「パクリタキセル」での検索結果

FDA承認情報の画像

FDA承認情報

米国食品医薬品局(FDA)《抗がん薬/血液腫瘍治療薬の承認》一覧米国の新承認情報 Oncology (Cancer) / Hematologic Malignancies Approv...
進行胃/胃食道接合部腺がんにフルキンチニブ+パクリタキセル併用療法の画像

進行胃/胃食道接合部腺がんにフルキンチニブ+パクリタキセル併用療法

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解「FRUTIGA試験において、fruquintinib[フルキンチニブ]とパクリタキセルの併用は、進行した胃/胃食道接合部腺がん...
Pembrolizumab[ペムブロリズマブ]の画像

Pembrolizumab[ペムブロリズマブ]

ペムブロリズマブは、以下の治療に承認されています。
トリプルネガティブ乳がん
子宮頸がん
古典的ホジキンリンパ腫
皮膚扁平上皮がん
子宮内膜がん
転移食道がんまたは胃食道接合部がん
胃がん・胃食道接合部腺がん
肝細胞がん(肝がんの一種)
メラノーマ
メルケル細胞がん(成人および小児)
高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)またはミスマッチ修復欠損(dMMR)がん
非小細胞肺がん
原発性縦隔大細胞型B 細胞リンパ腫
腎細胞がん
腫瘍遺伝子変異量の高い(TMB-H)固形がん
頭頸部扁平上皮がん
尿路上皮がん
CARBOPLATIN-TAXOL[カルボプラチン-タキソール療法]の画像

CARBOPLATIN-TAXOL[カルボプラチン-タキソール療法]

カルボプラチン-タキソール併用療法で使用される薬剤:
・カルボプラチン(日本語訳)
・パクリタキセル[タキソール](日本語訳)
AC-T療法[AC-T療法]の画像

AC-T療法[AC-T療法]

AC-T併用療法で使用される薬剤;

A = ドキソルビシン塩酸塩(アドリアマイシン)(日本語訳)

C = シクロホスファミド(日本語訳)

T = パクリタキセル(日本語訳)
Paclitaxel Albumin-Stabilized Nanoparticle Formulation[パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤]の画像

Paclitaxel Albumin-Stabilized Nanoparticle Formulation[パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤]

パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤は、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。

・他の化学療法による治療後に再発または転移した乳がん。

・局所進行または転移非小細胞肺がん。外科手術または放射線療法による治療ができない患者に、一次治療としてカルボプラチンと併用して使用されます。

・転移性膵臓がん。一次治療としてゲムシタビンと併用して使用されます。 

パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤は、他のがん種の治療についても試験が行われています。

パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤は、ナノ粒子(非常に小さいタンパク粒子)のパクリタキセル製剤です。この治療薬は、小粒子パクリタキセルやタンパク結合パクリタキセルとも呼ばれます。本製剤は、パクリタキセルよりも有効性が高く、副作用の少ないと考えられている薬です。パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤に適用されるパクリタキセルの詳細情報については、パクリタキセルの薬剤情報をご覧ください。 
子宮体がんにセリネクソール維持療法は無増悪生存期間を延長の画像

子宮体がんにセリネクソール維持療法は無増悪生存期間を延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解「TP53野生型の子宮体がん腫瘍を評価した第3相SIENDO試験のサブセット解析から、パクリタキセルとカルボプラチンの併用療法の...
Paclitaxel[パクリタキセル]の画像

Paclitaxel[パクリタキセル]

パクリタキセルは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。

・エイズ関連カポジ肉腫。二次治療として使用されます。

・乳がん。

・リンパ節陽性疾患の患者に、ドキソルビシンを含む併用化学療法と併用して補助療法として使用されます。

・併用化学療法が奏効しなかった転移疾患を有する患者に使用されます。

・非小細胞肺がん。手術や放射線治療で治療できない患者に初回治療としてシスプラチンと併用して使用されます。

・進行卵巣がん。他の治療を受けたことがある患者に、初回治療としてシスプラチンと併用してまたは単剤で使用されます。

パクリタキセルは、他のがん種の治療についても試験が行われています。

パクリタキセルは、パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤という別の製剤でも使用可能です。詳細情報については、パクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤の薬剤情報をご覧ください。 
Carboplatin[カルボプラチン]の画像

Carboplatin[カルボプラチン]

カルボプラチンは、以下の治療において単剤または他剤との併用で承認されています。

・進行卵巣がん。初回治療として、他の化学療法剤と併用して用いられます。また、化学療法後に再発した卵巣がんでは症状緩和を目的として単剤で使用されます。
Trastuzumab and Hyaluronidase-oysk[トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-oysk]の画像

Trastuzumab and Hyaluronidase-oysk[トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-oysk]

トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-oyskは、以下の治療に承認されています。

・HER2陽性(HER2+)乳がん。以下を有する成人患者に使用されます。

・ホルモン受容体陰性またはリスクの高いがん

- ドキソルビシン、シクロホスファミドおよびパクリタキセルもしくはドセタキセルのいずれか、またはドセタキセルおよびカルボプラチンと併用して併用化学療法として使用されます。 

- アントラサイクリン化学療法を含む併用療法後に単剤で使用されます。

・転移がん

- 初回治療としてパクリタキセルと併用して使用されます。

- または、転移がんに対して1つ以上の化学療法レジメンによる治療歴のある患者に単剤で使用されます。
Trastuzumab[トラスツズマブ]の画像

Trastuzumab[トラスツズマブ]

トラスツズマブは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。
・HER2陽性(HER2+)乳がん
- ホルモン受容体陰性またはリスクの高いがんを有する患者に、ドキソルビシン、シクロホスファミドおよびパクリタキセルもしくはドセタキセル、またはドセタキセルおよびカルボプラチンと併用して併用療法として使用されます。または、アントラサイクリン系薬剤による化学療法を含む併用療法後に単剤で使用されます。
- 転移がんを有する患者に、初回治療としてパクリタキセルと併用して使用されます。または、転移がんに対して1つ以上の化学療法を受けた患者に単剤で使用されます。
・転移した胃腺がんまたは食道胃接合部腺がん。HER2+のがんにシスプラチンおよびカペシタビンもしくはフルオロウラシルとの併用で使用されます。
トラスツズマブは、トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-oysk、ペルツズマブ/トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-zzxf、およびトラスツズマブ エムタンシンという3種の別製剤もあります。詳細は、トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-oysk、ペルツズマブ/トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-zzxf およびトラスツズマブ エムタンシンの薬剤情報をご覧ください。
Gemcitabine Hydrochloride[ゲムシタビン]の画像

Gemcitabine Hydrochloride[ゲムシタビン]

ゲムシタビンは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。
・アントラサイクリン系抗がん剤を含む化学療法で治療不可能または奏効しない乳がん。転移したがんに一次治療としてパクリタキセルとの併用で使用されます。
・手術で切除できない局所進行または転移非小細胞肺がん。シスプラチンとの併用で使用されます。
・プラチナ製剤を含む化学療法による治療後6カ月以上経って再発した進行卵巣がん。カルボプラチンとの併用で使用されます。
・膵臓がん。局所進行または転移疾患を有しフルオロウラシルによる治療歴のある患者に単剤で使用されます。
Atezolizumab[アテゾリズマブ]の画像

Atezolizumab[アテゾリズマブ]

アテゾリズマブは、以下の治療に承認されています。

• 手術による切除不能または転移肝細胞がん(肝がんの一種)。全身療法を受けたことのない患者にベバシズマブとの併用で使用されます。

• BRAF遺伝子に特定の変異のあるメラノーマ。手術による切除不能または転移がんを有する成人患者にコビメチニブおよびベムラフェニブとの併用で使用されます。

• 非小細胞肺がん。以下の用法で使用されます。
  ・PD-L1タンパク質を発現するステージIIA、ステージIIBまたはステージIIIAのがんを有する成人患者に手術後およびプラチナ製剤ベースの化学療法後の補助療法として使用されます。
  ・PD-L1タンパク質を発現し上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子または未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)遺伝子に変異のない転移がんを有する成人患者に初回治療として使用されます。
  ・EGFR遺伝子または ALK遺伝子に変異がない非扁平転移がんの成人患者において、初回治療としてベバシズマブ、パクリタキセルおよびカルボプラチンまたはパクリタキセル・アルブミン安定化小粒子製剤およびカルボプラチンとの併用で使用されます。
  ・プラチナ製剤ベースの化学療法による治療中または治療後に転移がんが増悪した成人患者に使用されます。EGFR遺伝子またはALK遺伝子に変異がある患者では、これらの変異に対するFDA承認治療を行った後にがんが増悪した場合に使用されます。

• 小細胞肺がん。進展型小細胞肺がんの成人患者に初回治療としてカルボプラチンおよびエトポシドとの併用で使用されます。

• 手術による切除不能または転移尿路上皮がん(膀胱がんの一種)。以下の患者に使用されます。
  ・PD-L1タンパク質を発現しシスプラチンで治療できないがんを有する成人患者1
  ・プラチナ製剤ベースの化学療法で治療できない成人患者1
Bevacizumab [ベバシズマブ]の画像

Bevacizumab [ベバシズマブ]

ベバシズマブは、以下の治療に承認されています。
・他の治療で改善しなかった、転移または再発した子宮頸がん
・転移した大腸がん
・再発した神経膠芽腫
・転移または手術による切除不能な幹細胞がん
・局所進行、手術による切除不能、転移または再発した非扁平上皮非細胞肺がん
・上皮性卵巣がん、卵管がん、または原発性腹膜がん
・転移した腎細胞がん
FDAが子宮体がんにドスタルリマブ+化学療法を承認の画像

FDAが子宮体がんにドスタルリマブ+化学療法を承認

米国食品医薬品局(FDA)2023年7月31日、米国食品医薬品局(FDA)は、同局による承認済み検査でミスマッチ修復機能欠損(dMMR)が認められるか、高頻度のマイクロサテライト不安定...
Ramucirumab[ラムシルマブ]の画像

Ramucirumab[ラムシルマブ]

ラムシルマブは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。
・転移した大腸がん。ベバシズマブ、オキサリプラチンおよびフルオロピリミジンによる治療中または治療後にがんが増悪した患者に対して、FOLFIRIと併用して使用されます。
・肝細胞がん(肝がんの一種)。αフェトプロテインの血中濃度が高く、ソラフェニブによる治療歴のある患者に単独で使用されます。
・転移した非小細胞肺がん。
  - 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子に特定の変異を有する患者に一次治療としてエルロチニブと併用して使用されます。
  - プラチナ製剤による化学療法による治療中または治療後にがんが増悪した患者に対して、ドセタキセルと併用して使用されます。上皮成長因子受容体(EGFR)変異または未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)の遺伝子変異を有するがん患者は、このような変異に対してFDAが承認した治療後にがんが増悪した場合にラムシルマブが使用されます。
・進行または転移した胃腺がんまたは食道胃接合部腺がん(食道がんのまれな一種)。フルオロピリミジンまたはプラチナ製剤による化学療法での治療後にがんが増悪した患者に対して使用されます。単剤またはパクリタキセルとの併用で使用されます。
進行子宮頸がん化学療法にペムブロリズマブ追加で生存率が改善の画像

進行子宮頸がん化学療法にペムブロリズマブ追加で生存率が改善

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「本試験の結果は、進行、再発または転移子宮頸がん患者に対して、ベバシズマブ併用/非併用化学療法にペムブロリズマブを追加する治療...
進行卵巣がんにオラパリブ、デュルバルマブの追加投与は無増悪生存期間を延長の画像

進行卵巣がんにオラパリブ、デュルバルマブの追加投与は無増悪生存期間を延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「卵巣がんの早期発見法はなく、3分の2以上の患者が、再発のおそれが高い進行した状態で診断されます。さらなる研究が必要ですが、治...
子宮体がん治療における免疫チェックポイント阻害薬の役割拡大に期待の画像

子宮体がん治療における免疫チェックポイント阻害薬の役割拡大に期待

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ2つの大規模臨床試験の結果が発表されたことで、進行子宮内膜がん(子宮体がん)の女性にとって免疫療法はより一般的な治療になる可能性がある。

両試...
【世界最大がん臨床研究学会ASCO2023】-治療の最適化/治療機会の改善/治療開発の新知見を発表の画像

【世界最大がん臨床研究学会ASCO2023】-治療の最適化/治療機会の改善/治療開発の新知見を発表

米国臨床腫瘍学会(ASCO)2023年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で患者の治療に影響を与える最新のがん臨床研究について議論するため、世界中から腫瘍学の専門家がシカゴに集結する。...
進行/再発子宮体がんの新たな治療基準となるか: ドスタルリマブRUBY試験結果の画像

進行/再発子宮体がんの新たな治療基準となるか: ドスタルリマブRUBY試験結果

進行した子宮体がん患者に対し、PD-1(チェックポイント)阻害剤であるドスタルリマブ(販売名:Jemperli[ジェンペルリ])と標準化学療法(カルボプラチンとパクリタキセル)を併用した。
早期HER2陽性乳がんの術後パクリタキセル+トラスツズマブは10年後も高い効果を維持の画像

早期HER2陽性乳がんの術後パクリタキセル+トラスツズマブは10年後も高い効果を維持

ダナファーバーがん研究所リンパ節転移がなく、腫瘍サイズが小さいHER2陽性乳がん患者に対する標準治療を確立した臨床試験の追跡調査結果が、この治療の長期的な有効性を裏づけている。

試験参加...
サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)でのダナファーバー研究発表の画像

サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)でのダナファーバー研究発表

第45回サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS、2022年12月6日〜10日)において、ダナファーバーがん研究所の研究者が30件以上の調査研究を発表する。サンアントニオ乳がんシンポジウム...
Pの画像

P

Alimta[アリムタ]、PemfexyEpogen、Procrit、RetacritPaclitaxel Albumin-Stabilized Nanoparticle Formulatio...