肺がん

肺癌薬と治療のマウス試験-IKK-αの画像

肺癌薬と治療のマウス試験-IKK-α

 NCIニュースノート米国国立癌研究所(NCI)の研究者らは、遺伝子操作マウスを利用してヒト肺扁平上皮癌(SCC)の研究を行ってきた。SCCは、肺癌の中で最も多い非小細胞肺癌の一種で、5年生存率は約15%である。基礎実験結果に基づいて創薬を
中国人女性において肺癌診断前の大豆摂取量が多いことと生存期間の延長は関連するの画像

中国人女性において肺癌診断前の大豆摂取量が多いことと生存期間の延長は関連する

問合わせ先: Nicole Racadag 571-483-1354 nicole.racadag@asco.org   ニュースダイジェスト • 2013年3月25日付Journal of Clinical Oncology誌電
Xgevaはゾメタに比し進行期肺癌患者の生存を延長させるの画像

Xgevaはゾメタに比し進行期肺癌患者の生存を延長させる

キャンサーコンサルタンツJournal of Thoracic Oncology誌に発表された研究の結果によると、販売名Xgeva®(デノスマブ)を使用した骨標的治療を受けた進行期肺癌患者は、販売名ゾメタ®(ゾレドロン酸)の投与を受けた患者
アジア人女性の肺癌リスクを高める遺伝子変異を同定の画像

アジア人女性の肺癌リスクを高める遺伝子変異を同定

2012年11月13日 NCIプレスリリース 国際的な研究者グループが、非喫煙アジア人女性が肺癌に罹患しやすくなる3つの遺伝子領域を同定した。この発見により、非喫煙者、特にアジア人女性の非喫煙者の肺癌リスクが、ある特有の先天的な遺伝的特徴と
2012/11/27号◆”科学的根拠に基づくがん検診”特別号-5「肺癌検診の画期的試験(NLST)とその後の問題点 」の画像

2012/11/27号◆”科学的根拠に基づくがん検診”特別号-5「肺癌検診の画期的試験(NLST)とその後の問題点 」

同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2012年11月27日号(Volume 9 / Number 23) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_
2012/10/16号◆特別リポート「新バイオマーカーによって中皮腫の早期診断が可能に」の画像

2012/10/16号◆特別リポート「新バイオマーカーによって中皮腫の早期診断が可能に」

同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2012年10月16日号(Volume 9 / Number 20) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_
2012/10/02号◆特集記事「分子標的薬クリゾチニブは一部の進行肺癌患者に有益」の画像

2012/10/02号◆特集記事「分子標的薬クリゾチニブは一部の進行肺癌患者に有益」

同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2012年10月2日号(Volume 9 / Number 19) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_p
2012/09/18号◆特集記事「肺癌のゲノム研究で明らかになった多数の治療標的」の画像

2012/09/18号◆特集記事「肺癌のゲノム研究で明らかになった多数の治療標的」

同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2012年9月18日号(Volume 9 / Number 18) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_p
肺癌CT検診の役割についての系統的共同レビューおよび臨床ガイドラインに関する米国臨床腫瘍学会(ASCO)および米国胸部専門医学会(ACCP)の声明(米国胸部学会推奨)の画像

肺癌CT検診の役割についての系統的共同レビューおよび臨床ガイドラインに関する米国臨床腫瘍学会(ASCO)および米国胸部専門医学会(ACCP)の声明(米国胸部学会推奨)

以下は、肺癌CT検診の有益性と有害性:系統的レビュー(Benefits and Harms of CT Screening for Lung Cancer: A Systematic Review)および、それに基づく診療ガイドライン「肺癌
アファチニブは進行肺癌の増悪までの期間を延長するの画像

アファチニブは進行肺癌の増悪までの期間を延長する

キャンサーコンサルタンツ第48回米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次集会(イリノイ州シカゴ市)で発表された試験結果によると、初回治療に分子標的薬アファチニブを使用すると、標準化学療法使用時と比較して、上皮成長因子受容体(EGFR)シグナル伝達経
非小細胞肺癌の治療で重要な要因は年齢だけでなく全身状態の画像

非小細胞肺癌の治療で重要な要因は年齢だけでなく全身状態

キャンサーコンサルタンツJournal of Clinical Oncology誌に発表された試験結果によると、NSCLC(非小細胞肺癌)の若年患者は、全身状態や予後にかかわらず、高齢患者より治療を受ける傾向が強い。 米国では、肺
アバスチンの併用投与は非小細胞肺癌(NSCLC)の高齢患者の生存率を改善しないの画像

アバスチンの併用投与は非小細胞肺癌(NSCLC)の高齢患者の生存率を改善しない

キャンサーコンサルタンツ非小細胞肺癌の標準化学療法レジメンに対するアバスチン(ベバシズマブ)の併用投与は65歳を超える進行非小細胞肺癌患者の生存率を改善しない。この研究結果はJournal of the American Medical A
「ライト」タバコと癌のリスクの画像

「ライト」タバコと癌のリスク

 原文記事日付 10/28/2010Key Points●    2010年6月22日、タバコ製造販売業者がタバコ製品の表示に   「ライト」、「低タール」もしくは「マイルド」の表現を用いることを禁止する法律が施行されました。しかし、すでに
統計モデルを使ったタバコ対策の評価の画像

統計モデルを使ったタバコ対策の評価

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆  本ビデオでは、Eric Rocky Feuer医師が、同僚らと共
非小細胞肺癌患者の一部で有望な長期生存率が得られたワクチンの画像

非小細胞肺癌患者の一部で有望な長期生存率が得られたワクチン

非進行性の肺癌患者では生存率が改善 ステージ3Bおよび4の患者における5年後生存率は50%   シカゴ発―第2相臨床試験の長期追跡調査で、治療ワクチンであるベラゲンプマツセル-Lによる治療を行ったステージ3Bまたは4の非小細胞肺癌
肺癌治療に遺伝子発現を正常化する薬剤entinostatが有望の画像

肺癌治療に遺伝子発現を正常化する薬剤entinostatが有望

キャンサーコンサルタンツ薬剤ビダーザ(アザシチジン)および治験薬剤entinostat(エンチノスタット)の2剤併用は、進行性で、治療歴がある非小細胞肺癌患者の一部の治療に有望である。この結果はCancer Discovery誌で発表された
2012/03/06号◆特集記事「高レベルのディーゼル排気が鉱山労働者の肺癌死に関連」の画像

2012/03/06号◆特集記事「高レベルのディーゼル排気が鉱山労働者の肺癌死に関連」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2012年3月6日号(Volume 9 / Number 5) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ______________
FDAが一部の後期肺癌に対してXalkori(クリゾチニブ)とコンパニオン診断薬を承認/FDAニュースの画像

FDAが一部の後期肺癌に対してXalkori(クリゾチニブ)とコンパニオン診断薬を承認/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE:2011年8月26日 Media Inquiries: Erica Jefferson, 301-796-4988 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが一部の後
Adcetris〔アドセトリス〕(ブレンツキシマブベドチン)医薬品安全性通達-進行性多巣性白質脳症および肺毒性/FDA安全性情報の画像

Adcetris〔アドセトリス〕(ブレンツキシマブベドチン)医薬品安全性通達-進行性多巣性白質脳症および肺毒性/FDA安全性情報

 2012年1月13日腫瘍医、血液専門医および神経内科医向け原文問題点:FDAは医療従事者に対し、リンパ腫治療薬のAdcetris(ブレンツキシマブベドチン)に関して、稀ではあるが死に至る可能性のある重篤な脳内感染である進行性多巣性白質脳症
ベバシズマブ/ペメトレキセドによる維持療法は、非小細胞肺癌生存期間を改善し、KRAS遺伝子変異の有無はソラフェニブの治療成績に影響を与えないの画像

ベバシズマブ/ペメトレキセドによる維持療法は、非小細胞肺癌生存期間を改善し、KRAS遺伝子変異の有無はソラフェニブの治療成績に影響を与えない

2011年11月1日 Volume 2, Issue 16 AVAPERL試験の最終解析によると、ベバシズマブ(アバスチン)とペメトレキセド(アリムタ)両方を用いた維持療法は、ベバシズマブ単独による維持療法はと比較して、進行非小細胞癌(NS
スプリセル(ダサチニブ):医薬品安全性通達-肺動脈高血圧症のリスク/FDA安全性情報の画像

スプリセル(ダサチニブ):医薬品安全性通達-肺動脈高血圧症のリスク/FDA安全性情報

スプリセル(ダサチニブ):医薬品安全性通達-肺動脈高血圧症のリスク 血液専門医および腫瘍医向け原文2011年10月11日問題点:FDAは医療従事者に対し、スプリセル(ダサニチブ)が、肺動脈において異常な高血圧がみられる(肺動脈高血圧症 [P
新規治験薬(PF299804) が非小細胞肺癌(NSCLC) の進行を遅らせるの画像

新規治験薬(PF299804) が非小細胞肺癌(NSCLC) の進行を遅らせる

キャンサーコンサルタンツ新規治験薬PF299804 (PF-299)は、化学療法による治療後に進行した、進行性の非小細胞肺癌(NSCLC)患者において、タルセバ(エルロチニブ)と比較して、無増悪生存期間を向上させる。これらの結果は最近、第1
非侵襲的な画像診断法PETにより、EGFR阻害剤が有効とみられる肺癌患者を特定するの画像

非侵襲的な画像診断法PETにより、EGFR阻害剤が有効とみられる肺癌患者を特定する

キャンサーコンサルタンツポジトロン断層法(PET)スキャンの新しい使い方によって、どの肺癌患者が上皮子受容体(EGFR)阻害剤に反応するかの予測が可能となり、非侵襲的な方法によるオーダーメイド化をさらに進展させる。これらの結果は最近、世界肺