泌尿器がん

デノスマブはアンドロゲン抑制療法(ADT)を受けている前立腺癌男性患者の骨折リスクを減少の画像

デノスマブはアンドロゲン抑制療法(ADT)を受けている前立腺癌男性患者の骨折リスクを減少

キャンサーコンサルタンツ2009年5月デノスマブがアンドロゲン抑制療法(ADT)を受けている前立腺癌男性患者で新たな椎体骨折の発生を有意に減少させたと、国際多施設試験を行った研究者らは報告した。この試験の詳細は、フロリダ州オーランドで開催さ
パクリタキセル/ジェムザールにより難治性精巣腫瘍の長期生存が得られるの画像

パクリタキセル/ジェムザールにより難治性精巣腫瘍の長期生存が得られる

キャンサーコンサルタンツ先行治療に反応しなくなった精巣腫瘍患者が、化学療法薬剤パクリタキセルとジェムザール(ゲムシタビン)による治療を受けた場合、一部の患者に長期生存と治癒の可能性がみられた。この研究結果は、2011年度米国臨床腫瘍学会年次
5α還元酵素阻害剤(5-ARIs):添付文書の変更―前立腺癌のリスク増加の画像

5α還元酵素阻害剤(5-ARIs):添付文書の変更―前立腺癌のリスク増加

5α還元酵素阻害剤(5-ARIs):添付文書の変更―前立腺癌のリスク増加5-ARIに分類される薬剤にはフィナステリドおよびデュタステリドがあり、これらの薬剤はProscar [プロスカー] 、プロペシア、Avodart [アボダート] 、お
XMRVの起源解明、ヒト疾患との関連が否定されるの画像

XMRVの起源解明、ヒト疾患との関連が否定される

NCIニュース実験用マウスの遺伝子由来で、XMRVとして知られるレトロウイルスの起源が明らかとなった。このウイルスはこれまで、ヒトの前立腺癌あるいは慢性疲労症候群(CFS)の原因であると広く公表されてきたが、その可能性はどちらも低いことが示
2011/05/31号◆特集記事「一部の早期前立腺癌患者では手術による利点はない」の画像

2011/05/31号◆特集記事「一部の早期前立腺癌患者では手術による利点はない」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2011年5月31日号(Volume 8 / Number 11) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ____________
間欠的ホルモン療法は前立腺癌に有効の画像

間欠的ホルモン療法は前立腺癌に有効

キャンサーコンサルタンツ放射線治療の施行後にPSA再発(前立腺特異抗原値の上昇)を認めた前立腺癌患者において、間欠的に(治療を中断しながら)施行するホルモン療法は、継続的に施行するホルモン療法と同程度の有効性があることが明らかになった。この
CabazitaxelのFDA承認の画像

CabazitaxelのFDA承認

原文 2013/07/02 掲載商品名:Jevtana[ジェブタナ]・ドセタキセルを含む治療法を受けたことのある転移性ホルモン不応性前立腺癌患者に対する治療を目的に、プレドニゾンとの併用投与として承認されました。臨床試験情報、安全性、投与量
Degarelix[デガレリクス]のFDA承認の画像

Degarelix[デガレリクス]のFDA承認

原文 2013/07/02更新・ 進行性前立腺癌に対して承認臨床試験情報、安全性、用量、薬剤の相互作用および禁忌などの完全な処方情報が参照できます。2008年12月24日、米国食品医薬品局(FDA)は、新たなゴナドトロピン放出ホルモン(Gn
シプリューセル-TのFDA承認の画像

シプリューセル-TのFDA承認

原文 2010/04/30掲載  2013/07/03掲載商標名:Provenge®・無症候性または症状の少ない転移性去勢抵抗性(ホルモン抵抗性)前立腺癌の治療に承認(2010/04/29)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用およ
スニチニブのFDA承認の画像

スニチニブのFDA承認

原文 2011/05/24更新商標名:Sutent®・膵神経内分泌腫瘍への承認(2011/05/20) ・腎臓癌(2007/02/05) ・消化管間質腫瘍への承認(2006/01/26)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁
2011/05/17号◆癌研究ハイライトの画像

2011/05/17号◆癌研究ハイライト

同号原文| NCI Cancer Bulletin2011年5月17日号(Volume 8 / Number 10) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ____________
2011/05/03号◆特集記事「FDAが進行前立腺癌治療薬としてアビラテロンを承認」の画像

2011/05/03号◆特集記事「FDAが進行前立腺癌治療薬としてアビラテロンを承認」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2011年5月03日号(Volume 8 / Number 9) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf _____________
2011/04/19号◆特集記事「一部の前立腺癌男性では監視療法の方が好ましい」の画像

2011/04/19号◆特集記事「一部の前立腺癌男性では監視療法の方が好ましい」

NCI Cancer Bulletin2011年4月19日号(Volume 8 / Number 8) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ___________________
FDAが末期前立腺癌にZytigaを承認の画像

FDAが末期前立腺癌にZytigaを承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2011年4月28日Media Inquiries: Erica Jefferson, 301-796-4988Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが末期前立腺癌
News Note:第3相臨床試験にて進行前立腺癌に対する標準化学療法と治験薬併用の有益性示されずの画像

News Note:第3相臨床試験にて進行前立腺癌に対する標準化学療法と治験薬併用の有益性示されず

NCIニュース ホルモン療法に不応性を示す前立腺癌患者を対象とした第3相臨床試験において、標準化学療法レジメンに試験薬(治験薬)atrasentanを追加投与した患者群では、同レジメンにプラセボを投与した場合と比較して、生存期間または無増悪
転移性腎細胞癌に対する高容量プロロイキン療法の最新結果の画像

転移性腎細胞癌に対する高容量プロロイキン療法の最新結果

キャンサーコンサルタンツ 2010年3月米国の多施設試験の研究者ら(サイトカインワーキンググループ)は、高用量Proleukin(プロロイキン)(aldesleukin(アルデスロイキン)、インターロイキン2、 IL-2)療法は転移性腎細胞
米国国立衛生研究所(NIH)の研究により、免疫細胞の活性化を抑制する遺伝子が同定されたの画像

米国国立衛生研究所(NIH)の研究により、免疫細胞の活性化を抑制する遺伝子が同定された

NCIニュース前立腺腫瘍を用いた新規研究により、FOXO3遺伝子が免疫に関連する細胞の活性を抑制し、増殖する癌に対する免疫応答を低下させることが示された。ワクチンや免疫療法による癌治療の主な問題の一つに、身体の免疫応答を腫瘍がしばしばかわす
2011年度泌尿生殖器癌シンポジウムで、前立腺癌の管理と治療における進展が強調された研究の画像

2011年度泌尿生殖器癌シンポジウムで、前立腺癌の管理と治療における進展が強調された研究

初回PSA値が低い男性で前立腺癌による死亡リスクが低下することがスクリーニング研究で示された。ロボット支援による前立腺癌手術は経験を積んだ専門医が必要である。デュタステリドは早期前立腺癌の成長を遅らせる一助となる。   バージニア
2011/03/08号◆特別リポート「PSA上昇速度により前立腺癌の検出精度は向上しない」の画像

2011/03/08号◆特別リポート「PSA上昇速度により前立腺癌の検出精度は向上しない」

同号原文 | NCI Cancer Bulletin2011年3月8日号(Volume 8 / Number 5) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 PDFはこちらからpicture_as_pdf _____________
ロボット支援前立腺手術は外科医の経験量が重要の画像

ロボット支援前立腺手術は外科医の経験量が重要

キャンサーコンサルタンツ泌尿器癌に関するシンポジウム(2011 Genitourinary Cancers Symposium)で発表された研究によると、外科医がロボット支援による前立腺癌手術に熟達するには、1,000を優に超える手術症例を
行動療法は、前立腺全摘除術後の失禁を軽減するの画像

行動療法は、前立腺全摘除術後の失禁を軽減する

キャンサーコンサルタンツ骨盤底筋体操、膀胱訓練法、および摂取水分の管理による行動療法は、早期前立腺癌の前立腺全摘除術後に生じる尿失禁を(根治するのはまれだが)軽減する。この調査結果は、Journal of the American Medi
アスピリンはいくつかの癌腫において予防効果を示すの画像

アスピリンはいくつかの癌腫において予防効果を示す

キャンサーコンサルタンツアスピリン(アセチルサリチル酸)を毎日服用すると、肺癌、大腸癌、食道癌など、いくつかの典型的な癌の死亡リスクが減少する可能性がある。この知見はLancet誌で報告された。 いくつかの研究で、アスピリン、イブプロフェン
がん研究の今―前立腺がんの分子画像診断の画像

がん研究の今―前立腺がんの分子画像診断

 前立腺がん体験者のHoward Silby氏が、米国国立衛生研究所(NIH)、NCI分子画像プログラムでの体験について語ります。Howard氏の医師の1人であり、分子画像クリニックの所長を務め­るPeter Choyke医師は、NIH臨床
2010/11/30号「世界との連携」特別号◆癌研究ハイライトの画像

2010/11/30号「世界との連携」特別号◆癌研究ハイライト

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年11月30日「世界との連携」特別号(Volume 7 / Number 23) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇癌