「トラスツズマブ」での検索結果

FDA承認情報の画像

FDA承認情報

米国食品医薬品局(FDA)《抗がん薬/血液腫瘍治療薬の承認》一覧米国の新承認情報 Oncology (Cancer) / Hematologic Malignancies Approv...
ERBB2/3遺伝子異常を有する胆道がんにペルツズマブ+トラスツズマブ併用が有望の画像

ERBB2/3遺伝子異常を有する胆道がんにペルツズマブ+トラスツズマブ併用が有望

ASCOの見解「ASCOが治験依頼者であるTAPURバスケット試験から得られた知見は、進行胆道がん(胆管がん、胆のうがん)の治療におけるERBB2/3経路の役割が非常に有望であ...
HER2陽性進行固形がんに対するトラスツズマブ デルクステカンの承認拡大についての画像

HER2陽性進行固形がんに対するトラスツズマブ デルクステカンの承認拡大について

トラスツズマブ デルクステカン(販売名:エンハーツ)が米国食品医薬品局(FDA)の承認を新たに受け、さまざまながんの治療に使用できるようになった。

8月5日、FDAは、腫瘍がHER2とい...
FDAがHER2陽性固形がんにトラスツズマブ デルクステカンを承認の画像

FDAがHER2陽性固形がんにトラスツズマブ デルクステカンを承認

米国食品医薬品局(FDA)2024年4月5日、米国食品医薬品局(FDA)は、切除不能または転移性のHER2陽性(IHC3+)固形がんで、全身療法を受けたことがあり、満足な代替療法がない...
HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益の画像

HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)切除不能な局所進行または転移のあるHER2陽性乳がんに対して、tucatinib[ツカチニブ](米国販売名:Tu...
胃/胃食道接合部がんに対するペムブロリズマブの承認をFDAが修正の画像

胃/胃食道接合部がんに対するペムブロリズマブの承認をFDAが修正

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ注:この記事は2023年11月21日に更新され、HER2陰性の胃/胃食道接合部がんに対するペムブロリズマブ+化学療法の食品医薬品局(FDA)...
Pertuzumab, Trastuzumab, and Hyaluronidase-zzxf[ペルツズマブ・トラスツズマブ・ヒアルロニダーゼ]の画像

Pertuzumab, Trastuzumab, and Hyaluronidase-zzxf[ペルツズマブ・トラスツズマブ・ヒアルロニダーゼ]

ペルツズマブ・トラスツズマブ・ヒアルロニダーゼは、以下の治療にドセタキセルまたは他の化学療法との併用で承認されています。
・HER2陽性乳がん。
- 局所進行、炎症性、または早期乳がんの成人患者に、術前補助化学療法として使用されます。化学療法と併用して投与されます。
- がんの再発リスクが高い早期乳がんの成人患者に、術後補助化学療法として使用されます。化学療法と併用して投与されます。
- 抗HER2療法または化学療法による治療歴のない転移乳がんの成人患者に使用されます。ドセタキセルと併用して投与されます。
ペルツズマブ・トラスツズマブ・ヒアルロニダーゼは、皮下注射で投与されるペルツズマブとトラスツズマブの固定用量配合剤です。点滴で投与されるペルツズマブまたはトラスツズマブより短時間で投与できます。
Pembrolizumab[ペムブロリズマブ]の画像

Pembrolizumab[ペムブロリズマブ]

ペムブロリズマブは、以下の治療に承認されています。
トリプルネガティブ乳がん
子宮頸がん
古典的ホジキンリンパ腫
皮膚扁平上皮がん
子宮内膜がん
転移食道がんまたは胃食道接合部がん
胃がん・胃食道接合部腺がん
肝細胞がん(肝がんの一種)
メラノーマ
メルケル細胞がん(成人および小児)
高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)またはミスマッチ修復欠損(dMMR)がん
非小細胞肺がん
原発性縦隔大細胞型B 細胞リンパ腫
腎細胞がん
腫瘍遺伝子変異量の高い(TMB-H)固形がん
頭頸部扁平上皮がん
尿路上皮がん
Lapatinib [ラパチニブ]の画像

Lapatinib [ラパチニブ]

ラパチニブは、以下の治療に他剤との併用で承認されています。

・進行または転移した乳がん。本剤は以下の薬剤と併用します。

・カペシタビン:HER2陽性(HER2+)の乳がんを有し、アントラサイクリン、タキサン、およびトラスツズマブによる治療歴のある女性患者
・レトロゾール:HER2+およびホルモン受容体陽性(HR+)乳がんを有する、ホルモン療法が必要な閉経後の女性患者
Tucatinib[ツカチニブ]の画像

Tucatinib[ツカチニブ]

ツカチニブは、成人に対する以下の治療にトラスツズマブおよびカペシタビンとの併用で承認されています。

・HER2陽性で、進行して切除不能または転移(脳転移を含む)を伴う乳がん。転移を伴う乳がんに対して抗HER2療法を1レジメン以上受けた患者に使用されます。
Trastuzumab and Hyaluronidase-oysk[トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-oysk]の画像

Trastuzumab and Hyaluronidase-oysk[トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-oysk]

トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-oyskは、以下の治療に承認されています。

・HER2陽性(HER2+)乳がん。以下を有する成人患者に使用されます。

・ホルモン受容体陰性またはリスクの高いがん

- ドキソルビシン、シクロホスファミドおよびパクリタキセルもしくはドセタキセルのいずれか、またはドセタキセルおよびカルボプラチンと併用して併用化学療法として使用されます。 

- アントラサイクリン化学療法を含む併用療法後に単剤で使用されます。

・転移がん

- 初回治療としてパクリタキセルと併用して使用されます。

- または、転移がんに対して1つ以上の化学療法レジメンによる治療歴のある患者に単剤で使用されます。
Trastuzumab[トラスツズマブ]の画像

Trastuzumab[トラスツズマブ]

トラスツズマブは、以下の治療に単剤または他剤との併用で承認されています。
・HER2陽性(HER2+)乳がん
- ホルモン受容体陰性またはリスクの高いがんを有する患者に、ドキソルビシン、シクロホスファミドおよびパクリタキセルもしくはドセタキセル、またはドセタキセルおよびカルボプラチンと併用して併用療法として使用されます。または、アントラサイクリン系薬剤による化学療法を含む併用療法後に単剤で使用されます。
- 転移がんを有する患者に、初回治療としてパクリタキセルと併用して使用されます。または、転移がんに対して1つ以上の化学療法を受けた患者に単剤で使用されます。
・転移した胃腺がんまたは食道胃接合部腺がん。HER2+のがんにシスプラチンおよびカペシタビンもしくはフルオロウラシルとの併用で使用されます。
トラスツズマブは、トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-oysk、ペルツズマブ/トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-zzxf、およびトラスツズマブ エムタンシンという3種の別製剤もあります。詳細は、トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-oysk、ペルツズマブ/トラスツズマブ/ヒアルロニダーゼ-zzxf およびトラスツズマブ エムタンシンの薬剤情報をご覧ください。
Ado-Trastuzumab Emtansine[トラスツズマブ エムタンシン]の画像

Ado-Trastuzumab Emtansine[トラスツズマブ エムタンシン]

トラスツズマブ エムタンシンは、以下の治療に承認されています。

・HER2陽性乳がん。タキサン及びトラスツズマブによる治療歴を有する患者に使用されます。
・早期乳がん患者に補助療法として使用されます。手術で切除した組織に浸潤性乳がんが認められた場合に使用されます。
・転移性乳がん患者に使用されます。補助療法後に再発した患者にも使用されます。
Fam-Trastuzumab Deruxtecan-nxki[トラスツズマブ デルクステカン]の画像

Fam-Trastuzumab Deruxtecan-nxki[トラスツズマブ デルクステカン]

トラスツズマブ デルクステカンは、以下の成人患者の治療に承認されています。
・手術による切除不能または転移HER2陽性乳がん。転移がんに対して抗HER2療法を受けたか、抗HER2療法中または完了後6か月以内にがんが再発した成人患者に使用されます。
・HER2陽性の局所進行または転移胃がんまたは食道胃接合部がん。トラスツズマブを含む治療歴のある成人患者に使用されます。
HER2標的トラスツズマブ デルクステカンは複数がん種で強い抗腫瘍効果と持続的奏効ーASCO2023の画像

HER2標的トラスツズマブ デルクステカンは複数がん種で強い抗腫瘍効果と持続的奏効ーASCO2023

MDアンダーソンがんセンター(MDA)トラスツズマブ デルクステカンが治療困難ながんに新たな治療選択肢を提供する可能性

HER2を標的とした抗体薬物複合体であるトラスツズマブ デルクステ...
MDアンダーソンによるASCO2023発表の画像

MDアンダーソンによるASCO2023発表

MDアンダーソンがんセンター(MDA)急性リンパ性白血病(ALL)、大腸がん、メラノーマ、EGFRおよびKRAS変異に対する新規治療、消化器がんにおける人種的格差の縮小を特集
テキサス大...
トラスツズマブデルクステカンは腫瘍部位に関係なくHER2発現がんの治療に効果的の画像

トラスツズマブデルクステカンは腫瘍部位に関係なくHER2発現がんの治療に効果的

米国臨床腫瘍学会(ASCO2023)ASCOの見解「本試験は、まだ治療薬が承認されていない標準治療耐性後のHER2過剰発現腫瘍を有する患者で、依然として治療困難ながん種に対する...
HER2陽性胃食道腺がんにベバシズマブ併用が有効の画像

HER2陽性胃食道腺がんにベバシズマブ併用が有効

ダナファーバーがん研究所

研究概要

HER2陽性転移性胃食道腺がんに対して、分子標的薬および化学療法に加えてベバシズマブ(販売名:アバスチン)を用いることで顕著な活性が生じることが、臨床試...
【世界最大がん臨床研究学会ASCO2023】-治療の最適化/治療機会の改善/治療開発の新知見を発表の画像

【世界最大がん臨床研究学会ASCO2023】-治療の最適化/治療機会の改善/治療開発の新知見を発表

米国臨床腫瘍学会(ASCO)2023年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で患者の治療に影響を与える最新のがん臨床研究について議論するため、世界中から腫瘍学の専門家がシカゴに集結する。...
Her2低発現乳がんに対するトラスツズマブ・デルクステカンの副作用解析の画像

Her2低発現乳がんに対するトラスツズマブ・デルクステカンの副作用解析

HER2低発現の転移乳がんに対する抗体薬物複合体であるトラスツズマブ・デルクステカン(T-DXd、販売名:エンハーツ)の画期的ランダム化第3相試験に基づく安全性解析の結果、嘔吐と吐気の発症が非...
早期HER2陽性乳がんの術後パクリタキセル+トラスツズマブは10年後も高い効果を維持の画像

早期HER2陽性乳がんの術後パクリタキセル+トラスツズマブは10年後も高い効果を維持

ダナファーバーがん研究所リンパ節転移がなく、腫瘍サイズが小さいHER2陽性乳がん患者に対する標準治療を確立した臨床試験の追跡調査結果が、この治療の長期的な有効性を裏づけている。

試験参加...
FDAがツカチニブ+トラスツズマブ併用を進行性結腸直腸がんに承認の画像

FDAがツカチニブ+トラスツズマブ併用を進行性結腸直腸がんに承認

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ大腸がんのうち、外科的切除不能あるいは体の他の部分に転移のある患者の一部に対する新たな治療選択肢が登場した。米国食品医薬品局(FDA)は1月...
FDAが大腸がんにツカチニブ+トラスツズマブ併用療法を迅速承認の画像

FDAが大腸がんにツカチニブ+トラスツズマブ併用療法を迅速承認

2023年1月19日、米国食品医薬品局(FDA)は、フルオロピリミジン、オキサリプラチン、イリノテカンベースの化学療法後に進行したRAS遺伝子野生型かつHER2陽性の切除不能または転移性の大腸...
HER2陽性転移性乳がんにエンハーツ(T-DXd)はT-DM1よりも全生存期間を延長の画像

HER2陽性転移性乳がんにエンハーツ(T-DXd)はT-DM1よりも全生存期間を延長

【サンアントニオ乳がん学会(SABCS2022)】トラスツズマブ デルクステカン(T-DXd、販売名:エンハーツ)による二次治療は、トラスツズマブ エムタンシン(T-DM1、販売名:カ...