肺がん

肺癌の最も多い組織型で新たに複数のゲノム変異が同定―癌ゲノムアトラス研究(TCGA)プロジェクトで発見された主要な発癌経路の変異は既存薬の治療標的となるかの画像

肺癌の最も多い組織型で新たに複数のゲノム変異が同定―癌ゲノムアトラス研究(TCGA)プロジェクトで発見された主要な発癌経路の変異は既存薬の治療標的となるか

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2014年7月9日 癌ゲノムアトラス(TCGA)研究ネットワークの研究者らは、肺癌で最も多い組織型である肺腺癌の発癌の原因としてよく知られている経路に、新しい変異を複数発見した。これらの
強度のニコチン依存では肺癌リスクが高まることが判明の画像

強度のニコチン依存では肺癌リスクが高まることが判明

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2014年6月19日 ニコチン依存が高い人 ― 目覚めから5分以内にその日最初のタバコを吸う人 ― は、目覚めから1時間以上経ってから吸う人に比べて肺癌を発症するリスクが高い。
Lung-MAP開始: NCI臨床試験ネットワークを利用した初の高精度臨床試験の画像

Lung-MAP開始: NCI臨床試験ネットワークを利用した初の高精度臨床試験

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2014年6月16日 米国国立衛生研究所(NIH)傘下の米国国立癌研究所(NCI)、SWOG Cancer Research、Friends of Cancer Research、NIH
ラムシルマブと標準治療薬ドセタキセルを併用した二次治療で進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者の生存期間が延長の画像

ラムシルマブと標準治療薬ドセタキセルを併用した二次治療で進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者の生存期間が延長

 <治療が困難な一般的な4癌種に対する有望な分子標的薬(ASCO2014)> 折畳記事   ステージ4の非小細胞肺癌(NSCLC)患者を対象とした第3相試験であるREVEL試験の結果、新たな血管新生阻害薬であるラムシルマブ[ram
包括的ゲノム腫瘍検査により肺癌患者に適合する分子標的治療が選択可能になるの画像

包括的ゲノム腫瘍検査により肺癌患者に適合する分子標的治療が選択可能になる

キャンサーコンサルタンツ腫瘍遺伝子型検査のルーチン化が進行性肺癌患者の生存率向上につながることを示すデータが得られた。 肺癌の中で最も頻度の高いタイプの肺癌患者に対する分子標的治療について、スローンケタリング記念がんセンターの医師
肺癌治療薬CO-1686がFDAの画期的治療薬に指定の画像

肺癌治療薬CO-1686がFDAの画期的治療薬に指定

キャンサーコンサルタンツ 2014年5月21日肺癌は、世界中で癌関連死因の第一位である。米国では、非小細胞肺癌(NSCLC)が肺癌全体の75~80%を占める。近年、進歩がみられるものの、進行肺癌患者の大半は依然として肺癌が原因で死亡する。新
術前化学療法により非小細胞肺癌の生存率が改善の画像

術前化学療法により非小細胞肺癌の生存率が改善

キャンサーコンサルタンツ非小細胞肺癌(NSCLC)に対する術前(ネオアジュバント)化学療法によって死亡リスクが有意に低下したことを示すメタ解析結果がLancet誌に掲載された。 世界中で肺癌は癌関連死因の首位であり、米国ではNSC
セリチニブのFDA承認の画像

セリチニブのFDA承認

製品名:Zykadia・既治療歴のあるALK陽性の転移性非小細胞肺がんの治療薬として承認(2014/04/29)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用、禁忌などの全処方情報Full prescribing information (
FDAが転移性ALK陽性、非小細胞肺癌の治療薬としてセリチニブを承認の画像

FDAが転移性ALK陽性、非小細胞肺癌の治療薬としてセリチニブを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA FDAが転移性ALK陽性、非小細胞肺癌の治療薬としてセリチニブを承認審査終了目標日より4カ月早く承認された画期的治療薬米国食品
OncoLog2014年3月号◆肺癌検診プログラム改良への努力の画像

OncoLog2014年3月号◆肺癌検診プログラム改良への努力

MDアンダーソン OncoLog 2014年3月号(Volume 59 / Number 3)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
ALK陽性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)にセリチニブが高い効果の画像

ALK陽性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)にセリチニブが高い効果

キャンサーコンサルタンツ治験薬ceritinib[セリチニブ](LDK378)はALK陽性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者に高い効果を示すという試験結果が、New England Journal of Medicine誌に発表された。&
非小細胞肺癌(NSCLC)の二次治療にnintedanibとドセタキセルの併用が有効の画像

非小細胞肺癌(NSCLC)の二次治療にnintedanibとドセタキセルの併用が有効

キャンサーコンサルタンツ白金製剤を基本とした一次治療歴のある進行性非小細胞肺癌患者には、nintedanib[ニンテダニブ]とドセタキセルの併用が、二次治療として有効な選択肢であるとする試験結果がLancet Oncology誌に掲載された
新たな免疫療法(Imprime PGG)が進行肺癌への可能性を示すの画像

新たな免疫療法(Imprime PGG)が進行肺癌への可能性を示す

化学療法と抗体療法に、免疫療法の一つであるImprime PGGを追加することで、末期にある非小細胞肺癌(NSCLC)患者の奏効率および全生存率が大幅に改善されたことが、1月6-9日に開催された肺癌の分子的起源に関するAACR-IASLC合
進行した非小細胞肺癌の放射線治療には標準線量が高線量よりも効果的の画像

進行した非小細胞肺癌の放射線治療には標準線量が高線量よりも効果的

キャンサーコンサルタンツ第3相臨床試験ではステージ3の非小細胞肺癌(NSCLC)の治療に対して、放射線治療における標準線量が高線量よりも有効であった。この結果は、2013年米国臨床腫瘍学会(ASCO)の第49回年次総会で報告される予定である
低線量CTによる肺癌検診は過剰診断につながる可能性の画像

低線量CTによる肺癌検診は過剰診断につながる可能性

キャンサーコンサルタンツJAMA Internal Medicine誌に掲載された試験結果によると、低線量CT検査を用いた肺癌検診は過剰診断となる可能性がある。 米国では男女とも癌死亡の原因の第一位は肺癌である。肺癌は進行期で治療
喫煙者に対する肺癌検診の推奨グレードの画像

喫煙者に対する肺癌検診の推奨グレード

米国予防医学専門委員会(USPSTF)肺癌検診 このページは、米国予防医学専門委員会(U.S. Preventive Services Task Force:USPSTF)による肺癌検診についての推奨グレードをまとめたものである。現行の推奨
肺癌死亡率の持続的な低下により全癌死亡率が低下の画像

肺癌死亡率の持続的な低下により全癌死亡率が低下

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2013年12月16日 肺癌死亡率の持続的な低下により全癌死亡率が低下:国内年次報告書では患者の生存率に対するその他の疾患の影響を特集 1975~2010年の癌の状況
新ALK阻害剤は脳転移を有するNSCLC患者にも効果の画像

新ALK阻害剤は脳転移を有するNSCLC患者にも効果

キャンサーコンサルタンツ新規分子標的薬AP26113は、クリゾチニブ(ザーコリ)による治療後に脳転移が認められた患者をはじめ、クリゾチニブ抵抗性およびクリゾチニブ未治療の非小細胞肺癌患者に強い抗腫瘍効果を示すことがわかった。 肺癌
Crizotinib[クリゾチニブ]のFDA承認の画像

Crizotinib[クリゾチニブ]のFDA承認

商品名: Xalkori・未分化リンパ腫キナーゼ陽性の局所進行性または転移性の非小細胞肺癌(NSCLC)に対する通常の承認(2013/11/20)・FDA承認診断検査試薬により未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)陽性が検出された局所進行あるいは
米国予防医療作業部会(USPSTF)が肺癌高リスク者の検診を推奨の画像

米国予防医療作業部会(USPSTF)が肺癌高リスク者の検診を推奨

キャンサーコンサルタンツ米国予防医療作業部会(U.S. Preventive Services Task Force :USPSTF)は、肺癌のリスクが高い人々を対象とした年1回の低線量CTによる検診を推奨しており、これにより相当数の肺癌関
FDAが進行肺癌の治療にGilotrif(アファチニブ)を承認/FDAニュースの画像

FDAが進行肺癌の治療にGilotrif(アファチニブ)を承認/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2013年7月12日 Media Inquiries: Susan Laine, 301-796-5349 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが進行肺癌の治療
アファチニブのFDA承認の画像

アファチニブのFDA承認

商品名:Gilotrif本剤の臨床試験情報、安全性、投与法、薬物間相互作用および禁忌などの全処方情報(原文)が参照できます。2013年7月12日、米国食品医薬品局(FDA)はアファチニブ(Gilotrif錠剤、 Boehringer Ing
Erlotinib HydrochlorideのFDA承認の画像

Erlotinib HydrochlorideのFDA承認

商品名:Tarceva®[タルセバ]原文 2013/07/10 更新非小細胞癌の一次治療 2013年5月14日非小細胞肺癌(NSCLC)の維持治療 2010年4月20日膵臓癌 2005年11月2日非小細胞肺癌 2004年11月18日&nbs
ganetespib は進行肺癌に有望の画像

ganetespib は進行肺癌に有望

キャンサーコンサルタンツ第2相臨床試験において、化学療法に治験薬であるガネテスピブ[ganetespib]を併用した二次治療が、進行肺腺癌患者の全生存期間を改善した。これらの結果は、2013年米国臨床腫瘍学会年次総会で発表された。