzumab ozogamicin[イノツズマブ オゾガマイシン]の画像

Inotuzumab ozogamicin[イノツズマブ オゾガマイシン]

イノツズマブ オゾガマイシンは、以下の治療に承認されています。

・B細胞性急性リンパ性白血病(ALL)。再発または難治性の疾患を有する成人患者に使用されます。
イノツズマブ+ブリナツモマブ併用mini-Hyper-CVD療法は、再発ALL生存率を改善の画像

イノツズマブ+ブリナツモマブ併用mini-Hyper-CVD療法は、再発ALL生存率を改善

MDアンダーソンがんセンター再発・難治性の急性リンパ芽球性白血病(ALL)の成人患者は、これまで強力な化学療法を受けても予後不良であった。Hagop Kantarjian医師が率いる研...
Iの画像

I

Gemzar[ジェムザール]、InfugemHemangeol[ヘマンジオル]、Inderal[インデラル] Ibrance[イブランス]Ibritumomab Tiuxetan[イブリツモマ...
イの画像

Yescarta[イエスカルタ]Iobenguane I 131[イオベングアンI 131]Ixazomib Citrate[イキサゾミブ]Ixabepilone[イクサベピロン]Xtandi...
成人白血病(ALL)造血幹細胞移植後の生存率の改善続く-20年間研究の画像

成人白血病(ALL)造血幹細胞移植後の生存率の改善続く-20年間研究

フィラデルフィア染色体を持つ患者の予後が改善し続けている フィラデルフィア染色体を持つ急性リンパ芽球性白血病(ALL)患者において、同種造血幹細胞移植(HCT)後に再発を認めた患者の2年間の全生存率が、2000~2004年と2015~201
FDAが初の白血病(BCP-ALL)CAR-T細胞療法としてbrexucabtagene autoleucelを承認の画像

FDAが初の白血病(BCP-ALL)CAR-T細胞療法としてbrexucabtagene autoleucelを承認

血液腫瘍の一種である急性リンパ性白血病(ALL)の、最もよくみられる病型に罹患した成人患者は、初期治療が奏効しても再発することが多く、治療がまったく奏効しない患者もいる。このような患者については、CAR-T細胞療法と呼ばれる免疫療法が新たな
ブリナツモマブと化学療法の併用でB細胞性急性リンパ芽球性白血病の生存率が向上の画像

ブリナツモマブと化学療法の併用でB細胞性急性リンパ芽球性白血病の生存率が向上

アブストラクト464 モノクローナル抗体であるブリナツモマブ(販売名:ブリンサイト)を併用した化学療法レジメンでの初回治療により、フィラデルフィア染色体陰性B細胞性ALL(Ph-negative B-ALL)として知られる高リスク急性リンパ
小児白血病治療が思春期・若年成人にも有効の画像

小児白血病治療が思春期・若年成人にも有効

ある臨床試験から得られた最新の結果によると、急性リンパ性白血病(ALL)小児患者のために特別に開発された強化治療は、より高い年齢の若年成人(AYA世代)患者にも有効である。 今回の臨床試験では、新規に診断されたALL若年成人患者に小児白血病
がんの分子標的薬の画像

がんの分子標的薬

がんの分子標的薬とは何ですか? がんの分子標的薬の標的をどのように特定しますか? 分子標的薬はどのようにして開発されますか? どのような種類のがんの分子標的薬を受けられますか? 分子標的薬の対象患者をどのように決定しますか? がんの分子標的
FDAが再発・難治性の前駆B細胞急性リンパ性白血病にinotuzumab ozogamicinを承認の画像

FDAが再発・難治性の前駆B細胞急性リンパ性白血病にinotuzumab ozogamicinを承認

2017年8月17日、米国食品医薬品局(FDA)は、再発・難治性の前駆B細胞急性リンパ性白血病(ALL)成人患者の治療にイノツズマブ オゾガマイシン[inotuzumab ozogamicin](商品名:BESPONSA)(Wyeth Ph
急性リンパ性白血病への幹細胞移植を可能にするイノツズマブ オゾガマイシンの画像

急性リンパ性白血病への幹細胞移植を可能にするイノツズマブ オゾガマイシン

急性リンパ性白血病(ALL)における完全寛解率が従来の化学療法と比較して高いという研究結果が報告された。MDアンダーソンがんセンターニュースリリース 薬剤inotuzumab ozogamicin[イノツズマブ オゾガマイシン]の
OncoLog 2014年9月号◆抗体併用化学療法は急性リンパ性白血病(ALL)に対して有望な治療方法であるの画像

OncoLog 2014年9月号◆抗体併用化学療法は急性リンパ性白血病(ALL)に対して有望な治療方法である

MDアンダーソン OncoLog 2014年9月号(Volume 59 / Number 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
イノツズマブ・オゾガマイシンは、難治性再発性急性リンパ性白血病患者に有効の画像

イノツズマブ・オゾガマイシンは、難治性再発性急性リンパ性白血病患者に有効

キャンサーコンサルタンツ米国多施設臨床試験に参加している研究者らは、inotuzumab ozogamicin(イノツズマブ・オゾガマイシン)は、「難治性再発性の急性リンパ性白血病(ALL)患者にこれまで試された単剤の中で最も有効性の高いも