乳がん

転移性乳がん治療抵抗性の進化を追跡するー腫瘍内不均一性の画像

転移性乳がん治療抵抗性の進化を追跡するー腫瘍内不均一性

新たな研究により、いずれの治療も奏効しなくなった転移性乳がん女性患者の治療について新たな知見がもたらされた。   治療抵抗性の腫瘍細胞には共通した重要な性質があり、その性質の脆弱さを標的とする新たな治療の可能性が研究により示唆され
乳房再建術の進歩の画像

乳房再建術の進歩

MDアンダーソン OncoLog 2017年10月号(Volume 62 / Issue 10)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号UR
乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害の画像

乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害

ある大規模な臨床試験の追跡調査データによると、タキサンベースの化学療法で乳がんを治療する女性の多くが長期の末梢神経障害を経験している。   この試験の参加者のうち40%超が、治療開始から2年後に手足のしびれ感や刺すような痛みが続い
広範囲のリンパ節郭清は一部の早期乳がん患者の生存を改善しないの画像

広範囲のリンパ節郭清は一部の早期乳がん患者の生存を改善しない

大規模臨床試験の長期的結果から、外科治療として乳腺腫瘍摘出術を受けた早期乳がん患者の一部では、範囲を縮小したリンパ節生検で十分であることが確認された。   今回の試験において、1カ所または2カ所のセンチネルリンパ節にがん細胞がある
手術切除断端が腫瘍組織に近い場合の追加切除は放射線治療を受けたDCIS患者では不要の画像

手術切除断端が腫瘍組織に近い場合の追加切除は放射線治療を受けたDCIS患者では不要

MDアンダーソン OncoLog 2017年9月号(Volume 62 / Issue 9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
レトロゾール+パルボシクリブでの術前薬物療法はルミナル乳がんで改善を示さずの画像

レトロゾール+パルボシクリブでの術前薬物療法はルミナル乳がんで改善を示さず

ルミナル乳がんにおいてレトロゾールとパルボシクリブによる術前薬物療法の病理学的奏効率は低いが、その臨床結果は有望である。   2017年欧州臨床腫瘍学会年次総会(スペイン、マドリッド開催)で発表されたUNICANCER-NeoPA
乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究室から臨床現場への画像

乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究室から臨床現場へ

Matthew Goetz, M.D.   成功を収めたがん研究に関する多くの物語は、研究に対する好奇心、実験の繰り返し、他の研究者との協力、および研究に対する粘り強さという一連の物語をたどる。乳がん治験薬であるエンドキシフェンの
FDAが特定の進行/転移性乳がんにアベマシクリブを承認の画像

FDAが特定の進行/転移性乳がんにアベマシクリブを承認

米国食品医薬品局(FDA)は本日、ホルモン療法(内分泌療法)後に病勢が進行した、ホルモン受容体(HR)陽性、ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)陰性の進行乳がんまたは転移性乳がんの成人患者に対して、abemaciclib[アベマシクリブ](
チベットヨガ、化学療法中の乳がん患者の睡眠の質を改善の画像

チベットヨガ、化学療法中の乳がん患者の睡眠の質を改善

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者らの報告によると、毎週2回、チベットヨガを行うことで、化学療法を受けている乳がん患者の睡眠障害が軽減され、睡眠の質が改善される可能性がある。   Cancer誌に掲載されたこの研究に
アベマシクリブ+ホルモン療法は進行乳がんの予後を改善の画像

アベマシクリブ+ホルモン療法は進行乳がんの予後を改善

全研究集団において、サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害剤であるアベマシクリブ[abemaciclib]と内分泌療法との併用では、内分泌療法単独と比較し、無増悪生存期間の改善が示されたとのMONARCH 3試験の結果がマドリードで開
乳がん術後トラスツズマブ後のネラチニブ投与は長期生存を改善の画像

乳がん術後トラスツズマブ後のネラチニブ投与は長期生存を改善

ExteNET試験は5年経過時点において、1年間の術後トラスツズマブ療法後のneratinib[ネラチニブ]1年間投与による有意な臨床的有用性を示す   術後ネラチニブ療法による延長治療を受けた早期HER2陽性乳がん患者において、
エクセプショナル・レスポンダーに関するがん研究の進展の画像

エクセプショナル・レスポンダーに関するがん研究の進展

同じ状況にあるほとんどの患者に有効でなかった治療に対し、劇的かつ持続的な反応をみせる「エクセプショナル・レスポンダー(例外的に奏効した症例)」を調査している研究者らが、このほど会合して意見交換するとともに、この新たな分野における最新科学につ
従来認識されていなかった化学療法の影響が明らかにの画像

従来認識されていなかった化学療法の影響が明らかに

主にマウスを用いて行った新しい研究により、乳がん術前化学療法の実施は、腫瘍内および腫瘍周囲の細胞を変化させ、がんの転移リスクを増加させることが示唆された。また本研究では、このようなリスクを低減する可能性のある実験的な治療法も明らかにされてい
CDK4/6阻害剤が抗腫瘍免疫応答により乳がん腫瘍縮小に効果の画像

CDK4/6阻害剤が抗腫瘍免疫応答により乳がん腫瘍縮小に効果

CDK4/6阻害剤として知られる薬剤が、転移性乳がんの治療に対して承認を得てから間もなく、医師らは驚くべき見解を発表した。がん細胞の分裂を停止させるように設計されたその薬剤は、特定の患者において、単に腫瘍の増殖を停止させるだけでなく、腫瘍を
寡分割乳房部分照射の画像

寡分割乳房部分照射

MDアンダーソン OncoLog 2017年8月号(Volume 62 / Issue 8)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
乳がん治療後フォローアップケアの役割を明確化する必要性の画像

乳がん治療後フォローアップケアの役割を明確化する必要性

どの医療提供者ががんサバイバーの長期ケアを指導するべきかについて、一部のがんサバイバーから懸念や混乱の声が挙がっていることが新たな研究で確認された。   大規模な乳がんサバイバー群に対する調査を含む本研究では、積極的がん治療を完了
トラスツズマブ エムタンシンがHER2陽性転移性乳がん患者の生存期間を改善の画像

トラスツズマブ エムタンシンがHER2陽性転移性乳がん患者の生存期間を改善

トラスツズマブ エムタンシン(カドサイラ)がHER2タンパクを過剰発現する転移性乳がん患者の生存期間を改善することが2つのランダム化国際共同試験の最終結果で確認された。   抗体薬物複合体であるトラスツズマブ エムタンシン(一般的
BRCA1、BRCA2遺伝子変異の発がんリスクを確認の画像

BRCA1、BRCA2遺伝子変異の発がんリスクを確認

国際的研究者チームは、遺伝的にBRCA変異を有する女性の、乳がんならびに卵巣がんの発症リスクに関する初めての大規模前向き研究の結果を発表した。   BRCA1およびBRCA2遺伝子は、細胞が損傷したDNAを修復する際に重要なタンパ
BRCA変異陽性で卵巣がん既往女性への乳房切除術は効果が薄いの画像

BRCA変異陽性で卵巣がん既往女性への乳房切除術は効果が薄い

予防手術は生存への有益性が少なく高コストと研究で判明 BRCA遺伝子の変異は、乳がんおよび卵巣がんの生涯の発症リスクの上昇と呼応しており、この遺伝子変異を有する女性の多くが予防措置として乳房切除術または卵巣および卵管の摘出を検討する。 &n
HERA試験後10年:HER2陽性早期乳がんの術後療法の現在の画像

HERA試験後10年:HER2陽性早期乳がんの術後療法の現在

HER2陽性乳がんは、すべての浸潤性乳がんの約20%を占める。1980年代後半にこの受容体が同定されたことにより、乳がんの治療が劇的に進歩し、HER2増幅/過剰発現患者の予後が著しく改善された。 乳がんでは、HER2はHER2標的治療による
進行乳がんに対するアベマシクリブ、FDA優先審査に指定の画像

進行乳がんに対するアベマシクリブ、FDA優先審査に指定

MONARCH 1試験および MONARCH 2試験に基づき新薬承認を申請   2017年7月10日、イーライリリー社は、同社のサイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害剤であるアベマシクリブの新薬承認申請(NDA)が米国食品医
MammaPrintに関するASCOガイドライン更新の画像

MammaPrintに関するASCOガイドライン更新

MammaPrintゲノム検査の使用に関する新たな推奨が本日発表された。この推奨は、今後早期乳がん患者に対する補助化学療法についての判断の指針になると考えられる。この推奨は、早期乳がん患者におけるバイオマーカーの利用に関する米国臨床腫瘍学会
Mammaprint分子検査で死亡リスクが最も低い乳がん患者を特定の画像

Mammaprint分子検査で死亡リスクが最も低い乳がん患者を特定

最小限の治療でも超低リスク患者の長期生存をUCSFの研究が示す 分子検査により、診断および腫瘍切除から20年経過した後も乳がんによる死亡リスクが非常に低い患者の特定が可能であることが、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)がスウェ
FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチニブを承認の画像

FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチニブを承認

米国食品医薬品局(FDA)は2017年7月17日、HER2タンパク過剰発現/遺伝子増幅が認められる成人早期乳がん患者に対するトラスツズマブを用いる補助療法後の延長補助療法として、neratinib[ネラチニブ](商品名:NERLYNX、Pu