FDAがリボシクリブをHR陽性HER2陰性の進行/転移性乳がんに適応拡大

2018年7月18日、米国食品医薬品局(FDA)は、ホルモン受容体(HR)陽性かつHER2陰性の進行/転移性乳がんを有する閉経前または閉経期の女性に対する初回内分泌治療としてribociclib[リボシクリブ](商品名:Kisqali、Novartis Pharmaceuticals Corporation社)をアロマターゼ阻害薬との併用で適応拡大した。

FDAはまた、HR陽性HER2陰性の進行または転移性乳がんを有する閉経後女性に対する初回内分泌治療として、または内分泌治療中の疾患進行後の治療としてリボシクリブをフルベストラントとの併用で承認した。

リボシクリブは、HR陽性HER2陰性の進行または転移性乳がんを有する閉経後女性に対する初回内分泌治療としてアロマターゼ阻害薬との併用ですでに承認されている。

閉経前または閉経期の女性を対象とした、リボシクリブとアロマターゼ阻害薬の併用療法の有効性は、ランダム化二重盲検プラセボ比較対照試験であるMONALEESA-7試験(NCT02278120)に基づいている。同試験は、閉経前または閉経期の試験参加女性を、リボシクリブ+非ステロイドアロマターゼ阻害薬(NSAI)またはタモキシフェン+ゴセレリン投与群、プラセボ+NSAIまたはタモキシフェン+ゴセレリン投与群のいずれかに無作為に割り付けた。以前に内分泌治療を受けたことがないHR陽性HER2陰性の進行乳がんを有する閉経前または閉経期の女性で、NSAI投与を事前に指定されたサブグループ495人における結果では、無増悪生存期間(PFS、RECIST 1.1)の推定中央値が、リボシクリブ群の患者では27.5カ月であったのに対し、プラセボ群では13.8カ月であった[ハザード比(HR):0.569;95%信頼区間:0.436, 0.743]。リボシクリブはタモキシフェンとの併用では適応となっていない。

リボシクリブとフルベストラントの併用療法の有効性は、MONALEESA-3試験(NCT02422615)で示された。この試験は、HR陽性HER2陰性の進行乳がんを有し、内分泌治療を受けたことがない、または1回のみ受けたことのある閉経後女性726人を対象とした、リボシクリブ+フルベストラント併用療法のランダム化二重盲検プラセボ比較対照試験である。PFSの推定中央値は、リボシクリブ群の患者で20.5カ月であったのに対し、プラセボ群の患者では12.8カ月であった(HR:0.593;95%信頼区間:0.480, 0.732;p<0.0001)。

20%以上の患者でよくみられた有害反応は、好中球減少症、悪心、感染症、疲労、下痢、白血球減少症、嘔吐、脱毛症、頭痛、便秘、発疹および咳嗽であった。

リボシクリブの推奨開始用量は、食事の有無にかかわらず1日1回600 mg(200 mg錠×3)経口投与であり、21日間の連続投与後7日間の休薬期間を設ける。

リボシクリブ(商品名:KISQALI)の全処方情報はこちらを参照のこと。

これは、申請書類提出前からFDAのレビューチームがデータ分析を始められるようにする試験プログラムであるReal Time Oncology ReviewおよびAssessment Aidを用いた初のFDA承認である。FDAは申請書類提出後1カ月弱で申請を承認することができた。

(*監訳者注: 日本では、現時点で、進行乳がんにたいするリボシクリブの開発は中止されたと製薬会社から発表されています。)

薬剤情報

翻訳担当者 太田奈津美

監修 田原梨絵(乳腺科、乳腺腫瘍内科)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性の画像

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)50歳以上で、初期乳がんの根治手術から3年経過後マンモグラフィを受ける頻度を段階的に減らした女性が、毎年マンモグ...
早期乳がんにリボシクリブとホルモン療法の併用は転帰を改善:SABCSの画像

早期乳がんにリボシクリブとホルモン療法の併用は転帰を改善:SABCS

MDアンダーソンがんセンターアブストラクト:GA03-03

Ribociclib[リボシクリブ](販売名:Kisqali[キスカリ])とホルモン療法の併用による標的治療は、再発リスクのあ...
転移乳がんの標的となり得る融合RNAは、従来認識より多い可能性の画像

転移乳がんの標的となり得る融合RNAは、従来認識より多い可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)転移乳がんの大規模コホートにおける融合RNAの包括的プロファイリングにより、治療標的となりうる独特な融合変異が明...
HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益の画像

HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)切除不能な局所進行または転移のあるHER2陽性乳がんに対して、tucatinib[ツカチニブ](米国販売名:Tu...