米国臨床腫瘍学会(ASCO)

米国でPSA検診の減少後、転移性前立腺がんの診断が増加の画像

米国でPSA検診の減少後、転移性前立腺がんの診断が増加

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「PSA検診の減少は、転移性前立腺がんの男性の増加という代償を伴うかもしれないことをこの研究は示唆しています。患者さんは、最も良いアプローチを決めるためにPSA検診の危険性と利益について主治医と相談するべ
腎がんへのレンバチニブ+ペムブロ併用はスニチニブより優れるの画像

腎がんへのレンバチニブ+ペムブロ併用はスニチニブより優れる

第3相CLEAR試験の結果によると、進行性淡明細胞型腎細胞がん(RCC)患者の全生存期間、無増悪生存期間、および客観的奏効率の点で レンバチニブ(レンビマ)+ペムブロリズマブ(キイトルーダ)の併用療法は、 スニチニブ(スーテント)よりも優れ
ASCOアドバンス・オブ・ザ・イヤー2021は「分子プロファイリングによる消化管がん治療の進歩」の画像

ASCOアドバンス・オブ・ザ・イヤー2021は「分子プロファイリングによる消化管がん治療の進歩」

分子プロファイリング(がん遺伝子パネルなどを含む)により、分子や遺伝子の特徴に基づいたがん治療を行うことができるようになった。こうした検査は、 過去1 年間で消化器がん治療に数多くの進展をもたらし、患者ケアは改善されつつある。この進展を認め
肺がんサバイバーの性的健康の画像

肺がんサバイバーの性的健康

Narjust Duma医師は、ウィスコンシン大学の血液腫瘍内科の教職員である。胸部悪性腫瘍の臨床と研究に重点的に取り組んでいる腫瘍内科医であり、特に女性の肺がんに関心を持っている。Duma医師は、肺がん女性の性的健康を評価した現時点で最大
がん患者の心理的不安に、オンラインセラピーの活用の画像

がん患者の心理的不安に、オンラインセラピーの活用

Tanya J. Peterson(理学修士)は、National Board of Certified Counselors(全米公認カウンセラー協会)の認定資格を有し、メンタルヘルスのウェブサイト「Choosing Therapy」に定
黒人とヒスパニック系がん患者では新型コロナウイルス感染リスクが高いの画像

黒人とヒスパニック系がん患者では新型コロナウイルス感染リスクが高い

ASCO(米国臨床腫瘍学会)の見解 「がん患者は、がん治療を受けるか、それともCOVID-19(新型コロナウイルス)感染リスクを回避するか決定を迫られるべきではありません。医療提供者は、黒人とヒスパニック系のがん患者で感染リスクが高いことを
パンデミック以降の医療では、オンライン診療の保険適用、患者教育、研究の促進が必要の画像

パンデミック以降の医療では、オンライン診療の保険適用、患者教育、研究の促進が必要

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、がん医療におけるオンライン診療の活用に関する暫定意見書を提出し、普及に向けた具体的な措置を提言している。 COVID-19(新型コロナウィルス)パンデミックに対応するために行われた柔軟な保険償還(保険機関から
がん専門医の管理および安全手順のない在宅抗がん剤治療は、外来の代替として安全ではないの画像

がん専門医の管理および安全手順のない在宅抗がん剤治療は、外来の代替として安全ではない

ASCOは患者の安全を最優先に考えることを何よりも強く主張 米国を代表するがん団体の一つは、在宅での抗がん剤点滴治療は、現時点において外来治療に代わる安全な手段ではないと述べている。米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、最近ではCOVID-19パ
がんのリハビリテーションとはの画像

がんのリハビリテーションとは

がんとその治療は、身体的、心理的、認知的な問題を引き起こすことがよくあります。 これらの問題により、日常の活動や、仕事への復帰が困難になる可能性があります。さらに健康への影響が持続することもあります。 がんのリハビリテーションは、治療中や治
<研究と患者アドボケート>がん研究の論文発表とその読み方の画像

<研究と患者アドボケート>がん研究の論文発表とその読み方

研究とアドボケート>がん研究>がん研究の論文発表とその読み方 (サイト注:本文中の「原文」へのリンクは、ウェブブラウザの翻訳機能を使用して日本語で閲覧可能です)  がん患者をケアするより良い方法を、医師や研究者らは常に模索しています。彼らは
<研究と患者アドボケート>創薬と薬剤開発の画像

<研究と患者アドボケート>創薬と薬剤開発

研究と患者アドボケート>がん研究>創薬と薬剤開発 (サイト注:本文中の「原文」へのリンクは、ウェブブラウザの翻訳機能を使用して日本語で閲覧可能です) 医師や研究者らは、がん患者をケアするためのより良い方法を常に模索しています。そのために、新
がん治療中の運動の画像

がん治療中の運動

(サイト注:本文中の「原文」へのリンクは、ウェブブラウザの翻訳機能を使用して日本語で閲覧可能です) 運動はがん治療計画の重要な要素です。定期的な運動は、治療の全段階で身体的および精神的健康を大幅に改善することを示す研究が増えつつあります。が
肺がん生存期間への禁煙の効果、再発卵巣がんの維持療法―ASCO20の画像

肺がん生存期間への禁煙の効果、再発卵巣がんの維持療法―ASCO20

2020年5月13日、Leslie Fannon Zhang、ASCOスタッフ 今月は、世界中から何千人ものがん専門家がバーチャルに集まり、がん患者の治療とケアにおける最新研究について学ぶ。ASCO(米国臨床腫瘍学会)20バーチャル科学プロ
アベルマブが妊娠性絨毛腫瘍に有効な可能性の画像

アベルマブが妊娠性絨毛腫瘍に有効な可能性

ASCOの見解 「この臨床試験は、婦人科系希少がんに対する免疫療法を検証しました。アベルマブ(販売名:バベンチオ, EMD Serono, Inc.社)は、再発しなかった患者数、および単剤化学療法よりも低毒性であったことを踏まえた、今後のさ
オラパリブがBRCA変異陽性の前立腺・膵臓がんに有効な可能性ーTAPUR試験の画像

オラパリブがBRCA変異陽性の前立腺・膵臓がんに有効な可能性ーTAPUR試験

TAPUR(Targeted Agent and Profiling Utilization Registry)試験の2つのコホートからの良好な結果は、BRCA1/2遺伝子不活性化変異を有する進行前立腺がんおよび膵臓がんの治療にオラパリブ(
COVID-19患者、がん進行が死亡リスク増加に関連(早期データ解析結果)の画像

COVID-19患者、がん進行が死亡リスク増加に関連(早期データ解析結果)

ヒドロキシクロロキン+アジスロマイシン併用投与にも、死亡リスク増加との顕著な関連性 ASCOの見解 「がん医療関係者は、COVID-19についてのデータ、とりわけがん患者への影響に関するものを緊急に必要としています。がん患者へのケアをいかに
ペムブロリズマブが特定のDNA変異を有する進行大腸がんの無増悪生存を2倍にの画像

ペムブロリズマブが特定のDNA変異を有する進行大腸がんの無増悪生存を2倍に

ASCOの見解 ASCO会長のHoward A. Burris III医師( 米国内科学会フェロー:FACP、米国臨床腫瘍学会フェロー:FASCO)によれば、「ペムブロリズマブや同様の免疫療法薬が、進行がんの二次治療として有効であることは証
予後不良の小児がん領域における大規模なプレシジョン医療の前進の画像

予後不良の小児がん領域における大規模なプレシジョン医療の前進

ASCOの見解 「本研究は、私たちの最も大切ながん患者集団である小児の生存期間を延長するプレシジョン医療の可能性を示しています。米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、進歩を加速させるべき研究優先事項のリストの中で、小児患者の治療にプレシジョン医療
進行尿路上皮がんの一次化学療法後、免疫療法アベルマブが全生存を改善の画像

進行尿路上皮がんの一次化学療法後、免疫療法アベルマブが全生存を改善

ASCOの見解 「進行性尿路上皮がんは、化学療法による一次治療後に再発しやすい特徴があります。本試験は、進行性尿路上皮がんに対して、全生存期間のこれまでで最長の延長を示しました。維持療法としてのアベルマブは、再発までの期間を有意に延長しまし
胸部がん患者、COVID-19診断前3カ月以内の化学療法歴で死亡リスク増加の画像

胸部がん患者、COVID-19診断前3カ月以内の化学療法歴で死亡リスク増加

ASCOの見解 「胸部がん患者は、既存の肺損傷、喫煙、高齢、併存疾患といった多くの要因のためCOVID-19に対してことのほか脆弱です。現時点ではわからないことが多く、答えはわずかです。本研究の結果はCOVID-19に感染したがん患者の転帰
術後オシメルチニブが局所非小細胞肺がん患者の再発を遅延の画像

術後オシメルチニブが局所非小細胞肺がん患者の再発を遅延

ASCOの見解 「オシメルチニブ(販売名:タグリッソ)は、すでに、EGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺がん患者に対する初回治療の標準治療となっています。本試験で認められた無病生存期間の改善は、外科的治療や化学療法後にも再発リスクが高い早期疾
ビデオ会議による介入でがん患者の遠距離介護者の不安と苦痛が減少の画像

ビデオ会議による介入でがん患者の遠距離介護者の不安と苦痛が減少

ASCOの見解 「COVID-19により愛する人と離ればなれになり、がん患者やその家族の不安が増す中、バーチャルな形で情緒的なサポートを提供することが、これまで以上に重要になってきています。本研究は、遠隔地にいる患者家族の情緒的な満足度を改
がん診療に高齢者の機能評価を導入すると、高齢患者のQOLが向上し入院が減少の画像

がん診療に高齢者の機能評価を導入すると、高齢患者のQOLが向上し入院が減少

ASCOの見解 「65歳以上の人口は今後も世界中で増加し続けることが予想されており、高齢患者に提供する治療の質を最適化するために、より厳密な研究が急務となっています。本研究は、高齢者機能評価により、高齢がん患者のQOLが明確に改善され、より
ASCO2020バーチャルがん科学会議、注目のトップ演題(5月29-31日)の画像

ASCO2020バーチャルがん科学会議、注目のトップ演題(5月29-31日)

がん患者、プレシジョン医療、および医療へのアクセスに対するCOVID-19の影響に関する最新研究を特集 米国臨床腫瘍学会(ASCO)は今年、最新のがん科学を新たにバーチャル形式で世界の腫瘍学関連団体に配信する。肺がん、大腸がん、卵巣がん、膀