泌尿器がん

進行腎細胞がんに対するイピ+ニボ免疫療法は標的療法に比べて無治療生存期間を延長の画像

進行腎細胞がんに対するイピ+ニボ免疫療法は標的療法に比べて無治療生存期間を延長

無治療生存期間(TFS)という新たな評価項目を用いて、「患者に対する有効性と毒性のバランスを評価」する解析を実施 チェックポイント阻害薬であるニボルマブ(オプジーボ)とイピリムマブ(ヤーボイ)の併用療法を受けた進行腎細胞がん患者は、IMDC
精巣がん ~知っていますか?~の画像

精巣がん ~知っていますか?~

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 精巣がんは、20~34歳の男性に最も多く発症していることを知っていますか?この動画「精巣がん ~知っていま
マルチキナーゼ阻害薬カボザンチニブが腎臓がん脳転移巣に活性を示すの画像

マルチキナーゼ阻害薬カボザンチニブが腎臓がん脳転移巣に活性を示す

・腎臓がん脳転移の患者に対して抗がん剤はほとんど効果がない  ・腫瘍にある複数の標的を攻撃する薬剤であるカボザンチニブ(販売名:カボメティクス)は腎臓がん脳転移巣に高い活性を示すことが研究により明らかになった 分子標的薬は腎臓がんに由来する
短期放射線療法は前立腺摘出後の新たな標準療法の画像

短期放射線療法は前立腺摘出後の新たな標準療法

前立腺摘出術後、より少ない分割数で高線量の放射線を照射しても、従来の放射線治療と比較して、長期にわたる副作用は増加せず、QOLの低下にもつながらないことが第3相試験の結果で明らかになった。 寡分割照射法(HYPORT)は、前立腺摘出術後に放
FDAが腎細胞がんの術後療法としてペムブロリズマブを承認の画像

FDAが腎細胞がんの術後療法としてペムブロリズマブを承認

2021年11月17日、米食品医薬品局(FDA)は、腎摘後の再発リスクが中〜高/高リスクの腎細胞がん(RCC)患者、または腎摘除後および転移病変の部分切除後の術後療法としてペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ、Merck社)を承認した。
既存薬の新たな組み合わせで前立腺がんの生存率が改善-ESMO21の画像

既存薬の新たな組み合わせで前立腺がんの生存率が改善-ESMO21

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)2021プレスリリース よく知られた薬剤の新たな組み合わせで、ホルモン/去勢感受性前立腺がん患者の生存期間が延長されることが最新の研究から明らかになった。この結果は欧州臨床腫瘍学会(ESMO)年次総会2021[1
ESMOバーチャル学会2021 腎がんハイライト(IKCC:国際腎がん連合)の画像

ESMOバーチャル学会2021 腎がんハイライト(IKCC:国際腎がん連合)

<国際腎臓がん連合(IKCC)より許諾を得て日本語訳配信> 2021年9月16日から21日まで、欧州臨床腫瘍学会(ESMO)バーチャル会議が開催された。この学会で行われた発表はESMOウェブサイトで公開されている(事前のログインが必要)。国
フォンヒッペル・リンドウ病に関連腫瘍の治療に承認されたBelzutifanの画像

フォンヒッペル・リンドウ病に関連腫瘍の治療に承認されたBelzutifan

まれな遺伝性疾患であるフォンヒッペル・リンドウ病(VHL)の患者は、腎臓、膵臓、脳、脊椎などの多臓器にがん性および非がん性腫瘍を発症するリスクが高い。医師は通常、手術によってこれらの腫瘍を切除してがんの転移を防ぐが、手術を重ねるごとに合併症
ペムブロリズマブによる術後療法が腎臓がんの再発を遅らせるの画像

ペムブロリズマブによる術後療法が腎臓がんの再発を遅らせる

・術後の免疫療法薬投与により、再発リスクの高い腎臓がん患者の無病生存率が改善した。  ・ペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)はプラセボと比べ再発または死亡のリスクを32%減少させることが、術後補助免疫療法を評価した第3相試験の中間結果で
FDAが尿路上皮がんの術後療法にニボルマブを承認の画像

FDAが尿路上皮がんの術後療法にニボルマブを承認

2021年8月19日、米国食品医薬品局(FDA)は、根治切除後に再発リスクが高い尿路上皮がん患者の術後療法として、ニボルマブ(販売名:オプジーボ、Bristol-Myers Squibb Co.社)を承認した。 今回の承認は、高リスクの尿路
FDAがVHL病に伴う腎細胞がん、神経血管芽腫、膵神経内分泌腫瘍にHIF阻害薬belzutifanを承認の画像

FDAがVHL病に伴う腎細胞がん、神経血管芽腫、膵神経内分泌腫瘍にHIF阻害薬belzutifanを承認

2021年8月13日、米国食品医薬品局(FDA)は、フォンヒッペル・リンドウ病(VHL: von Hippel-Lindau)病に伴う治療が必要で即時の手術を必要としない腎細胞がん(RCC)、中枢神経系(CNS)血管芽細胞腫、膵神経内分泌腫
FDAが進行腎細胞がんにペムブロリズマブとレンバチニブの併用を承認の画像

FDAが進行腎細胞がんにペムブロリズマブとレンバチニブの併用を承認

2021年8月10日、米国食品医薬品局(FDA)は、進行腎細胞がん(RCC)成人患者の一次治療として、ペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ、メルク社)とレンバチニブ(販売名:レンビマ、エーザイ社)の併用を承認した。 本療法の有効性は、一次
FDAが局所進行/転移性尿路上皮がんにエンホルツマブベドチンを承認の画像

FDAが局所進行/転移性尿路上皮がんにエンホルツマブベドチンを承認

2021年7月9日、米国食品医薬品局(FDA)は、プログラム細胞死受容体-1(PD-1)またはプログラム細胞死リガンド(PD-L1)阻害薬およびプラチナ製剤を含む化学療法による治療歴を有する、またはシスプラチンを含む化学療法が不適応であり1
PSMA標的放射線療法は治療歴のある転移性去勢抵抗性前立腺がんに有効の画像

PSMA標的放射線療法は治療歴のある転移性去勢抵抗性前立腺がんに有効

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「化学療法や標的抗アンドロゲン療法後に進行した転移性去勢抵抗性前立腺がんの患者にとって、この新規標的放射線療法は大きなニーズを満たす可能性があります。この治療法の成功で、従来のがん治療に代わる治療法の検討
術後ペムブロリズマブは特定の腎臓がんの無病生存期間を延長の画像

術後ペムブロリズマブは特定の腎臓がんの無病生存期間を延長

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「淡明細胞型腎細胞がん患者は手術をしても再発がしばしば起こり、再発した場合の治癒的治療選択肢は限られます。しかし、KEYNOE-564試験でぺムブロリズマブが効果を上げたことにより、まもなく、この患者さん
2021年ASCO年次総会(6月4-8日)注目のトップ演題の画像

2021年ASCO年次総会(6月4-8日)注目のトップ演題

2021年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会の公式プレス向けプログラムで、前立腺がん、乳がん、肺がん、腎がんの治療、検診、予防、治療へのアクセス、免疫治療、プレシジョン医療などの進歩が紹介される。プレス向けプログラムに掲載される研究は、年
健康なライフスタイルが遺伝的リスクの高い男性の前立腺がん死亡を抑える可能性の画像

健康なライフスタイルが遺伝的リスクの高い男性の前立腺がん死亡を抑える可能性

4月10日~15日に開催された2021年AACR バーチャル年次総会第1週で発表された結果によると、前立腺がんを発症する遺伝的リスクが高い男性では、健康的なライフスタイルを維持していれば致命的な前立腺がんを発症しにくかった。 前立腺がんは、
FDAが進行尿路上皮がんにsacituzumab govitecanを迅速承認の画像

FDAが進行尿路上皮がんにsacituzumab govitecanを迅速承認

 2021年4月13日、米国食品医薬品局(FDA)は、プラチナ製剤を含む化学療法とプログラム細胞死タンパク質1(PD-1)またはプログラム細胞死リガンド 1(PD-L1)阻害薬の投与を受けたことのある局所進行性または転移性尿路上皮がん(mU
前立腺がんはホルモン療法後もグルタミン代謝スイッチを利用して増殖するの画像

前立腺がんはホルモン療法後もグルタミン代謝スイッチを利用して増殖する

がんの燃料源を直接狙った新たな手法につながる発見 前立腺がんの細胞代謝に関する研究から、前立腺がんのホルモン療法がいずれは効かなくなる主な理由と、全く新しい治療法によりこの問題を回避する方法が、Duke Healthが主導する研究者チームに
循環腫瘍細胞(CTC)変異により、転移去勢抵抗性前立腺がん臨床転帰を予測の画像

循環腫瘍細胞(CTC)変異により、転移去勢抵抗性前立腺がん臨床転帰を予測

米国癌学会(AACR)のMolecular Cancer Research誌に発表された研究の結果、転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)の患者において、循環腫瘍細胞(CTC)内のさまざまな遺伝子変化と、臨床転帰およびホルモン療法耐性との
分子標的治療薬カボザンチニブは希少腎がんの進行を抑制の画像

分子標的治療薬カボザンチニブは希少腎がんの進行を抑制

乳頭状腎細胞がん(PRCC)という希少なタイプの腎臓がんの患者にとってこれまでで最も有効な治療選択肢が新しい研究により明らかになった。 体の他の部位に転移のある乳頭状腎細胞がん患者を対象として初めて完了することができた臨床試験において、標的
Decipher遺伝子検査が前立腺がんに対するホルモン療法の判断材料にの画像

Decipher遺伝子検査が前立腺がんに対するホルモン療法の判断材料に

再発した前立腺がんが他の部位に広がる(転移する)可能性を遺伝子検査によって正しく予測できることが、大規模な研究で確認された。この検査は、前立腺がん患者とその主治医が最も適切な治療法を選択するのに役立つ可能性があると研究者らは結論づけている。
腎臓がん免疫機構の解明(2)の画像

腎臓がん免疫機構の解明(2)

腎臓がん免疫機構の解明(1)続き― 免疫機能不全回路を断ち切る新たな治療標的を発見 一つ目の研究では、腫瘍とそれに隣接する非腫瘍組織から採取した164,722個の細胞を対象として単一細胞RNAシーケンシングと単一細胞T細胞受容体シーケンシン
腎臓がん免疫機構の解明(1)の画像

腎臓がん免疫機構の解明(1)

新たな免疫療法や標的を特定するため、腎腫瘍の単一細胞(シングルセル)解析に焦点を当てた二つの研究論文 過去20年間で、免疫療法は、進行腎がんに対する主要な治療法となってきた。現在、この治療法は標準治療の一部となってるが、すべての患者に効果が