同種造血細胞移植は高リスク骨髄異形成症候群(MDS)に有力な選択肢

ダナファーバーがん研究所

研究概要

表題

同種造血細胞移植は高リスク遺伝子グループ全体でMDSの転帰を改善する: BMT CTN 1102試験の遺伝子解析

出版物

Journal of Clinical Oncology誌

著者

Jurjen Versluis医師、Christopher J. Gibson医師、Corey Cutler医師・公衆衛生学修士・FRCPC、R. Coleman Lindsley医学博士(ダナファーバーがん研究所)

要旨

同種造血細胞移植(HCT)は、最善の支持療法と比較して、重篤な血液疾患である骨髄異形成症候群(MDS)患者の全生存期間の改善することを示すエビデンスがある。しかし、MDSは不均一疾患であり、がんに関連する遺伝子変異が転帰にどのように影響するかについては、疑問点が残っていた。ダナファーバーの研究者であるR. Coleman Lindsley医学博士が主導した本研究では、MDSの高齢の両親を対象とした、同種造血細胞移植(HCT)に関する大規模臨床研究(Corey Cutler氏主導)のサンプルをDNA塩基配列決定により評価した。解析時に各患者の遺伝的・臨床的特徴を統合した結果、遺伝子変異の有無にかかわらず、患者はHCTの恩恵を受ける可能性があることが判明した。予後不良のリスクが最も高いTP53遺伝子変異を有する患者の約4人に1人が、HCT後3年経過しても生存していた一方で、HCTを受けなかった患者は1人も生存していなかった。

結果

腫瘍専門医は、TP53遺伝子変異を有する高リスクのMDS患者に対する同種造血細胞移植(HCT)の価値について議論してきた。このような患者の転帰は以前からきわめて不良であったため、HCTは無益な治療法ではないかとも考えられた。本研究は、TP53遺伝子変異を有する高リスクのMDS患者であっても、すべてのMDS患者に対して同種造血細胞移植を根治的治療の選択肢として考慮すべきであることを示している。

資金提供

本研究は、白血病リンパ腫協会、Edward P. Evans Center for MDS at DFCI、米国国立衛生研究所、米国国立心臓・肺・血液研究所、Rene Vogels Stichting、オランダ科学研究機構、エラスムス医療センター財団-Daniel den Hoed財団から資金提供を受けた。

  • 監訳 辻村信一(獣医学・農学博士、メディカルライター)
  • 翻訳担当者 藤永まり
  • 原文を見る
  • 原文掲載日 2023/08/22

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

血液腫瘍に関連する記事

再発難治性多発性骨髄腫にベランタマブ マホドチン3剤併用療法は新たな選択肢となるかの画像

再発難治性多発性骨髄腫にベランタマブ マホドチン3剤併用療法は新たな選択肢となるか

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解「多発性骨髄腫は 血液腫瘍の中では2 番目に多くみられ、再発と寛解を繰り返すのが特徴です。ダラツムマブ(販売名:ダラキューロ)、...
多発性骨髄腫の初期治療へのダラツムマブ上乗せ効果を示す試験結果の画像

多発性骨髄腫の初期治療へのダラツムマブ上乗せ効果を示す試験結果

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ新たに多発性骨髄腫と診断された患者を対象とした大規模ランダム化臨床試験で、標準治療レジメンにダラツムマブ(販売名:ダラキューロ配合皮下注)を...
意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果の画像

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果

ダナファーバーがん研究所意図せぬ体重減少は、その後1年以内にがんと診断されるリスクの増加と関連するという研究結果が、ダナファーバーがん研究所により発表された。

「運動習慣の改善や食事制限...
B細胞性悪性腫瘍のCD19標的CAR-NK細胞療法で1年後の予後は良好の画像

B細胞性悪性腫瘍のCD19標的CAR-NK細胞療法で1年後の予後は良好

MDアンダーソンがんセンター第1/2相臨床試験で認められた大きな臨床効果に関連する提供臍帯血ユニットの主な特徴を特定

再発または難治性のB細胞性悪性腫瘍患者37人を対象に、CD19を標的...