がん種別記事 (発信元別)

発信元一覧

NCI(米国国立がん研究所)FDA(米国食品医薬品局)MDアンダーソンがんセンター(MDA)米国臨床腫瘍学会(ASCO)米国癌学会(AACR)欧州臨床腫瘍学会(ESMO)ダナファーバーがん研究所ジョンズホプキンス大学デューク大学医療センターキャンサーリサーチUKオハイオ州立大学総合がんセンターカリフォルニア大学サンフランシスコ校フレッドハッチンソンがん研究センターMedscapeその他の発信元

  • 【ご注意と免責事項】 情報提供目的で《自動翻訳サイト》を記載していることがあります。誤訳や不適切な訳が含まれる可能性があることをご理解いただき、情報を利用する場合は必ず専門家/主治医に確認してください。自動翻訳文によるいかなる不利益にも当会は責任を負えません。

発信元別に記事を探す 

NCI(米国国立がん研究所) 米国国立がん研究所(NCI) 自動翻訳サイトへ

腎臓がんに術後ペムブロリズマブが初の全生存期間改善をもたらす

腎臓がんに術後ペムブロリズマブが初の全生存期間改善をもたらすの画像

腎臓がんに術後ペムブロリズマブが初の全生存期間改善をもたらす

免疫療法薬ペムブロリズマブ(キイトルーダ)は瞬く間に、最も広く使用されているがん治療薬のひとつとなった。大規模臨床試験の最新結果によると、同薬剤は今度は、腎臓がん、特に腎臓がんで最も多...

がん患者の抑うつ、疼痛、疲労の管理を改善しうる新たなアプローチ

がん患者の抑うつ、疼痛、疲労の管理を改善しうる新たなアプローチの画像

がん患者の抑うつ、疼痛、疲労の管理を改善しうる新たなアプローチ

がん治療中の人の多くは、うつ、痛み、疲労の症状を経験する。しかし、研究者たちは依然として、がん患者においてこれらの症状をどのように管理するのが最善であるか研究のさなかにある。

一つの方法...

FDAが肺がんの補助療法としてアレクチニブを承認

FDAが肺がんの補助療法としてアレクチニブを承認の画像

FDAが肺がんの補助療法としてアレクチニブを承認

外科的切除が可能な非小細胞肺がん(NSCLC)患者の一部は、標的治療薬アレクチニブ(販売名:アレセンサ)による術後療法を受けるべきであることが、大規模臨床試験の結果から示唆された。

AL...

FDA(米国食品医薬品局) 抗がん薬/血液腫瘍治療薬の承認 自動翻訳サイトへ

FDAが再発/難治性のBRAF変異陽性小児低悪性度神経膠腫にトボラフェニブを迅速承認

FDAが再発/難治性のBRAF変異陽性小児低悪性度神経膠腫にトボラフェニブを迅速承認の画像

FDAが再発/難治性のBRAF変異陽性小児低悪性度神経膠腫にトボラフェニブを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)2024年4月23日、米国食品医薬品局(FDA)は、BRAF融合遺伝子または遺伝子再構成、あるいはBRAF V600変異を有する生後6カ月以上の再発または難治...

FDAがBCG不応性の筋層非浸潤膀胱がんにノガペンデキン アルファ インバキセプトを承認

FDAがBCG不応性の筋層非浸潤膀胱がんにノガペンデキン アルファ インバキセプトを承認の画像

FDAがBCG不応性の筋層非浸潤膀胱がんにノガペンデキン アルファ インバキセプトを承認

米国食品医薬品局(FDA)2024年4月22日、米国食品医薬品局(FDA)は、乳頭状病変(Ta/T1)の有無を問わない上皮内がん(CIS)を有するカルメット・ゲラン桿菌(BCG)に不応...

FDAが切除不能または転移を有する悪性黒色腫にリフィリューセルを迅速承認

FDAが切除不能または転移を有する悪性黒色腫にリフィリューセルを迅速承認の画像

FDAが切除不能または転移を有する悪性黒色腫にリフィリューセルを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)米国食品医薬品局(FDA)は、PD-1阻害抗体およびBRAF V600陽性の場合はMEK阻害薬の併用の有無にかかわらずBRAF阻害薬の治療歴のある切除不能また...

MDアンダーソンがんセンター(MDA)MDアンダーソンがんセンター(MDA)自動翻訳サイトへ

周術期ニボルマブ+化学療法が肺がんの転帰を改善

周術期ニボルマブ+化学療法が肺がんの転帰を改善の画像

周術期ニボルマブ+化学療法が肺がんの転帰を改善

周術期におけるニボルマブ+化学療法併用により、化学療法単独と比較して疾患の再発、進行、または死亡の確率が有意に低下することが第3相試験で明らかに

テキサス大学MDアンダーソンがんセンター...

免疫療法抵抗性肺がんにデュルバルマブ+セララセルチブ療法が有望

免疫療法抵抗性肺がんにデュルバルマブ+セララセルチブ療法が有望の画像

免疫療法抵抗性肺がんにデュルバルマブ+セララセルチブ療法が有望

MDアンダーソンがんセンターデュルバルマブ+セララセルチブが肺がん患者の免疫反応を高め、予後を改善することが第2相試験で明らかにテキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者...

軟部肉腫に術前ニボ/ニボ+イピ療法で長期生存が期待

軟部肉腫に術前ニボ/ニボ+イピ療法で長期生存が期待の画像

軟部肉腫に術前ニボ/ニボ+イピ療法で長期生存が期待

MDアンダーソンがんセンター軟部肉腫患者にとって術前免疫療法は安全で有効な選択肢となる可能性が、MDアンダーソン主導の第2相試験で示された

術前(ネオアジュバント)免疫療法を受けた軟部肉...

米国臨床腫瘍学会(ASCO)米国臨床腫瘍学会(ASCO) 自動翻訳サイトへ

ERBB2/3遺伝子異常を有する胆道がんにペルツズマブ+トラスツズマブ併用が有望

ERBB2/3遺伝子異常を有する胆道がんにペルツズマブ+トラスツズマブ併用が有望の画像

ERBB2/3遺伝子異常を有する胆道がんにペルツズマブ+トラスツズマブ併用が有望

ASCOの見解「ASCOが治験依頼者であるTAPURバスケット試験から得られた知見は、進行胆道がん(胆管がん、胆のうがん)の治療におけるERBB2/3経路の役割が非常に有望であ...

グレシラシブがKRAS G12C変異陽性進行肺がんの治療に有望

グレシラシブがKRAS G12C変異陽性進行肺がんの治療に有望の画像

グレシラシブがKRAS G12C変異陽性進行肺がんの治療に有望

ASCO専門家の見解
「今回の発表で、KRAS G12Cを阻害する複数の薬剤は、同程度に有効であるというデータを得ることができました。中国以外の国での臨床現場を変えるには、 この薬剤が、...

抗がん剤不足の危機的状況をASCO副会長が議会で証言

抗がん剤不足の危機的状況をASCO副会長が議会で証言の画像

抗がん剤不足の危機的状況をASCO副会長が議会で証言

米国臨床腫瘍学会(ASCO)米国臨床腫瘍学会(ASCO)副会長および最高医学責任者Julie R. Gralow医師(FACP:米国内科学会フェロー、FASCO:ASCOフェロー)は、...

米国癌学会(AACR)米国癌学会(AACR) 自動翻訳サイトへ

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。

膵臓がん早期発見にエクソソームを用いたリキッドバイオプシーが有望

膵臓がん早期発見にエクソソームを用いたリキッドバイオプシーが有望の画像

膵臓がん早期発見にエクソソームを用いたリキッドバイオプシーが有望

エクソソームを用いたリキッドバイオプシーは、バイオマーカーCA19-9と併用することで、ステージ1〜2の膵臓がんの97%を正確に検出した。この研究結果は、4月5日から10日まで開催され...

KRAS G12C変異大腸がんにアダグラシブ+セツキシマブが臨床的有用性を示す

KRAS G12C変異大腸がんにアダグラシブ+セツキシマブが臨床的有用性を示すの画像

KRAS G12C変異大腸がんにアダグラシブ+セツキシマブが臨床的有用性を示す

KRAS G12C阻害薬アダグラシブ [adagrasib](販売名:Krazati)と抗上皮成長因子受容体(EGFR)抗体セツキシマブ(販売名:アービタックス)の併用療法は、遠隔転移...

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)欧州臨床腫瘍学会(ESMO) 自動翻訳サイトへ

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

ESMO 乳がんBreast Cancer 2024が5月15日から17日にかけてドイツのベルリンで開催され、乳がんの最新研究が発表される。世界中からベルリンに集まった参加者は、著名な...

欧州肺がん会議2024

欧州肺がん会議2024の画像

欧州肺がん会議2024

ESMO肺がん会議2024は、呼吸器外科医、胸部外科医、呼吸器内科医、呼吸器専門医、腫瘍内科医および放射線腫瘍医、画像下治療を行う放射線科医、病理医など、胸部腫瘍学分野の様々な専門家が...

肉腫・希少がん会議ー欧州臨床腫瘍学会2024

肉腫・希少がん会議ー欧州臨床腫瘍学会2024の画像

肉腫・希少がん会議ー欧州臨床腫瘍学会2024

ESMO肉腫および希少がん会議2024(3月14日〜16日、スイス、ルガーノ)では、研究者・臨床医から一流の専門家が集まり、肉腫および希少がん全般における最先端の治療およびケアを発表し...

ダナファーバーがん研究所ダナファーバーがん研究所 自動翻訳サイトへ

転移性前立腺がん試験、アンドロゲン受容体経路阻害薬の変更よりも放射性リガンド療法を支持

転移性前立腺がん試験、アンドロゲン受容体経路阻害薬の変更よりも放射性リガンド療法を支持の画像

転移性前立腺がん試験、アンドロゲン受容体経路阻害薬の変更よりも放射性リガンド療法を支持

第3相PSMAforeの追跡研究研究概要表題タキサン未投与の転移性去勢抵抗性前立腺がん患者における[177Lu]Lu-PSMA-617の有効性とARPI変更との比較:ラ...

アキシチニブ+免疫療法薬アベルマブ、子宮体がんに有望な結果

アキシチニブ+免疫療法薬アベルマブ、子宮体がんに有望な結果の画像

アキシチニブ+免疫療法薬アベルマブ、子宮体がんに有望な結果

腎臓がん治療に使用される2剤の組み合わせが、治療が困難な型の子宮体がん(子宮内膜がん)患者を対象とした臨床試験で有望であることが、本日サンディエゴで開催される2024年婦人科腫瘍学会女...

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果の画像

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果

ダナファーバーがん研究所意図せぬ体重減少は、その後1年以内にがんと診断されるリスクの増加と関連するという研究結果が、ダナファーバーがん研究所により発表された。

「運動習慣の改善や食事制限...

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学 自動翻訳サイトへ

4月はサルコイドーシス啓発月間-ある患者の体験談

4月はサルコイドーシス啓発月間-ある患者の体験談の画像

4月はサルコイドーシス啓発月間-ある患者の体験談

ジョンズホプキンス大学2019年、熱心なサイクリストで筋力トレーナーのRobin Gobleは、自分の健康状態の変化に気づいた。長時間のサイクリングで疲れやすくなっただけでなく、ジムの...

尿路上皮がんにエンホルツマブ ベドチンとペムブロリズマブ併用で生存期間がほぼ2倍に

尿路上皮がんにエンホルツマブ ベドチンとペムブロリズマブ併用で生存期間がほぼ2倍にの画像

尿路上皮がんにエンホルツマブ ベドチンとペムブロリズマブ併用で生存期間がほぼ2倍に

ジョンズホプキンス大学抗悪性腫瘍薬エンホルツマブ ベドチン(販売名:パドセブ)とペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)との併用療法は、標準的な化学療法と比較して、進行尿路上皮がん(膀...

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...

デューク大学医療センターデューク大学医療センター 自動翻訳サイトへ

白血病薬アシミニブはHER2陽性転移性乳がんに有望

白血病薬アシミニブはHER2陽性転移性乳がんに有望の画像

白血病薬アシミニブはHER2陽性転移性乳がんに有望

デュークがん研究所の研究者が主導した動物実験において、白血病の治療薬として承認されている薬剤が、HER2陽性乳がん腫瘍の脳内コロニー形成能力の阻害に成功した。

この結果は、8月30日付のCell...

新たな遺伝子分類法により非浸潤性乳管がん(DCIS)の進行リスクを予測する

新たな遺伝子分類法により非浸潤性乳管がん(DCIS)の進行リスクを予測するの画像

新たな遺伝子分類法により非浸潤性乳管がん(DCIS)の進行リスクを予測する

予測モデルにより、乳がんの前がん病変DCISに対する過剰治療を減らせる可能性非浸潤性乳管がん(DCIS)の分子アトラスを作成する研究チームにより、乳房内の早期前がん病変が浸潤がんに進行...

キザルチニブ、FLT3-ITD陽性の急性骨髄性白血病(AML)の生存を改善

キザルチニブ、FLT3-ITD陽性の急性骨髄性白血病(AML)の生存を改善の画像

キザルチニブ、FLT3-ITD陽性の急性骨髄性白血病(AML)の生存を改善

一般によくみられる非常に悪性度の高いタイプの急性骨髄性白血病(AML)の成人患者において、治験薬キザルチニブ(商品名:ヴァンフリタ)と化学療法の併用が、化学療法単独よりも優れた全生存期間を示した。​​ デュークがん研究所の研究者Harry

キャンサーリサーチUKキャンサーリサーチUK 自動翻訳サイトへ

英国で、進行した子宮体がんに新薬ドスタルリマブの選択が可能に

英国で、進行した子宮体がんに新薬ドスタルリマブの選択が可能にの画像

英国で、進行した子宮体がんに新薬ドスタルリマブの選択が可能に

Dostarlimab[ドスタルリマブ](販売名:Jemperli[ジェンペルリ])が、一部の進行または再発した子宮体がん(子宮内膜がん)の治療薬としてNICE(英国国立医療技術評価機...

英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブ

英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブの画像

英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブ

キャンサーリサーチUKタラゾパリブ(販売名:ターゼナ(Talzenna))が、英国国立医療技術評価機構(NICE)による推奨を受け、国民保健サービス(NHS)がBRCA遺伝子変異による...

子宮頸がん治療の画期的進歩ー導入化学療法で死亡率35%低下

子宮頸がん治療の画期的進歩ー導入化学療法で死亡率35%低下の画像

子宮頸がん治療の画期的進歩ー導入化学療法で死亡率35%低下

キャンサーリサーチUK(「2023年重大ニュース」より)
キャンサーリサーチUKの助成を受けた研究者らは、既存薬の使用方法を変えることで、過去20年以上の間に子宮頸がん治療に最大の改善を...

オハイオ州立大学総合がんセンターオハイオ州立大学総合がんセンター 自動翻訳サイトへ

進行腎がんに対する免疫療法薬+グアデシタビン新治療の可能性を示す研究

進行腎がんに対する免疫療法薬+グアデシタビン新治療の可能性を示す研究の画像

進行腎がんに対する免疫療法薬+グアデシタビン新治療の可能性を示す研究

オハイオ州立大学総合がんセンター進行淡明型腎細胞がん(ccRCC)の一部の患者に対する2剤併用療法はさらなる研究に値することが、Big Ten Cancer Research Cons...

認識されていない大腸がんの危険因子:アルコール、高脂肪加工食品、運動不足

認識されていない大腸がんの危険因子:アルコール、高脂肪加工食品、運動不足の画像

認識されていない大腸がんの危険因子:アルコール、高脂肪加工食品、運動不足

オハイオ州立大学総合がんセンター仕事中にあまり身体を動かさず肥満率が上昇している現代アメリカでは、何を飲食し、どのくらい身体を動かすかによって大腸がん(30〜50代の罹患者が増...

再発した白血病、リンパ腫にネムタブルチニブが有望

再発した白血病、リンパ腫にネムタブルチニブが有望の画像

再発した白血病、リンパ腫にネムタブルチニブが有望

オハイオ州立大学総合がんセンターオハイオ州立大学総合がんセンター・アーサーG.ジェイムズがん病院リチャードJ.ソロベ研究所(OSUCCC – James)の研究者らが研究している新しい...

カリフォルニア大学サンフランシスコ校カリフォルニア大学サンフランシスコ校 自動翻訳サイトへ

女性のがん罹患者と化学物質への暴露量

女性のがん罹患者と化学物質への暴露量の画像

女性のがん罹患者と化学物質への暴露量

カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)特定の内分泌撹乱化学物質への暴露が、乳がん、卵巣がん、皮膚がん、子宮がんに関与している可能性が考えられているが、これらのがんを発症した人...

150回達成: ロボット手術HIFUで変わる前立腺がん治療

150回達成: ロボット手術HIFUで変わる前立腺がん治療の画像

150回達成: ロボット手術HIFUで変わる前立腺がん治療

カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)リスク少なく回復が早い高密度焦点式超音波療法(HIFU)で世界をリードするカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)ヘルス...

3Dマンモグラフィ技術は、高濃度乳房を有する女性の検診に有用

3Dマンモグラフィ技術は、高濃度乳房を有する女性の検診に有用の画像

3Dマンモグラフィ技術は、高濃度乳房を有する女性の検診に有用

高濃度乳房で乳がん高リスクの女性の多くで進行がんが減少 デジタル乳房トモシンセシス(DBT)と呼ばれる3次元画像技術による乳がん検診は、従来のデジタルマンモグラフィと比較して、多くの女性にとって利点がないかもしれないが、一部の女性にとっては

フレッドハッチンソンがん研究センターフレッドハッチンソンがん研究センター 自動翻訳サイトへ

乳がん治療と心血管疾患リスク上昇を関連づける大規模研究

乳がん治療と心血管疾患リスク上昇を関連づける大規模研究の画像

乳がん治療と心血管疾患リスク上昇を関連づける大規模研究

乳がんサバイバーと主治医に、心臓の健康状態を観察するよう研究者らは促す 一般的な乳がん治療のうち特定の治療を受けている患者では、心臓発作、脳卒中、心不全、その他の心血管イベント、そして死亡のリスクが高い可能性があることが、Journal o

がん患者4人に1人は麻疹とおたふく風邪に十分な免疫がない

がん患者4人に1人は麻疹とおたふく風邪に十分な免疫がないの画像

がん患者4人に1人は麻疹とおたふく風邪に十分な免疫がない

若年成人と幹細胞移植を受けた患者は特にリスクが高い がん患者の多くは、麻疹やおたふく風邪のウイルスに対する十分な免疫がないことを示す研究結果を、フレッドハッチンソンがん研究センターの研究者らがJAMA Network Open誌で発表した。

乳がんにおけるビスフォスフォネート剤の有益性とリスクーDCISにも有効か

乳がんにおけるビスフォスフォネート剤の有益性とリスクーDCISにも有効かの画像

乳がんにおけるビスフォスフォネート剤の有益性とリスクーDCISにも有効か

一般的な本薬剤は、骨転移を抑制し、非浸潤性乳管がん(DCIS)によるリスクを抑える可能性があるが、副作用についての教育と啓発が必須である ビスフォスフォネート剤は、骨を標的とした一般によく用いられる薬剤である。高齢者が骨粗鬆症の予防や治療の

NHS(英国医療サービス)NHS(英国医療サービス) 自動翻訳サイトへ

急性期治療を必要とする非コロナウイルス患者の管理のための臨床ガイド: がん

急性期治療を必要とする非コロナウイルス患者の管理のための臨床ガイド: がんの画像

急性期治療を必要とする非コロナウイルス患者の管理のための臨床ガイド: がん

―コロナウイルスパンデミック時の患者管理のための専門ガイド― 『急性期治療を必要とする 非コロナウイルス患者の管理のための臨床ガイド: がん』 2020年3月23日  バージョン2   Publications approval refer

糖分入り飲料は、がん発症率増加と関連

糖分入り飲料は、がん発症率増加と関連の画像

糖分入り飲料は、がん発症率増加と関連

「1日に炭酸飲料を1/3杯飲むと乳がんリスクが22%上昇し、フルーツジュースも同様に危険である」 とThe Sun紙が報じた。見出しは現在継続中の大規模研究に基づいている。その研究では、糖分入り飲料や人工甘味飲料を摂取するフランスの成人10

HPV検査は子宮頸がん一次検診として細胞診よりも正確な可能性

HPV検査は子宮頸がん一次検診として細胞診よりも正確な可能性の画像

HPV検査は子宮頸がん一次検診として細胞診よりも正確な可能性

*文末に監訳者コメントあり 「新たな検査が従来の検診に取って代われば、毎年何百人もの女性が子宮頸がんを免れるだろう」とMail Online紙は報道した。 カナダの研究で、子宮頸がんのほぼすべての症例の原因となるヒトパピローマウイルス(HP

AHRQ(医療研究・品質調査機構)AHRQ(医療研究・品質調査機構) 自動翻訳サイトへ

乳がん予防薬の推奨グレード(USPSTF)[2019年9月更新・現在最新版]

乳がん予防薬の推奨グレード(USPSTF)[2019年9月更新・現在最新版]の画像

乳がん予防薬の推奨グレード(USPSTF)[2019年9月更新・現在最新版]

乳がんリスクを下げる薬剤の推奨グレード(USPSTF)[2019年9月更新・現在最新版] _______________ 対象者 : 乳がんリスクの高い女性 推奨グレード(詳細は、推奨グレードの定義参照): B(推奨) 推奨内容:USPST

膵臓がん検診の推奨グレード(USPSTF)[2019年8月更新 最新版]

膵臓がん検診の推奨グレード(USPSTF)[2019年8月更新 最新版]の画像

膵臓がん検診の推奨グレード(USPSTF)[2019年8月更新 最新版]

膵臓がん検診の推奨グレード(USPSTF)[2019年8月更新 最新版] 対象:成人 推奨グレード(詳細は、推奨グレードの定義参照):D(推奨しない) 推奨内容:米国予防医学専門委員会(USPSTF)は、無症状の成人に対する膵臓がん検診実施

子宮頸がん検診の推奨グレード(USPSTF)[2018年8月更新・現在最新版]

子宮頸がん検診の推奨グレード(USPSTF)[2018年8月更新・現在最新版]の画像

子宮頸がん検診の推奨グレード(USPSTF)[2018年8月更新・現在最新版]

* 米国予防医学専門委員会(USPSTF)は、米国医療研究・品質調査機構(AHRQ)の独立委員会で、検診や予防医療の研究レビューを行って米国政府の推奨グレードを作成します。米国予防医学専門委員会(USPSTF)は、米国政府とは独立した立場で

MedscapeMedscape 自動翻訳サイトへ

研究者らの提言――腫瘍医は心臓病専門医のごとき心構えで医療に臨むべき(サンアントニオ乳癌シンポジウム)/Medscape2006/12

研究者らの提言――腫瘍医は心臓病専門医のごとき心構えで医療に臨むべき(サンアントニオ乳癌シンポジウム)/Medscape2006/12の画像

研究者らの提言――腫瘍医は心臓病専門医のごとき心構えで医療に臨むべき(サンアントニオ乳癌シンポジウム)/Medscape2006/12

原文 | Medscape 研究者らの提言――腫瘍医は心臓病専門医のごとき心構えで医療に臨むべきMedscape Allison Gandey 2006年12月11日(オーランド) 2006年12月18日(サンアントニオ)――腫瘍医は治療の

小児脳腫瘍-髄芽腫、上衣腫

小児脳腫瘍-髄芽腫、上衣腫の画像

小児脳腫瘍-髄芽腫、上衣腫

原文 同義語と関連キーワード:髄芽腫、後頭蓋窩未分化神経外胚葉性腫瘍、原始神経上皮腫瘍 インフォメーション 背景: 髄芽腫は小児悪性脳腫瘍においてもっとも一般的にみられるもので、原発性中枢神経系(CNS)腫瘍の10~20%、あらゆる後頭蓋窩

その他の発信元