非小細胞肺癌患者の一部で有望な長期生存率が得られたワクチン

  • 非進行性の肺癌患者では生存率が改善
  • ステージ3Bおよび4の患者における5年後生存率は50%

シカゴ発―第2相臨床試験の長期追跡調査で、治療ワクチンであるベラゲンプマツセル-Lによる治療を行ったステージ3Bまたは4の非小細胞肺癌患者において有望な生存率が示された。本知見は2012年3月31日~4月4日に開催のAACR年次総会で発表された。

「一部の患者で非常に長期間の生存が得られる可能性を持った新しい免疫療法です」。カリフォルニア大学サンディエゴ校ムーアズがんセンター(カリフォルニア州La Jolla)准教授であるLyudmila Bazhenova医師はこう述べた。

今回の知見は、ベラゲンプマツセル-L(肺癌細胞株をベースとした同種ワクチン)治療を行った患者の長期的な生存に関する最新の分析結果によるものだ。

今回のオープンラベル試験では非小細胞肺癌(NSCLC)患者75人の参加を得た。ステージ2の患者が2人、ステージ3Aが12人、ステージ3Bが15人、ステージ4が46人である。研究者は患者を3つの用量群(細胞数1.25, 2.5, 5×107個/1回接種)にランダムに割り付けた。

全患者における生存期間中央値は14.5カ月、5年生存率は20%であった。2.5および5×107個接種群に割り付けられたステージ3Bおよび4の患者40人における生存期間中央値は15.9カ月で、1年生存率61%、2年生存率41%、5年生存率18%であった。

ステージ3Bまたは4で化学療法後に安定以上の結果が得られた患者は生存期間中央値が44.4カ月、5年後生存率50%であり、「NSCLC患者でこのようなことは聞いたことがない」とBazhenova氏は述べている。

対照的に、化学療法による一次治療後に進行と判断された患者の生存期間中央値は14.1カ月、5年後生存率は9.1%であった。

Bazhenova氏は、今回の結果は非常に興味深いが現在8カ国で進行中の第3相臨床試験により確認すべきであると述べている。

# # #

有資格ジャーナリストおよび行政関係広報担当者の2012年AACR年次総会の取材登録(無料)はこちら: www.aacr.org/PressRegistration

TwitterでAACRをフォロー: @aacr #aacr
FacebookでAACRをフォロー: http://www.facebook.com/aacr.org

AACRについて

1907年創立の米国癌学会(AACR)は癌研究の推進および使命である癌の治療と予防に尽力する世界初にして最大級の専門機関である。AACR会員は90カ国以上に34,000人おり、基礎研究、トランスレーショナル研究、臨床研究の各研究者、人口動態研究者、その他医療従事者、癌患者アドボケート(支援者)で構成される。AACRは癌コミュニティのあらゆる専門知識を結集し、年20回以上の会議および研究集会の開催により癌の予防、生物学、診断、治療の発展を加速させる。研究集会でも最大のものがAACR年次総会で18,000人以上の参加を得ている。さらにAACRはピアレビュー学術誌7誌と癌サバイバー、癌患者および介護者向けの雑誌1誌を発行している。AACRは価値ある研究に直接資金援助するほか、数多くの癌関連機関との共同で資金援助も行っている。AACRはStand Up To Cancer研究の学術パートナーとして、癌患者に利益があると見込まれる個人およびチームの補助金対象研究について、専門家による査読、資金の授与、科学的な監視を行っている。AACRは癌から命を守る癌研究および関連する生物医学研究の意義について政治家や政策立案者とも積極的な意見交換を行っている。

AACRについての詳細はこちら。www.AACR.org

翻訳担当者 橋本仁

監修 田中謙太郎(呼吸器・腫瘍内科、免疫/テキサス大学MDアンダーソンがんセンター)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

肺がんに関連する記事

非小細胞肺がん、アロステリックEGFR阻害による薬剤耐性克服の可能性の画像

非小細胞肺がん、アロステリックEGFR阻害による薬剤耐性克服の可能性

ダナファーバーがん研究所アロステリック阻害薬EAI-432は、EGFR変異陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)に対する新たな治療法を提供するEAI-432は、ATPポケット以外の部位に結...
一部の小細胞肺がんにタルラタマブが有効の画像

一部の小細胞肺がんにタルラタマブが有効

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ新しいタイプの標的免疫療法薬が、肺がんの中で最も悪性度の高い小細胞肺がん(SCLC)患者の約3人に1人で腫瘍を縮小させたことが臨床試験の結果...
FDAがROS1陽性肺がん(NSCLC)にレポトレクチニブを承認の画像

FDAがROS1陽性肺がん(NSCLC)にレポトレクチニブを承認

米国食品医薬品局(FDA)2023年11月15日、米国食品医薬品局(FDA)は、局所進行性または転移性のROS1陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対し、repotrectinib[レポ...
RET変異肺がんと甲状腺髄様がんの進行抑制にセルペルカチニブが有効の画像

RET変異肺がんと甲状腺髄様がんの進行抑制にセルペルカチニブが有効

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ数年前から、標的薬剤セルペルカチニブ(Retevmo)は、腫瘍にRETという遺伝子に特異的変異がある肺がんや甲状腺がんの一部の患者に対する治...