血液腫瘍

エナシデニブはIDH2変異を有する高齢の急性骨髄性白血病(AML)に有効の画像

エナシデニブはIDH2変異を有する高齢の急性骨髄性白血病(AML)に有効

IDH2変異は急性骨髄性白血病(AML)患者の8%から15%に認められ、高齢の患者ほどこの変異を有する傾向にある。Courtney DiNardo医師が主導した国際共同第3相試験では、2〜3回の前治療歴がある60歳以上のIDH2変異型急性骨
キザルチニブ、FLT3-ITD陽性の急性骨髄性白血病(AML)の生存を改善の画像

キザルチニブ、FLT3-ITD陽性の急性骨髄性白血病(AML)の生存を改善

一般によくみられる非常に悪性度の高いタイプの急性骨髄性白血病(AML)の成人患者において、治験薬キザルチニブ(商品名:ヴァンフリタ)と化学療法の併用が、化学療法単独よりも優れた全生存期間を示した。​​ デュークがん研究所の研究者Harry
MDA研究ハイライト:欧州血液学会(EHA22)発表【3】リンパ腫ほかの画像

MDA研究ハイライト:欧州血液学会(EHA22)発表【3】リンパ腫ほか

7)貧血を伴う骨髄線維症の治療歴のある患者にしばしば見られる合併症をモメロチニブが改善(アブストラクト番号:S195) 骨髄線維症(MF)患者は、しばしば脾臓の腫大、炎症性症状、骨髄線維化による貧血を発症する。通常、患者はJAK阻害剤による
MDA研究ハイライト:欧州血液学会(EHA22)発表【2】白血病の画像

MDA研究ハイライト:欧州血液学会(EHA22)発表【2】白血病

4) マグロリマブとアザシチジンの併用療法は、TP53変異陽性AMLに対して持続的寛解と有望な結果を示す(アブストラクト番号:S132) TP53変異陽性急性骨髄性白血病(AML)の高リスク患者では、治療選択肢が限られ、予後が極めて不良であ
MDA研究ハイライト:欧州血液学会(EHA22)発表【1】白血病の画像

MDA研究ハイライト:欧州血液学会(EHA22)発表【1】白血病

本特集では、欧州血液学会(EHA)2022年大会におけるテキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者による口頭発表の予定についてご紹介する。 1)ポナチニブとブリナツモマブの併用はフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病(ALL)患
マントル細胞リンパ腫高齢患者にイブルチニブ追加は無増悪生存を50%改善の画像

マントル細胞リンパ腫高齢患者にイブルチニブ追加は無増悪生存を50%改善

ASCOの見解 「高齢者は一般的に臨床試験に参加する機会が少ないです。強力化学療法、標的薬剤、移植などのリンパ腫治療の中には、高齢者では毒性が強すぎるため治療の選択肢として不適当なものもあります。マントル細胞リンパ腫の患者は高齢であることが
FDAが再発または難治性の濾胞性リンパ腫にチサゲンレクルユーセルを承認の画像

FDAが再発または難治性の濾胞性リンパ腫にチサゲンレクルユーセルを承認

2022年5月27日、米国食品医薬品局(FDA)は二次治療もしくはそれ以降の治療で全身療法を受けた再発または難治性の濾胞性リンパ腫(FL)成人患者に対し、チサゲンレクルユーセル(販売名:Kymriah[キムリア]、Novartis Phar
初回治療での自家造血幹細胞移植は多発性骨髄腫の無増悪生存期間を改善の画像

初回治療での自家造血幹細胞移植は多発性骨髄腫の無増悪生存期間を改善

ASCOの見解 「多発性骨髄腫患者さんの予後はこの10年間で大幅に改善しています。この間に得られた知見をもとに、多発性骨髄腫患者さんの治療成績は全体的に改善の傾向を示しています。さらに、造血幹細胞移植を行う最適なタイミングに関する情報も得ら
AYA世代の白血病サバイバーの死亡率は、診断後数十年間、一般集団より高いの画像

AYA世代の白血病サバイバーの死亡率は、診断後数十年間、一般集団より高い

年齢、性別、診断の年代が、長期生存率に影響する。 AYA世代(思春期および若年成人)の急性骨髄性白血病(AML)および急性リンパ性白血病(ALL)サバイバーは、一般集団より長期生存期間が短く、その差は診断後最大で30年間持続することが米国が
FDAが初発の白血病(AML、若年性骨髄単球性白血病)にアザシチジンを承認の画像

FDAが初発の白血病(AML、若年性骨髄単球性白血病)にアザシチジンを承認

FDAが初発の急性骨髄性白血病(AML )にイボシデニブ+アザシチジン併用療法を承認 2022年5月25日、米国食品医薬品局(FDA)はFDAが認可した検査でIDH1遺伝子変異が認められる75歳以上の患者、または通常の強力寛解導入療法の適応
イボシデニブ+アザシチジン併用は白血病(AML)の新たな選択肢となるかの画像

イボシデニブ+アザシチジン併用は白血病(AML)の新たな選択肢となるか

初回治療として強力化学療法を受けることのできない急性骨髄性白血病(AML)と呼ばれる悪性度の高い血液腫瘍患者の一部にとって新たな選択肢がまもなく加わる可能性がある。 AML患者の約6%から10%はIDH1と呼ばれる遺伝子の変異により病気が誘
新たなCOVID-19ワクチン(CoVac-1)はB細胞欠損がん患者を保護する可能性の画像

新たなCOVID-19ワクチン(CoVac-1)はB細胞欠損がん患者を保護する可能性

ペプチド ワクチンはT細胞依存性免疫応答を誘導する 新型コロナウイルスに対する新たなワクチンであるCoVac-1は、多くの白血病患者やリンパ腫患者などのB細胞欠損患者の93%で、T細胞性免疫応答を誘導したことが、4月8~13日に開催されたA
バイスペシフィック抗体とNK細胞の複合療法がリンパ腫患者に高率で奏効の画像

バイスペシフィック抗体とNK細胞の複合療法がリンパ腫患者に高率で奏効

MDアンダーソン主導の本試験は、CD30陽性リンパ腫に対してAffimed社のAFM13とNK細胞を用いた初の臨床試験となる 再発および難治性のCD30陽性リンパ腫患者において、臍帯血由来のナチュラルキラー(NK)細胞と、AFM13として知
特定の遺伝子制御パターンを持つ白血病ではCAR-T療法が効きにくい可能性の画像

特定の遺伝子制御パターンを持つ白血病ではCAR-T療法が効きにくい可能性

CD19標的CAR-T細胞療法による治療開始前からエピゲノム特性は明らか   CD19を標的とするCAR-T療法に反応しなかった患者の急性リンパ性白血病(ALL)細胞には、治療抵抗性を促進する可能性のある遺伝子制御特性があったことが、4月8
CAR-T細胞免疫療法:NCIミニットの画像

CAR-T細胞免疫療法:NCIミニット

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆  CAR-T細胞免疫療法が効きにくい遺伝子特性 「NCIミニット」
骨髄移植における生存率向上の一方で晩期死亡率への懸念の画像

骨髄移植における生存率向上の一方で晩期死亡率への懸念

 本人の細胞を使った骨髄移植を受けた患者の平均寿命は一般の人に比べて短いことが、アラバマ大学バーミンガム校Institute for Cancer Outcomes and Survivorshipの責任者でオニール総合がんセンターの上級研
FDAがリンパ腫(LBCL)の二次治療にアキシカブタゲン シロルユーセルを承認の画像

FDAがリンパ腫(LBCL)の二次治療にアキシカブタゲン シロルユーセルを承認

2022年4月1日、米国食品医薬品局(FDA)は、初回化学免疫療法に対して抵抗性または初回化学免疫療法後12カ月以内に再発した大細胞型B細胞リンパ腫(LBCL)の成人患者に対して、アキシカブタゲン シロルユーセル(販売名:Yescarta[
UBTFタンデム重複は、小児白血病(AML)の新たな分類型を定義する可能性の画像

UBTFタンデム重複は、小児白血病(AML)の新たな分類型を定義する可能性

小児急性骨髄性白血病(AML)の再発例の9%において、本疾患の新たな分類型であるとみられる新変異が確認されたことが、米国がん学会誌「Blood Cancer Discovery」に発表された。 この変異は、UBTFという遺伝子のエクソン13
axi-celは高リスクリンパ腫の初回治療として有効の画像

axi-celは高リスクリンパ腫の初回治療として有効

MDアンダーソン主導の試験により、高リスク大細胞型B細胞リンパ腫(LBCL)に対するCAR-T細胞療法を用いた初回治療が初めて評価される 2022年3月21日 MDアンダーソン ニュースリリース アキシカブタゲン シロルユーセル[axica
研究ハイライト2022/2/23:PIK3CA標的療法、骨髄線維症ほかの画像

研究ハイライト2022/2/23:PIK3CA標的療法、骨髄線維症ほか

CopanlisibはPIK3CA変異を有する腫瘍に有効 PIK3CAは、最も高い頻度で変異が生じるがん遺伝子であり、肝臓、乳房、大腸、卵巣、胃、脳、肺など、さまざまながん種で変異が認められている。NCI MATCH試験の一環として、Sen
FDAが再発/難治性多発性骨髄腫にciltacabtagene autoleucelを承認の画像

FDAが再発/難治性多発性骨髄腫にciltacabtagene autoleucelを承認

2022年2月28日、米国食品医薬品局(FDA)は、プロテアソーム阻害剤(PI)、免疫調節剤(IMiD)、抗CD38モノクローナル抗体を含む4種類以上の治療歴を有する再発/難治性多発性骨髄腫の成人患者の治療にciltacabtagene a
研究ハイライト2022/2/9:非小細胞肺がん、急性骨髄性白血病の画像

研究ハイライト2022/2/9:非小細胞肺がん、急性骨髄性白血病

新しい培養法により非小細胞肺がん治療の腫瘍浸潤リンパ球拡大が改善 免疫チェックポイント阻害薬は非小細胞肺がん(NSCLC)の治療を一変させたが、患者の多くが治療に反応を示さない、または病気が再発する。そのため、研究者たちは、腫瘍浸潤リンパ球
研究ハイライト2022/1/26:甲状腺がん、多発性骨髄腫の画像

研究ハイライト2022/1/26:甲状腺がん、多発性骨髄腫

新たな併用療法はBRAFV600E変異陽性の甲状腺未分化がん(ATC)に有望な治療法となる 甲状腺未分化がん(ATC)は、まれではあるが悪性度の高い疾患であり、生存期間の中央値が5カ月、1年生存率が20%である。そのため、長期の利益が得られ
非ホジキンリンパ腫にCAR-T細胞療法をより早期段階で使用すべきかの画像

非ホジキンリンパ腫にCAR-T細胞療法をより早期段階で使用すべきか

免疫療法の一種であるCAR-T細胞療法は、血液腫瘍である非ホジキンリンパ腫(non-Hodgkin lymphoma:NHL)患者の一部の治療に使用されることが多くなっている。しかし現在のところ、CAR-T細胞療法は、患者がすでに数種類の治