乳がん

FDAが化学療法中の脱毛症に冷却キャップの適用拡大を承認の画像

FDAが化学療法中の脱毛症に冷却キャップの適用拡大を承認

本日、米国食品医薬品局(FDA)は化学療法中の脱毛(脱毛症)の抑制を目的とする冷却キャップ(商品名:DigniCap Cooling System[ディグニキャップ])の適用対象拡大を承認した。DigniCap Cooling System
乳がん検診リーフレット(英国NHS)の画像

乳がん検診リーフレット(英国NHS)

第1章 はじめに 英国では、女性の約8人に1人がその生涯で乳がんと診断されています。乳がんが早期で発見されれば、回復する見込みは十分にあります。   乳がん検診は、乳がんの早期発見を目的としています。検診では、小さすぎて見たり触れ
化学療法治療が歩行とバランス感覚に悪影響を及ぼすの画像

化学療法治療が歩行とバランス感覚に悪影響を及ぼす

 オハイオ州立大学総合がんセンターのArthur G. James Cancer Hospital and Richard J. Solove Research Institute (OSUCCC–James)の研究者らによっておこなわれた
トラスツズマブ+ペルツズマブ、一部の女性で浸潤性乳がん発生率低下の画像

トラスツズマブ+ペルツズマブ、一部の女性で浸潤性乳がん発生率低下

ASCOの見解 「HER2分子標的治療薬の導入と治療の成功は乳がん治療の転換点となりました。本研究に参加した女性の一部でHER2標的治療薬1種類の単独投与よりも2種類を併用投与した場合でより高い効果が得られたことに期待がもたれますが、再発リ
1回放射線治療で脊髄圧迫症状は十分緩和されるの画像

1回放射線治療で脊髄圧迫症状は十分緩和される

ASCOの見解 「脊髄圧迫症とは、進行がん患者の多くが経験する衰弱状態のことです。これまで、患者は放射線治療を受けるために、何日も病院と自宅を往復せざるを得ないことがしばしばありました。この研究はケアの質を損なうことなく、患者ががんではなく
オラパリブがBRCA変異陽性の転移乳がんの増殖を遅延の画像

オラパリブがBRCA変異陽性の転移乳がんの増殖を遅延

PARP阻害剤が、乳がん治療において重要な役割を担う可能性を示唆   ASCOの見解 「待望された本研究結果は、この新たな治療法がBRCA遺伝子変異陽性乳がん女性の治療成績を向上させる可能性があることを示しています」「注目すべきこ
米国の転移乳がん女性患者数の推定の画像

米国の転移乳がん女性患者数の推定

新たな試験により、乳がんの中で最も重症度の高い遠隔転移乳がん(MBC)の女性患者数が、米国内で増加していることが示された。これは、米国人口全体の高齢化および治療法の改善が原因だと考えられる。最初から転移乳がんと診断された女性、および当初はよ
術前化学療法後の米国トリネガ乳がん女性は全摘術を選択する傾向の画像

術前化学療法後の米国トリネガ乳がん女性は全摘術を選択する傾向

術前化学療法歴のある米国人トリプルネガティブ乳がん女性は、欧州やアジアの女性と比較し、乳房温存部分切除術よりも乳房切除術を選択する可能性がはるかに高いことが、ダナファーバーがん研究所/ブリガム&ウィメンズ病院がんセンターの研究によって明らか
T-DM1がHER2陽性進行乳がん患者の生存期間を延長の画像

T-DM1がHER2陽性進行乳がん患者の生存期間を延長

前治療後に悪化したHER2陽性乳がん女性が抗体薬と化学療法薬の複合体を受けた結果、他の治療を受けた場合に比べて概して有意に長く生存したことがダナファーバーがん研究所およびベルギーの研究者主導による第3相国際共同臨床試験によって明らかになった
乳房再建術への意思決定に必要な医学知識が半数の患者で不足の画像

乳房再建術への意思決定に必要な医学知識が半数の患者で不足

乳房切除術を受けた乳がん患者の半数以上(57%)は、必要な医学知識が不足しており、個人個人の目的に沿った乳房再建術について質の高い意思決定を行うことができず、過剰治療となる傾向にあることが、オハイオ州立大学総合がんセンターArthur G.
リンパ浮腫外科治療の進歩の画像

リンパ浮腫外科治療の進歩

MDアンダーソン OncoLog 2017年4月号(Volume 62 / Issue 4)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
乳がん術前化学療法後が完全奏効(pCR)した患者では局所転移リスクが低下の画像

乳がん術前化学療法後が完全奏効(pCR)した患者では局所転移リスクが低下

MDアンダーソンの研究では、化学療法後のリンパ節郭清を回避できる可能性のある患者を特定している。 化学療法後に病理学的完全奏効(pCR)に達した一部の乳がん患者では、その後の乳房、リンパ節または腋窩郭清を避けられる可能性がある。この新たな知
「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解の画像

「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解

頻発する問題 治療に対するさまざまな反応を調査する 研究と治療に関する新たな方向性   数十年もの間、がんサバイバーは治療の数カ月後から数年後まで記憶、注意、および情報処理に関連する問題を経験すると話している。がんサバイバーの大多
ビスフェノールAが炎症性乳がんにどのような影響を及ぼすのかの画像

ビスフェノールAが炎症性乳がんにどのような影響を及ぼすのか

化学物質が致死性の高いがんの増殖をどのように促進するかを明らかにした初の研究 化学物質のビスフェノールA(BPA)は炎症性乳がん細胞の生存を助けると考えられているが、デューク医科大学外科部門とデュークがん研究所が行った研究により、がんがどの
短期放射線療法によって乳がんの治療費を安全に削減できる可能性の画像

短期放射線療法によって乳がんの治療費を安全に削減できる可能性

短期の治療法は科学的に正当であるが、ほとんどの女性は依然として長期で治療を受けている。 デュークがん研究所主導の研究によると、早期乳がんの高齢女性の半数以上が、医学的に必要とされる以上の放射線治療を受けており、さらなる治療や医療費が追加され
血中の腫瘍DNAが進行乳がん女性の生存期間を予測の画像

血中の腫瘍DNAが進行乳がん女性の生存期間を予測

進行乳がん女性129人を対象とした多施設共同試験の結果、腫瘍由来マーカーが高値である患者のほとんどの死亡時期が、マーカーが低値な患者よりも有意に早かったことが、がん関連DNAを検出する血液検査によって正しく予測できたことがわかった。 &nb
乳がん治療と転帰に関するがんセンターのウェブサイト情報の検証の画像

乳がん治療と転帰に関するがんセンターのウェブサイト情報の検証

研究者らは、乳がん治療に関し、情報に基づいて意思決定するには患者の知識が不可欠である、と言う。   専門家の見解 「患者、およびその家族や友人が患者のがん診断に関して調査し、より多くの情報を得るためにインターネットを利用することが
運動は最も有効性が証明された乳がん再発予防法の画像

運動は最も有効性が証明された乳がん再発予防法

「1日30分の散歩が乳がん治療後の患者の再発予防に役立つ」とサン紙は報告する。   乳がんの治療を受けた女性の多くが、再発リスクの低下に役立ちそうな生活習慣に変えたいと強く思っているという事実がきっかけとなって、カナダの研究グルー
ドセタキセルでの好中球減少性腸炎の発症頻度は増加せずの画像

ドセタキセルでの好中球減少性腸炎の発症頻度は増加せず

事前評価では、好中球減少性腸炎の発症頻度の増加は認められなかった。   2017年3月10日、欧州医薬品庁(EMA)はフランスにおいて、がん治療薬ドセタキセル投与後に好中球減少性腸炎を発症した患者の症例について調査をしており、それ
乳房温存術後の短期放射線療法はケアの質・価値を高めるの画像

乳房温存術後の短期放射線療法はケアの質・価値を高める

緊急リリース ASCOの見解 ASCO乳がんエキスパート Don S. Dizon医師 「患者にとって質および価値の高い治療を決定するには、臨床的メリットや費用など数多くの要因があります。本研究は、臨床的エビデンスに基づいて各患者に合わせた
2016年サンアントニオ乳がんシンポジウムハイライトの画像

2016年サンアントニオ乳がんシンポジウムハイライト

MDアンダーソン OncoLog 2017年2月号(Volume 62 / Issue 2)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
多くの早期乳がん化学療法が将来不要に―21多遺伝子アッセイの画像

多くの早期乳がん化学療法が将来不要に―21多遺伝子アッセイ

21多遺伝子アッセイ による再発スコアが中リスクの女性患者では、化学療法を行わない人が増加する可能性がある   21多遺伝子アッセイによる再発スコア(RS)が中間リスクである早期乳がん患者は、化学療法の有無にかかわらず予後が変わら
頭皮冷却は一部の乳がん患者で脱毛を軽減する可能性の画像

頭皮冷却は一部の乳がん患者で脱毛を軽減する可能性

カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)、ワイル・コーネル医科大学(Weil Cornell Medicine)および他の3カ所の医療センターでの新たな多施設共同研究によれば、頭皮冷却は一部の乳がん患者において、化学療法誘発の脱毛症
乳がん、前立腺がん患者のうつや適応障害で通院・入院回数増加の画像

乳がん、前立腺がん患者のうつや適応障害で通院・入院回数増加

専門家の見解 「メンタルヘルスの問題はよくあることですが、認知度が低いことが多いです」と、Joshua Adam Jones医師(文学修士、米国臨床腫瘍学会ASCO専門委員)は述べた。「がんに罹患している多くの人々の健康に影響を及ぼすだけで