乳がん

コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める可能性の画像

コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める可能性

    「ホルモン剤タモキシフェンとコーヒー2杯を毎日摂取するとがん予防効果を上げ、(乳がん)腫瘍再発のリスクを軽減させることが判明した」と英Mail Online紙が報告した。同研究はまた、カフェインががんの増殖を遅らせることも
乳がんの新分類の因子別解析によりリスク分類が向上・ほとんどのがんにおいて死亡率と発症率が継続的に低下ー米国年次報告書』の画像

乳がんの新分類の因子別解析によりリスク分類が向上・ほとんどのがんにおいて死亡率と発症率が継続的に低下ー米国年次報告書』

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース 原文掲載日:2015年3月30日 米国内のデータを用いて、乳がんの主要な4つの分子サブタイプを年齢、人種または民族、貧困レベルおよび他のいくつかの因子により分類し発生率を調査した結果が報告された。
トラスツズマブはHER2陽性進行乳がんの治療においてラパチニブよりも優れているの画像

トラスツズマブはHER2陽性進行乳がんの治療においてラパチニブよりも優れている

キャンサーコンサルタンツヒト上皮増殖因子受容体(HER2)陽性進行乳がん患者において、トラスツズマブ(ハーセプチン)とタキサンの併用は、ラパチニブ(タイケルブ)とタキサンの併用よりも、がんの進行を遅らせ、副作用が少ないという臨床試験の最終結
パルボシクリブ+レトロゾール併用でエストロゲン受容体陽性/HER2陰性進行性乳癌の転帰が改善の画像

パルボシクリブ+レトロゾール併用でエストロゲン受容体陽性/HER2陰性進行性乳癌の転帰が改善

キャンサーコンサルタンツ閉経後のエストロゲン受容体(ER)陽性/ヒト上皮増殖因子受容体2(HER2)陰性進行性乳癌患者の一次治療において、レトロゾール(フェマーラ)にパルボシクリブ[palbociclib](Ibrance)を追加することで
低脂肪食はER陽性/PR陰性乳癌の予防に役立つ可能性の画像

低脂肪食はER陽性/PR陰性乳癌の予防に役立つ可能性

キャンサーコンサルタンツ脂肪の摂取量を減らすことはエストロゲン受容体(ER)陽性/プロゲステロン受容体(PR)陰性乳癌の発症リスクを低下させる可能性がある。この所見はCancer Epidemiology, Biomarkers &
エベロリムス+トラスツズマブ+パクリタキセル併用はホルモン受容体陰性/HER2陽性進行乳癌に有効の画像

エベロリムス+トラスツズマブ+パクリタキセル併用はホルモン受容体陰性/HER2陽性進行乳癌に有効

キャンサーコンサルタンツエベロリムス(アフィニトール)+トラスツズマブ(ハーセプチン)+パクリタキセル併用療法は、ホルモン受容体(HR)陰性であるHER2陽性進行乳癌患者に有効と思われる。これらの試験結果は、テキサス州サンアントニオで201
FDAが閉経後進行乳癌患者に対するパルボシクリブを承認の画像

FDAが閉経後進行乳癌患者に対するパルボシクリブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報米国食品医薬品局(FDA)は、2月3日、進行性(転移性)乳癌患者に対する治療薬としてパルボシクリブ[palbociclib](商品名:Ibrance)を迅速承認した。 女性の乳癌は、米国で2番
OncoLog 2015年1月号◆乳癌患者の一部では、短期全乳房照射が有用な可能性の画像

OncoLog 2015年1月号◆乳癌患者の一部では、短期全乳房照射が有用な可能性

MDアンダーソン OncoLog 2015年1月号(Volume 60 / Number 1)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
高濃度乳腺では、マンモグラフィ検診に超音波検査を追加すると癌検出率が向上の画像

高濃度乳腺では、マンモグラフィ検診に超音波検査を追加すると癌検出率が向上

高濃度乳腺(dense breast)を有しマンモグラフィが正常だった女性に、乳房の超音波検査を追加で行ったところ乳癌検出率が向上したことが、サンアントニオ乳癌シンポジウム2014(2014年12月9~13日)で発表されたデータにより明らか
Pictilisibとフルベストラントの併用はER/PR陽性の進行乳癌女性に有効である可能性の画像

Pictilisibとフルベストラントの併用はER/PR陽性の進行乳癌女性に有効である可能性

開発中のpictilisib[ピクチリシブ、旧GDC-0941]を内分泌療法薬のフルベストラントと併用したところ、アロマターゼ阻害剤抵抗性を獲得したエストロゲン受容体(ER)陽性かつプロゲステロン受容体(PR)陽性の進行性および転移性乳癌女
フルベストラントはアナストロゾールよりも進行性乳癌患者の生存期間を延長の画像

フルベストラントはアナストロゾールよりも進行性乳癌患者の生存期間を延長

ホルモン受容体陽性進行性乳癌で、過去に進行疾患に対する治療を受けていない患者において、フルベストラントを投与した患者ではアナストロゾールを投与した患者よりも生存期間の延長がみられたことが、2014年サンアントニオ乳癌シンポジウム(12月9日
タモキシフェンにより高リスク女性の乳癌発症率が低下(IBIS-I試験結果)の画像

タモキシフェンにより高リスク女性の乳癌発症率が低下(IBIS-I試験結果)

乳癌リスクの高い女性を対象とした国際共同乳癌治療試験-I(IBIS-I)で中央値が16年間である追跡調査を実施した結果、タモキシフェン投与により乳癌全体の発症率が有意に減少した。試験成績は2014年12月9日から13日に開催されたサンアント
カペシタビンによる単剤化学療法は高齢の早期乳癌患者の生存を改善しないの画像

カペシタビンによる単剤化学療法は高齢の早期乳癌患者の生存を改善しない

標準化学療法による毒性が著しい、中等度から高リスクの高齢の早期乳癌患者に対し、標準的化学療法薬よりも副作用が少ないカペシタビンの単剤化学療法を行なった第3相ICE試験の結果、転帰の改善が認められなかったことが、サンアントニオ乳癌シンポジウム
ナブパクリタキセルにより初期乳癌患者が顕著な病理学的完全寛解を示すの画像

ナブパクリタキセルにより初期乳癌患者が顕著な病理学的完全寛解を示す

キャンサーコンサルタンツ初期の高リスク乳癌女性の治療に対し、ナブパクリタキセル(アブラキサン)は従来の溶媒を用いたパクリタキセルより優れているという臨床試験結果が、ドイツの医師らによりサンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)で報告された
HER2陽性乳癌に対するネラチニブの抗癌活性が引き続き示されるの画像

HER2陽性乳癌に対するネラチニブの抗癌活性が引き続き示される

キャンサーコンサルタンツ現在実施中であるネラチニブ[neratinib]の第2相臨床試験の中間結果が、2014年サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)で発表された。 ネラチニブは、HER2およびHER4と上皮成長因子受容体(
運動は乳癌患者のホルモン療法による関節痛を有意に軽減するの画像

運動は乳癌患者のホルモン療法による関節痛を有意に軽減する

キャンサーコンサルタンツ定期的な運動は乳癌治療に使用されるアロマターゼ阻害薬(AI)に関連する関節痛の軽減に役立つという研究結果が、今週のJournal of Clinical Oncology誌に掲載された[1]。 アロマターゼ
トリプルネガティブ乳癌に対するPD-1免疫チェックポイント阻害剤ペンブロリズマブの初期結果の画像

トリプルネガティブ乳癌に対するPD-1免疫チェックポイント阻害剤ペンブロリズマブの初期結果

キャンサーコンサルタンツ多種類の抗癌剤前治療歴を有するトリプルネガティブ乳癌患者に対して、チェックポイント阻害剤ペンブロリズマブペンブロリズマブ[pembrolizumab](商品名:キートルーダ)を評価する第1相臨床試験の初期成果が、この
緑茶との複合剤で乳癌治療薬を改良できる可能性の画像

緑茶との複合剤で乳癌治療薬を改良できる可能性

英国医療サービス(NHS)      2014年10月6日月曜日                                                                                       
OncoLog 2014年11-12月号◆In Brief「ワクチンによりHER2陽性乳癌の再発リスクが低下」の画像

OncoLog 2014年11-12月号◆In Brief「ワクチンによりHER2陽性乳癌の再発リスクが低下」

MDアンダーソン OncoLog 2014年11-12月号(Volume 59 / Number 11-12)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌で
OncoLog 2014年11-12月号◆糖尿病の枠を超えて:メトホルミンの癌領域での有用性の画像

OncoLog 2014年11-12月号◆糖尿病の枠を超えて:メトホルミンの癌領域での有用性

MDアンダーソン OncoLog 2014年11-12月号(Volume 59 / Number 11-12)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌で
卵巣機能抑制+タモキシフェン療法を受けた閉経前の女性では乳癌再発リスクが低下の画像

卵巣機能抑制+タモキシフェン療法を受けた閉経前の女性では乳癌再発リスクが低下

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2014年12月11日 NCIから研究助成と支援を受けた臨床試験において、早期乳癌の手術後タモキシフェンの投与を受けた閉経前女性に対して卵巣機能抑制を行うことにより、乳癌再発率
OncoLog 2014年10月号◆House Call「癌の徴候」の画像

OncoLog 2014年10月号◆House Call「癌の徴候」

MDアンダーソン OncoLog 2014年10月号(Volume 59 / Number 10)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号U
ベバシズマブを併用した二次治療でHER2陰性進行乳癌患者の無増悪生存期間が改善の画像

ベバシズマブを併用した二次治療でHER2陰性進行乳癌患者の無増悪生存期間が改善

キャンサーコンサルタンツHER2陰性の進行乳癌の二次治療として、化学療法にベバシズマブ(アバスチン)を併用すれば、無増悪生存期間が改善する。ユニバーシティ・ウィメンズ病院(ドイツ、フランクフルト)のvon Minckwitz氏らはこのほど、
OncoLog 2014年9月号◆深吸気呼吸停止は左乳癌の患者を放射線起因性心毒性から保護するの画像

OncoLog 2014年9月号◆深吸気呼吸停止は左乳癌の患者を放射線起因性心毒性から保護する

MDアンダーソン OncoLog 2014年9月号(Volume 59 / Number 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL