血液腫瘍

まれな白血病(APL)の治療にあたる腫瘍医のためのヘルプデスクが患者を救うの画像

まれな白血病(APL)の治療にあたる腫瘍医のためのヘルプデスクが患者を救う

ジョージアがんセンターのAnand Jillella医師らが、自分たちの病院に深刻な問題があることに気づいたのは、今から15年近く前のことだ。2005年から2009年にかけて、19人の急性前骨...
試験的T細胞療法は幹細胞移植後によく見られる6種類のウイルス感染症に対し有望の画像

試験的T細胞療法は幹細胞移植後によく見られる6種類のウイルス感染症に対し有望

既製品を用いた治療で95%の患者が反応を示す6種類のウイルスを同時に標的とする試験的な既製品を用いた同種異系T細胞療法であるポソリューセルは、がんやその他の血液疾患の治療のために幹細...
次世代BTK阻害薬ザヌブルチニブが再発慢性リンパ性白血病の無増悪生存を改善の画像

次世代BTK阻害薬ザヌブルチニブが再発慢性リンパ性白血病の無増悪生存を改善

再発または難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)および小リンパ球性リンパ腫(SLL)患者を対象とした臨床試験の結果、次世代BTK阻害剤であるzanubrutinib [ザヌブルチニブ](販売名:...
FDAが再発/難治性濾胞性リンパ腫にmosunetuzumabを迅速承認の画像

FDAが再発/難治性濾胞性リンパ腫にmosunetuzumabを迅速承認

2022年12月22日、米国食品医薬品局(FDA)は、CD20とCD3への二重特異性をもつT細胞エンゲージャーであるmosunetuzumab-axgb[モスネツズマブ](販売名:Lunsum...
ASH2022:AMLの新規3剤併用療法、olverembatinib、c-Myc/GSPT1分解剤ほかの画像

ASH2022:AMLの新規3剤併用療法、olverembatinib、c-Myc/GSPT1分解剤ほか

血液腫瘍の治療の進歩に焦点を当てた主要な発表テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究ハイライトでは、MDアンダーソンの専門家による基礎、トランスレーショナル、臨床のがん研究を紹介...
ASH2022:リンパ腫のzilovertamab上乗せ試験、DTX1遺伝子の役割、CAR-T後向き研究ほかの画像

ASH2022:リンパ腫のzilovertamab上乗せ試験、DTX1遺伝子の役割、CAR-T後向き研究ほか

血液腫瘍の治療の進歩に焦点を当てた主要な発表テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究ハイライトでは、MDアンダーソンの専門家による基礎、トランスレーショナル、臨床のがん研究を紹介...
FDAが小児・青少年期の高リスクリンパ腫にブレンツキシマブを承認の画像

FDAが小児・青少年期の高リスクリンパ腫にブレンツキシマブを承認

米国食品医薬品局(FDA)は、ホジキンリンパ腫の一部の小児および青少年の治療においてブレンツキシマブ ベドチン(アドセトリス)と化学療法の併用を承認した。

11月10 日に発表された今回の承認が...
ASH2022:脳・脊髄リンパ腫へのCAR-T療法は初期臨床試験で有望の画像

ASH2022:脳・脊髄リンパ腫へのCAR-T療法は初期臨床試験で有望

脳および脊髄のリンパ腫患者を対象とした小規模パイロット試験で、アキシカブタゲン シロルユーセル(販売名:axi-celまたはイエスカルタ)というCAR-T細胞療法が、安全で有望な有効性を示して...
ASH2022:白血病患者に有望な新規多剤併用療法と分子標的療法の画像

ASH2022:白血病患者に有望な新規多剤併用療法と分子標的療法

MDアンダーソンの研究者が米国血液学会(ASH2022)で複数の白血病に関する重要な進歩を発表

2022年米国血液学会(ASH)年次総会で、3件の臨床試験から得られた説得力のある知見をテキサス大...
新規白血病(AML)とMDSの若年患者でベネトクラクスとCLIA併用が高い有効性の画像

新規白血病(AML)とMDSの若年患者でベネトクラクスとCLIA併用が高い有効性

MDアンダーソンの研究者が米国血液学会(ASH2022)で複数の白血病に関する重要な進歩を発表2022年米国血液学会(ASH)年次総会で、3件の臨床試験から得られた説得力のある知見をテ...
FDAが再発/難治性急性骨髄性白血病にオルタシデニブ を承認の画像

FDAが再発/難治性急性骨髄性白血病にオルタシデニブ を承認

2022年12月1日、米国食品医薬品局(FDA)は、FDA承認検査によりIDH1変異が発現しやすい再発/難治性の急性骨髄性白血病(AML)の成人患者に対し、olutasidenib [オルタシ...
CAR-T細胞療法の神経系副作用リスクと低リン血症の画像

CAR-T細胞療法の神経系副作用リスクと低リン血症

キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法の神経系副作用の発症率および重症度は低リン血症(血液中のリン酸塩濃度が低い)を発症した患者の方が高いという結果が、米国がん学会の学会誌であるCancer I...
高リスクくすぶり型骨髄腫の治療効果予測に免疫プロファイルが関与の画像

高リスクくすぶり型骨髄腫の治療効果予測に免疫プロファイルが関与

多発性骨髄腫の前段階にいる多くの患者では、早期治療により骨髄腫への進行を遅らせることが可能である。ダナファーバーがん研究所の研究者らによる新たな研究で、免疫系細胞に認められる変化から、高リスク...
CD19/CD22同時標的CAR-T細胞療法が一部の小児白血病で完全寛解率99%の画像

CD19/CD22同時標的CAR-T細胞療法が一部の小児白血病で完全寛解率99%

ASCOの見解 「これらの患者の完全寛解率が99%を示したことは非常に驚くべきことであり、1年後の転帰からも非常に期待が持てます。それと同時に、COVID-19パンデミック時に短期間で200人以上の患者を治療し、簡単な採血から迅速にCAR-
FDAが古典的ホジキンリンパ腫の小児にブレンツキシマブ ベドチン+化学療法併用を承認の画像

FDAが古典的ホジキンリンパ腫の小児にブレンツキシマブ ベドチン+化学療法併用を承認

2022年11月10日、米国食品医薬品局(FDA)は、2歳以上の小児で治療歴のない高リスクの古典的ホジキンリンパ腫(cHL)患者を対象に、ブレンツキシマブ ベドチン(販売名:アドセトリス、Seagen, Inc.社)とドキソルビシン + ビ
FDAが再発または難治性多発性骨髄腫にteclistamabを承認の画像

FDAが再発または難治性多発性骨髄腫にteclistamabを承認

2022年10月25日、米国食品医薬品局は、プロテアソーム阻害剤、免疫調節剤、抗CD38モノクローナル抗体を含む4ライン以上の治療を過去に受けたことがある再発または難治性多発性骨髄腫の成人患者に対し、初の二重特異性T細胞誘導抗体(BCMA:
治療反応に合わせた超低線量放射線により、低悪性度眼窩内B細胞リンパ腫の90%で完全奏効の画像

治療反応に合わせた超低線量放射線により、低悪性度眼窩内B細胞リンパ腫の90%で完全奏効

MDアンダーソンがんセンター第2相試験の結果:米国放射線腫瘍学会(ASTRO)2022発表 奏効に応じて治療を調整する超低線量放射線療法が、低悪性度眼窩内B細胞リンパ腫患者において完全奏効率90%を示した。テキサス大学MDアンダーソンがんセ
GPRC5D抗原を標的としたCAR-T細胞療法が抵抗性多発性骨髄腫に有効性を示すの画像

GPRC5D抗原を標的としたCAR-T細胞療法が抵抗性多発性骨髄腫に有効性を示す

ダナファーバーがん研究所、スローンケタリング記念がんセンター、およびロズウェルパーク総合がんセンターの研究者らは、多発性骨髄腫患者を対象として、まだ十分に解明されていない細胞タンパク質を標的とするよう操作された免疫系T細胞による治療法を検討
ダブ+トラ併用は有毛細胞白血病/RAS変異AMLにシタラビン【MDA研究ハイライト】の画像

ダブ+トラ併用は有毛細胞白血病/RAS変異AMLにシタラビン【MDA研究ハイライト】

ダブラフェニブ+トラメチニブ併用療法は、再発/難治性BRAF V600E遺伝子変異陽性有毛細胞白血病患者において、持続的奏効を示す  BRAF V600E遺伝子変異陽性の有毛細胞白血病(HCL)に対する一次治療はしばしば有効であるが、再発/
MDA研究ハイライト2022/08/24【1】リンパ腫の画像

MDA研究ハイライト2022/08/24【1】リンパ腫

初発大細胞型B細胞リンパ腫に化学療法前の標的治療が有望 この数十年にわたり、初発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)患者は化学免疫療法のみで治療されてきたが、奏効しないか再発を経験した患者が多くいた。Jason Westin医師が主
FDAがFGFR1再構成を有する再発または難治性の骨髄/リンパ腫瘍にペミガチニブを承認の画像

FDAがFGFR1再構成を有する再発または難治性の骨髄/リンパ腫瘍にペミガチニブを承認

2022年8月26日、FDA(米国食品医薬品局)は、線維芽細胞増殖因子受容体1(FGFR1)再構成を有する再発または難治性の骨髄/リンパ腫瘍(MLN)の成人を対象にペミガチニブ(販売名:ペマジール)を承認した。 有効性は、FGFR1再構成を
多剤併用中の高齢血液腫瘍患者でフレイルのリスクを予測するツールを新たに開発の画像

多剤併用中の高齢血液腫瘍患者でフレイルのリスクを予測するツールを新たに開発

ダナファーバーがん研究所とブリガム・アンド・ウィメンズ病院の研究者が開発した新しいツールは、複数の薬剤を服用している高齢の血液腫瘍患者において、特定の薬剤がフレイルにつながりやすいかどうかを予測する従来の方法より優れることが、本日オンライン
MDA研究ハイライト2022/07/27:白血病(BPDCN、AML)の画像

MDA研究ハイライト2022/07/27:白血病(BPDCN、AML)

Tagraxofuspが芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍患者に長期的効果 芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)はまれだが、極めて悪性度の高い血液腫瘍である。Naveen Pemmaraju医師が主導した第I/II相臨床試験では、新規BPD
FDAが大細胞型B細胞リンパ腫の二次治療にリソカブタゲン マラルユーセルを承認の画像

FDAが大細胞型B細胞リンパ腫の二次治療にリソカブタゲン マラルユーセルを承認

2022年6月24日、米国食品医薬品局(FDA)は、lisocabtagene maraleucel[リソカブタゲンマラルユーセル](販売名:Breyanzi[ブレヤンジ]、 Juno Therapeutics社 )を、一次化学免疫療法に不