乳がん

がんゲノムアトラス:個別化治療との関連の画像

がんゲノムアトラス:個別化治療との関連

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ このビデオは、がんゲノムアトラス(TCGA: The Cancer
胸部放射線治療をうけた小児がん患者において、特定の遺伝子変異体が乳がん発現のリスクに影響する可能性の画像

胸部放射線治療をうけた小児がん患者において、特定の遺伝子変異体が乳がん発現のリスクに影響する可能性

2016年4月16~20日開催の米国がん学会(AACR)年次総会で発表された研究によると、小児がんに対する治療の一部として胸部放射線治療を受けた患者のうち、2つの特異的な遺伝子変異体のいずれかを有する女性では、後年乳がんを発症するリスクが有
MDアンダーソンの乳がん病期分類新システムにより、予後指標としての腫瘍生物学の重要性が強調の画像

MDアンダーソンの乳がん病期分類新システムにより、予後指標としての腫瘍生物学の重要性が強調

Neo-Bioscoreでは従来の病期分類システムにHER2状況を追加MDアンダーソンがんセンター テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者によって開発された新しい乳癌病期分類システムにより、腫瘍生物学の導入は術前療法を受
CDK4/6阻害薬に耐性を示す乳がんが複数出現の画像

CDK4/6阻害薬に耐性を示す乳がんが複数出現

それぞれの耐性機序を克服するには、異なる組み合わせで抗がん剤を投与する必要があると考えられる。   米国がん学会(AACR)の学術誌Cancer Research誌で発表された研究によれば、乳がん細胞はパルボシクリブ[palboc
ビタミンD欠乏症は一部の乳がんの転移を促進する可能性の画像

ビタミンD欠乏症は一部の乳がんの転移を促進する可能性

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~ ビタミンDの欠乏は乳がんにおける腫瘍進行や転移に関連する可能性があると新しい試験で示唆されている。 本試験では主に細胞株とマウスを使って行われ、血中ビタミンD濃度とI
両側乳房切除を選択した女性の生活の質は大きくは向上していないの画像

両側乳房切除を選択した女性の生活の質は大きくは向上していない

デューク大学医療センター ニュースリリースノースカロライナ州ダーラム―両側乳房切除は、片側のみの乳がん女性の死亡率減少にはほとんど影響がないにも関わらず、同切除を選択する女性の数が増加している。 この傾向を受け、デュークがん研究所
変化に対処する―最新の研究データは進行中の臨床試験にどう影響するかの画像

変化に対処する―最新の研究データは進行中の臨床試験にどう影響するか

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~がん分野の第3相臨床試験では、多くの場合、新規治療を既存の標準治療と比較する。科学の急速な進歩に伴い、ある試験計画を別の研究結果が追い越すことがあり、その時は新規治療を含めた試験の再調整が
乳がん、肺がん、白血病では特定のCYP3A7遺伝子型が転帰不良と関連の画像

乳がん、肺がん、白血病では特定のCYP3A7遺伝子型が転帰不良と関連

乳がん、肺がん、慢性リンパ性白血病(CLL)を有する患者において、特定の型のCYP3A7遺伝子すなわちCYP3A7*1Cを持つ患者は、CYP3A7*1Cを持たない患者と比較して、転帰不良であった。この結果は、これらの患者において治療薬がどの
若年の乳がん患者の中でBRCA遺伝子検査の検査率が上昇の画像

若年の乳がん患者の中でBRCA遺伝子検査の検査率が上昇

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~新たな研究によると、乳がんリスクの上昇と密接に関わる遺伝子変異を調べる検査の検査率が、乳がんと診断された40歳以下の女性で劇的に増加した。 全体的に、Young Women's
白血球比率の高値が早期乳がん再発の高リスクと関連―ESMO Openプレスリリースの画像

白血球比率の高値が早期乳がん再発の高リスクと関連―ESMO Openプレスリリース

 トピック:乳がん   2種の免疫細胞の比率が高いことが初期乳がん診断後の再発高リスクと関連していることが、国際女性デー(3月8日)の前日にESMO Openオンライン版に発表された。この種の研究では初めての発見となる。 &nbs
術前化学療法後の標的腋窩リンパ節郭清により、乳がんリンパ節転移の腋窩評価の正確性が向上の画像

術前化学療法後の標的腋窩リンパ節郭清により、乳がんリンパ節転移の腋窩評価の正確性が向上

新たな手術法で特定の患者群に対する侵襲的手術の必要性が減らせることがMDアンダーソンがんセンターの研究により明らかに   テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの外科医が開発した新たな手術法により、リンパ節転移陽性乳がん患者の腋
早期浸潤性乳がんの治療決定のためのバイオマーカー使用に関する新ガイドラインの画像

早期浸潤性乳がんの治療決定のためのバイオマーカー使用に関する新ガイドライン

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、早期浸潤性乳がんで、ホルモン受容体およびヒト上皮成長因子2(HER2)受容体の状態がわかっている女性に対する新たな診療ガイドラインを公表した。本ガイドラインには、術後補助全身療法を決定する際の指針となる乳
乳がん検診 臨床サマリー(2009)の画像

乳がん検診 臨床サマリー(2009)

米国予防医学専門委員会(USPSTF) 乳がん:検診  2009年11月 米国予防医学専門委員会(USPSTF)が作成した推奨は、米国政府から独立しており、米国医療研究品質局または米国保健社会福祉省の公式見解と解釈すべきではない。 &nbs
米国臨床腫瘍学会(ASCO)が乳がん治療後ケアに関するガイドラインを公表の画像

米国臨床腫瘍学会(ASCO)が乳がん治療後ケアに関するガイドラインを公表

キャンサーコンサルタンツ  米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、米国がん協会(ACS)と共同で乳がんサバイバーのための治療後のケアに関する最新版のサバイバーシップ・ガイドラインを公表し、その詳細がこのほどJournal of Clin
ホルモン療法剤アナストロゾールは、閉経後乳がんのリスクを半減させるの画像

ホルモン療法剤アナストロゾールは、閉経後乳がんのリスクを半減させる

キャンサーコンサルタンツアロマターゼ阻害剤であるアナストロゾールは、高リスク閉経後女性の乳がんリスクを53%減少させることが発見された。アロマターゼ阻害剤は、閉経後女性のエストロゲン産生を遮断し、ホルモン受容体陽性乳がんの治療に広く用いられ
非浸潤性乳管がん(DCIS)に対するホルモン療法の種類は、QOLが決定の助けとなるの画像

非浸潤性乳管がん(DCIS)に対するホルモン療法の種類は、QOLが決定の助けとなる

キャンサーコンサルタンツ非浸潤性乳管がん(DCIS)を有する60歳以上の閉経後女性において、治療に伴う生活の質(QOL)の問題やさまざまな副作用によって、最適なホルモン療法の種類が決まる場合もある。この結果がこのほどLancet誌で発表され
欧米型の食事に含まれる砂糖は、乳がんの増殖および転移リスクを高めるの画像

欧米型の食事に含まれる砂糖は、乳がんの増殖および転移リスクを高める

マウスを用いたMDアンダーソンの研究により、砂糖の炎症経路への悪影響が指摘されるMDアンダーソンがんセンター 典型的な欧米型の食事に多く含まれる砂糖が、乳がんおよび肺への転移のリスクを高める可能性があることが、テキサス州立大学MD
2015年画期的がん新治療薬〜最重要研究ハイライト~の画像

2015年画期的がん新治療薬〜最重要研究ハイライト~

ダナファーバーがん研究所 2015年、ダナファーバーがん研究所で最も重要な研究と臨床開発のリストの上位を占めたのは、白血病、大腸がん、脳腫瘍、肺がんおよび乳がんの新規治療薬であった。 特に注目されたのは次のとおり。&nb
Atezolizumabとアブラキサンの併用治療はトリプルネガティブ乳がんの新規治療法として有望の画像

Atezolizumabとアブラキサンの併用治療はトリプルネガティブ乳がんの新規治療法として有望

キャンサーコンサルタンツ治験薬アテゾリズマブ[atezolizumab]を化学療法薬剤ナブパクリタキセル(アブラキサン)と併用すると、トリプルネガティブ乳がんの患者に高い抗腫瘍効果が認められる。2015年度サンアントニオ乳がんシンポジウムに
術前化学療法へのカルボプラチン併用がトリプルネガティブ乳がん患者の生存を改善の画像

術前化学療法へのカルボプラチン併用がトリプルネガティブ乳がん患者の生存を改善

キャンサーコンサルタンツトリプルネガティブ乳がん患者の術前化学療法にカルボプラチンを併用投与すると患者の無病生存率が改善することが、サンアントニオ乳がんシンポジウムで発表されたドイツの臨床試験の結果によって明らかになった[1]。 
乳がん治療後ケアに関する新たな合同ガイドラインの画像

乳がん治療後ケアに関する新たな合同ガイドライン

米国臨床腫瘍学会(ASCO)およびアメリカがん協会(ACS)は本日、乳がんサバイバーである成人女性患者の治療における合同臨床診療ガイドラインを公表した。本ガイドラインは、乳がん再発の経過観察、新たな原発がんのスクリーニング、長期および晩発障
FDAが乳がん化学療法による脱毛予防にDigniCap販売を承認の画像

FDAが乳がん化学療法による脱毛予防にDigniCap販売を承認

速報 米国食品医薬品局(FDA)は本日、化学療法を受ける女性乳がん患者の脱毛(脱毛症)を減らせる初めての冷却キャップ(商品名:DigniCap[ディグニキャップ])を米国内で販売することを承認した。 脱毛は、乳がんの治療
乳房全摘術+再建術は、早期乳がんに対するガイドライン推奨治療のなかで合併症発症率および合併症関連費用が最も高いの画像

乳房全摘術+再建術は、早期乳がんに対するガイドライン推奨治療のなかで合併症発症率および合併症関連費用が最も高い

同治療法は65歳未満の患者 において最も高額であることもMDアンダーソンがんセンターの研究で判明MDアンダーソンがんセンター 早期乳がん女性でのガイドライン推奨治療法の評価で、年齢を問わず、乳房全摘術+再建術は合併症および合併症関
閉経後女性において歯周病は乳がんリスク上昇と関連の画像

閉経後女性において歯周病は乳がんリスク上昇と関連

喫煙歴は、歯周病と乳がんリスク上昇との関連性に大きく影響する   慢性炎症性疾患である歯周病の閉経後女性は歯周病でない閉経後女性より乳がんを発症しやすいことが、米国がん学会(AACR)機関誌のCancer Epidemiology