泌尿器がん

2009/09/08号◆特集記事「臨床試験結果が疑問を投げかける前立腺癌検診の価値」の画像

2009/09/08号◆特集記事「臨床試験結果が疑問を投げかける前立腺癌検診の価値」

同号原文|   NCI Cancer Bulletin2009年09月08日号(Volume 6 / Number 17)       ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~   PDFはこちらからp
局所前立腺癌に対する凍結外科療法と放射線療法後の生活の質は同等であったの画像

局所前立腺癌に対する凍結外科療法と放射線療法後の生活の質は同等であった

キャンサーコンサルタンツ2009年8月カナダの研究者らは、凍結外科療法後の短期および長期の性機能不全を除き、局所前立腺癌に対する凍結外科療法または外部放射線療法(EBRT)後の生活の質の測定値が同等であったことを報告した。本試験の詳細は20
癌検診では偽陽性が多いの画像

癌検診では偽陽性が多い

キャンサーコンサルタンツ2009年5月/6月前立腺癌、肺癌、大腸癌、卵巣癌(PLCO)検診の臨床試験に参加している研究者らの報告によると、前立腺癌、肺癌、大腸癌、卵巣癌の検診では偽陽性の結果が出るリスクが高く、検診を受ける回数が多くなるほど
アフィニトール®は腎淡明細胞癌に有効であることを確認の画像

アフィニトール®は腎淡明細胞癌に有効であることを確認

キャンサーコンサルタンツ2009年4月テキサス大学医学部の研究者らは腎淡明細胞癌患者の治療に経口mTOR阻害剤RADアフィニトール®(エベロリムス)が有効であることを報告した。本試験の詳細についてはCancer誌2009年3月20日号の早期
プロベンジが進行性前立腺癌において生存期間を改善の画像

プロベンジが進行性前立腺癌において生存期間を改善

キャンサーコンサルタンツ2009年5月転移性アンドロゲン非依存性前立腺癌患者における、探索的免疫療法であるプロベンジ(sipuleucel-T)を使用した新しい第3相試験の結果、生存率の向上が認められた。この情報はDendreon社からの新
プロベンジに関する詳細な結果の報告の画像

プロベンジに関する詳細な結果の報告

キャンサーコンサルタンツ2009年5月試験的な免疫治療薬であるプロベンジ(sipuleucel-T)による治療の第3相試験IMPACTの結果によると、アンドロゲン非依存性前立腺癌患者の全生存期間を4.1カ月改善することが明らかにされた。この
FDAが進行性腎臓癌に対する治療薬Afinitor[アフィニトール]を承認の画像

FDAが進行性腎臓癌に対する治療薬Afinitor[アフィニトール]を承認

FOR IMMEDIATE RELEASE2009年3月30日 Media Inquiries: Karen Riley, 301-796-4674 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが進行性腎臓癌に対す
2009/03/24号◆特集記事「前立腺スクリーニング試験の初期の結果から決定的な解答は得られず」の画像

2009/03/24号◆特集記事「前立腺スクリーニング試験の初期の結果から決定的な解答は得られず」

同号原文|   NCI Cancer Bulletin2009年3月24日号(Volume 6 / Number 6) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ___________
男性不妊症により精巣癌のリスクが増大の画像

男性不妊症により精巣癌のリスクが増大

キャンサーコンサルタンツ2009年2月カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究者らは、不妊症の男性は不妊でない男性に比べて精巣癌を発症するリスクが3倍高いと報告した。この研究の詳細はArchives of Internal Medicin
運動によって前立腺癌の放射線治療を受けている男性の倦怠感が防止されるの画像

運動によって前立腺癌の放射線治療を受けている男性の倦怠感が防止される

キャンサーコンサルタンツ2009年1月運動により、放射線治療を受けている前立腺癌の男性の倦怠感が少なくとも短期間軽減され、長期的な倦怠感も改善する可能性があることをカナダの研究者らが報告した。この試験の詳細は2009年1月20日発行のJou
進行性前立腺癌治療薬[degarelix〔デガレリクス〕]をFDAが承認の画像

進行性前立腺癌治療薬[degarelix〔デガレリクス〕]をFDAが承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2008年12月29日 Media Inquiries:FDA Press Office, 301-796-4540 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA進行性前立腺癌
腎細胞癌の治療におけるス―テント®およびネクサバール® の心毒性が報告されたの画像

腎細胞癌の治療におけるス―テント®およびネクサバール® の心毒性が報告された

キャンサーコンサルタンツ2008年11月ウィーン医科大学の研究者らは、ス―テント(スニチニブ)およびネクサバール(ソラフェニブ)が心毒性を引き起こすことを報告したが、これは生存に影響を及ぼすものではない。本試験の結果は、Journal of
体重と血中Cペプチド量が前立腺癌における死亡のリスクと関係するの画像

体重と血中Cペプチド量が前立腺癌における死亡のリスクと関係する

キャンサーコンサルタンツ2008年10月ハーバード大学の研究者らは前立腺癌の患者において、高Cペプチド値に加えて過剰体重が死亡のリスクの増大と関係することを報告した。これらの結果は2008年10月3日付けの初期オンライン版The Lance
前立腺癌の開腹手術とロボット手術の転帰には差がないとの試験結果の画像

前立腺癌の開腹手術とロボット手術の転帰には差がないとの試験結果

キャンサーコンサルタンツ 2008年9月ロボット腹腔鏡下前立腺摘除術の転帰が開腹恥骨後式前立腺摘除術の転帰と同様であることがメイヨークリニックから報告された。2008年9月5日付British Journal of Urology Inte
2008/10/07号◆スポットライト「次世代のPSA(前立腺特異抗原)となる新たなマーカーは何か」の画像

2008/10/07号◆スポットライト「次世代のPSA(前立腺特異抗原)となる新たなマーカーは何か」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2008年10月7日号(Volume 5 / Number 20) ~日経「癌Experts」にもPDF掲載中~ ____________________ ◇◆◇スポットライト◇◆◇ 次世代
2008/08/05号◆癌研究ハイライトの画像

2008/08/05号◆癌研究ハイライト

同号原文| NCI Cancer Bulletin2008年8月5日号(Volume 5 / Number 16) ~日経「癌Experts」にもPDF掲載中~ ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト◇◆◇ ・75
腎細胞癌でのスーテント[Sutent®]の毒性に対する危険因子が明らかになるの画像

腎細胞癌でのスーテント[Sutent®]の毒性に対する危険因子が明らかになる

キャンサーコンサルタンツ2008年7月オランダの研究者らは、進行腎細胞癌(RCC)のスーテント(スニチニブ)による治療後の重篤な毒性は、体表面積が小さいこと、高齢であること、性別が女性であることと関連があると報告した。本試験の詳細はBrit
デノスマブにより前立腺癌患者の骨密度が改善の画像

デノスマブにより前立腺癌患者の骨密度が改善

キャンサーコンサルタンツ 2008年7月デノスマブ(denosumab)はアンドロゲン抑制療法(ADT)を受けている非転移性前立腺癌患者の骨密度を改善させ、脊椎骨折のリスクを減少させたと、アムジェン社は報告した。 ADTを受け続け
サリドマイドとレナリドマイドは転移性腎細胞癌の一次治療に有効の画像

サリドマイドとレナリドマイドは転移性腎細胞癌の一次治療に有効

キャンサーコンサルタンツ2008年7月レプリミド〔Revlimid®〕(レナリドマイド〔lenalidomide〕) とサロミド〔Thalomid®〕(サリドマイド〔thalidomide〕)の両薬剤が、新規に転移性腎細胞癌(MRCC)と診
インターフェロン単独よりアバスチンとインターフェロンの併用が腎細胞癌に有効の画像

インターフェロン単独よりアバスチンとインターフェロンの併用が腎細胞癌に有効

キャンサーコンサルタンツ2008年1月転移性腎細胞癌患者に対しアバスチン(ベバシズマブ)とインターフェロンを併用すると、インターフェロン単独投与に比べ無進行生存期間が改善したと多国間多施設共同試験を実施した研究者らが報告した。本研究の詳細は
限局性前立腺癌のアンドロゲン枯渇療法は心血管死亡に関連するの画像

限局性前立腺癌のアンドロゲン枯渇療法は心血管死亡に関連する

キャンサーコンサルタンツ2007年10月多施設共同試験の試験結果から、アンドロゲン枯渇療法(ADT)の実施は限局性前立腺癌の治療を受けた患者の心血管疾患による死亡リスクの増大に関連していることが明らかになった。試験の詳細はJournal o
2007/10/23号◆癌研究ハイライトの画像

2007/10/23号◆癌研究ハイライト

同号原文| NCI Cancer Bulletin2007年10月23号(Volume 4 / Number 28) ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト◇◆◇ 試験にてHPVスクリーニング検査の重要な役割が示さ
Ixabepilon(イクサベピロン)が非小細胞肺癌(NSCLC)、膀胱癌、前立腺癌で評価されるの画像

Ixabepilon(イクサベピロン)が非小細胞肺癌(NSCLC)、膀胱癌、前立腺癌で評価される

キャンサーコンサルタンツ2007年8月最近、イクサベピロンを非小細胞肺癌、膀胱癌、前立腺癌の3つにおいて評価する臨床試験が行われた。イクサベピロンは微小管に結合し微小管安定化と有糸分裂停止に至るepothilone B analogである。
再発精巣癌が大量療法と幹細胞移植によって治癒の可能性の画像

再発精巣癌が大量療法と幹細胞移植によって治癒の可能性

キャンサーコンサルタンツ2007年7月インディアナ大学の研究者が、第一選択治療がうまくいかなかった転移性の精巣腫瘍の患者に対するタンデム式の自己の幹細胞移植で4年生存率が70%になると報告した。この研究の詳細は2007年7月26日発行のNe