クラドリビン、リツキサン、ボリノスタットを用いたエピジェネティック療法がマントル細胞リンパ腫に有望

キャンサーコンサルタンツ

ワシントンD.C.で開催された米国癌学会(AACR)年次総会で発表された研究結果によると、クラドリビン、リツキサン(リツキシマブ)、ボリノスタットを用いたエピジェネティック/免疫療法の併用レジメンは、初発のマントル細胞リンパ腫の患者に対し100%の奏効率を示し、86%の患者に完全寛解をもたらした。

非ホジキンリンパ腫(NHL)はリンパ系の細胞に発生する癌の1種である。これは異常(癌化)リンパ球が過剰に蓄積した状態といえる。これらのリンパ球はリンパ系に集まり、他の免疫や血液細胞の形成と機能を抑制する。マントル細胞リンパ腫はNHLの1種であり、全てのリンパ腫の中で約2~10%を占める。マントル細胞リンパ腫は悪性度の高い型のNHLであるとされているが、転帰は患者により大きく異なり得る。

クラドリビン(プリンアナログで、エピジェネティック作用を有する脱メチル化剤)とリツキサン(モノクローナル抗体として知られる標的薬剤)の併用は、マントル細胞リンパ腫に有効であるとされてきた。この2薬剤の相乗効果の結果を受けて、研究者らはヒストンデアセチラーゼ阻害剤として知られる薬剤のひとつであるボリノスタットを追加することを決めた。

研究者らは、初発マントル細胞リンパ腫患者37人を対象とした第2相研究を行った。患者の年齢中央値は64歳で、95%がステージ4であった。患者は3種の薬剤を併用で28日毎に6サイクルまで投与された。治療効果は2サイクル終了後と6サイクル終了後に評価された。結果は全奏効率100%、つまり、全患者が治療に奏効を示した。さらに患者の86%が完全寛解を、14%が部分寛解を示した。

副作用の大部分は、血液学的かつ可逆で、好中球減少・血小板減少・倦怠感・食欲不振・脱水が含まれていた。研究期間に死亡したのは1人で、広範囲に及ぶ肺浸潤を伴う再発、難治性のマントル細胞リンパ腫患者であった。死因は肺出血だった。

中央値14.7カ月の追跡調査で4人の患者が再発し、3人が死亡した。再発した患者のうち2人は芽球性マントル細胞リンパ腫であった。完全奏効を得た患者に再発はみられなかった。

研究者らは、このエピジェネティックと免疫療法の併用は毒性がなく、初発のマントル細胞リンパ腫への治療として有効であると結論づけた。

参考文献:Hasanali Z, Sharma K, Spurgeon S, et al. Combined epigenetic and immunotherapy produces dramatic responses in 100% of newly diagnosed mantle cell lymphoma patients. Presented at the 2013 Annual Meeting of the American Association of Cancer Research in Washington DC, April 6-10, 2013. Abstract LB-140.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 池上紀子

監修 吉原 哲(血液内科/造血幹細胞移植)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

リンパ腫に関連する記事

【ASCO2024年次総会】新併用療法BrECADDは、ホジキンリンパ腫に既存治療より効果的の画像

【ASCO2024年次総会】新併用療法BrECADDは、ホジキンリンパ腫に既存治療より効果的

ASCO の見解*このプレスリリースには、概要では報告されていない新しいデータが含まれています。
「7 種類の抗がん剤を組み合わせた BEACOPP は、進行期の古典的ホジキンリ...
意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果の画像

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果

ダナファーバーがん研究所意図せぬ体重減少は、その後1年以内にがんと診断されるリスクの増加と関連するという研究結果が、ダナファーバーがん研究所により発表された。

「運動習慣の改善や食事制限...
【米国血液学会(ASH)】マントル細胞リンパ腫、イブルチニブ+ベネトクラクス経口薬併用で予後改善の画像

【米国血液学会(ASH)】マントル細胞リンパ腫、イブルチニブ+ベネトクラクス経口薬併用で予後改善

MDアンダーソンがんセンターMDアンダーソン主導の第3相試験が、無増憎悪生存率と寛解率の有意な改善を示すアブストラクト:LBA-2

イブルチニブ(販売名:イムブルビカ )とベネト...
リンパ腫(DLBCL)の二次治療としてCAR-T細胞療法の費用対効果が低い現状の画像

リンパ腫(DLBCL)の二次治療としてCAR-T細胞療法の費用対効果が低い現状

ダナファーバーがん研究所研究概要表題
びまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫の二次治療、キメラ抗原受容体 T 細胞療法:費用対効果の分析出版物Annals o...