乳がん

FDAがHR陽性HER2陰性転性移乳がんの初回治療にアベマシクリブを承認の画像

FDAがHR陽性HER2陰性転性移乳がんの初回治療にアベマシクリブを承認

米国食品医薬品局(FDA)は2018年2月26日、abemaciclib[アベマシクリブ](商品名:Verzenio[ベージニオ]、Eli Lilly社)を、アロマターゼ阻害剤との併用において、ホルモン受容体(HR)陽性ヒト上皮増殖因子受容
乳がん、大腸がん化学療法中の運動習慣はその後のQOLに有益の画像

乳がん、大腸がん化学療法中の運動習慣はその後のQOLに有益

専門家の見解 「以前、患者は治療中は安静にし、運動を控えるようにと、よく言われました。しかし、今は、運動が安全で非常に利益があることがわかっています。本試験が示すようにがん治療中の運動はサバイバーの長期にわたる健康とQOL(生活の質)にも著
非浸潤性乳管がん(DCIS)の監視療法の画像

非浸潤性乳管がん(DCIS)の監視療法

MDアンダーソン OncoLog 2018年1月号(Volume 63 / Issue 1)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
変異の特性から、プラチナベース化学療法が有効な乳がん患者を特定の画像

変異の特性から、プラチナベース化学療法が有効な乳がん患者を特定

進行した乳がんにおいて、相同組換え修復異常(HRD)を有する変異の特性が、プラチナベース化学療法の臨床転帰改善と関連するという結果が米国がん学会の学会誌である"Clinical Cancer Research"誌に掲載された。  
ベーコンなどの加工肉が、乳がんリスクを高める可能性の画像

ベーコンなどの加工肉が、乳がんリスクを高める可能性

「ベーコンやソーセージなどの加工肉を食べると、高齢の女性で乳がんのリスクが高くなる」とThe Sun紙は報告した。大規模な研究によると、加工肉(未加工の赤肉でない)は、閉経後に乳がんを患うリスク上昇と関連することがわかった。  
乳がんと胃がんへのHerzuma承認をEMAが推奨の画像

乳がんと胃がんへのHerzuma承認をEMAが推奨

Herzumaは、基準品ハーセプチン(トラスツズマブ)に極めて類似したバイオシミラー医薬品   2017年12月14日、欧州医薬品庁(EMA)欧州医薬品委員会(CHMP)は、乳がんおよび胃がん治療を目的とした医薬品Herzumaの
新たな糖尿病薬がカルボプラチン化学療法への感受性を高めるの画像

新たな糖尿病薬がカルボプラチン化学療法への感受性を高める

ダナファーバーがん研究所の研究者らは、試験中の糖尿病薬により、従来の化学療法剤に対してがん細胞がより脆弱になる可能性があることを示すとともに、がん患者の転帰を改善し得るこのような組み合わせを検討するべきであると述べている。研究者らは、がん細
炎症性乳がんの画像

炎症性乳がん

炎症性乳がんはどのようなものですか? 炎症性乳がんはがん細胞が乳房の皮膚内のリンパ管を塞ぐ疾患で、まれとはいえ非常に悪性度の高いがんです。この種類の乳がんが「炎症性」と言われる理由は、乳房が腫れて赤くなりやすい、すなわち、炎症みたいに見える
循環腫瘍細胞がHR陽性乳がんの晩期再発を予測できる可能性の画像

循環腫瘍細胞がHR陽性乳がんの晩期再発を予測できる可能性

臨床的に再発の証拠が得られていないホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性ステージ2-3乳がんを有する患者で、診断から5年後に血中の循環腫瘍細胞(CTC)が検出された患者は、乳がんの晩期再発リスクが増加したと、2017年12月5日~9日に開か
FDAがBRCA遺伝子変異転移乳がんの治療にオラパリブを承認の画像

FDAがBRCA遺伝子変異転移乳がんの治療にオラパリブを承認

FDA速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、オラパリブ錠(商品名:Lynparza )を、転移性で、腫瘍に特定の遺伝性(生殖細胞系)遺伝子変異を有する乳がん患者の治療にも承認した。PARP阻害剤から、乳がん治療薬としてFDA承認を受けたの
腋窩リンパ節郭清は若年乳がん患者の上肢可動域を減少させるの画像

腋窩リンパ節郭清は若年乳がん患者の上肢可動域を減少させる

【サンアントニオ乳がんシンポジウム2017】 2017年12月5日から9日まで開催されたサンアントニオ乳がんシンポジウムで発表されたデータによると、腋窩リンパ節郭清を受けた若年乳がん患者は、センチネルリンパ節生検を受けた患者よりも、上肢の腫
鍼治療がアロマターゼ阻害薬に伴う関節痛を軽減の画像

鍼治療がアロマターゼ阻害薬に伴う関節痛を軽減

アロマターゼ阻害薬の投与を受けた早期乳がんを有する閉経後女性患者の関節痛が、偽鍼治療を受けたか鍼治療を受けなかった患者と比べ、鍼治療を受けた患者では顕著に軽減したことが、12月5~9日に開催された2017年サンアントニオ乳がんシンポジウムで
乳がん化学療法中のホルモン類似薬による卵巣機能抑制は妊孕性を保持するの画像

乳がん化学療法中のホルモン類似薬による卵巣機能抑制は妊孕性を保持する

【サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)2017】 2017年12月5日から9日まで開催されたサンアントニオ乳がんシンポジウムで発表された研究によると、化学療法を受けている閉経前早期乳がん患者において、性腺刺激ホルモン放出ホルモンア
CDK4/6阻害薬は高齢のHR+乳がんにも有効の画像

CDK4/6阻害薬は高齢のHR+乳がんにも有効

【サンアントニオ乳がんシンポジウム2017】 12月5~9日に開催された2017年サンアントニオ乳がんシンポジウムで発表されたデータによると、サイクリン依存性キナーゼ4および6(CDK4/6)阻害薬の治療を受けたホルモン受容体(HR)陽性H
TalazoparibがBRCA変異乳がんの無増悪生存期間を延長の画像

TalazoparibがBRCA変異乳がんの無増悪生存期間を延長

第3相EMBRACA試験で主要評価項目を達成   BRCA遺伝子変異を有する進行したHER2陰性乳がん患者に対する第3相試験EMBRACAにおいて、PARP(ポリ[ADP−リボース]合成酵素)阻害剤talazoparib[タラゾパ
FDAが乳がん治療に定位放射線治療システムを認可の画像

FDAが乳がん治療に定位放射線治療システムを認可

速報   FDAが乳がん治療に定位放射線治療システムを認可   本日、米国食品医薬品局(FDA)により、乳房組織におけるがん治療専用の新しい非侵襲的定位放射線治療システムが認可された。   「本日認可されたこと
抗アンドロゲン薬とアロマターゼ阻害薬の併用がHR+乳がんに有効の画像

抗アンドロゲン薬とアロマターゼ阻害薬の併用がHR+乳がんに有効

【サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)2017 】 ホルモン受容体陽性(HR+)乳がん患者に対するエンザルタミドという薬剤について初となるランダム化臨床試験 の結果、一部の患者において、エンザルタミドとエキセメスタン併用投与は、エ
FDAがHER2陽性乳がん術後補助療法にペルツズマブを承認の画像

FDAがHER2陽性乳がん術後補助療法にペルツズマブを承認

2017年12月20日、米国食品医薬品局(FDA)は、再発リスクが高いHER2陽性早期乳がん患者における術後補助療法として、トラスツズマブと化学療法との併用でペルツズマブ(商品名:パージェタ、Genentech社)を使用することを通常承認し
アナストロゾール継続治療の効果が、2年間と5年間で同等の画像

アナストロゾール継続治療の効果が、2年間と5年間で同等

アロマターゼ阻害剤の治療期間短縮により、患者の副作用を減らす可能性   閉経後のホルモン受容体陽性(HR陽性)乳がん患者は、5年間の術後ホルモン療法後にアロマターゼ阻害剤であるアナストロゾールによる継続治療を2年間受けた場合、同剤
HER2+乳がん標準術後療法であるトラスツズマブ12カ月が第3相で支持の画像

HER2+乳がん標準術後療法であるトラスツズマブ12カ月が第3相で支持

高用量ドセタキセル投与を受ける患者に対しては9週間のトラスツズマブで十分である   【サンアントニオ乳がんシンポジウム】 HER2陽性早期乳がん患者に対する術後トラスツズマブ9週間+標準的化学療法後の無病生存率(DFS)は、術後ト
体外診断検査FoundationOne CDxをFDAが販売承認の画像

体外診断検査FoundationOne CDxをFDAが販売承認

2017年11月30日、米国食品医薬品局(FDA)はFoundation Medicine, Inc.社のFoundationOne CDx(F1CDx)を販売承認した。F1CDxは、あらゆる固形がん種の324の遺伝子および2つのゲノム塩基
乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新試験が開始の画像

乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新試験が開始

乳がん検診に使用される検査法に関するいくつかの重要な問題に答えるために、全米規模の臨床試験が開始された。   NCIが資金を提供したTomosynthesis Mammographic Imaging Screening Tria
FDAが特定の乳がんおよび胃がんの治療に初のバイオシミラーを承認の画像

FDAが特定の乳がんおよび胃がんの治療に初のバイオシミラーを承認

米国食品医薬品局(FDA)は本日、腫瘍内でHER2遺伝子が過剰発現する(HER2陽性)乳がんまたは転移性胃がん(胃または胃食道接合部腺がん)の治療薬トラスツズマブ(ハーセプチン)のバイオシミラー、trastuzumab-dkst [トラスツ
転移乳がんプロジェクト、ゲノム・臨床・症例報告データをウェブで公開の画像

転移乳がんプロジェクト、ゲノム・臨床・症例報告データをウェブで公開

Metastatic Breast Cancer (MBC) Project(転移性乳がんプロジェクト)は、クラウドソーシング、ソーシャルメディアを積極的に活用し、転移性乳がんの女性および男性に、研究協力を直接呼びかける取り組みである。本プ