肺がん

肺がん、次世代シーケンシングの優れた費用対効果の画像

肺がん、次世代シーケンシングの優れた費用対効果

ASCOの見解 「今日、がん治療、特に肺がんの治療において、プレシジョン医療は実に期待できる目覚ましい進歩を遂げています。次世代の遺伝子検査法によって、より迅速に、またより低コストで、医師や患者が治療法決定に必要な、大事なゲノム情報を得られ
ポジオチニブはEGFRおよびHER2エクソン20挿入変異に対して臨床的に有効の画像

ポジオチニブはEGFRおよびHER2エクソン20挿入変異に対して臨床的に有効

転移性非小細胞肺がんに対して有望な新規チロシンキナーゼ阻害剤 米国テキサス州ヒューストンにあるテキサス大学MDアンダーソンがんセンター胸部・頭頸部腫瘍内科部門のJohn V. Heymach医師の研究チームは、転移性非小細胞肺がん(NSCL
新規RET阻害剤が複数のがん種に奏効の画像

新規RET阻害剤が複数のがん種に奏効

MDアンダーソンがんセンター   RETがん遺伝子を有する肺がん患者と甲状腺がん患者において有意で持続性のある病勢コントロールを確認   MDアンダーソンニュースリリース 2018年4月15日   テキサス大学
肺がん患者への術前ニボルマブで安全に病理学的奏効が得られたの画像

肺がん患者への術前ニボルマブで安全に病理学的奏効が得られた

治療後に血中循環腫瘍特異的T細胞が増殖、全身性の抗腫瘍免疫を示唆 米国がん学会(AACR) 非小細胞肺がん(NSCLC)ステージ1~3の外科的切除前の抗PD1免疫療法ニボルマブ(オプジーボ)投与は安全であり、患者の45%で高い病理学的奏効が
ニボルマブ+イピリムマブ、肺がんCheckMate-227試験で無増悪生存期間を達成の画像

ニボルマブ+イピリムマブ、肺がんCheckMate-227試験で無増悪生存期間を達成

一次治療としてのニボルマブ+イピリムマブ併用療法が、高腫瘍遺伝子変異量を有する進行非小細胞肺がん患者の無増悪生存期間(PFS)を改善 米国がん学会(AACR) 進行非小細胞肺がん(NSCLC)と新規診断され、高腫瘍遺伝子変異量(TMB、10
ペムブロリズマブと化学療法の併用が転移性NSCLC患者の生存期間を延長の画像

ペムブロリズマブと化学療法の併用が転移性NSCLC患者の生存期間を延長

転移性非扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)と新たに診断された患者において、ペムブロリズマブ(キイトルーダ)と化学療法の併用療法を受けた患者では、化学療法のみを受けた患者と比較して全生存期間(OS)および無増悪生存期間(PFS)が有意に延長
FDAがEGFR陽性非小細胞肺がんの一次治療にオシメルチニブを承認の画像

FDAがEGFR陽性非小細胞肺がんの一次治療にオシメルチニブを承認

2018年4月18日、FDAは上皮成長因子受容体(EGFR)変異陽性でFDA認証の検査によってエクソン19欠失またはエクソン21 L858R変異が認められる転移性非小細胞肺がん(NSCLC)に対する第一選択治療薬としてオシメルチニブ(商品名
軟髄膜転移を有するEGFR+肺がんにTKI二次治療が有益の画像

軟髄膜転移を有するEGFR+肺がんにTKI二次治療が有益

軟髄膜転移およびEGFR変異を有する患者は、チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)による二次治療の恩恵を受ける 欧州臨床腫瘍学会(ESMO) エルロチニブ(商品名:タルセバ)または高用量のエルロチニブは、チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)による治療
非小細胞肺がんに対する局所制御療法と免疫療法または分子標的療法の併用の画像

非小細胞肺がんに対する局所制御療法と免疫療法または分子標的療法の併用

MDアンダーソン OncoLog 2018年3月号(Volume 63 / Issue 3)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
米国の特定地域で女性の肺がん死亡率低下が遅れているの画像

米国の特定地域で女性の肺がん死亡率低下が遅れている

これらの地域には重点的タバコ規制プログラムが必要  米国がん学会(AACR)   近年、米国の大半の州で女性の肺がん死亡率がかなり低下している一方で、アパラチア中央部と米国中西部南側にわたる地域、および中西部北側の地域の女性におい
肺がん検診はリスクの最も高い人に最大の恩恵がある可能性の画像

肺がん検診はリスクの最も高い人に最大の恩恵がある可能性

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~ 退役軍人健康庁(VHA)主導による実証プロジェクトのデータをもとに実施された新たな分析は、肺がん検診の恩恵を最も受けやすい人をより明確にする一助となる可能性がある。   肺がん
FDAが切除不能III期非小細胞肺がん(NSCLC)にデュルバルマブを承認の画像

FDAが切除不能III期非小細胞肺がん(NSCLC)にデュルバルマブを承認

2018年2月16日、米国食品医薬品局(FDA)は、プラチナベースの化学療法と放射線療法の同時併用後にがんが進行していない切除不能III期非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対するデュルバルマブ(商品名:Imfinzi、アストラゼネカ社)を承
FDAが切除不能ステージ3非小細胞肺がんにデュルバルマブを承認の画像

FDAが切除不能ステージ3非小細胞肺がんにデュルバルマブを承認

速報   米国食品医薬品局は本日、デュルバルマブ(商品名:Imfinzi)を外科的に切除不能で、化学療法および放射線療法(化学放射線療法)による治療後にがんが進行していないステージ3非小細胞肺がん(NSCLC)患者の治療薬として承
未治療ALK陽性非小細胞肺がんへのセリチニブ投与をNICEが推奨の画像

未治療ALK陽性非小細胞肺がんへのセリチニブ投与をNICEが推奨

ALK陽性の進行非小細胞肺がん(NSCLC)成人患者の一次治療薬として単独療法によるセリチニブを適応   2018年1月24日、英国国立医療技術評価機構(National Institute for Health and Care
FDA、TKI非抵抗性のEGFR変異転移性NSCLCにアファチニブを承認の画像

FDA、TKI非抵抗性のEGFR変異転移性NSCLCにアファチニブを承認

米国食品医薬品局は2018年1月12日、FDA既承認の検査法で検出されたチロシンキナーゼ阻害剤に非抵抗性の上皮成長因子受容体(EGFR)変異を有する転移性非小細胞肺がん(NSCLC)患者の初回治療に対するアファチニブ(商品名:ジオトリフ、B
EGFRエクソン20挿入変異を有する肺がんにPoziotinibが高い奏効率の画像

EGFRエクソン20挿入変異を有する肺がんにPoziotinibが高い奏効率

MDアンダーソンがんセンタームーンショット計画により、EGFRエクソン20挿入変異を攻撃できるpoziotinib(ポジオチニブ)が発見される   テキサス大学MDアンダーソンがんセンターでのムーンショット計画により再復活した分子
ヨガが肺がん患者とその介護者に有効な支持療法となる可能性の画像

ヨガが肺がん患者とその介護者に有効な支持療法となる可能性

専門委員の見解 「ヨガを実践することでさまざまな効果が得られることは、以前から知られていました。本研究の知見が、進行がん患者とその介護者がヨガを実践するきっかけとなれば理想的です」と、本日のプレスキャストの司会を務める米国臨床腫瘍学会(AS
ALK陽性転移性非小細胞肺がんに対してアレクチニブを承認の画像

ALK陽性転移性非小細胞肺がんに対してアレクチニブを承認

2017年11月6日、米国食品医薬品局(FDA)は、FDAが承認した検査で未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)が陽性である転移性非小細胞肺がん(NSCLC)患者の治療に対して、アレクチニブ(商品名:アレセンサ、Hoffmann-La Roche
2017年欧州臨床腫瘍学会(ESMO)ハイライトの画像

2017年欧州臨床腫瘍学会(ESMO)ハイライト

2017年欧州臨床腫瘍学会(ESMO)は、131カ国から約24,000人が参加する国際的なイベントになった。参加者の多い上位10カ国は、米国、フランス、スペイン、英国、ドイツ、イタリア、スイス、中国、日本およびロシアであった。  
デュルバルマブが局所進行切除不能肺がんの無増悪生存期間を改善の画像

デュルバルマブが局所進行切除不能肺がんの無増悪生存期間を改善

Durvalumab(デュルバルマブ)が局所進行切除不能3期肺がん患者の無増悪生存期間を延長することが第3相PACIFIC試験の最新の結果から明らかになった。マドリードで開催されたESMO 2017 (1)で本日発表され、New Engla
がん診断後、心臓発作または脳卒中リスクが上昇する可能性の画像

がん診断後、心臓発作または脳卒中リスクが上昇する可能性

2017年8月25日 NCIスタッフ   がんと診断されると、その後の数カ月間、心臓発作または脳卒中のリスクが上昇する可能性があることが、新たな研究結果で示された。実際、がん診断から6カ月以内に、そのいずれかの事象が生じるリスクは
高用量ビタミンB6/B12長期摂取で男性の肺がんリスク上昇の画像

高用量ビタミンB6/B12長期摂取で男性の肺がんリスク上昇

長期的な高用量のビタミンB6およびビタミンB12の補給は、活力を増進し、代謝を向上させるとビタミン・サプリメント業界が長らく宣伝しているが、非摂取者と比べて男性の肺がんのリスクが2~4倍も上昇することが新たな研究で示唆された。 10年間、1
ニボルマブが非小細胞肺がんに対し有意な効果を示さずの画像

ニボルマブが非小細胞肺がんに対し有意な効果を示さず

CheckMate026試験では、二ボルマブは化学療法と比較したときの無増悪生存期間の延長に関連しなかった   トピック:肺がんおよび他の胸部腫瘍、がんの免疫学および免疫療法、抗がん剤および生物学的製剤療法   Chec
4期非小細胞肺がん(NSCLC)のガイドライン改定の画像

4期非小細胞肺がん(NSCLC)のガイドライン改定

米国臨床腫瘍学会(ASCO)診療ガイドラインが改定され、進行した非小細胞肺がん(NSCLC)の治療における免疫療法の役割が明確になる。またこの改定では、腫瘍のEGFR、ALK、およびROS1遺伝子に変化がある患者に対する分子標的薬の適応につ