乳がん

乳がんサバイバーのリンパ浮腫の検査の画像

乳がんサバイバーのリンパ浮腫の検査

MDアンダーソン OncoLog 2016年9月号(Volume 61 / Issue 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
乳がん再発の遺伝子リスクが低い患者に化学療法は不要との試験結果の画像

乳がん再発の遺伝子リスクが低い患者に化学療法は不要との試験結果

生存率の予測および治療の選択における遺伝子検査の有用性 腫瘍の遺伝子マーカーに基づき、再発リスクが低いと判定された早期乳がん患者は化学療法を必要としない可能性があることが、新たな臨床試験で示唆された。この試験では、カリフォルニア大
スタチンで乳がんの再発を阻止できるかの画像

スタチンで乳がんの再発を阻止できるか

「乳がん治療にスタチンが使えるかもしれない」とSky Newsが報じた。乳がん治療後の再発にコレステロールが関与している可能性が新たな研究により示唆された。 研究者たちは、この発見が新たな治療標的への道を開くことを期待しており、スタチンのよ
リボシクリブがHER2陰性乳がんのFDA画期的治療薬にの画像

リボシクリブがHER2陰性乳がんのFDA画期的治療薬に

ホルモン受容体陽性/HER2陰性進行性乳がんに対する一次治療薬として検討   ノバルティス社は2016年8月3日、ホルモン受容体陽性/ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)陰性の進行性または転移性乳がんの治療薬であり、レトロゾールと
思い込みが副作用に影響か、術後ホルモン療法乳がん患者の画像

思い込みが副作用に影響か、術後ホルモン療法乳がん患者

乳がんに対する治療の一環としてタモキシフェンなどのホルモン療法を受ける女性に関する研究によって、経験した副作用の数や重篤性は、これらの女性の思い込みに影響されることがわかった。   主要ながん学術誌であるAnnals of Onc
がん患者の骨量減少の予防の画像

がん患者の骨量減少の予防

MDアンダーソン OncoLog 2016年7月号(Volume 61 / Issue7)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL &
非浸潤性乳管がんの新コンセンサスガイドラインの画像

非浸潤性乳管がんの新コンセンサスガイドライン

プレスリリース 外科腫瘍学会(SSO)、米国放射線腫瘍学会(ASTRO)、米国臨床腫瘍学会(ASCO)が非浸潤性乳管がんにおける全乳房照射併用の乳房温存手術での断端に関する共同声明を発表 米国のがん主要3学会は、本日、全
化学療法による吐気と嘔吐の予防にオランザピンの画像

化学療法による吐気と嘔吐の予防にオランザピン

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~ NCIの資金提供で実施された大規模第3相臨床試験において、いくつかの精神疾患の治療に用いられている薬剤が、化学療法を受けている患者の吐き気 や嘔吐を抑制する可能性が見い出された
乳がんの化学療法抵抗性に関する新原理の画像

乳がんの化学療法抵抗性に関する新原理

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~BRCA1またはBRCA2遺伝子に変異を有する乳がんについて、薬剤耐性を獲得する意外な過程が基礎研究により明らかになり、DNA損傷修復の再構築をせずにすむようになった。この知見は、国立衛生
乳がんの骨転移の過程がマウス実験で明らかにの画像

乳がんの骨転移の過程がマウス実験で明らかに

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~研究者らは、マウスの乳がん細胞のひろがり方を追跡し、骨髄に出入りする乳がん細胞の動きを制御していると考えられる2つのタンパク質を同定した。 今回の研究によると、E-セレクチンと呼
さまざまながん種にBRAF阻害剤は有望:「バスケット」試験の画像

さまざまながん種にBRAF阻害剤は有望:「バスケット」試験

MDアンダーソン OncoLog 2016年6月号(Volume 61 / Issue 6)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
HER2陽性乳がん脳転移にマウスで長期寛解した薬剤併用療法の画像

HER2陽性乳がん脳転移にマウスで長期寛解した薬剤併用療法

ダナファーバーがん研究所転移性乳がんの多くの病態に対し治療は進歩しているにもかかわらず、乳がんが脳に広がった場合、薬剤の効果は限定的である。しかし今、ダナファーバーがん研究所の研究者らは、マウスでHER2陽性乳がんの脳転移を長期寛解した標的
乳がん全ケアを学ぶEラーニング(専門家向け)の画像

乳がん全ケアを学ぶEラーニング(専門家向け)

MDアンダーソン OncoLog 2016年6月号(Volume 61 / Issue 6)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
乳がん術後アロマターゼ阻害療法の期間延長は有用(ASCO2016)の画像

乳がん術後アロマターゼ阻害療法の期間延長は有用(ASCO2016)

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~ 早期のホルモン受容体(HR)陽性乳がんに罹患している閉経後女性では、アロマターゼ阻害剤を用いた術後補助療法の期間を初期治療終了から10年間に延長することに重要な利点がある可能性
早期乳がん患者に対する短期放射線治療の推奨の画像

早期乳がん患者に対する短期放射線治療の推奨

MDアンダーソンの研究者は従来の手法よりも寡分割照射を推奨MDアンダーソンがんセンター ニュースリリース 原文掲載日:2016年6月15日 早期乳がん患者に対する全乳房照射において、短期間に高線量の放射線治療を施行した場合と、長期
早期乳がんへの短期術前パルボシクリブが、がん増殖を抑制の画像

早期乳がんへの短期術前パルボシクリブが、がん増殖を抑制

POPランダム化試験の結果   早期乳がん患者に対する短期的術前palbociclib[パルボシクリブ]治療によって、Ki67が有意に減少した。この作用は、分子タイプに依存するとともにpRBの変化と相関しており、パルボシクリブ活性
ダナファーバー、ASCO2016ハイライト 大腸がん・乳がん・小児がん・白血病の画像

ダナファーバー、ASCO2016ハイライト 大腸がん・乳がん・小児がん・白血病

ダナファーバーがん研究所 ニュースリリース米国臨床腫瘍学会(ASCO)の第52回年次総会において、ダナファーバーがん研究所は研究員らによる70以上の研究報告を予定しており、世界各国から30,000人もの腫瘍学専門家が集結する。同総会は、6月
アベマシクリブは乳がん、肺がん、膠芽腫、皮膚がんに有効の画像

アベマシクリブは乳がん、肺がん、膠芽腫、皮膚がんに有効

ダナファーバーがん研究所 ニュースリリース CDK(サイクリン依存性キナーゼ)阻害薬として知られる開発段階の薬が、乳がん、肺がん、神経膠芽腫、メラノーマ(悪性黒色腫)など数種の異なるがんに対し、顕著で持続的な結果をもたらしたという新しい報告
直接的患者アプローチによる画期的乳がん研究プロジェクトの画像

直接的患者アプローチによる画期的乳がん研究プロジェクト

プレスリリース 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「今回の試験で、ほんの数カ月のうちに数千人もの患者をリクルートすることができたことは異例の成果であり、特定の治療に非常によく反応した患者の情報など、実臨床で観察された膨大なデータは
マイノリティのBRCA陽性乳がんサバイバーで予防的手術は少数の画像

マイノリティのBRCA陽性乳がんサバイバーで予防的手術は少数

プレスリリース乳がんおよび卵巣がんのリスクマネジメントにおける人種間での格差が判明米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「本研究は、乳がんおよび卵巣がんにおける人種間のさまざまな格差に、われわれが取り組む必要性を大いに喚起するものです。乳がんや
アロマターゼ阻害剤10年投与でER陽性乳がん再発リスクが低下の画像

アロマターゼ阻害剤10年投与でER陽性乳がん再発リスクが低下

プレスリリース米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「世界中の何百万人ものエストロゲン受容体(ER)陽性女性乳がん患者にとって、今回のデータは重要です。一般に広く利用可能な治療法をより長く継続すると再発リスクが減少し、二次がんの発生を予防できる
65歳未満の若い患者の多くに終末期でも積極的な治療が行われているの画像

65歳未満の若い患者の多くに終末期でも積極的な治療が行われている

プレスリリースASCO2012のChoosing Wisely(「賢い選択」キャンペーン)の「トップ5」推奨事項(日本語訳)の推奨にもとづく変化が臨床現場で見られず 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「終末期のケアは患者個々人の状
トラスツズマブとバイオシミラーの進行乳がんに対する有効性と安全性は同等の画像

トラスツズマブとバイオシミラーの進行乳がんに対する有効性と安全性は同等

プレスリリース 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解「十年以上前、トラスツズマブは、がん治療を一変する革新的な分子標的薬時代を切り開く薬の一つとして登場し、HER2陽性乳がん女性の展望を変えました。今回の初期データでトラスツズマブの
早期乳がん手術後のMammaPrint遺伝子検査が術後化学療法を削減できる可能性の画像

早期乳がん手術後のMammaPrint遺伝子検査が術後化学療法を削減できる可能性

4月16~20日に開催された2016米国がん学会年次総会(AACR Annual Meeting 2016)で発表されたランダム化第3相MINDACT(microarray in node negative disease may avoi