術前化学療法後の米国トリネガ乳がん女性は全摘術を選択する傾向

術前化学療法歴のある米国人トリプルネガティブ乳がん女性は、欧州やアジアの女性と比較し、乳房温存部分切除術よりも乳房切除術を選択する可能性がはるかに高いことが、ダナファーバーがん研究所/ブリガム&ウィメンズ病院がんセンターの研究によって明らかになった。本研究結果は本日、2017年6月2~6日にシカゴで開催される米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会に先立ち電子版で発表された。

本研究では、国際ランダム化第3相臨床試験のBrighTNess試験に参加した女性604人が選択した手術について解析した。初期ステージがんの女性は、手術前に3種類の化学療法/分子標的療法のうち一種類を受けていた。このような「術前化学」療法は、手術前に腫瘍を縮小させることを目的とし、場合によっては、当初乳房切除術のみに適格であった女性に、その代わりとして乳房部分切除術を受けることができるという選択肢を与える。

「本研究におけるすべての患者がどちらかの手術を選択しましたが、乳房切除術を行ったのは米国人女性が53%であったのに対し、欧州やアジアの先進国の女性は33%でした」と、ダナファーバーがん研究所/ブリガム&ウィメンズ病院がんセンター腫瘍外科のDistinguished Chair、Mehra Golshan医師(FACS)は述べた。

さらにいっそう衝撃的なことに、「乳房切除術を行った米国人女性は、ベルリンまたはソウルのまったく同じ状況の女性に比べて、反対側の罹患していない乳房も切除すると決断する可能性が4倍でした」と、Golshan氏は述べた。同氏は本解析をASCO総会のセッションで発表予定である。「乳房切除術を選択し、かつBRCA遺伝子変異(乳がんになるリスクを高める)がなかった女性で、反対側の乳房を切除すると決断したのは、米国人女性では61%であったのに対し、欧州およびアジアの女性では14%でした」。

「このような決断の際に、米国人女性およびその治療チームは、欧州またはアジアの女性およびその治療チームとは違った選択をしています」とGolshan氏は付け加えた。

Golshan氏は、保険と並び社会的、外科的バイアスがこのような選択に影響を及ぼす可能性があることを指摘した(米国の保険団体は一般的に健康な乳房の切除を含めた手術に対し支払いをするが、他国では十分にサポートされていない可能性があるため)。

「BrighTNess臨床試験は、治療開始前に乳がん患者や外科医に遺伝子検査の結果を提供する、初めての第3相術前化学療法試験です」とGolshan氏は述べた。「しかし、本試験では、患者が決断した理由や外科医が提供した情報や推奨した治療法について調査していませんでした。乳がん手術におけるこのような複雑で層状の意思決定プロセスを評価するために、さらなる研究が必要です」。

翻訳担当者 生田亜以子

監修 尾崎由記範(臨床腫瘍科/虎の門病院)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...
欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

ESMO 乳がんBreast Cancer 2024が5月15日から17日にかけてドイツのベルリンで開催され、乳がんの最新研究が発表される。世界中からベルリンに集まった参加者は、著名な...
次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。
HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...