泌尿器がん

FDAが転移尿路上皮がんにエルダフィチニブを迅速承認の画像

FDAが転移尿路上皮がんにエルダフィチニブを迅速承認

2019年4月12日、米国食品医薬品局(FDA)は、プラチナ製剤を含む化学療法実施中または実施後(プラチナ製剤を含む化学療法を使用したネオアジュバント療法または術後化学療法開始から12カ月以内を含む)に増悪したFGFR3 またはFGFR2感
FDAが進行腎細胞がんにペムブロリズマブ+アキシチニブを承認の画像

FDAが進行腎細胞がんにペムブロリズマブ+アキシチニブを承認

2019年4月19日、米国食品医薬品局(FDA)は、進行腎細胞がん(RCC)患者の一次治療にペムブロリズマブ(商品名:キイトルーダ、Merck & Co. Inc.社)とアキシチニブ(販売名:インライタ)の併用療法を承認した。 本承
前立腺がん、心血管疾患の併発でアビラテロン投与後の死亡率が上昇の画像

前立腺がん、心血管疾患の併発でアビラテロン投与後の死亡率が上昇

進行前立腺がん患者において、既に心血管疾患に罹患している患者の死亡リスクは、未罹患の患者の死亡リスクよりもアビラテロン酢酸塩(ザイティガ)投与開始後6カ月の時点で高くなった。この結果は、アトランタで3月29日~4月3日に開催された2019年
ダロルタミドは一部の前立腺がんの転移を遅らせるの画像

ダロルタミドは一部の前立腺がんの転移を遅らせる

大規模臨床試験の結果によれば、開発中の薬剤であるダロルタミドは、非転移性去勢抵抗性前立腺がん患者において、体の他の部位への転移を遅らせるのに役立つ。さらに、この種の前立腺がん患者の治療に使用される類似薬で見られる一部の副作用がなさそうである
低リスク前立腺がんに対する監視療法が急増の画像

低リスク前立腺がんに対する監視療法が急増

かつて低リスク前立腺がん男性患者は、即時の手術または放射線療法を受けることがきわめて多かったが、現在は、より慎重な「監視療法」戦略を選んでいる患者が多いことが、米国ダナファーバーがん研究所の研究者らによる新たな連邦政府データベースの分析から
放射能標識PSMA標的療法が転移性前立腺がんに高い奏効率を示すの画像

放射能標識PSMA標的療法が転移性前立腺がんに高い奏効率を示す

専門家の見解 「身体の遠隔部位に転移している前立腺がん患者の生存率は低く、この種のがんに効果的な治療法を提供することは医師にとって進行中の課題です。新たな治療選択肢を緊急に必要としているこの患者集団について、全く新しい方法により、本臨床試験
免疫チェックポイント阻害薬2剤併用が転移性去勢抵抗性前立腺がんに奏効の画像

免疫チェックポイント阻害薬2剤併用が転移性去勢抵抗性前立腺がんに奏効

2つのチェックポイント阻害薬(イピ+ニボ療法)により、免疫学的に不活性な「冷たいがん」に対する早期の有望な結果が得られる (*サイト注:cold tumor、既存療法に強い抵抗性を示す腫瘍)」 転移性前立腺がんを有する一部の患者が、ホルモン
前立腺がん患者は運動をすべきですか?の画像

前立腺がん患者は運動をすべきですか?

Carol Michaels氏は、がんと診断された患者が手術や他の治療から回復するのに役立つように作成された、アメリカ全国で有名な運動プログラムRecovery Fitness(登録商標)の創始者です。また受賞歴のある運動専門家、著述家、プ
早期前立腺がんに対する短期放射線療法を支持する新ガイドラインの画像

早期前立腺がんに対する短期放射線療法を支持する新ガイドライン

寡分割照射を従来の長期間照射法と比較すると初期がんの抑制および副作用発現率が同程度であるとのエビデンスを反映したASTRO/ASCO/AUAの新ガイドライン推奨事項 2018年10月11日、放射線外照射療法(EBRT)を用いて初期の前立腺が
早期前立腺がんに対する放射線療法の短縮を新ガイドラインで推奨の画像

早期前立腺がんに対する放射線療法の短縮を新ガイドラインで推奨

この推奨ガイドラインは、寡分割照射治療と従来の長期間照射による治療において、早期がんコントロールと副作用発生率がほぼ同等であったというエビデンスを反映した結果である 主な医学会3団体が、2018年10月11日、早期前立腺がん患者に外照射療法
FDAがペムブロリズマブおよびアテゾリズマブの処方情報を更新の画像

FDAがペムブロリズマブおよびアテゾリズマブの処方情報を更新

FDAは、シスプラチン療法が不適格である局所進行または転移性尿路上皮がん患者の一次治療に関して、患者の選定を目的とするPD-L1判定のためにFDA承認検査の実施を義務付ける 2018年8月16日、米国食品医薬品局(FDA)は、ペムブロリズマ
精巣腫瘍サバイバーにおける二次がん発症リスク増加の画像

精巣腫瘍サバイバーにおける二次がん発症リスク増加

治療の進歩により精巣がんの治癒率は向上するも、治療後のがん発症リスクは増大 化学療法のプラチナ製剤と放射線療法の導入で、外科手術単独と比較して精巣胚細胞腫瘍患者の治癒率が大幅に改善されているが、これらの治療法により二次性悪性新生物(SMN)
FGFR(線維芽細胞増殖因子受容体)阻害剤による膀胱がん治療の画像

FGFR(線維芽細胞増殖因子受容体)阻害剤による膀胱がん治療

MDアンダーソン OncoLog 2018年7月号(Volume 63 / Issue 7)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
前立腺がん治療薬、塩化ラジウム223(ゾーフィゴ)の使用制限を推奨―欧州医薬品庁(EMA)の画像

前立腺がん治療薬、塩化ラジウム223(ゾーフィゴ)の使用制限を推奨―欧州医薬品庁(EMA)

塩化ラジウム223の使用は3次治療以降、または他の治療が受けられない場合に限定されるべき   欧州医薬品庁(EMA)安全委員会であるファーマコビジランス・リスク評価委員会(PRAC)は、2018年7月9日~12日に行われた会合にお
FDAがまれな副腎腫瘍にイオベングアンI 131を承認の画像

FDAがまれな副腎腫瘍にイオベングアンI 131を承認

2018年7月30日、米国食品医薬品局(FDA)は、全身化学療法を必要とし、イオベングアンスキャン陽性で切除不能、局所進行/転移性の褐色細胞腫・傍神経節腫(PPGL)を有する成人および小児患者(12歳以上)に対する治療薬としてiobengu
FDAが非転移性の去勢抵抗性前立腺がんにもエンザルタミドの適応を拡大の画像

FDAが非転移性の去勢抵抗性前立腺がんにもエンザルタミドの適応を拡大

2018年7月13日、米国食品医薬品局は、去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)患者に対するエンザルタミド(商品名:XTANDI[イクスタンジ]、Astellas Pharma US, Inc.社)を承認した。 この承認により、エンザルタミドの適
前立腺がん検診の推奨グレード(USPSTF)[2018年5月最新版]の画像

前立腺がん検診の推奨グレード(USPSTF)[2018年5月最新版]

* 米国予防医学専門委員会(USPSTF)は、米国医療研究・品質調査機構(AHRQ)の独立委員会で、検診や予防医療の研究レビューを行って米国政府の推奨グレードを作成します。米国予防医学専門委員会(USPSTF)は、米国政府とは独立した立場で
FDAが尿路上皮がんでのアテゾリズマブとペムブロリズマブの使用を制限の画像

FDAが尿路上皮がんでのアテゾリズマブとペムブロリズマブの使用を制限

米国食品医薬品局(FDA)は、シスプラチンを含む化学療法に適格でない局所進行または転移性尿路上皮がん患者に対して、アテゾリズマブおよびペムブロリズマブの使用を制限した。   転移性尿路上皮がん患者を対象とした臨床試験において、前治
進行前立腺がんの治療効果を予測する血液検査の画像

進行前立腺がんの治療効果を予測する血液検査

2種類の検査法により、ホルモン療法が奏効しない患者の予測に成功 進行前立腺がん患者のうち、抗アンドロゲン療法が奏効しない可能性が高い患者を事前に特定できる血液検査が2種類あり、これによって治療選択肢をより明確に医師と患者に提示できることがデ
Erdafitinibは、FGFR3変異陽性の進行尿路上皮がんに有望の画像

Erdafitinibは、FGFR3変異陽性の進行尿路上皮がんに有望

MDアンダーソン主導の第2相試験では、免疫療法で効果が得られなかった患者にFGFR阻害剤が有効である可能性が示唆される   テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者主導の国際第2相試験で、FGFR3遺伝子の変異を有する転移
多くの進行性腎臓がん患者で手術が不要にの画像

多くの進行性腎臓がん患者で手術が不要に

ASCOの見解 「この研究のおかげで、多数の進行性腎臓がん患者が不要な手術と、それにしばしば随伴する多くの深刻な副作用を回避できます。今回の研究結果によって、転移性腎臓がんと診断された患者さんの治療は劇的に変化するでしょう」と、ASCOの専
膀胱がん再発防止に2種のアプローチ:ゲムシタビン膀胱内洗浄、マイトマイシンCの画像

膀胱がん再発防止に2種のアプローチ:ゲムシタビン膀胱内洗浄、マイトマイシンC

膀胱がん切除術後に化学療法薬ゲムシタビン(ジェムザール)を用いた膀胱内洗浄が腫瘍再発リスクを低減させる可能性があることが大規模臨床試験で明らかになった。   本試験では、術後にゲムシタビンを膀胱内にカテーテルで単回投与した低悪性度
PD-L1低発現尿路上皮がんではペムブロリズマブ、アテゾリズマブ単剤で生存率低下の画像

PD-L1低発現尿路上皮がんではペムブロリズマブ、アテゾリズマブ単剤で生存率低下

2018年5月18日 対象読者: 腫瘍医、薬剤師、リスクマネージャー 問題点:米国食品医薬品局(FDA)は、医療従事者、がん臨床試験責任医師、および一般に対して、転移性尿路上皮がん患者を対象とした臨床試験において、前治療歴がなく、プログラム
食後の摂取 ― 前立腺がん治療薬を減量できる可能性の画像

食後の摂取 ― 前立腺がん治療薬を減量できる可能性

新しい臨床研究の結果から、抗がん剤アビラテロン(商品名ザイティガ)は、指示より少ない用量を低脂肪の朝食後に服用すると、空腹時に薬剤ラベルの指示量を服用する場合と同等の効果を得られることが示唆された。   長期的にみて、少ない用量を