米国臨床腫瘍学会(ASCO)

実臨床下での免疫療法薬による副作用は臨床研究よりも多いの画像

実臨床下での免疫療法薬による副作用は臨床研究よりも多い

専門家の見解 「免疫チェックポイント阻害薬は多くのがん患者の生存期間を改善しますが、これまでの新しい治療法と同様に、その使用には副作用のリスクが伴います。免疫療法は実用化されてからまだ数年しか経過していませんが、普及しつつあることから、この
医療ニュース:事実と虚偽を見分ける8つのポイントの画像

医療ニュース:事実と虚偽を見分ける8つのポイント

がん関連のニュース記事を見るとがんの予防、検査、治療に関する最近の「飛躍的進歩」といった文言をいたるところで見かけます。でも、今あなたが読んでいるその情報はどれほど正確なのでしょうか?また、掲載されている研究があなたにとって重要であるのかを
早期前立腺がんに対する短期放射線療法を支持する新ガイドラインの画像

早期前立腺がんに対する短期放射線療法を支持する新ガイドライン

寡分割照射を従来の長期間照射法と比較すると初期がんの抑制および副作用発現率が同程度であるとのエビデンスを反映したASTRO/ASCO/AUAの新ガイドライン推奨事項 2018年10月11日、放射線外照射療法(EBRT)を用いて初期の前立腺が
早期前立腺がんに対する放射線療法の短縮を新ガイドラインで推奨の画像

早期前立腺がんに対する放射線療法の短縮を新ガイドラインで推奨

この推奨ガイドラインは、寡分割照射治療と従来の長期間照射による治療において、早期がんコントロールと副作用発生率がほぼ同等であったというエビデンスを反映した結果である 主な医学会3団体が、2018年10月11日、早期前立腺がん患者に外照射療法
免疫療法を理解するの画像

免疫療法を理解する

【Cancer.NET 免疫療法】  免疫療法を理解する 免疫療法の副作用 分子標的治療および免疫療法への副作用 がんワクチンとは何ですか? 免疫療法を理解する Cancer.Net Editorial Board、2018年5月承認 免疫
がん患者のオピオイドによる死亡は少なく、術後のオピオイド使用は減量可能の画像

がん患者のオピオイドによる死亡は少なく、術後のオピオイド使用は減量可能

ASCOの見解 「がん患者のオピオイドの使用に関連する死亡のリスクが、一般集団よりも低いと示唆する信頼できるエビデンスが発表されました。これは、医師が疼痛治療の処方をする際に重要な情報です」ASCO 専門委員でクオリティケアシンポジウム・ニ
免疫療法の副作用の画像

免疫療法の副作用

【Cancer.NET 免疫療法】 免疫療法を理解する 免疫療法の副作用 分子標的治療および免疫療法の皮膚への副作用 がんワクチンとは何ですか? 免疫療法の副作用 Cancer.Net Editorial Board、2018年1月承認 免
分子標的薬および免疫療法薬の皮膚への副作用の画像

分子標的薬および免疫療法薬の皮膚への副作用

【Cancer.NET 免疫療法】 免疫療法を理解する 免疫療法の副作用 分子標的治療および免疫療法の皮膚への副作用 がんワクチンとは何ですか? 分子標的薬および免疫療法薬の皮膚への副作用 2017年7月、Cancer.Net編集委員会承認
がんワクチンとは何ですか?の画像

がんワクチンとは何ですか?

【Cancer.NET 免疫療法】 免疫療法を理解する 免疫療法の副作用 分子標的治療および免疫療法の皮膚への副作用 がんワクチンとは何ですか? がんワクチンとは何ですか? 2018年6月 Cancer.Net編集委員会承認 ワクチンまたは
ASCO他が、臨床試験の参加基準を緩和するガイドライン案をFDAに提出の画像

ASCO他が、臨床試験の参加基準を緩和するガイドライン案をFDAに提出

米国臨床腫瘍学会(ASCO)およびフレンズ・オブ・キャンサーリサーチ(Friends)は、がんの臨床試験の適格基準を現在より広げる5つの新ガイドライン案を米国食品医薬品局(FDA)に提出した。本提言はASCOおよびFriendsが共同で行っ
フレイル(虚弱)評価ツールが多発性骨髄腫患者の生存を予測の画像

フレイル(虚弱)評価ツールが多発性骨髄腫患者の生存を予測

実年齢だけでなく、身体機能と生活の質(QOL)の2要素を考慮するフレイル(虚弱)インデックスが高齢患者の治療意思決定に役立つ可能性 「多発性骨髄腫やそれ以外のがんを発症している高齢患者の治療合併症のリスクが高いことはわかっています。ですが、
バレット食道に制酸剤と低用量アスピリン併用で中等度の効果の画像

バレット食道に制酸剤と低用量アスピリン併用で中等度の効果

ASCOの見解 「バレット食道の患者は食道がんのリスクが高くなります。このような患者にとって、この治療法は、酸逆流性疾患の重篤な合併症や、食道がんを含むあらゆる原因による死亡のリスクを減少させ、副作用はほとんどありません。バレット食道患者は
高齢者機能評価により医師と高齢患者のコミュニケーションが改善の画像

高齢者機能評価により医師と高齢患者のコミュニケーションが改善

ASCOの見解 「私たち医療界では、がん治療の価値を生存重視の観点で考えることが多いのですが、高齢患者に関しては、それ以外のことにも目を向ける必要があると思います。高齢者機能評価はその患者のすべてを診て治療するために効果的なツールであること
多くの進行性腎臓がん患者で手術が不要にの画像

多くの進行性腎臓がん患者で手術が不要に

ASCOの見解 「この研究のおかげで、多数の進行性腎臓がん患者が不要な手術と、それにしばしば随伴する多くの深刻な副作用を回避できます。今回の研究結果によって、転移性腎臓がんと診断された患者さんの治療は劇的に変化するでしょう」と、ASCOの専
腫瘍の遺伝子変異に応じた治療により、さまざまながんの生存率が改善の画像

腫瘍の遺伝子変異に応じた治療により、さまざまながんの生存率が改善

ASCOの見解 「分子標的薬治療が最初に導入されて20年が経過しました。最初の『プレシジョン医療』となったこれらの療法はがん治療に革命を起こし、多くの患者の延命に役立ちました。しかし、それは革命のほんの始まりにすぎません。今や遺伝子検査はよ
早期肺がんの検出が血液検査で可能となるか?の画像

早期肺がんの検出が血液検査で可能となるか?

ASCOの見解 「私たちは簡単な血液検査で早期肺がんが検出できる状況に一歩近づいています。血液由来の無細胞DNAが広い範囲のがん検出に使用できるようになるには道のりがありますが、この研究は今後の試験の開発のための基本要素になります」とASC
免疫療法薬が大腸がんの新たな標準治療にの画像

免疫療法薬が大腸がんの新たな標準治療に

DNAミスマッチ修復機能欠損があり(dMMR)、遠隔転移を有する難治性の大腸がん(CRC)治療に対してペムブロリズマブとニボルマブが承認されたことで、免疫療法は消化器腫瘍学の分野に進出した。一方で、免疫療法のdMMRがんへの最適なアプローチ
カルフィルゾミブの週1回投与は再発/難治性多発性骨髄腫に有望の画像

カルフィルゾミブの週1回投与は再発/難治性多発性骨髄腫に有望

ARROW試験のレジメンで、週1回カルフィルゾミブを投与する治療を受けた再発または難治性多発性骨髄腫の患者は、週2回投与の治療を受けた患者よりも奏効率が高く、患者にとってより簡便な投与方法となる見込みである。   スペインにあるサ
アテゾリズマブ免疫療法+化学療法は進行扁平上皮肺がんの増殖を遅らせるの画像

アテゾリズマブ免疫療法+化学療法は進行扁平上皮肺がんの増殖を遅らせる

ASCOの見解 「この研究は、いくつかのがんに対して免疫療法が着実に進歩を遂げていることを示す1つの例です。免疫療法は他の種類の肺がんに有効であることが示されていますが、さらに今回、従来治療が極めて困難な進行扁平上皮肺がんにおいて有望な改善
ペムブロリズマブは進行肺がんの初回治療に化学療法単独よりも有効の画像

ペムブロリズマブは進行肺がんの初回治療に化学療法単独よりも有効

ASCOの見解  「ペムブロリズマブ単独免疫療法は、以前考えられていたよりもずっと多くの患者に利益をもたらします。この試験は、肺がん免疫療法においてさらに有望な結果を示し、難病として恐れられているこの疾患の治療に新たな勢いをもたらします」と
リンチ症候群がMSI-H腫瘍患者に多いことがゲノム研究で判明の画像

リンチ症候群がMSI-H腫瘍患者に多いことがゲノム研究で判明

数種の新たながんとリンチ症候群の関連性が研究で示される ASCOの見解 「本研究は、プレシジョン医療の進歩のおかげで、以前には見過ごされていたリンチ症候群を発見する可能性を大きくするものです。これは、リンチ症候群をより早く、より正確に診断し
多くの初期乳がん女性に化学療法が不要となる可能性の画像

多くの初期乳がん女性に化学療法が不要となる可能性

ASCOの見解 「がん研究に対する連邦政府の資金援助がなかったら実現しなかったであろうこの研究は、すぐに、よりよいものに治療を変化させるだろう。今回の研究データは、初期乳がんの女性に対して、よりよい治療を選択するためにゲノム情報を利用しうる
循環無細胞DNA検査の普及―治療方針決定からがんの早期発見までの画像

循環無細胞DNA検査の普及―治療方針決定からがんの早期発見まで

血液から採取した血漿/血清中の循環無細胞DNA(cell-free DNA, 以降 cfDNA)の検査により、非侵襲的に腫瘍の遺伝子型を判定して治療方針決定を支援し、将来的には治療効果のモニタリング、再発の予測、がんのスクリーニングができる
頭頸部がんの治療と成果における男女差が明らかにの画像

頭頸部がんの治療と成果における男女差が明らかに

(本要約は、演題アブストラクトに含まれていないデータを含んでいます) ASCOの見解 「頭頸部がん女性が治療を受ける割合が低く、転帰が悪い理由はわかっておらず、私たちはそれを解明する必要があります。今回の所見はカリフォルニア特有のものですが