肺がん

2009/07/14号◆FDA最新情報「FDAが非小細胞肺癌に対する初の維持療法薬を承認」の画像

2009/07/14号◆FDA最新情報「FDAが非小細胞肺癌に対する初の維持療法薬を承認」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2009年07月14日号(Volume 6 / Number 14) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ___________
術前PET-CTにより開胸術の実施数は減少するが、NSCLC患者の生存率は改善しないの画像

術前PET-CTにより開胸術の実施数は減少するが、NSCLC患者の生存率は改善しない

キャンサーコンサルタンツ2009年7月デンマークの研究者らの報告によると、「NSCLC(非小細胞肺癌)の術前病期診断にPET-CTをいると、全体の開胸術実施数、無益な開胸術実施数ともに減少したが、全死亡率には影響しなかった」という。この研究
FDAが進行肺癌に対する初の維持薬物療法にアリムタを承認の画像

FDAが進行肺癌に対する初の維持薬物療法にアリムタを承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2009年7月6日 Media Inquiries: Karen Riley, 301-796-4674; karen.riley@fda.hhs.gov Consumer Inquiries:
Zactima、進行非小細胞肺癌(NSCLC)に有効の画像

Zactima、進行非小細胞肺癌(NSCLC)に有効

キャンサーコンサルタンツ2009年5月ランダム化第2相国際臨床試験に携わった研究者らにより、局所進行非小細胞肺癌(NSCLC)またはIV期NSCLC患者の二次治療として、Zactima〔ザクティマ〕(バンデタニブ)はイレッサ (ゲフィチニブ
2009/06/02号◆癌研究ハイライト~米国臨床腫瘍学会(ASCO)報告~の画像

2009/06/02号◆癌研究ハイライト~米国臨床腫瘍学会(ASCO)報告~

同号原文| NCI Cancer Bulletin2009年06月02日号(Volume 6 / Number 11) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ___________
イレッサ 初回治療が、EGFR変異陽性で全身状態不良な進行NSCLC患者に有益の画像

イレッサ 初回治療が、EGFR変異陽性で全身状態不良な進行NSCLC患者に有益

キャンサーコンサルタンツ2009年3月イレッサ(ゲフィチニブ)による初回治療は、上皮増殖因子受容体(EGFR)突然変異を有し、全身状態(活動度:PS)がきわめて不良な進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対し有益であることが、日本の研究者らに
タルセバ(エルロチニブ)の画像

タルセバ(エルロチニブ)

腫瘍医、皮膚科医、眼科医などの医療従事者向け原文2009年5月8日 OSI、Genentech社およびFDAは、タルセバの処方情報における「警告および注意」セクションに新たな安全性情報を追加したことを医療従事者に通告した。タルセバ使用中に報
非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は肺癌のリスクを低減する可能性があるの画像

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は肺癌のリスクを低減する可能性がある

キャンサーコンサルタンツ2009年3月非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使用は、肺癌リスクをわずかに低減する可能性があることがFred Hutchinson Cancer Research Centerの研究者らにより報告された。本研
ジェムザールとシスプラチンにアバスチンを追加投与することにより非小細胞肺癌の転帰を改善するの画像

ジェムザールとシスプラチンにアバスチンを追加投与することにより非小細胞肺癌の転帰を改善する

キャンサーコンサルタンツ2009年3月ジェムザール(ゲムシタビン)とplatinol(シスプラチン)にアバスチン(ベバシズマブ)を追加投与することで、非小細胞肺癌(NSCLC)患者の無増悪生存期間(PFS)および奏効率を改善することが、AV
補助療法としてのパクリタキセル+カルボプラチンにIB期NSCLCの生存期間延長効果は認められないの画像

補助療法としてのパクリタキセル+カルボプラチンにIB期NSCLCの生存期間延長効果は認められない

キャンサーコンサルタンツ2008年11月CALGB試験9633に属する研究者らは、補助化学療法を受けたIB期非小細胞肺癌(NSCLC)患者の生存期間に統計学的に有意な優位性は認められないと報告した。この研究の詳細はJournal of Cl
進行非小細胞肺癌患者におけるアービタックス®およびパラプラチン®にタキサンを併用した療法での忍容性および有効性の画像

進行非小細胞肺癌患者におけるアービタックス®およびパラプラチン®にタキサンを併用した療法での忍容性および有効性

キャンサーコンサルタンツ2008年11月 タキサン系抗癌剤—タキソール® (パクリタクセル)またはタキソテール®(ドセタキセル)—にアービタックス®(セツキシマブ)を追加した一次治療は、進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者において実
イレッサ®が高齢の非小細胞肺癌(NSCLC) 患者で有効性が確認されるの画像

イレッサ®が高齢の非小細胞肺癌(NSCLC) 患者で有効性が確認される

キャンサーコンサルタンツ2008年10月イレッサ(ゲフィチニブ)は、高齢の非小細胞肺癌(NSCLC)患者の初期治療に有効かつ忍容性も高いと、日本の研究者らが報告した。この試験の詳細は、Journal of Thoracic Oncology
FDAは扁平上皮癌を除く転移性非小細胞肺癌(NSCLC)に対してアリムタ注射剤を承認の画像

FDAは扁平上皮癌を除く転移性非小細胞肺癌(NSCLC)に対してアリムタ注射剤を承認

2008年10月2日2008年9月26日、米国食品医薬品局(FDA)は、ペメトレキセド注射剤(アリムタ注射剤、イーライリリー株式会社)を、扁平上皮癌以外の組織型を示す局所進行または転移性非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対してシスプラチンとの
維持療法薬としてのアリムタが非小細胞肺癌の進行を遅らせるの画像

維持療法薬としてのアリムタが非小細胞肺癌の進行を遅らせる

キャンサーコンサルタンツ2008年5月ルーマニアの研究者らが、初期化学療法実施後にアリムタ(Pemetrexed [ペメトレキセド])による治療を継続すれば、進行性または転移性非小細胞肺癌(NSCLC)患者の病勢進行を有意に遅らせることがで
スーテントが進行非小細胞肺癌患者に効果を示すの画像

スーテントが進行非小細胞肺癌患者に効果を示す

キャンサーコンサルタンツ2008年3月スーテント®〔Sutent〕(スニチニブ〔sunitinib〕)が治療歴のある進行非小細胞肺癌(NSCLC)に単剤で有意な効果を示すことを、国際多施設共同試験に参加した研究者らが報告した。この第2相臨床
肺癌の病期分類において低侵襲性の超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診は経気管支穿刺吸引より優れるの画像

肺癌の病期分類において低侵襲性の超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診は経気管支穿刺吸引より優れる

キャンサーコンサルタンツ2008年2月超音波気管支内視鏡下穿刺吸引細胞診(EBUS-FNA)および食道超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)は、経気管支的吸引細胞診(TBNA)に比べ肺癌の縦隔への転移を高精度に検出できると、メイヨー
ASCOが非小細胞肺癌(NSCLC)の術後療法ガイドラインを発行の画像

ASCOが非小細胞肺癌(NSCLC)の術後療法ガイドラインを発行

キャンサーコンサルタンツ2007年12月完全切除手術がなされたステージI-IIIAの非小細胞肺癌(NSCLC)患者における、術後化学療法と術後放射線療法に関するガイドラインを、米国臨床腫瘍学会(ASCO)とCancer Care Ontar
カンプトサール+白金製剤のレジメンが小細胞肺癌に有効であることが確認の画像

カンプトサール+白金製剤のレジメンが小細胞肺癌に有効であることが確認

キャンサーコンサルタンツ2007年11月2007年9月に開催された第12回世界肺癌会議で小細胞肺癌(SCLC)におけるCamptosar(カンプトサール日本ではカンプト、一般名イリノテカン)+白金製剤のレジメンを評価した2つの臨床試験が発表
Vandetanib+タキソテール®は前治療のあるNSCLC患者で有効の画像

Vandetanib+タキソテール®は前治療のあるNSCLC患者で有効

キャンサーコンサルタンツ2007年9月国際試験に関与した研究者らは前治療のある非小細胞肺癌患者(NSCLC)でタキソテールRにvandetanib〔バンデタニブ〕を追加することで無進行生存期間を延長すると報告した。この試験の詳細は2007年
アリムタ®+白金は進行性非小細胞肺癌でジェムザール+白金と同等に有効でより毒性が低いの画像

アリムタ®+白金は進行性非小細胞肺癌でジェムザール+白金と同等に有効でより毒性が低い

キャンサーコンサルタンツ2007年9月2007年International Association for the Study of Lung Cancer(IASLC)で発表された結果によれば進行性非小細胞肺癌患者(NSCLC)に白金製剤
非小細胞肺癌の初回治療でジェムザールをタキソテールに追加することで生存期間が延長の画像

非小細胞肺癌の初回治療でジェムザールをタキソテールに追加することで生存期間が延長

キャンサーコンサルタンツ2007年9月進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者の初回治療には、Gemzar(ジェムザール)[gemcitabine(ゲムシタビン)]をTaxotere(タキソテール)[docetaxel(ドセタキセル)]に追加する
血管破壊剤ASA404は肺癌の生存期間を改善するの画像

血管破壊剤ASA404は肺癌の生存期間を改善する

キャンサーコンサルタンツ2007年8月Antisoma社のプレスリリースによると、小分子の血管破壊剤(ASA404)は非小細胞肺癌(NSCLC)患者での抗腫瘍効果と生存期間を改善する。全生存率および無増悪期間を含む詳細なデータは韓国・ソウル
イレッサが奏効し、その後進行した非小細胞肺癌(NSCLC)患者にタルセバが有効である可能性の画像

イレッサが奏効し、その後進行した非小細胞肺癌(NSCLC)患者にタルセバが有効である可能性

キャンサーコンサルタンツ2007年6月韓国の研究者グループからの報告によると、イレッサ(ゲフィチニブ)による治療を受けたのち病勢の安定したNSCLCに対して、タルセバ(エルロチニブ)が有効である可能性があるとのことである。この研究の詳細につ
経口チロシンキナーゼ阻害薬Axitinib、非小細胞肺癌に活性を示すの画像

経口チロシンキナーゼ阻害薬Axitinib、非小細胞肺癌に活性を示す

キャンサーコンサルタンツ2007年6月多施設試験に携わった研究者らの報告によると、Axitinib〔アクシチニブ〕(AG-01376)は進行非小細胞肺癌患者に対して単剤で有意な活性を示す。この第2相試験の詳細は、2007年米国臨床腫瘍学会(