がん治療

肥満度(BMI)と免疫関連有害事象の関連性の画像

肥満度(BMI)と免疫関連有害事象の関連性

肥満度(BMI、ボディマス指数)と免疫チェックポイント阻害薬の安全性プロファイルの関係に関する知見を提供する研究肥満は、さまざまな種類の腫瘍において、患者の予後不良と関連している。しか...
免疫チェックポイント阻害薬による心臓関連副作用の原因を究明の画像

免疫チェックポイント阻害薬による心臓関連副作用の原因を究明

免疫チェックポイント阻害薬(ICI)として知られる免疫療法薬は、ますます多くのがん治療に使用されている。これらの薬剤は極めて効果があり、腫瘍を縮小させ、長期間にわたり腫瘍を抑制することができる...
ケモブレインを引き起こす可能性のある生物学的変化の画像

ケモブレインを引き起こす可能性のある生物学的変化

近年、一部のがん治療の副作用である「ケモブレイン」が、研究者から注目を集めている。ケモブレインはがん治療に伴う認知機能障害と言われることが多く、重度の記憶障害、頭脳明晰さの欠如、および多くの経験者が「意識混濁」と呼ぶ状態を特徴とする。 化学
~患者のための~『放射線治療の副作用への対処』【電子書籍】の画像

~患者のための~『放射線治療の副作用への対処』【電子書籍】

放射線療法を受ける患者さんのための副作用の対処法についてのガイドブック。患者さんが医療者との円滑な話し合いを支援することを目的としています。全11 章にて、自宅で行うセルフケアに関して患者さんが理解を深め、上手に対処していくのに役立つ具体的
がんサバイバーに多い難聴や耳鳴りの画像

がんサバイバーに多い難聴や耳鳴り

化学療法を受けている子供に対しての聴力検査は定例的に行われているが、成人には行われていない。もっとも一般的ながんの成人サバイバーに深刻な聴覚障害が多くみられることが、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)で行われた新たな研究によっ
AIは今後さらに洗練された方法で、がん画像診断に役立てられるの画像

AIは今後さらに洗練された方法で、がん画像診断に役立てられる

形状が曖昧な白黒の2つの同一な画像がコンピュータ画面に並んで表示されている。左側の画面では、15年の経験を持つ放射線科医のIsmail Baris Turkbey医師が、不明瞭な形状で浸潤性に増大している前立腺がんと思われる領域の輪郭を描い
がん治療の重い副作用は女性に多いの画像

がん治療の重い副作用は女性に多い

化学療法、標的治療、免疫療法などのがん治療において、女性は男性よりも重篤な副作用を経験する可能性が高いことが、新たな研究で示唆された。 全体として、女性は男性に比べて重篤な副作用のリスクが34%高いことがわかった。この性差は、免疫療法を受け
機能評価ツールで高齢者のがん治療に伴う副作用を軽減の画像

機能評価ツールで高齢者のがん治療に伴う副作用を軽減

健康状態を測定する高齢者機能評価と呼ばれるツールが、進行がん治療を受ける高齢者の治療計画に重要な役割を果たすことが臨床試験の結果により明らかになった。この試験のなかで、高齢者機能評価に基づき治療を受けた高齢患者は重篤な副作用の発現が極めて少
CAR-T細胞を作れ!がん免疫治療を加速化の画像

CAR-T細胞を作れ!がん免疫治療を加速化

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ヒトの研究で使われるCAR-T細胞という名のがん免疫療法用細胞を製造できる米国国内の研究所は、ほんの一握り
ASCOが化学療法誘発性末梢神経障害の初回治療にデュロキセチンを推奨の画像

ASCOが化学療法誘発性末梢神経障害の初回治療にデュロキセチンを推奨

成人のがんサバイバーにおける化学療法誘発性の末梢神経障害(CIPN)に対しデュロキセチン(販売名:サインバルタ)を初回治療として使用すべきであると、米国臨床腫瘍学会(ASCO)の最新ガイドラインで定められた。 「ガイドラインに込められている
神経線維腫症1型において良性腫瘍のがん化を判定する血液検査法の画像

神経線維腫症1型において良性腫瘍のがん化を判定する血液検査法

神経線維腫症1型(NF1)と呼ばれる遺伝性疾患では、神経に沿って成長する非がん性(良性)の腫瘍が高頻度で発現する。 このような腫瘍は進行性のがんに変化することがあるが、これまでがん化したかどうかを判断する方法がなかった。 米国国立衛生研究所
カンナビジオール(CBD)はがん患者に安全か?の画像

カンナビジオール(CBD)はがん患者に安全か?

カンナビジオール(CBD)は、大麻草に含まれている多くの化合物のうちの1つです。インターネット上では、がんをはじめ多くの疾患に対する代替療法として、さらには治療剤として、さかんに薦められていることがあります。また、がん患者さんからは、がんの
術後化学療法後の個別化がんワクチンPGV-001は安全かつ有望の画像

術後化学療法後の個別化がんワクチンPGV-001は安全かつ有望

ネオ抗原がんワクチンPGV-001による治療を標準術後化学療法の後に行った第1相臨床試験で、再発リスクが高い多様な腫瘍の患者に対して忍容性が良好であり、臨床上有益である可能性が示された。この知見は、米国がん学会(AACR)バーチャル年次総会
《がん治療の副作用》男性がん患者のセクシュアルヘルスの画像

《がん治療の副作用》男性がん患者のセクシュアルヘルス

がんの治療を受けている男性は、治療中、ときには治療後に、性生活に影響を及ぼす変化を経験することがあります。治療前のような性的活動への気力や関心はなくなる可能性がありますが、それでも、配偶者やパートナーと性的関係を持ち親密感を得ることはなおさ
《がん治療の副作用》女性がん患者のセクシュアルヘルスの画像

《がん治療の副作用》女性がん患者のセクシュアルヘルス

*原文を日本語で表示させるには画面右上にあるブラウザの設定で自動翻訳機能をONにしてください がんの治療を受けている女性は、治療中、ときには治療後に、性生活に影響を与える変化を経験することがあります。治療前のような性交渉への行動力や関心はな
モノクローナル抗体はがんをどう治す?の画像

モノクローナル抗体はがんをどう治す?

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ モノクローナル抗体はがんをどのように治すのでしょう?この動画は、ト
FDAが固形腫瘍のNTRK融合遺伝子の特定にFoundationOne CDx診断検査を承認の画像

FDAが固形腫瘍のNTRK融合遺伝子の特定にFoundationOne CDx診断検査を承認

2020年10月23日、米国食品医薬品局(FDA)は、ラロトレクチニブ(販売名:VITRAKVI、Bayer Healthcare Pharmaceuticals, Inc.社)の治療対象となる固形腫瘍患者の腫瘍組織標本から単離されたDNA
がんのリハビリテーションとはの画像

がんのリハビリテーションとは

がんとその治療は、身体的、心理的、認知的な問題を引き起こすことがよくあります。 これらの問題により、日常の活動や、仕事への復帰が困難になる可能性があります。さらに健康への影響が持続することもあります。 がんのリハビリテーションは、治療中や治
一部の「不活性」医薬品成分が、生物学的に活性である可能性の画像

一部の「不活性」医薬品成分が、生物学的に活性である可能性

医薬品成分に対するより厳格な再調査の必要性が、包括的な実験室での研究により指摘される 着色料や防腐剤など、一般的な医薬品に含まれると考えられる不活性成分の一部は、生物学的に活性である可能性があり、予期せぬ副作用を引き起こす可能性があることが
陽子線治療は通常の放射線治療より安全かの画像

陽子線治療は通常の放射線治療より安全か

放射線治療の一種である陽子線治療は、進行がんの成人例に対して、通常の放射線治療と同じくらい安全で効果的であるとの知見が、既存の患者データを使用し、2種類の放射線治療を比較した研究から得られた。 通常の放射線治療では、X線、つまり光子のビーム
がん治療としての運動プログラムの処方の画像

がん治療としての運動プログラムの処方

========= 2019年10月16日、米国スポーツ医学会(ACSM)が招集した専門委員会は、がんの予防とサバイバーシップにおける身体活動と運動の役割に関する最新のガイダンスと推奨事項を発表した。ペンシルベニア州立大学医学部公衆衛生学科
がんサバイバーのがん関連認知障害の画像

がんサバイバーのがん関連認知障害

発見および管理戦略 がん関連の認知障害は化学療法に限定されない。ある集学的アプローチにより、その複雑なメカニズムに関する知識が向上した。現在、がん患者やサバイバーが認知障害に対処し、生活の質(QOL)を改善できるように、認知リハビリテーショ
がん患者の血栓(深部静脈血栓症:DVT)予防の画像

がん患者の血栓(深部静脈血栓症:DVT)予防

【1】がん患者とがんサバイバーは、静脈血栓の発生リスクが高く深刻な健康問題が生じる場合があります 深部静脈血栓症(DVT)とは、深部静脈で血栓が形成されることです。こうした血栓は通常、下腿、膝、骨盤で発生しますが、腕で発生する可能性もありま
化学療法による末梢神経障害は、オンコロジーマッサージ療法で疼痛軽減の画像

化学療法による末梢神経障害は、オンコロジーマッサージ療法で疼痛軽減

専門家の見解 「化学療法によって誘発される末梢神経障害(CIPN)は最も苦痛で長期にわたり持続する、生活の質(QOL)への影響が大きいがん治療の副作用の一つです」と2019年Supportive Care in Oncology Sympo