肺がん

進行期肺癌の一次治療として標的薬の投与前にEGFR変異検査の実施を推奨するProvisional Clinical Opinionを発表の画像

進行期肺癌の一次治療として標的薬の投与前にEGFR変異検査の実施を推奨するProvisional Clinical Opinionを発表

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は今日、上皮増殖因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害剤として知られる標的薬から恩恵を得られる進行期肺癌患者を特定するために、EGFR変異検査を臨床で使用することに関してprovisional clinica
タモキシフェンに肺癌死亡リスクを減らす可能性の画像

タモキシフェンに肺癌死亡リスクを減らす可能性

キャンサーコンサルタンツ乳癌治療薬である抗エストロゲン剤タモキシフェンに、肺癌による死亡リスクを減らす可能性がある。これに関連する一連の研究結果がCancer誌に掲載された。 これまでの研究で、更年期障害の治療に使われるエストロゲンとプロゲ
進行肺癌におけるアービタックスへの反応性と発疹の関連の画像

進行肺癌におけるアービタックスへの反応性と発疹の関連

キャンサーコンサルタンツ 2011年1月アービタックス(セツキシマブ)と化学療法の併用療法を受けた進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者で、発疹の副作用が発現した場合は治療への反応性が高い可能性がある。この第3相臨床試験の結果がLancet O
喫煙の害と禁煙の効用の画像

喫煙の害と禁煙の効用

喫煙の害と禁煙の効用原文日付 2011年1月12日キーポイント・タバコの煙は喫煙者および非喫煙者にとって有害です(Question1-3参照)。・紙巻きタバコによる喫煙は、肺癌、食道癌、喉頭癌、口腔癌、咽頭癌、腎臓癌、膀胱癌、膵臓癌、胃癌、
2010/11/16号◆クローズアップ「肺癌検診における低線量CTがヘビースモーカーの死亡率に明らかな有効性をもたらす」の画像

2010/11/16号◆クローズアップ「肺癌検診における低線量CTがヘビースモーカーの死亡率に明らかな有効性をもたらす」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年11月16日号(Volume 7 / Number 22) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇ クローズアップ ◇◆
2010/11/02号◆特集記事「クリゾチニブは一部の肺癌に対して引き続き有望な結果が示され、薬剤耐性への挑戦も」の画像

2010/11/02号◆特集記事「クリゾチニブは一部の肺癌に対して引き続き有望な結果が示され、薬剤耐性への挑戦も」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年11月02日号(Volume 7 / Number 21) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 PDFはこちらからpicture_as_pdf ___________
タルセバへのスーテント追加投与は進行非小細胞肺癌の全生存期間を改善しないの画像

タルセバへのスーテント追加投与は進行非小細胞肺癌の全生存期間を改善しない

キャンサーコンサルタンツ過去に治療歴のある非小細胞肺癌(NSCLC)患者において、スーテント (スニチニブ)とタルセバ(エルロチニブ)の併用療法は、タルセバ単独投与と比較して癌の進行を遅らせるものの、全生存期間は改善しなかった。この第3相臨
2010/09/07号◆特別リポート「進行性肺癌患者に対する緩和ケアにより生存期間延長およびQOLが改善 」の画像

2010/09/07号◆特別リポート「進行性肺癌患者に対する緩和ケアにより生存期間延長およびQOLが改善 」

同号原文]| NCI Cancer Bulletin2010年9月7日号(Volume 7 / Number 17) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜____________________◇◆◇ 特別リポート ◇◆◇ 進行
扁平上皮癌を除く非小細胞肺癌に対するアバスチン+化学療法の安全性が臨床試験で評価の画像

扁平上皮癌を除く非小細胞肺癌に対するアバスチン+化学療法の安全性が臨床試験で評価

キャンサーコンサルタンツ 2010年7月進行非小細胞肺癌患者(ただし、扁平上皮癌患者を除く)に対するアバスチン(ベバシズマブ)+標準化学療法に関して第3相試験で報告された安全性と有効性が実地臨床でも当てはまることが、大規模な第4相試験により
切除不能Stage III非小細胞肺癌患者に対する肉眼的腫瘍体積への三次元原体照射による同時追加照射の第II相試験:韓国0301試験結果の画像

切除不能Stage III非小細胞肺癌患者に対する肉眼的腫瘍体積への三次元原体照射による同時追加照射の第II相試験:韓国0301試験結果

A Phase II Study of Synchronous Three-Dimensional Conformal Boost to the Gross Tumor Volume for Patients With Unresectab
ビタミンB6と肺癌発症の低リスクに関連性の画像

ビタミンB6と肺癌発症の低リスクに関連性

キャンサーコンサルタンツビタミンB6の血中濃度が高い人は低い人より肺癌を発症するリスクがより低い傾向にあることが、Journal of the American Medical Association誌に発表された研究結果によって明らかにな
非小細胞肺癌の術前化学療法、第3相臨床試験での評価の画像

非小細胞肺癌の術前化学療法、第3相臨床試験での評価

キャンサーコンサルタンツ 2010年6月非小細胞肺癌(NSCLC)に対する術前化学療法第3相臨床試験において、有益であるという明らかなエビデンスが得られなかったことが判明した。最終結果を待たずに終了したこの試験の結果に関する情報はJourn
2010/06/29号◆癌研究ハイライトの画像

2010/06/29号◆癌研究ハイライト

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年6月29日号(Volume 7 / Number 13) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇癌研究ハイライト◇◆◇
タルセバによる維持療法は進行した非小細胞肺癌患者の生存期間を延長するの画像

タルセバによる維持療法は進行した非小細胞肺癌患者の生存期間を延長する

キャンサーコンサルタンツ 2010年5月分子標的薬タルセバ(エルロチニブ)による維持療法は、プラセボと比較して、進行した非小細胞肺癌患者の無増悪生存期間および全生存期間をいくらか延長することが、The Lancet Oncology誌に掲載
2010/06/15号◆スポットライト「肺癌:新薬とその将来を見据えて」の画像

2010/06/15号◆スポットライト「肺癌:新薬とその将来を見据えて」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年6月15日号(Volume 7 / Number 12) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇ スポットライト ◇◆◇
高齢肺癌患者において併用化学療法が生存期間を延長の画像

高齢肺癌患者において併用化学療法が生存期間を延長

キャンサーコンサルタンツパクリタキセルおよびカルボプラチンとの併用化学療法を受けた70歳以上の進行性非小細胞肺癌(NSCLC)患者の中には単剤の化学療法を受けた患者よりも無増悪生存期間および全生存期間における改善がみられた。この第3相臨床試
2010/04/20号AACR特集◆特別リポート「臨床試験によりさらに進められる肺癌治療の個別化」の画像

2010/04/20号AACR特集◆特別リポート「臨床試験によりさらに進められる肺癌治療の個別化」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年4月20日号(Volume 7 / Number 8) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇ 特別リポート ◇◆◇ 臨
2010/03/23号◆クローズアップ「シティ・オブ・ホープ肺癌研究で患者個人の全体を看る」の画像

2010/03/23号◆クローズアップ「シティ・オブ・ホープ肺癌研究で患者個人の全体を看る」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年3月23日号(Volume 7 / Number 6) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇ クローズアップ ◇◆◇
2010/01/26号◆特別リポート「肺癌治療の進展が期待される試験の数々」の画像

2010/01/26号◆特別リポート「肺癌治療の進展が期待される試験の数々」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年1月26日号(Volume 7 / Number 2) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇ 特別リポート ◇◆◇ 肺
再発または難治性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対するスーテント®の連日投与による苦痛緩和の画像

再発または難治性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対するスーテント®の連日投与による苦痛緩和

キャンサーコンサルタンツ 2009年11月アメリカとスペインの医療関連施設の研究者は、連日のスーテント®(スニチニブ)単剤投与により、進行非小細胞肺癌(NSCLC)で治療歴のある患者の病勢コントロール率が25%であったと考えられると報告して
ゾリンザ®は、進行性NSCLCの治療に用いるパラプラチン®とタキソール®併用の有効性を高めるの画像

ゾリンザ®は、進行性NSCLCの治療に用いるパラプラチン®とタキソール®併用の有効性を高める

キャンサーコンサルタンツ 2009年11月初回治療を受けるステージ3B~4期の非小細胞性肺癌(NSCLC)患者を対象に、パラプラチン® (カルボプラチン)とタキソール® (パクリタキセル)にゾリンザ® (ボリノスタット)を併用すると効果が改
進行非小細胞肺癌におけるパラプラチン®/タキソール®に対するイレッサ®の優越性の画像

進行非小細胞肺癌におけるパラプラチン®/タキソール®に対するイレッサ®の優越性

キャンサーコンサルタンツ2009年8月New England Journal of Medicine誌に掲載されたアジアの研究者の試験結果によれば、東アジアの非喫煙もしくは軽度喫煙経験のある進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者においてイレッサ
サリドマイドはエトポシドおよびカルボプラチン療法による小細胞肺癌患者に有益ではないの画像

サリドマイドはエトポシドおよびカルボプラチン療法による小細胞肺癌患者に有益ではない

キャンサーコンサルタンツ2009年8月サリドマイド(サロミド®)と化学療法の併用は、小細胞肺癌患者の生存を改善せず、かつ化学療法のみの治療に比べ血栓が生じるリスクが高いことが、英国の研究者らによって報告された。研究の結果は、Journal
2009/07/28号◆特別リポート「肺癌治療の新アプローチに対する期待と論議」の画像

2009/07/28号◆特別リポート「肺癌治療の新アプローチに対する期待と論議」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2009年07月28日号(Volume 6 / Number 15) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ___________