泌尿器がん

精管切除と前立腺がんリスクは関連なしとの大規模研究結果の画像

精管切除と前立腺がんリスクは関連なしとの大規模研究結果

プレスリリースASCOの見解ASCO前立腺がん専門委員Sumanta Pal医師「医療制度が変わり続け、予防や健康全般、満足のいく生活状態が重視されるようになるにしたがって、がんリスクの減少に対する人々の関心が一層高まってきました。精管切除
肥満が進行腎臓がん生存率改善の鍵?の画像

肥満が進行腎臓がん生存率改善の鍵?

ダナファーバーがん研究所肥満はほぼ常に、がんリスクを上昇させ、臨床転帰の悪化を招く。しかし、ダナファーバーがん研究所の研究者らが主導する研究の報告によれば、体重過多の進行腎臓がん患者は、標準もしくは低体重の患者に比べ、生存期間が有意に長かっ
遺伝子プロファイルでニボルマブが有効な腎がんが特定可能にの画像

遺伝子プロファイルでニボルマブが有効な腎がんが特定可能に

腫瘍の代謝関連遺伝子が治療効果無効との間に相関を示す   PD-L1タンパクが陽性で抗PD-1治療薬ニボルマブ(商品名:オプジーボ)が奏効しなかった腎細胞がん患者では、PD-L1陽性でニボルマブが奏効した患者よりも代謝に関わる遺伝
ニボルマブは転移性膀胱がん患者の腫瘍負荷を軽減するの画像

ニボルマブは転移性膀胱がん患者の腫瘍負荷を軽減する

MDアンダーソン OncoLog 2016年7月号(Volume 61 / Issue7)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL &
進行前立腺がんのDNA修復遺伝子にも遺伝性変異が影響の画像

進行前立腺がんのDNA修復遺伝子にも遺伝性変異が影響

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~ 新しい研究によると、進行前立腺がん男性の12%近くが、損傷DNA を修復する役割のある遺伝子に遺伝性の変異を有していることがわかった。BRCA2, ATMおよびCHEK2を含む
進行腎細胞がん適応のカボザンチニブ販売に欧州医薬品庁が肯定的意見の画像

進行腎細胞がん適応のカボザンチニブ販売に欧州医薬品庁が肯定的意見

本件は、VEGF標的療法後の治療を目的とする。   2016年7月21日、欧州医薬品庁(EMA) の医薬品委員会(CHMP) は進行腎細胞がん(RCC) の治療を目的として、cabozantinib[カボザンチニブ] (商品名:C
レンバチニブを転移性腎細胞がん治療薬として欧州医薬品庁が推奨の画像

レンバチニブを転移性腎細胞がん治療薬として欧州医薬品庁が推奨

レンバチニブは、1種類のVEGF標的薬による治療歴を有する患者に対して、エベロリムスとの併用で適応とする。   2016年7月21日、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)は、切除不能な進行または転移性腎細胞がん(RCC
FDAが白金治療後の転移性尿路上皮がんにアテゾリズマブを承認の画像

FDAが白金治療後の転移性尿路上皮がんにアテゾリズマブを承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は、本日、膀胱がんの一種である尿路上皮がんに対して、atezolizumab[アテゾリズマブ](商品名:Tecentriq)を承認した。アテゾリズマブはPD-1/PD-L1阻害剤としては初めてこの種
糖尿病治療薬が膀胱がんリスクの上昇と関連の画像

糖尿病治療薬が膀胱がんリスクの上昇と関連

英国医療サービス(NHS)  「糖尿病治療薬のピオグリタゾンは膀胱がんのリスクを63%上昇させる」と英国デイリー・テレグラフ紙が報じた。 現実的には実際のリスクの増加は小さいものの、この結果は医師と患者の双方にとって処方
前立腺がんの主な活性化因子(ドライバー)として新たな治療標的を特定の画像

前立腺がんの主な活性化因子(ドライバー)として新たな治療標的を特定

米国国立がん研究所(NCI)/ブログ~がん研究の動向~アンドロゲン非依存性あるいは去勢抵抗性前立腺がんともよばれる進行前立腺がんにおいて、主要な腫瘍活性化(ドライバー)分子の働きを阻害する代替的アプローチが特定された。 前立腺がん
FDAが前立腺がん再発検出にPET診断薬Axuminを承認の画像

FDAが前立腺がん再発検出にPET診断薬Axuminを承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、Axumin 注射薬を放射性医薬品として承認した。Axuminは、前治療後に前立腺特異抗原(PSA)値の上昇による前立腺がんの再発が疑われる男性患者のポジトロン放出断層撮影(PET)画像の診
尿路上皮がんに対するアテゾリズマブのFDA承認の画像

尿路上皮がんに対するアテゾリズマブのFDA承認

Oncology Approved Drug 2016年5月18日、米国食品医薬品局(FDA)は、プラチナ製剤を含む化学療法中または療法後に病状が進行した、あるいは、プラチナ製剤を含む術前または術後の化学療法後12カ月以内に病状が
進行腎細胞がんにレンバチニブ+エベロリムス併用のFDA承認の画像

進行腎細胞がんにレンバチニブ+エベロリムス併用のFDA承認

Oncology Approved Drug 2016年5月13日、米国食品医薬品局(FDA)は、抗血管新生療法による前治療歴を有する進行性腎細胞がん患者の治療薬として、エベロリムスと併用投与するlenvatinib[レンバチニブ
身体活動が前立腺がんの予後を改善する可能性の画像

身体活動が前立腺がんの予後を改善する可能性

ニューオリンズ―中強度から高強度の身体活動を維持している前立腺がんの患者とサバイバーにおいて、生存予後が改善する可能性があることが、2016年4月16日~20日に開催された米国がん学会(AACR)年次総会で発表された研究により明らかになった
スニチニブとソラフェニブ、腎臓がんの術後補助療法としての効果は見られずの画像

スニチニブとソラフェニブ、腎臓がんの術後補助療法としての効果は見られず

米国国立がん研究所(NCI)NCIブログ~がん研究の動向~ スニチニブ(スーテント)およびソラフェニブ(ネクサバール)による術後補助療法は、腎細胞(腎)がん患者の無増悪生存を改善せず、重篤な副作用を引き起こす可能性があることが最近
早期前立腺がんに短期で集中的な放射線療法が推奨可能の画像

早期前立腺がんに短期で集中的な放射線療法が推奨可能

デューク大学医療センター早期前立腺がん患者に、わずかに高い1日線量を照射することで、がんの制御に支障をきたすことなく現在の治療レジメンよりも2週間以上短縮できることが、デュークがん研究所の研究者が主導する全国規模の研究によって示された。&n
進行腎細胞がんに対するカボザンチニブのFDA承認の画像

進行腎細胞がんに対するカボザンチニブのFDA承認

Oncology Approved Drug 2016年4月25日、米国食品医薬品局(FDA)は、抗血管新生療法を受けたことのある進行腎細胞がん患者の治療薬としてcabozantinib[カボザンチニブ](商品名:Cabomety
atezolizumabが局所進行・転移性尿路上皮がんに有効の画像

atezolizumabが局所進行・転移性尿路上皮がんに有効

プラチナベースの化学療法後に進行した患者を対象とする第2相試験結果    ・議題:泌尿生殖器がん/免疫腫瘍学   Atezolizumab[アテゾリズマブ]は、プラチナベースの化学療法後に進行した局所進行、および転移性尿
前立腺がんの転移部位が生存期間に影響の画像

前立腺がんの転移部位が生存期間に影響

デューク大学医療センター(*この記事には生存期間のデータが含まれます)  リンパ節転移のみの患者は全生存期間が最も長く、肝転移患者は最も短い。肺転移または骨転移患者ではその中間になる。 「前立腺がんの転移部位が
Atezolizumabは進行膀胱がんに対し、長期間持続する抗腫瘍効果を示すの画像

Atezolizumabは進行膀胱がんに対し、長期間持続する抗腫瘍効果を示す

キャンサーコンサルタンツ現在、研究段階である免疫療法薬atezolizumab[アテゾリズマブ]は、進行膀胱がん患者において高い確率で抗腫瘍効果を示す。これらの結果は、米国臨床腫瘍学会2016年泌尿生殖器がんシンポジウム(ASCO GU)で
血液検査で前立腺がんホルモン治療の効果を予測できる可能性の画像

血液検査で前立腺がんホルモン治療の効果を予測できる可能性

英国医療サービス(NHS)  「ある血液検査により、前立腺がん患者の薬剤への反応のしやすさがわかるかもしれない」と、英国放送協会(BBC)ニュースが報告している。 その検査では、腫瘍増殖を刺激するテストステロンの作用を遮
前立腺がん検診の推奨グレード(一般向けリーフレット2012年版)の画像

前立腺がん検診の推奨グレード(一般向けリーフレット2012年版)

米国予防医学専門委員会(USPSTF) (*このページは旧版です。最新2018年版はこちらです) 前立腺がん検診 米国予防医学専門委員会(USPSTF)は、前立腺がん検診に関する最終的な推奨グレードを公表しました。この推奨グレードは、全ての
治験中の免疫治療が膀胱がんの生存期間を延長の画像

治験中の免疫治療が膀胱がんの生存期間を延長

プラチナ製剤ベースの化学療法後に転移性膀胱がんが進行した患者のうち、治験中のテーラーメイドペプチドがんワクチンと最善の支持療法(best supportive care: BSC)を受けた患者は、BSCのみを受けた患者と比較して全生存期間が
FDAが進行腎臓がんの治療薬としてニボルマブを承認の画像

FDAが進行腎臓がんの治療薬としてニボルマブを承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、前治療歴を有する進行(転移性)腎細胞がん(腎臓がんの一種)患者への治療薬として、ニボルマブ(商品名:オプジーボ)を承認した。 「ニボルマブは、腎細胞がんの治療において生存期間延長が