「オビヌツズマブ」での検索結果

Venetoclax[ベネトクラクス]の画像

Venetoclax[ベネトクラクス]

ベネトクラクスは、以下の治療に承認されています。

・新たに診断された急性骨髄性白血病。75歳以上の成人患者または集中的な導入化学療法が非適応の成人患者に使用されます。アザシチジン、デシタビンもしくは低用量のシタラビンと併用されます。

・成人の慢性リンパ性白血病(CLL)または小リンパ球性リンパ腫(SLL)。単剤で投与されるか、オビヌツズマブまたはリツキシマブとの併用で投与されます。
Obinutuzumab[オビヌツズマブ]の画像

Obinutuzumab[オビヌツズマブ]

オビヌツズマブは、以下の治療に他剤との併用で承認されています。

・慢性リンパ性白血病(CLL)。CLLに対する治療歴のない患者にクロラムブシルとの併用で使用されます。

・濾胞性リンパ腫

・リツキシマブを含む治療後に再発した、または治療効果がみられなかった濾胞性リンパ腫の治療に、ベンダムスチンとの併用後にオビヌツズマブ単独で使用されます。

・Bulky 病変のある II 期、 III 期、IV 期濾胞性リンパ腫の成人患者に初回治療として化学療法との併用で使用されます。部分寛解以上が得られた患者は、その後オビヌツズマブ単独で治療します。
FDAがびまん性大細胞型B細胞リンパ腫にglofitamab-gxbmを承認の画像

FDAがびまん性大細胞型B細胞リンパ腫にglofitamab-gxbmを承認

米国食品医薬品局(FDA)2023年6月15日、米国食品医薬品局(FDA)は、2ライン以上の全身療法後の再発または難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫非特定型(DLBCL, NOS)...
Oの画像

O

Herceptin [ハーセプチン]、Herzuma、Kanjinti、Ogivri、Ontruzant、TrazimeraObinutuzumab[オビヌツズマブ]OdomzoOEPA療法O...
オの画像

OEPA療法Oxaliplatin[オキサリプラチン]Osimertinib[オシメルチニブ]OPPA療法Obinutuzumab[オビヌツズマブ]OFF療法Ofatumumab[オファツムマ...
MDA研究ハイライト:欧州血液学会(EHA22)発表【2】白血病の画像

MDA研究ハイライト:欧州血液学会(EHA22)発表【2】白血病

4) マグロリマブとアザシチジンの併用療法は、TP53変異陽性AMLに対して持続的寛解と有望な結果を示す(アブストラクト番号:S132) TP53変異陽性急性骨髄性白血病(AML)の高リスク患者では、治療選択肢が限られ、予後が極めて不良であ
慢性リンパ性白血病(CLL)の3剤併用AVO療法が第2相試験で有望な結果の画像

慢性リンパ性白血病(CLL)の3剤併用AVO療法が第2相試験で有望な結果

ダナファーバーの研究者らにより、BCL-2阻害薬と別の分子標的薬2剤の3剤併用は、治療歴のない慢性リンパ性白血病(CLL)患者に有効であることが認められた ダナファーバーがん研究所を中心とする臨床研究チームは、高齢者に好発する血液腫瘍の一種
B細胞枯渇療法を受けたリンパ腫患者はCOVID-19転帰不良の可能性の画像

B細胞枯渇療法を受けたリンパ腫患者はCOVID-19転帰不良の可能性

重症COVID-19(新型コロナウイルス感染症) で入院したリンパ腫患者のうち、過去12カ月以内にB細胞枯渇療法を受けた患者では、入院期間長期化と死亡リスクの上昇がみられた。この結果は、2月3-5日に開催されたAACRバーチャル会議「 CO
FDAが白血病(CLL)と小リンパ球性リンパ腫にアカラブルチニブを承認の画像

FDAが白血病(CLL)と小リンパ球性リンパ腫にアカラブルチニブを承認

2019年11月21日、米国食品医薬品局(FDA)は慢性リンパ性白血病(CLL)または小リンパ球性リンパ腫(SLL)成人患者に対してアカラブルチニブ(販売名:CALQUENCE、AstraZeneca社)の使用を承認した。 今回の審査はFD
FDAが白血病(CLL)および小リンパ球性リンパ腫にべネトクラックスを承認の画像

FDAが白血病(CLL)および小リンパ球性リンパ腫にべネトクラックスを承認

2019年5月15日、米国食品医薬品局(FDA)は慢性リンパ性白血病(CLL)成人患者および小リンパ球性リンパ腫(SLL)成人患者にベネトクラックス(商品名:VENCLEXTA、AbbVie Inc.社およびGenentech Inc.社)
がんの分子標的薬の画像

がんの分子標的薬

がんの分子標的薬とは何ですか? がんの分子標的薬の標的をどのように特定しますか? 分子標的薬はどのようにして開発されますか? どのような種類のがんの分子標的薬を受けられますか? 分子標的薬の対象患者をどのように決定しますか? がんの分子標的
Acalabrutinib併用は未治療/再発白血病に安全かつ有効の画像

Acalabrutinib併用は未治療/再発白血病に安全かつ有効

Acalabrutinib[アカラブルチニブ]は、第2世代ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬であり、慢性リンパ性白血病(CLL)およびマントル細胞リンパ腫(MCL)を有する患者の生存が向上することを示した新タイプの薬剤の一つである。
ASH年次総会で血液がん化学療法の最新知見をMDアンダーソンが発表の画像

ASH年次総会で血液がん化学療法の最新知見をMDアンダーソンが発表

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者らは、12月8日~12日にアトランタで開催される米国血液学会(ASH)年次総会および展示会において、血液がんの薬物治療に関する最新の知見を発表する。   MDアンダーソンのCance
濾胞性リンパ腫治療の新時代の画像

濾胞性リンパ腫治療の新時代

MDアンダーソン OncoLog 2017年9月号(Volume 62 / Issue 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
FDAが濾胞性リンパ腫の治療にオビヌツズマブを承認の画像

FDAが濾胞性リンパ腫の治療にオビヌツズマブを承認

Oncology Approved Drug 米国食品医薬品局(FDA)は2016年2月26日、リツキシマブを含む治療後に再発したか治療効果がみられない濾胞性リンパ腫(FL)患者の治療において、obinutuzumab[オビヌツズ
ベンダムスチン、リツキシマブとイデラリシブの併用療法が慢性リンパ性白血病(CLL)に有望の画像

ベンダムスチン、リツキシマブとイデラリシブの併用療法が慢性リンパ性白血病(CLL)に有望

キャンサーコンサルタンツ独立データモニタリング委員会(DMC)による推奨を受け、ギリアド・サイエンシズ社は本日、治療歴のある慢性リンパ性白血病(CLL)患者に対する標準治療に追加したイデラリシブ[idelalisib](商品名:Zydeli
がんの治療、予防および患者ケアの進歩が明らかに(2015年ASCO年次総会報道向けプログラム)の画像

がんの治療、予防および患者ケアの進歩が明らかに(2015年ASCO年次総会報道向けプログラム)

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、2015年ASCO年次総会報道向けプログラムで取り上げる予定の研究を発表した。数々のがんに対する進歩や、免疫療法、標的治療、外科手術、放射線治療、がんの予防および患者の生活の質(QOL)を改善する革新的な
OncoLog 2014年9月号◆抗体併用化学療法は急性リンパ性白血病(ALL)に対して有望な治療方法であるの画像

OncoLog 2014年9月号◆抗体併用化学療法は急性リンパ性白血病(ALL)に対して有望な治療方法である

MDアンダーソン OncoLog 2014年9月号(Volume 59 / Number 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
FDAが17p欠失の慢性リンパ性白血病(CLL)の治療にイブルチニブの適応拡大を承認の画像

FDAが17p欠失の慢性リンパ性白血病(CLL)の治療にイブルチニブの適応拡大を承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報新たな臨床データがCLLを適応症とする同薬剤の正式承認を支持米国食品医薬品局(FDA)は本日、慢性リンパ性白血病(CLL)に対する標準治療の奏効が不良であるとされている17番染色体欠失(17p欠失)のあ
FDAが慢性リンパ性白血病(CLL)、濾胞性B細胞性非ホジキンリンパ腫(FL)、小リンパ腫(SLL)の再発患者にイデラリシブを承認の画像

FDAが慢性リンパ性白血病(CLL)、濾胞性B細胞性非ホジキンリンパ腫(FL)、小リンパ腫(SLL)の再発患者にイデラリシブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報米国食品医薬品局(FDA)は2014年7月23日、3種類の血液悪性腫瘍治療薬としてidelalisib[イデラリシブ](Zydelig)を承認した。 イデラリシブは、慢性リンパ性白血病(CLL
オビヌツズマブ+クロラムブシルの併用は慢性リンパ性白血病高齢患者の転帰改善の画像

オビヌツズマブ+クロラムブシルの併用は慢性リンパ性白血病高齢患者の転帰改善

キャンサーコンサルタンツ慢性リンパ性白血病(CLL)と他の健康問題を抱える高齢患者には、オビヌツズマブ[obinutuzumab](Gazyva)およびクロラムブシル[chlorambucil]の併用による初期治療が、リツキシマブ(リツキサ
FDAが慢性リンパ性白血病(CLL)の治療にオビヌツズマブを承認/FDAニュースの画像

FDAが慢性リンパ性白血病(CLL)の治療にオビヌツズマブを承認/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2013年11月1日 Media Inquiries: Tara Goodin, 240-402-3157 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが慢性リンパ性白
オビヌツズマブのFDA承認の画像

オビヌツズマブのFDA承認

・治療歴の無い慢性リンパ性白血病(CLL)患者の治療にクロラムブシルとの併用で承認(2013/11/01) 米国食品医薬品局(FDA)は2013年11月1日、治療歴の無い慢性リンパ性白血病(CLL)患者の治療として、オビヌツズマブ(Gazy