リンパ腫

一部の非ホジキンリンパ腫(NHL)における危険因子を特定の画像

一部の非ホジキンリンパ腫(NHL)における危険因子を特定

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート原文掲載日:2014年9月2日 非ホジキンリンパ腫(NHL)の危険因子に関する大規模国際共同研究において、稀なサブタイプを含め、11種の異なるNHLサブタイプについて、病歴、生活要因、血液
ボルテゾミブを用いた初回治療がマントル細胞リンパ腫患者の転帰を改善の画像

ボルテゾミブを用いた初回治療がマントル細胞リンパ腫患者の転帰を改善

キャンサーコンサルタンツボルテゾミブ(ベルケイド)をベースとした併用療法は標準療法と比較して、治療歴のないマントル細胞リンパ腫(MCL)患者の転帰を有意に改善したとする大規模比較試験の結果が米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で示された。&
FDAが悪性度の高い希少疾患である末梢T細胞リンパ腫に対しベリノスタットを承認の画像

FDAが悪性度の高い希少疾患である末梢T細胞リンパ腫に対しベリノスタットを承認

米国食品医薬品局(FDA)ニュース速報米国食品医薬品局(FDA)は2014年7月3日、非ホジキンリンパ腫(NHL)の増殖の速い型である末梢T細胞リンパ腫(PTCL)患者の治療薬として、belinostat[ベリノスタット](Beleodaq
ベリノスタットのFDA承認の画像

ベリノスタットのFDA承認

商標名:Beleodaq・再発性・難治性の末梢性T細胞リンパ腫への承認(2014/07/03)臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報がFull prescribing information(英文)で参照で
レナリドミドとR-CHOP-21の併用療法は治療歴のないびまん性大細胞型B細胞リンパ腫高齢患者に高い奏効性の画像

レナリドミドとR-CHOP-21の併用療法は治療歴のないびまん性大細胞型B細胞リンパ腫高齢患者に高い奏効性

キャンサーコンサルタンツレナリドミドとR-CHOP-21の併用療法は、治療歴のないびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の高齢患者で高い奏効率を示すとの研究結果がLancet Oncology誌で報告された。 さらに、こうした患者において
OncoLog 2014年5月号◆T細胞を改変し、B細胞性悪性腫瘍を治療する–Sleeping Beauty(眠れる森の美女)療法の画像

OncoLog 2014年5月号◆T細胞を改変し、B細胞性悪性腫瘍を治療する–Sleeping Beauty(眠れる森の美女)療法

MDアンダーソン OncoLog 2014年5月号(Volume 59 / Number 5)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通常の平均余命にまで回復の画像

リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通常の平均余命にまで回復

びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)と診断された患者で、診断後2年の間に、がん関連転帰イベントを発症していない場合、余命は診断前と本質的に変わらないという研究結果を、メイヨークリニックが明らかにした。がん関連転帰イベントとは、疾患
Pidilizumabとリツキシマブの併用が再発濾胞性リンパ腫患者で高い奏効率の画像

Pidilizumabとリツキシマブの併用が再発濾胞性リンパ腫患者で高い奏効率

キャンサーコンサルタンツLancet Oncology誌に掲載された試験結果によると、モノクローナル抗体pidilizumab+リツキシマブ(リツキサン)の併用療法が再発濾胞性リンパ腫患者で高い奏効率を示すことがわかった。 非ホジ
FDAがマントル細胞リンパ腫の治療にibrutinib[イブルチニブ]を承認/FDAニュースの画像

FDAがマントル細胞リンパ腫の治療にibrutinib[イブルチニブ]を承認/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE: 2013年11月13日 Media Inquiries: Stephanie Yao, 301-796-0394 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが希少血液
バーキットリンパ腫に対する低強度化学療法が非常に有効であると米NIH臨床試験で判明の画像

バーキットリンパ腫に対する低強度化学療法が非常に有効であると米NIH臨床試験で判明

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2013年11月13日 新しい臨床試験で得られた知見によれば、バーキットリンパ腫として知られるがんを有する成人患者では、低強度化学療法を受けた後の長期生存率が90%以上と良好で
クラドリビン、リツキサン、ボリノスタットを用いたエピジェネティック療法がマントル細胞リンパ腫に有望の画像

クラドリビン、リツキサン、ボリノスタットを用いたエピジェネティック療法がマントル細胞リンパ腫に有望

キャンサーコンサルタンツワシントンD.C.で開催された米国癌学会(AACR)年次総会で発表された研究結果によると、クラドリビン、リツキサン(リツキシマブ)、ボリノスタットを用いたエピジェネティック/免疫療法の併用レジメンは、初発のマントル細
OncoLog2013年4月号◆幹細胞移植後の移植片対宿主病の予防および治療の画像

OncoLog2013年4月号◆幹細胞移植後の移植片対宿主病の予防および治療

MDアンダーソン OncoLog 2013年4月号(Volume 58 / Number 4)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog2013年5月号◆血液悪性腫瘍患者における侵襲性真菌感染症の診断と治療の画像

OncoLog2013年5月号◆血液悪性腫瘍患者における侵襲性真菌感染症の診断と治療

MDアンダーソン OncoLog 2013年5月号(Volume 58 / Number 5)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
ホジキンリンパ腫の治療による胃癌発生リスクの可能性の画像

ホジキンリンパ腫の治療による胃癌発生リスクの可能性

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース原文掲載日:2013年8月26日 NIH(米国国立衛生研究所)の一部門であるNCI(米国国立癌研究所)の研究者らの試験から、ある種の放射線治療および化学療法を受けたホジキンリンパ腫の生存者
Brentuximab VedotinのFDA承認の画像

Brentuximab VedotinのFDA承認

商品名:Adcetris[アドセトリス]・自家幹細胞移植が奏効しないホジキンリンパ腫・多剤併用化学療法が奏効しない全身性未分化大細胞型リンパ腫・発行された薬剤警告臨床試験情報、安全性、用法・用量、薬物相互作用および禁忌などの全処方情報(原文
ゼヴァリンを使った放射線免疫療法による自家移植前処置はびまん性大細胞型リンパ腫患者の全生存率を向上させるの画像

ゼヴァリンを使った放射線免疫療法による自家移植前処置はびまん性大細胞型リンパ腫患者の全生存率を向上させる

キャンサーコンサルタンツびまん性大細胞型リンパ腫患者への自家幹細胞移植前にゼヴァリン®(イブリツモマブチウキセタン)を用いた放射線免疫療法を行うと、全身照射の場合と再発率は近似であるが、毒性はより低く、全生存率は高くなる、とする研究結果がB
米国臨床腫瘍学会(ASCO)第49回年次総会の演題を公表の画像

米国臨床腫瘍学会(ASCO)第49回年次総会の演題を公表

問合わせ先: Kelly Baldwin 571-483-1365 kelly.baldwin@asco.org   米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日のメディア向け記者会見で、第49回ASCO年次総会に先立ちabstract.a
進行性NHLに対するトレアキシンとリツキサンの併用療法はR-CHOPおよびR-CVPに対し非劣性であるの画像

進行性NHLに対するトレアキシンとリツキサンの併用療法はR-CHOPおよびR-CVPに対し非劣性である

キャンサーコンサルタンツ トレアキシン®(ベンダムスチン)とリツキサン®(リツキシマブ)の併用療法は、一般的に使用されている、R-CHOP(リツキシマブ加シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾン)やR-CV
統計データから見る原発性と二次性AMLの画像

統計データから見る原発性と二次性AML

 NCIニュース特集時に、癌のより複雑な科学的側面が、罹患率の増加や低下の影に隠されてしまう場合がある。たとえば、主に中高年層に発症する比較的稀な白血病、AML(急性骨髄性白血病)がある。NCIなどが連邦年次報告書に最近発表したデータでは、
ゼヴァリンは進行した濾胞性リンパ腫に対する初回治療に有効の画像

ゼヴァリンは進行した濾胞性リンパ腫に対する初回治療に有効

キャンサーコンサルタンツゼヴァリン®(ibritumomab tiuxetan)を使用する放射免疫療法は、安全で忍容性良好、また進行した濾胞性リンパ腫の患者への初回治療として、高率で臨床および分子レベルで奏効したとの研究結果が、フロリダ州オ
複製過程初期のDNA切断はB細胞腫瘍と関連するの画像

複製過程初期のDNA切断はB細胞腫瘍と関連する

 NCIニュースノートNCI(米国国立癌研究所)の研究者による研究が、細胞内で複製過程の初期に切断されるDNA部分の新たなクラスを見つけた。彼らは、びまん性大細胞B細胞リンパ腫のような、B細胞腫瘍に良く見られる損傷とこれら切断部分が関連して
リンパ腫標的療法の背景となる生物学/米国国立癌研究所(NCI)の画像

リンパ腫標的療法の背景となる生物学/米国国立癌研究所(NCI)

米国国立癌研究所(NCI)が製作した動画(日本語字幕付き)です。Louis Staudt M.D., Ph.D. が、びまん性B細胞型リンパ腫の標的療法に関する基礎生物学について論じます。イブルチニブ(ibrutinib)が非常に特異性の高
2012/07/10号◆特集記事「小児のホジキンリンパ腫患者の一部は放射線治療を必要としない 」の画像

2012/07/10号◆特集記事「小児のホジキンリンパ腫患者の一部は放射線治療を必要としない 」

同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2012年7月10日号(Volume 9 / Number 14) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_p
腫瘍壊死因子(TNF) 阻害剤、アザチオプリン、メルカプトプリン: 思春期小児および若年成人における肝脾T細胞リンパ腫についての報告に関する最新情報の画像

腫瘍壊死因子(TNF) 阻害剤、アザチオプリン、メルカプトプリン: 思春期小児および若年成人における肝脾T細胞リンパ腫についての報告に関する最新情報

2011年11月4日:更新原文医療従事者は、TNF阻害剤を投与された患者における悪性腫瘍の発症例に引き続き警戒し、そのような症例が発生した場合はMedWatchに報告しなくてはならない。報告には以下の内容を含めること。患者特性(年齢、性別、