乳がん

14-3-3σタンパク質が腫瘍促進性の代謝リプログラミングを抑制の画像

14-3-3σタンパク質が腫瘍促進性の代謝リプログラミングを抑制

MDアンダーソン OncoLog 2015年9月号(Volume 60 / Number9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
パクリタキセル単独またはベバシズマブとの併用療法へのオナルツズマブ追加投与は、トリプルネガティブ乳がんに有用性を示さずの画像

パクリタキセル単独またはベバシズマブとの併用療法へのオナルツズマブ追加投与は、トリプルネガティブ乳がんに有用性を示さず

キャンサーコンサルタンツパクリタキセル(タキソール)単独療法またはベバシズマブ(アバスチン)との併用療法への分子標的薬オナルツズマブ[onartuzumab]の追加投与は、転移性トリプルネガティブ乳がん患者の病状抑制や生存改善に効果を示さな
アスピリンは乳がんを治療しうるか?の画像

アスピリンは乳がんを治療しうるか?

キャンサーコンサルタンツアスピリンが乳がん女性患者のがん再発防止と延命に役立つかどうかの研究に対して、ダナファーバーがん研究所、ブリガム&ウィメンズ病院(BWH)の研究者らは国防総省のCongressionally Directed Med
臨床計算ツール<clinical calculator>の画像

臨床計算ツール<clinical calculator>

MDアンダーソン OncoLog 2015年9月号(Volume 60 / Number9)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
乳がん研究における注目すべき進歩が明らかにの画像

乳がん研究における注目すべき進歩が明らかに

2015年乳がんシンポジウムで発表される2つの注目すべき研究の概要が閲覧可能となる。   今回のシンポジウムは、2007年から毎年開催された乳がんシンポジウムの最終年となる。本シンポジウムは乳がん治療に対する集学的アプローチに焦点
手術後に放射線治療を受けない非浸潤性乳管がん患者の長期的転帰の画像

手術後に放射線治療を受けない非浸潤性乳管がん患者の長期的転帰

キャンサーコンサルタンツ治療計画の一部として放射線治療を受けない非浸潤性乳管がん(DCIS)患者において、乳がんの再発率は12年経過後も上昇し続けると、医師らは報告した。これらの結果はこのほど、Journal of Clinical Onc
乳がんサバイバーはがんのない女性よりも高い確率で体重が増加するの画像

乳がんサバイバーはがんのない女性よりも高い確率で体重が増加する

ジョンズホプキンス大学 ~ 要点~ ・本試験の開始から5年以内に化学療法を完了した女性は、試験期間中にがんのない女性の2.1倍の確率で11ポンド(約5㎏)以上の体重増加が認められた。 ・今回のジョンズホプキンス大学の試験によって、
高リスク、転移性乳がんを対象とした免疫療法の臨床試験に期待が高まるの画像

高リスク、転移性乳がんを対象とした免疫療法の臨床試験に期待が高まる

MDアンダーソン OncoLog 2015年7月号(Volume 60 / Number 7)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡リスクは低いの画像

非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡リスクは低い

乳管内上皮の異常細胞-非浸潤性乳管がん(DCIS)と呼ばれる非浸潤性の病態-と診断された女性は一般に、乳がんによる死亡リスクが低いことが新たに実施された試験によって示唆された。さらに、病変部の治療によって、乳房内の再発が抑制される可能性はあ
高濃度乳房の女性の多くは追加のスクリーニングが不要である可能性の画像

高濃度乳房の女性の多くは追加のスクリーニングが不要である可能性

米国国立がん研究所(NCI)/ブログ~がん研究の動向~ 原文掲載日:2015年6月22日  高濃度乳房の女性は乳がんのリスクが高く、また高乳腺密度は標準のマンモグラフィ検診での偽陰性(誤った陰性)結果の原因となっている。しかし、新たな研究結
米国人女性における浸潤性乳がんの生存パターンの変化の画像

米国人女性における浸潤性乳がんの生存パターンの変化

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2015年7月20日 1970年代以来、欧米諸国の多くで女性の乳がん死亡率は減少している。全体的に、乳がん診断後の生存率は、局所または領域(腫瘍の周辺までの広がり)の乳がんと診
OncoLog 2015年6月号◆新たな乳房画像診断技術の数々は、がんのスクリーニングと病期分類に有望の画像

OncoLog 2015年6月号◆新たな乳房画像診断技術の数々は、がんのスクリーニングと病期分類に有望

MDアンダーソン OncoLog 2015年6月号(Volume 60 / Number 6)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
副作用が少ないと考えられる部分乳房放射線治療、患者の予後も良好の画像

副作用が少ないと考えられる部分乳房放射線治療、患者の予後も良好

キャンサーコンサルタンツUCLAの試験結果 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究者らによる新しい試験によれば、乳がんと診断され、乳腺腫瘍摘出手術後に部分乳房放射線治療を1週間受けた女性は、全乳房放射線治療を術後最長6
アナストロゾールは早期乳がんにおける再発予防においてタモキシフェンより有効の画像

アナストロゾールは早期乳がんにおける再発予防においてタモキシフェンより有効

キャンサーコンサルタンツアナストロゾール(アリミデックス)は、乳がんの中でも一般的ながんである非浸潤性乳管がん(DCIS)を有する患者に対し、タモキシフェンに比べて再発防止作用に優れていることが、2015年米国臨床腫瘍学会年次総会(5月29
早期トリプルネガティブ乳がんの初期治療でイニパリブ+ゲムシタビン+カルボプラチンの併用が有効の画像

早期トリプルネガティブ乳がんの初期治療でイニパリブ+ゲムシタビン+カルボプラチンの併用が有効

キャンサーコンサルタンツイニパリブ[iniparib]+ゲムシタビン(ジェムザール)+カルボプラチンの併用は、BRCA1/2変異を有する早期トリプルネガティブ乳がん患者の初期治療に有効なようだ。さらに研究者らは、BRCA変異がない患者で、上
遺伝子バイオマーカーが免疫療法薬の効果予測因子となる可能性(ASCO2015)の画像

遺伝子バイオマーカーが免疫療法薬の効果予測因子となる可能性(ASCO2015)

ジョンズホプキンス大学 臨床的な実施可能性を評価するには大規模な試験が必要との見解 【要点】 ・ジョンズホプキンス大学の研究者らが、免疫療法の効果予測因子となる可能性のある遺伝子バイオマーカーを確認・今回のジョンズホプキ
OncoLog 2015年5月号◆乳がん脳転移の薬物療法を検討する3つの試験の画像

OncoLog 2015年5月号◆乳がん脳転移の薬物療法を検討する3つの試験

MDアンダーソン OncoLog 2015年5月号(Volume 60 / Number 5)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
パルボシクリブ+フルベストラント併用が進行性ER陽性乳がんに有望の画像

パルボシクリブ+フルベストラント併用が進行性ER陽性乳がんに有望

キャンサーコンサルタンツパルボシクリブ[palbociclib](イブランス)とフルベストラント(フェソロデックス)併用は、エストロゲン受容体(ER)陽性、ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)陰性の転移性乳がん患者の無増悪生存期間を延長する
脳転移病変が小さく数も少ない患者では全脳照射の追加によるリスクがベネフィットを上回るの画像

脳転移病変が小さく数も少ない患者では全脳照射の追加によるリスクがベネフィットを上回る

この要約には、抄録にない最新のデータが記載されています。 ASCOの見解 ASCO専門家Brian Michael Alexander医師 「本試験は、現在と将来において何千人という患者さんに対する治療を決定する際に役立つでしょう。われわれ
プラチナベースの化学療法は転移性トリプルネガティブ乳がんに有効の画像

プラチナベースの化学療法は転移性トリプルネガティブ乳がんに有効

キャンサーコンサルタンツプラチナベースの化学療法は、特にBRCA1およびBRCA 2 変異陽性患者の転移性トリプルネガティブ乳がん治療に有効であるとみられる。Journal of Clinical Oncology誌にて上記の知見が報告され
OncoLog 2015年4月号◆新しい試験デザインにより乳がんの治療開発が効率化― ISPY2試験の画像

OncoLog 2015年4月号◆新しい試験デザインにより乳がんの治療開発が効率化― ISPY2試験

MDアンダーソン OncoLog 2015年4月号(Volume 60 / Number 4)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
エピルビシン、シクロホスファミド、パクリタキセルのdose-dense化学療法がリンパ節転移陽性乳がんの生存を改善の画像

エピルビシン、シクロホスファミド、パクリタキセルのdose-dense化学療法がリンパ節転移陽性乳がんの生存を改善

キャンサーコンサルタンツエピルビシン(ファルモルビシン)、シクロホスファミド(エンドキサン)、パクリタキセル(タキソール)のdose-dense(短い間隔で投与する)術後化学療法を受けた早期リンパ節転移陽性乳がん患者において、無病生存が改善
センチネルリンパ節生検の画像

センチネルリンパ節生検

原文更新日: 11/18/2011NCIファクトシート 原文ページへ―キーポイント― •センチネルリンパ節とは、がん細胞が原発巣から最初に転移する可能性が最も高いリンパ節のことです。•センチネルリンパ節生検(SLNB)は、体内のがんの拡がり
早期乳がん女性患者のほとんどが広範囲のリンパ節摘出を回避―根治施術はもはや不要との科学的証拠の支持増加の画像

早期乳がん女性患者のほとんどが広範囲のリンパ節摘出を回避―根治施術はもはや不要との科学的証拠の支持増加

キャンサーコンサルタンツ米国外科学会(ACS)からの情報 シカゴ発(2015年3月26日):早期乳がん女性患者に関する新たな研究によれば、隣接リンパ節生検でがんが見つかった場合、外科医が腋窩部分のリンパ節の大部分を切除するのはもは