統計モデルを使ったタバコ対策の評価

日本語動画のURL:https://youtu.be/eB3wb4_mveA

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。
◆─────────────────◆ 
本ビデオでは、Eric Rocky Feuer医師が、同僚らと共にNCIの支援のもと、統計学的モデルを使用してタバコ対策の影響を評価した研究について論じている。医師らによれば、20世紀のタバコ対策に関する各プログラムや政策の結果、1975年から2000年までに79万5千人以上の肺がん死を防げたことが判明した。 この分析によれば、喫煙と健康についての最初の局長報告(1964年)が発表された後に、米国における喫煙が完全に無くなっていれば、その後の36年間で通算250万人が肺がん死を免れることが出来たであろうという。詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://go.usa.gov/Ppt
 
【訳注】
02:20から画面に以下の情報が表示されています。
「全米肺がん検診臨床試験(NLST: National Lung Screening Trial)の結果、低線量ヘリカルCT検診は胸部X線検診に比較して、重喫煙者の肺癌死亡を20%減少させることが示された」
 
【この字幕版は、一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクトの”マイ・オンコロジー・ドリーム”助成金により日本癌医療翻訳アソシエイツが作成しました。】
◆─────────────────◆

日本語版公開日

翻訳担当者 岡田章代

字幕指導寺田真由美

監修 久保田馨(化学療法科/日本医科大学付属病院)

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

肺がんに関連する記事

ROS1陽性肺がんでレポトレクチニブが新たな治療選択肢にの画像

ROS1陽性肺がんでレポトレクチニブが新たな治療選択肢に

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ2023年11月、食品医薬品局(FDA)は、ROS1遺伝子融合と呼ばれる遺伝子変化を有する一部の進行肺がんの治療薬としてrepotrecti...
非小細胞肺がん、アロステリックEGFR阻害による薬剤耐性克服の可能性の画像

非小細胞肺がん、アロステリックEGFR阻害による薬剤耐性克服の可能性

ダナファーバーがん研究所アロステリック阻害薬EAI-432は、EGFR変異陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)に対する新たな治療法を提供するEAI-432は、ATPポケット以外の部位に結...
一部の小細胞肺がんにタルラタマブが有効の画像

一部の小細胞肺がんにタルラタマブが有効

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ新しいタイプの標的免疫療法薬が、肺がんの中で最も悪性度の高い小細胞肺がん(SCLC)患者の約3人に1人で腫瘍を縮小させたことが臨床試験の結果...
FDAがROS1陽性肺がん(NSCLC)にレポトレクチニブを承認の画像

FDAがROS1陽性肺がん(NSCLC)にレポトレクチニブを承認

米国食品医薬品局(FDA)2023年11月15日、米国食品医薬品局(FDA)は、局所進行性または転移性のROS1陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対し、repotrectinib[レポ...