「イマチニブ」での検索結果

Sunitinib Malate [ス二チニブ]の画像

Sunitinib Malate [ス二チニブ]

スニチニブは、以下の治療に承認されています。

・消化管間質腫瘍(胃がんの一種)。イマチニブを使用中に病態が増悪した患者や、イマチニブを使用できない患者に対して使用されます。

・膵臓がん。手術による摘出不可能、局所進行または転移した進行性神経内分泌腫瘍の患者に対して使用されます。

・腎細胞がん(腎がんの一種)。

・進行疾患の患者に使用されます。

・腎摘除術を受けており、がんが再発するリスクが高い患者に補助療法として使用されます。

スニチニブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。
Nilotinib[ニロチニブ]の画像

Nilotinib[ニロチニブ]

ニロチニブは、以下の治療に承認されています。
・フィラデルフィア染色体陽性の慢性骨髄性白血病(CML)
・新たに慢性期CMLと診断された成人患者および1歳以上の小児患者
・イマチニブを含む治療ができないまたは奏効しない慢性期または移行期のCML成人患者
・チロシンキナーゼ阻害剤による治療ができないまたは奏効しない慢性期CMLの1歳以上の小児患者
Dasatinib [ダサチニブ]の画像

Dasatinib [ダサチニブ]

ダサニチブは、以下の治療に承認されています。
・フィラデルフィア染色体陽性の急性リンパ芽球性白血病。
・新たに診断された1歳以上の小児患者に使用されます。他の化学療法剤との併用で使用されます。
・他の治療薬に反応しなかった、あるいは他の治療薬を使用できない成人患者に使用されます。
・フィラデルフィア染色体陽性の慢性骨髄性白血病(CML)。本剤は以下の患者に使用されます。
・1歳以上の慢性期CML小児患者。
・新たに診断された慢性期CML成人患者。
・イマチニブを含む他の治療薬に反応しなかった、あるいは他の治療薬が使用できない慢性期、移行期、急性転化期のCML成人患者。
Ripretinib[リプレチニブ]の画像

Ripretinib[リプレチニブ]

プレチニブは、以下の治療に承認されています。

・進行した消化管間質腫瘍。イマチニブを含む3種類以上のキナーゼ阻害剤による治療歴のある成人患者に使用されます。
Regorafenib[レゴラフェニブ]の画像

Regorafenib[レゴラフェニブ]

レゴラフェニブは、以下の治療に承認されています。
・転移した大腸がん。他の治療が奏効しなかった患者に使用されます。
・局所に進行し、外科手術で切除不可能、または転移した消化管間質腫瘍。イマチニブおよびスニチニブが奏効しなかった患者に使用されます。
・肝細胞がん(肝がんの一種)。ソラフェニブによる治療歴のある患者に使用されます。
Imatinib Mesylate[イマチニブ]の画像

Imatinib Mesylate[イマチニブ]

イマチニブは、以下の治療に承認されています。

・成人または小児のフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ芽球性白血病。成人には、疾病が再発あるいは難治性の患者に使用されます。小児には、診断後の初回治療として化学療法と併用して使用されます。

・成人の慢性好酸球性白血病 または好酸球増加症候群

・フィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病。以下の病態を有する成人および小児患者に使用されます。
  - 新たに診断された慢性期の疾患
  - インターフェロンアルファによる治療を受けた後に増悪した慢性期、移行期、または急性転化期の疾患

・再発または転移性で手術による切除不能な成人の隆起性皮膚線維肉腫

・KIT陽性で手術による切除不能または転移した消化管間質腫瘍(GIST)。KIT陽性の成人患者において腫瘍を完全に除去するために手術後にも使用されます。

・成人の骨髄異形成/骨髄増殖性腫瘍

・侵襲性でc-KIT遺伝子に特定の変異のある全身性肥満細胞症
MDアンダーソンによるASCO2023発表の画像

MDアンダーソンによるASCO2023発表

MDアンダーソンがんセンター(MDA)急性リンパ性白血病(ALL)、大腸がん、メラノーマ、EGFRおよびKRAS変異に対する新規治療、消化器がんにおける人種的格差の縮小を特集
テキサス大...
ポナチニブは新たに診断されたPh+白血病(ALL)に対してイマチニブより有効の画像

ポナチニブは新たに診断されたPh+白血病(ALL)に対してイマチニブより有効

ASCOエキスパートの見解「今回の結果は、これまで予後不良とされてきた、悪性度の高い急性白血病であるPh+ALL(フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病)に対して、ポナチニブ+化...
ctDNA血液検査は進行GIST患者の最適な治療法の決定に役立つの画像

ctDNA血液検査は進行GIST患者の最適な治療法の決定に役立つ

「がんにおける体細胞変異は経時的に進化し、薬剤耐性をもたらす可能性がますます認識されています。治療法をリアルタイムで個別化するには、変異の全体像を評価するため、従来の侵襲的な生検以外の新たなツ...
Iの画像

I

Gemzar[ジェムザール]、InfugemHemangeol[ヘマンジオル]、Inderal[インデラル] Ibrance[イブランス]Ibritumomab Tiuxetan[イブリツモマ...
イの画像

Yescarta[イエスカルタ]Iobenguane I 131[イオベングアンI 131]Ixazomib Citrate[イキサゾミブ]Ixabepilone[イクサベピロン]Xtandi...
より安価な後発薬で、治療の質をおとさずにがん診療費の削減が可能の画像

より安価な後発薬で、治療の質をおとさずにがん診療費の削減が可能

ASCOの見解 「より安価な後発薬を使用した治療の場合でも、患者さんは治療の質を断念せずに自己負担額や支払額が削減できるという恩恵を受けられることが研究で示されました。これは、患者さんにとって受ける治療の質が変わらないだけでなく、同質の治療
イマチニブ治療後GISTに対するリプレチニブはスニチニブと同等の効果で副作用が少ないの画像

イマチニブ治療後GISTに対するリプレチニブはスニチニブと同等の効果で副作用が少ない

ASCOエキスパートの見解 「この大規模な第3相臨床試験では、イマチニブによる治療で増悪した消化管間質腫瘍に対して、スニチニブと比較してリプレチニブの優越性は認められませんでした。リプレチニブでは、高血圧、手足皮膚反応、好中球減少の発生率が
2021年ASCO年次総会(6月4-8日)注目の演題(続報)の画像

2021年ASCO年次総会(6月4-8日)注目の演題(続報)

6月4~8日にオンラインで開催される2021年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会において、多くのがん疾患部位にわたる幅広いテーマを扱った27の試験が発表される。 下記の試験について、複数の疾患領域のASCO専門委員が第三者の立場から解説お
慢性骨髄性白血病の一部患者でのTKI投与中止は安全かつQOL向上に寄与の画像

慢性骨髄性白血病の一部患者でのTKI投与中止は安全かつQOL向上に寄与

イマチニブ(販売名:グリベック)という薬剤は、かつては致死的血液腫瘍とみなされていた慢性骨髄性白血病(CML)を治療可能な疾患に変え、多くの患者はほぼ通常の寿命と等しく生きられるようになった。 CMLを治療するイマチニブとその関連薬はチロシ
進行消化管間質腫瘍(GIST)にripretinib承認(FDA)の画像

進行消化管間質腫瘍(GIST)にripretinib承認(FDA)

FDAニュース速報 2020年5月15日 米国食品医薬品局(FDA)は、消化管に発生する腫瘍の一種である進行消化管間質腫瘍(GIST)の四次治療薬として初めてripretinib[リプレチニブ]錠剤(Qinlock[キンロック])を承認した
希少遺伝子変異を有する消化管間質腫瘍(GIST)のFDA承認薬アバプリチニブの画像

希少遺伝子変異を有する消化管間質腫瘍(GIST)のFDA承認薬アバプリチニブ

特定の遺伝子変異を伴う消化管間質腫瘍(GIST)患者にとって、新しい分子標的薬が選択肢となる。 2020年1月9日、米国食品医薬品局(FDA)は、血小板由来増殖因子受容体アルファ(PDGFRA)エクソン18変異を有する一部のGIST成人患者
がんの分子標的薬の画像

がんの分子標的薬

がんの分子標的薬とは何ですか? がんの分子標的薬の標的をどのように特定しますか? 分子標的薬はどのようにして開発されますか? どのような種類のがんの分子標的薬を受けられますか? 分子標的薬の対象患者をどのように決定しますか? がんの分子標的
CAR-T細胞:患者の免疫細胞を遺伝子操作してがんを治療するの画像

CAR-T細胞:患者の免疫細胞を遺伝子操作してがんを治療する

米国国立がん研究所(NCI) 何年もの間、がん治療の基本は外科手術、化学療法、放射線療法であった。ここ20年の間に、イマチニブ(グリベック)やトラスツズマブ(ハーセプチン)などの分子標的薬治療薬(主にがん細胞内に存在する特定の分子変化を狙い
一部の慢性骨髄性白血病患者ではニロチニブを中止可能の画像

一部の慢性骨髄性白血病患者ではニロチニブを中止可能

米国食品医薬品局(FDA)は、慢性骨髄性白血病(CML)患者におけるニロチニブ(商品名:タシグナ)の推奨投与方法に対する大幅な変更を承認した。   FDA は12月22日、ニロチニブの添付文書について、本薬剤を服用中でがんが長期間
慢性骨髄性白血病では持続奏効後にニロチニブを中止できる可能性の画像

慢性骨髄性白血病では持続奏効後にニロチニブを中止できる可能性

米国食品医薬品局(FDA)は本日、抗がん剤ニロチニブ(商品名:タシグナ)の添付文書を更新し、医療供給者に向けて一部の患者への投薬中止の方法に関する情報を付け加えた。   2007年にFDAによって初めて承認されたニロチニブは、フィ
FDAがフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病にボスチニブを迅速承認の画像

FDAがフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病にボスチニブを迅速承認

2017年12月19日、米国食品医薬品局(FDA)は、未治療の慢性期(CP)フィラデルフィア染色体陽性(Ph+)慢性骨髄性白血病(CML)患者の治療にボスチニブ(商品名:ボシュリフ)(Pfizer Inc.社)を迅速承認した。  
ダサチニブが慢性骨髄性白血病小児患者にFDA承認の画像

ダサチニブが慢性骨髄性白血病小児患者にFDA承認

米国食品医薬品局(FDA)は2017年11月9日、慢性期のフィラデルフィア染色体陽性(Ph+)慢性骨髄性白血病(CML)小児患者の治療薬として、ダサチニブ(スプリセル、Bristol-Myers Squibb Co.社 )を通常承認した。
FDA、ブリナツモマブをフィラデルフィア染色体陽性前駆B細胞急性リンパ性白血病に適応拡大の画像

FDA、ブリナツモマブをフィラデルフィア染色体陽性前駆B細胞急性リンパ性白血病に適応拡大

米国食品医薬品局(FDA)は2017年7月11日、成人および小児における再発性または難治性の前駆B細胞急性リンパ性白血病(ALL)の治療薬として、blinatumomab[ブリナツモマブ](商品名:Blincyto[ブリンサイト]、Amge