泌尿器がん

OncoLog 2014年3月号◆遠隔転移のある前立腺癌患者に対して原発腫瘍を治療する必要はあるのかの画像

OncoLog 2014年3月号◆遠隔転移のある前立腺癌患者に対して原発腫瘍を治療する必要はあるのか

MDアンダーソン OncoLog 2014年3月号(Volume 59 / Number 3)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
泌尿生殖器癌シンポジウム(ASCO-GU)2014 で、泌尿生殖器癌の最新研究の進歩が明らかにの画像

泌尿生殖器癌シンポジウム(ASCO-GU)2014 で、泌尿生殖器癌の最新研究の進歩が明らかに

米国臨床腫瘍学会 泌尿生殖器癌シンポジウム(ASCO-GU)2014 に先立ち本日公表された研究から、さまざまな泌尿生殖器癌の生存転帰が明らかにされ、癌臨床試験の早期中止に関する見識がもたらされた。本年は泌尿生殖器癌シンポジウム10周年で、
アビラテロンは疼痛悪化までの期間を延長するの画像

アビラテロンは疼痛悪化までの期間を延長する

キャンサーコンサルタンツ化学療法による治療歴のない転移性去勢抵抗性前立腺癌患者の治療では、プレドニゾンにアビラテロン[abiraterone](Zytiga)を追加すると、プレドニゾン単独よりも、患者が報告する疼痛の悪化や健康関連QOLの低
癌ゲノムアトラス(TCGA)の膀胱がん研究により、可能性のある薬剤治療標的が明らかに―他のがんとの共通点もの画像

癌ゲノムアトラス(TCGA)の膀胱がん研究により、可能性のある薬剤治療標的が明らかに―他のがんとの共通点も

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2014年1月29日 癌ゲノムアトラス(TCGA:The Cancer Genome Atlas)研究ネットワークの研究者らは、主要タイプの膀胱癌について、癌で破壊される重要な
アキシチニブは転移性腎臓癌の一次治療に有効の画像

アキシチニブは転移性腎臓癌の一次治療に有効

キャンサーコンサルタンツLancet Oncology誌に掲載された試験結果によれば、アキシチニブによる一次治療は転移性腎細胞癌において有効であることが示された。 米国では毎年、58,000人を超える人が腎臓癌と診断される。最も一
長期ホルモン療法は中間リスクの前立腺癌には利益がないの画像

長期ホルモン療法は中間リスクの前立腺癌には利益がない

キャンサーコンサルタンツ米国放射線腫瘍学会(ASTRO)年次総会で発表された試験結果によれば、中間リスクの前立腺癌については、放射線療法の後に長期ホルモン療法を行っても、疾患特異的生存率あるいは全生存率は改善しない。 アンドロゲン
オメガ3脂肪酸が前立腺癌のリスク増加と関連の画像

オメガ3脂肪酸が前立腺癌のリスク増加と関連

キャンサーコンサルタンツJournal of the National Cancer Institute誌に掲載された研究結果によると、オメガ3脂肪酸が前立腺癌のリスク増加と関連している可能性があることがわかった。 前立腺癌は、皮
新たな前立腺癌の診断と治療の最前線に立つNCI臨床研究者/NCI特集記事の画像

新たな前立腺癌の診断と治療の最前線に立つNCI臨床研究者/NCI特集記事

米国国立がん研究所(NCI)特集記事原文掲載日:2013年9月5日 サンディエゴで開催された2013年米国泌尿器科学会年次総会で、Invivo社(Philips Medical Systems社の子会社)はUroNavという製品を
メトホルミンにより前立腺癌を患う糖尿病男性の生存率が改善する可能性の画像

メトホルミンにより前立腺癌を患う糖尿病男性の生存率が改善する可能性

キャンサーコンサルタンツJournal of Clinical Oncology誌に掲載された研究結果によると、血糖降下薬であるメトホルミンによる治療を受けた場合、前立腺癌を患う男性糖尿病患者で生存期間が有意に延長し、また前立腺癌が原因で死
パゾパニブにより進行腎臓癌患者のQOLが改善の画像

パゾパニブにより進行腎臓癌患者のQOLが改善

ダナファーバーがん研究所転移性腎臓癌において承認されている2つの経口分子標的薬は、同等に良好な効果を示しているが、今回、ダナファーバー癌研究所の研究者による国際的な臨床試験の結果により、一方の薬剤のほうがより忍容性が優れていることが示された
前立腺癌予防試験参加者の長期生存の詳細の画像

前立腺癌予防試験参加者の長期生存の詳細

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2013年8月14日 NCI(米国国立癌研究所)が支援した前立腺癌予防試験(PCPT)において、10年前の最初の知見は、フィナステリドは前立腺癌リスクを有意に低下させるが、矛盾
腫瘍内代謝シフトと腎癌の進行の関連:癌ゲノム・アトラスの研究者が、ゲノム変化と腫瘍活動性の関連を発見の画像

腫瘍内代謝シフトと腎癌の進行の関連:癌ゲノム・アトラスの研究者が、ゲノム変化と腫瘍活動性の関連を発見

べいこくこくりつ原文掲載日:2013年6月24日NCIプレスリリース癌ゲノム・アトラス(The Cancer Genome Atlas)研究ネットワークの試験責任医師らは、代謝過程における腫瘍細胞のエネルギー利用方法と、最も一般的な腎臓の癌
低リスク前立腺癌患者に対する先進的医療の使用が急増の画像

低リスク前立腺癌患者に対する先進的医療の使用が急増

キャンサーコンサルタンツJAMAに発表された研究によると、強度変調放射線治療(IMRT)やロボット支援前立腺全摘術などの、前立腺癌患者に対する先進的医療技術の使用が、低リスク患者の間で増加している。この集団に対するこれらの治療の効果が疑わし
エンザルタミドのFDA承認の画像

エンザルタミドのFDA承認

商品名:Xtandi・  ドセタキセルによる治療歴を有する転移性去勢抵抗性前立腺癌に対して承認される臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報がFull prescribing information(英文)で
塩化ラジウム233のFDA承認の画像

塩化ラジウム233のFDA承認

商標名:Xofigo ・骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌に対する治療として認可(2013/05/15) 臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報がFull prescribing information(英文
テムシロリムスのFDA承認の画像

テムシロリムスのFDA承認

商標名:Torisel™腎臓癌で承認(2007/05/30)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報がFull prescribing information(英文)で参照できます。2007年5月30日、米国
DenosumabのFDA承認の画像

DenosumabのFDA承認

商品名:Xgeva, Prolia・成人および骨格の成熟した青年の切除不能骨巨細胞腫に対して承認(2013年6月13日)・非転移性前立腺癌でアンドロゲン除去療法(ADT)を受け骨折リスクが高い患者、または乳癌でアロマターゼ阻害剤(AI)によ
Abiraterone Acetate のFDA承認の画像

Abiraterone Acetate のFDA承認

商品名:Zytiga化学療法施行前の転移性、去勢抵抗性前立腺癌治療に対し、プレドニゾン併用で承認ドセタキセル治療後の転移性去勢抵抗性前立腺癌に対し、プレドニゾンとの併用療法に承認本剤の臨床試験情報、安全性、投与法、薬物間相互作用および禁忌な
Axitinib[アキシチニブ]のFDA承認の画像

Axitinib[アキシチニブ]のFDA承認

商品名:Inlyta・化学療法歴のある進行腎細胞癌の適応で承認本剤の臨床試験情報、安全性、投与法、薬物間相互作用および禁忌などの全処方情報(原文)が参照できます。2012年1月27日、米国食品医薬品局(FDA)は、過去に一度、化学療法で奏効
FDAが進行前立腺癌の治療に新薬Xofigoを承認/FDAニュースの画像

FDAが進行前立腺癌の治療に新薬Xofigoを承認/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE:2013年5月15日 Media Inquiries: Stephanie Yao, 301-796-0394 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが進行前立腺癌
アフリカ系アメリカ人男性の早発性脱毛症は前立腺癌に関連する可能性の画像

アフリカ系アメリカ人男性の早発性脱毛症は前立腺癌に関連する可能性

• アフリカ系アメリカ人の男性は前立腺癌の発症リスクが高い • 60歳未満の禿げ頭のアフリカ系アメリカ人男性で、前立腺癌の発症リスクが最も高かった • 前頭部脱毛では重度の前立腺癌のリスクが増加した   米国癌学会の学術誌Canc
前立腺癌に対する外科手術および放射線療法は同様の機能的転帰をもたらすの画像

前立腺癌に対する外科手術および放射線療法は同様の機能的転帰をもたらす

キャンサーコンサルタンツNew England Journal of Medicine誌に掲載された試験の結果によると、限局性前立腺癌の男性患者は、外科手術または放射線療法のいずれを選択したかにかかわらず、長期的には性機能、排尿および排便機
遺伝的リスク予測モデル構築のための大規模研究の将来性の画像

遺伝的リスク予測モデル構築のための大規模研究の将来性

 NCIニュースノートNCIの研究者らは、前立腺癌のような高頻度疾患の遺伝的リスク予測を評価する新たなパラダイムを構築した。この遺伝リスク予測概念は、多遺伝子解析(一塩基多型(SNPs)の共通DNA配列の分類調査)を基にしており、ひとつひと
前立腺癌に対する陽子線治療とIMRTの毒性に差はないの画像

前立腺癌に対する陽子線治療とIMRTの毒性に差はない

キャンサーコンサルタンツJournal of the National Cancer Institute誌に発表された研究の結果によると、前立腺癌の男性患者において陽子線治療は、強度変調放射線療法(IMRT)と比較して毒性を軽減しないことが