米国臨床腫瘍学会(ASCO)

米保険会社の事前承認制は治療遅延などの弊害をもたらす―腫瘍内科医が回答の画像

米保険会社の事前承認制は治療遅延などの弊害をもたらす―腫瘍内科医が回答

米国臨床腫瘍学会(ASCO)調査によりがん治療に対する事前承認の悪影響が明らかに事前承認(診療前の保険会社による保険適否審査)制度ががん患者に悪影響を及ぼしていることが米国臨床腫瘍学会...
CD19/CD22同時標的CAR-T細胞療法が一部の小児白血病で完全寛解率99%の画像

CD19/CD22同時標的CAR-T細胞療法が一部の小児白血病で完全寛解率99%

ASCOの見解 「これらの患者の完全寛解率が99%を示したことは非常に驚くべきことであり、1年後の転帰からも非常に期待が持てます。それと同時に、COVID-19パンデミック時に短期間で200人以上の患者を治療し、簡単な採血から迅速にCAR-
米2学会が電子タバコに関する共同方針を発表ーAACR/ASCOの画像

米2学会が電子タバコに関する共同方針を発表ーAACR/ASCO

2022年10月26日 米国癌学会(AACR)と米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、電子タバコおよびその他の電子タバコ(電子ニコチン送達システム:ENDS、*以下、「電子タバコ」とする)の使用に関する最新の研究と、公衆衛生を守るためのこれら
患者ナビゲーションはメディケア公的保険加入がん患者の医療費を削減するの画像

患者ナビゲーションはメディケア公的保険加入がん患者の医療費を削減する

ASCOの見解 「患者ナビゲーターは、がん患者のケアに関連するさまざまな組織的課題やその他の課題を解決するために、重要な役割を担っています。今回、オンラインでのナビゲーションプログラムの利用により、ナビゲーターは膨大な量の社会的サービスを提
より安価な後発薬で、治療の質をおとさずにがん診療費の削減が可能の画像

より安価な後発薬で、治療の質をおとさずにがん診療費の削減が可能

ASCOの見解 「より安価な後発薬を使用した治療の場合でも、患者さんは治療の質を断念せずに自己負担額や支払額が削減できるという恩恵を受けられることが研究で示されました。これは、患者さんにとって受ける治療の質が変わらないだけでなく、同質の治療
肺がん患者は、他のがんリスクを高める遺伝的変異を継承している場合があるの画像

肺がん患者は、他のがんリスクを高める遺伝的変異を継承している場合がある

遺伝子検査は、患者、家族のリスクを見つけ出し、治療選択肢を決定するのに役立つ ASCOエキスパートの見解:「肺がんのほとんどは喫煙やその他の環境的要因に起因する可能性がありますが、肺がんを発症する遺伝的素因は何千人もの患者に影響を及ぼしてい
ASCO、米国市場からJuul電子タバコ製品を排除するFDAの決定を称賛の画像

ASCO、米国市場からJuul電子タバコ製品を排除するFDAの決定を称賛

「米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、米国市場からJuul社の製品(電子タバコ)を排除するという米国食品医薬品局(FDA)の決定を称賛します。この決定は、ニコチンの供給方法にかかわらず、新たな世代がニコチン中毒になるのを防ぐ重要な一歩です」。
Ki-67バイオマーカー検査によるルミナルA乳がんの放射線療法の省略‐ASCO22の画像

Ki-67バイオマーカー検査によるルミナルA乳がんの放射線療法の省略‐ASCO22

2022年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会のテーマは「イノベーションを通じた公平ながん医療の推進」です。6月3日から7日までイリノイ州シカゴとオンラインのハイブリッドで開催されたこの総会では、世界中のがん研究者や臨床医が集まり、最新の研
2022年ASCO年次総会総括(患者向け):泌尿生殖器がんの治療の進歩の画像

2022年ASCO年次総会総括(患者向け):泌尿生殖器がんの治療の進歩

年に一度の’研究総括シリーズ’では、Cancer.Net(米国臨床腫瘍学会(ASCO)の患者サイト)顧問医師が「2022年ASCO年次総会または2022年泌尿生殖器がんシンポジウム(Genitourinary Cancers Symposi
リキッドバイオプシーはステージ2大腸がん術後療法の必要性の判断に有用の画像

リキッドバイオプシーはステージ2大腸がん術後療法の必要性の判断に有用

ASCOの見解 「リキッドバイオプシーは治療法を決定する際の有用なツールとなる可能性があります。今回の研究結果から、ステージ2の大腸がんの患者のうち術後化学療法で効果を得られる患者と、追加治療を省略できる患者を、無再発生存率を低下させること
サシツズマブ ゴビテカンが治療抵抗性HR+/HER2-乳がんの無増悪生存期間を延長の画像

サシツズマブ ゴビテカンが治療抵抗性HR+/HER2-乳がんの無増悪生存期間を延長

ASCOの見解 「本試験は、転移性トリプルネガティブ乳がんの治療薬として既に承認されているサシツズマブ ゴビテカンが、内分泌療法抵抗性HR+/HER2-の転移性乳がん患者にとって重要な新しい選択肢となる可能性を示しています。現在、これらの患
マントル細胞リンパ腫高齢患者にイブルチニブ追加は無増悪生存を50%改善の画像

マントル細胞リンパ腫高齢患者にイブルチニブ追加は無増悪生存を50%改善

ASCOの見解 「高齢者は一般的に臨床試験に参加する機会が少ないです。強力化学療法、標的薬剤、移植などのリンパ腫治療の中には、高齢者では毒性が強すぎるため治療の選択肢として不適当なものもあります。マントル細胞リンパ腫の患者は高齢であることが
ニモツズマブによりKRAS野生型進行膵臓がんの全生存期間が有意に延長の画像

ニモツズマブによりKRAS野生型進行膵臓がんの全生存期間が有意に延長

ASCOの見解 「たとえどの程度であっても、転移性膵臓がんの臨床試験で生存期間の改善がみられるのは興味深いことです。この試験では膵臓がんの分類型の一つであるKRAS野生型を検討していますが、この型は膵臓がん患者全体の10%にも満たないため、
大腸がんへのパニツムマブ併用療法が10年ぶりに全生存期間を延長の画像

大腸がんへのパニツムマブ併用療法が10年ぶりに全生存期間を延長

ASCOの見解 「切除不能進行再発大腸がんに対する一次治療を前向きに検証した第3相試験で、これまでで最長の生存期間が認められました。これらの知見は、進行再発大腸がん診断時に、RAS遺伝子を含む包括的なバイオマーカーと併せて、原発巣占居部位を
トラスツズマブ デルクステカンがHER2低発現転移乳がんの無増悪生存期間を2倍に延長の画像

トラスツズマブ デルクステカンがHER2低発現転移乳がんの無増悪生存期間を2倍に延長

ASCOの見解 「本試験の結果は、HR陽性、HER2低発現の乳がん患者において、トラスツズマブ デルクステカンが化学療法単独と比較して無増悪生存期間を2倍に延長することを示しています。本試験は、HER2低発現という乳がんの新たなカテゴリーを
高用量イホスファミドは再発・原発性難治性ユーイング肉腫に対する標準治療として有望の画像

高用量イホスファミドは再発・原発性難治性ユーイング肉腫に対する標準治療として有望

ASCOの見解 「再発・原発性難治性ユーイング肉腫患者に対し全生存期間を延長するイホスファミドの効果を示すデータは、診療を変える可能性があります。この試験以前は、治療法の選択に役立てるために、最も広く使用されているレジメンを直接比較した試験
初回治療での自家造血幹細胞移植は多発性骨髄腫の無増悪生存期間を改善の画像

初回治療での自家造血幹細胞移植は多発性骨髄腫の無増悪生存期間を改善

ASCOの見解 「多発性骨髄腫患者さんの予後はこの10年間で大幅に改善しています。この間に得られた知見をもとに、多発性骨髄腫患者さんの治療成績は全体的に改善の傾向を示しています。さらに、造血幹細胞移植を行う最適なタイミングに関する情報も得ら
早期肝細胞がんで手術とラジオ波焼灼の両方を支持-日本SURFデータの画像

早期肝細胞がんで手術とラジオ波焼灼の両方を支持-日本SURFデータ

【キーポイント】日本のSURF研究のデータが更新され、早期の肝細胞がん(≤3結節、すべて≤3cm)患者に対する手術とラジオ波焼灼療法(RFA)は、同等の無再発生存期間と全生存期間を示した。 このデータに基づき、日本の肝細胞がんの診療ガイドラ
【ASCO2022】世界最大の臨床腫瘍会議で発表される注目の演題の画像

【ASCO2022】世界最大の臨床腫瘍会議で発表される注目の演題

2022年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会では、世界中から腫瘍学の専門家がシカゴに集結し、患者ケアに影響を与える最新の臨床がん研究について話し合う。希少がんや小児がんに対する治療の進歩、がん患者の格差に関する知見、進行乳がん、進行大腸が
ASCO CancerLinQとCount Me Inコラボ:がん臨床研究に患者が診療データを共有の画像

ASCO CancerLinQとCount Me Inコラボ:がん臨床研究に患者が診療データを共有

ASCOの CancerLinQとCount Me In(カウント・ミー・イン、「私を参加させて」の意味)は、臨床研究事業の一環として積極的にがん患者を関与させることにより、がん研究者がすべてのがん患者から学べるようにする新たなコラボレーシ
チスレリズマブ上乗せ化学療法で上咽頭がんの無増悪生存期間が改善の画像

チスレリズマブ上乗せ化学療法で上咽頭がんの無増悪生存期間が改善

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「本試験は、化学療法とチスレリズマブ[tislelizmab]併用で、再発・転移性上咽頭がん患者の生存期間が延長し、併用療法により、このような患者にとって治療の選択肢が増えることを実証しています」  -
非小細胞肺がんの初回化学療法へのトリパリマブ追加で無増悪生存期間が延長の画像

非小細胞肺がんの初回化学療法へのトリパリマブ追加で無増悪生存期間が延長

【ASCOの見解】 「本結果から、免疫療法薬と化学療法の併用が、ドライバー変異を持たない未治療の進行非小細胞肺がん患者の生存率を改善することが確認されました」-ASCO肺がんエキスパート  Maximilian Diehn医学博士 CHOI
前立腺がん生涯死亡リスクを層別化する”遺伝的リスクスコア”の画像

前立腺がん生涯死亡リスクを層別化する”遺伝的リスクスコア”

【ASCOの見解】 「現在の前立腺がん検診の推奨は家族歴および人種・民族に基づいており、これらの因子では個々の前立腺がん発症リスクまたは死亡リスクを十分に把握できていません。この新たな研究は、広範囲に及ぶ遺伝的リスクスコアが、転移性前立腺が
KRAS阻害薬ソトラシブが一部の進行膵臓がん患者に有望の画像

KRAS阻害薬ソトラシブが一部の進行膵臓がん患者に有望

ASCO専門家の見解 「膵臓がんは治療が最も困難ながんの1つであり、KRAS変異については最近まで "創薬不可能 "と考えられてきました。今回発表されたデータでは、ソトラシブ(販売名:ルマケラス)が将来、治療抵抗性のKRASG12C膵臓がん