泌尿器がん

FDAがアクトス(ピオグリタゾン)の安全性情報の中間審査を実施の画像

FDAがアクトス(ピオグリタゾン)の安全性情報の中間審査を実施

FOR IMMEDIATE RELEASE:2010年9月17日 Media Inquiries: Karen Riley, 301-796-4674 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAがアクトス(ピオグ
アクトス(ピオグリタゾン):継続中の安全性審査—膀胱癌のリスク増加の可能性の画像

アクトス(ピオグリタゾン):継続中の安全性審査—膀胱癌のリスク増加の可能性

内分泌科専門医、家庭医、泌尿器科専門医向け原文2010年9月17日 問題点:FDAは医療従事者および患者に対し、アクトス(ピオグリタゾン)が膀胱癌のリスク増加と関連するかどうかを評価することを目的とした継続中の10年間疫学研究のデータを審査
より特異的な前立腺癌腫瘍マーカーPCA3の画像

より特異的な前立腺癌腫瘍マーカーPCA3

キャンサーコンサルタンツ 2010年6月前立腺癌の診断にとってPCA3と呼ばれる新しい尿検査の方が、従来用いられてきた前立腺特異抗原(PSA)を測る血液検査よりも偽陽性率が少ないことが分かった。この結果は、2010年American Uro
2010/07/13号◆クローズアップ「PSA検診は前立腺癌による死亡を減少させるか?」の画像

2010/07/13号◆クローズアップ「PSA検診は前立腺癌による死亡を減少させるか?」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年7月13日号(Volume 7 / Number 14) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇ クローズアップ ◇◆◇
FDAが進行前立腺癌の新たな治療薬Jevtana〔ジェブタナ〕を承認の画像

FDAが進行前立腺癌の新たな治療薬Jevtana〔ジェブタナ〕を承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2010年6月17日 Media Inquiries: Erica Jefferson, 301-796-4988 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが進行前立
ホルモン不応性前立腺癌患者に対するアバスチン、サロミド、タキソテールおよびプレドニゾン療法は有効の画像

ホルモン不応性前立腺癌患者に対するアバスチン、サロミド、タキソテールおよびプレドニゾン療法は有効

キャンサーコンサルタンツ 2010年3月米国国立癌研究所の研究者らは、アバスチン(ベバシズマブ)、サロミド(サリドマイド)、タキソテール(ドセタキセル)およびプレドニゾンの併用療法は、ホルモン不応性前立腺癌(HRPC)患者に非常に有効であり
2010/05/04号◆特集記事「FDAが初の癌治療ワクチンを承認」の画像

2010/05/04号◆特集記事「FDAが初の癌治療ワクチンを承認」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年5月4日号(Volume 7 / Number 9) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 PDFはこちらからpicture_as_pdf ______________
FDAが広く使用されている前立腺癌治療薬GnRHアゴニストの安全性評価を実施の画像

FDAが広く使用されている前立腺癌治療薬GnRHアゴニストの安全性評価を実施

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2010年5月3日 Media Inquiries: Erica Jefferson, 301-796-4988 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが広く使用
GnRHアゴニスト:前立腺癌治療薬に関する安全性審査(商品名:Lupron、Zoladex、Trelstar、Vantas、Eligard、Synarelおよび後発医薬品)の画像

GnRHアゴニスト:前立腺癌治療薬に関する安全性審査(商品名:Lupron、Zoladex、Trelstar、Vantas、Eligard、Synarelおよび後発医薬品)

泌尿器科医、腫瘍医および患者向け原文2010年5月3日 FDAは医療従事者および患者に対し、GnRHアゴニスト投与を受けている男性で糖尿病や心血管疾患のリスクが高まることを示唆するFDAの暫定的かつ継続中の審査結果を通達した。GnRHアゴニ
FDAが進行前立腺癌男性に対する免疫細胞製剤プロベンジを承認の画像

FDAが進行前立腺癌男性に対する免疫細胞製剤プロベンジを承認

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2010年4月29日 Media Inquiries: Shelly Burgess, 301-796-4651 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが進行前立
アバスチン、サロミド(Thalomid)(サリドマイド)、タキソテール、プレドニゾンが ホルモン不応性前立腺癌患者に有効の画像

アバスチン、サロミド(Thalomid)(サリドマイド)、タキソテール、プレドニゾンが ホルモン不応性前立腺癌患者に有効

キャンサーコンサルタンツ 2010年3月米国国立癌研究所の研究者らは、アバスチン(ベバシズマブ)、 サロミド(Thalomid)(サリドマイド)、 タキソテール(ドセタキセル)、およびプレドニゾンの併用は、ホルモン不応性前立腺癌(HRPC)
ホルモン不応性前立腺癌患者にプロベンジを用いた治療での生存期間に関する最新結果発表の画像

ホルモン不応性前立腺癌患者にプロベンジを用いた治療での生存期間に関する最新結果発表

キャンサーコンサルタンツ 2010年3月IMPACT試験に携わる研究者らは、経過追跡の追加と更なる解析を行いで、プラセボと比較しプロベンジ(sipuleucel-T)はホルモン不応性前立腺癌男性患者における生存期間の改善を顕著に示したとする
2010/03/09号◆特集記事「進行前立腺癌患者に有望な試験段階の治療薬 」の画像

2010/03/09号◆特集記事「進行前立腺癌患者に有望な試験段階の治療薬 」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年3月9日号(Volume 7 / Number 5) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 PDFはこちらからpicture_as_pdf ______________
Cabazitaxelがタキソテールの治療に無効となったホルモン抵抗性前立腺癌に有効の画像

Cabazitaxelがタキソテールの治療に無効となったホルモン抵抗性前立腺癌に有効

キャンサーコンサルタンツ 2010年3月国際的多施設第3相試験(TROPIC)に参加した研究者らは、タキソテール(ドセタキセル)の治療を行ったにもかかわらず癌が進行したホルモン抵抗性前立腺癌(HRPC)患者に対する効果について、Cabazi
治療選択によって異なる前立腺癌患者のQOL(生活の質)の画像

治療選択によって異なる前立腺癌患者のQOL(生活の質)

キャンサーコンサルタンツ 2010年1月オーストラリアの研究者らは、様々な前立腺癌治療法が患者のQOLに持続的に影響すると報告した。この地域コホート研究の詳細は2010年1月23日発行のBritish Journal of Medicine
ネクサバールは腎細胞癌患者での筋消耗と関連するの画像

ネクサバールは腎細胞癌患者での筋消耗と関連する

キャンサーコンサルタンツ 2010年1月進行腎細胞癌(RCC)患者にネクサバール®(ソラフェニブ)を投与すると、筋消耗を引き起こすということがフランス・カナダの研究者らにより報告された。本試験の詳細は、2010年1月19日付けJournal
2010/01/12号◆特集記事「前立腺癌に対する監視療法の考慮を医師に要請」の画像

2010/01/12号◆特集記事「前立腺癌に対する監視療法の考慮を医師に要請」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年1月12日号(Volume 7 / Number 1) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 PDFはこちらからpicture_as_pdf _____________
2010/01/12号◆癌研究ハイライトの画像

2010/01/12号◆癌研究ハイライト

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年1月12日号(Volume 7 / Number 1) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト◇◆◇ ・
スタチンが前立腺特異抗原レベルに影響する可能性の画像

スタチンが前立腺特異抗原レベルに影響する可能性

キャンサーコンサルタンツ2008年11月デューク大学の研究者らは、スタチンによる治療が前立腺特異抗原(PSA)レベルを低下させ、前立腺癌の診断に影響する可能性があると報告した。本研究の詳細は、Journal of the National
新しい経口剤タスキニモドは前立腺癌に有効である可能性の画像

新しい経口剤タスキニモドは前立腺癌に有効である可能性

キャンサーコンサルタンツ2009年10月スウェーデンの研究者らは、経口リノミド誘導体であるタスキニモドは、ホルモン不応性の前立腺癌(HRPC)患者に顕著な効果を示す可能性があると発表した。この試験の詳細は、British Journal o
FDAが進行性腎臓癌の新治療薬Votrientを承認の画像

FDAが進行性腎臓癌の新治療薬Votrientを承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2009年10月19日 Media Inquiries: Karen Riley, 301-796-4674, karen.riley@fda.hhs.gov Consumer Inquiries
腎細胞癌の腹腔鏡根治的腎摘出術は開腹手術に匹敵するの画像

腎細胞癌の腹腔鏡根治的腎摘出術は開腹手術に匹敵する

キャンサーコンサルタンツ 2009年9月南カリフォルニア大学の研究者たちは、「腎細胞癌の腹腔鏡下根治的腎摘除術(LRN)後の腫瘍学的な長期成績は良好で開腹手術の結果に匹敵する」という報告をした。本試験の詳細は2009年9月14日に電子版でJ
経口マルチチロシンキナーゼ阻害剤のパゾパニブが進行腎細胞癌に効果の画像

経口マルチチロシンキナーゼ阻害剤のパゾパニブが進行腎細胞癌に効果

キャンサーコンサルタンツ 2009年9月パゾパニブ(pazopanib)は、腎細胞癌の治療に効果のある新たなチロシンキナーゼ阻害剤であることが、欧州の研究者らによって報告された。研究の詳細は、2009年9月20-24日にベルリンで開催された
2009/10/06号◆癌研究ハイライトの画像

2009/10/06号◆癌研究ハイライト

同号原文| NCI Cancer Bulletin2009年10月06日号(Volume 6 / Number 19) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ___________