米国臨床腫瘍学会(ASCO)

HPVワクチン接種率は小児がんサバイバーにおいて特に低いの画像

HPVワクチン接種率は小児がんサバイバーにおいて特に低い

医療専門家の推奨がワクチン接種への理解を深める重要な要因との調査結果   ASCOの見解 Merry-Jennifer Markham医師(米国内科学会フェロー/ASCOがんサバイバーシップ専門委員) 「近年、若年がんサバイバーは
緩和ケアにより進行がん患者の医療利用が減少の画像

緩和ケアにより進行がん患者の医療利用が減少

ASCOの見解   公衆衛生における緩和ケアの重要な役割が強調される   「この研究は、緩和ケアが進行がん患者にもたらす利益と、腫瘍の標準治療と緩和ケアを同時に行うことの重要性について、さらに多くのエビデンスを提供します。また、他
女性のための妊よう性、その問題と温存の画像

女性のための妊よう性、その問題と温存

多くのがん治療により、一時的あるいは永久的な妊よう性への影響が生じます。妊よう性とは、妊娠する能力のことで、不妊とは妊娠あるいは妊娠継続が難しいことです。 治療が始まる前に、ご自分のヘルスケアチームと話し、治療が自分の妊よう性にどのような影
妊よう性とがんに関する5つのポイントの画像

妊よう性とがんに関する5つのポイント

Aditi Narayan氏はLIVE STRONG財団のソーシャルワーカーであり、研究および評価プログラムマネージャーでもあります。Narayan氏は地域型ナビゲーションプログラム、およびLIVE STRONG財団がんサバイバー研究の実施
男性の妊よう性へ治療がおよぼす影響とその温存の画像

男性の妊よう性へ治療がおよぼす影響とその温存

2016年3月 Cancer.Net編集委員会承認 多くのがん治療が妊よう性に影響を及ぼします。この影響は、一時的な場合も永続的な場合もあります。妊よう性とは、子どもを作ることができる状態です。子どもを作ることができない状態が不妊です。 &
4期非小細胞肺がん(NSCLC)のガイドライン改定の画像

4期非小細胞肺がん(NSCLC)のガイドライン改定

米国臨床腫瘍学会(ASCO)診療ガイドラインが改定され、進行した非小細胞肺がん(NSCLC)の治療における免疫療法の役割が明確になる。またこの改定では、腫瘍のEGFR、ALK、およびROS1遺伝子に変化がある患者に対する分子標的薬の適応につ
がん患者の妊娠出産:妊よう性の支援とさまざまな選択肢の画像

がん患者の妊娠出産:妊よう性の支援とさまざまな選択肢

がん治療によっては子供を持つことが難しくなる場合があります。子供を持つ能力は妊よう性と呼ばれます。 生殖器を害する化学療法、放射線療法および外科手術は妊よう性に影響を及ぼす可能性があります。不妊症は以下の原因によって引き起こされることがあり
心停止後進行がん患者の生存率の低さ、終末期ケア意思決定の一助にの画像

心停止後進行がん患者の生存率の低さ、終末期ケア意思決定の一助に

病院の新しいデータが進行がんのケアプランニングに役立つかもしれない。   ASCOの観点   「この研究は、医師は患者と終末期ケアについて早い段階の率直な話し合いをする必要がある、という事実を強固にしました。進行がん患者でも蘇生を
がん治療の悪心・嘔吐管理に関するASCOガイドライン改定の画像

がん治療の悪心・嘔吐管理に関するASCOガイドライン改定

米国臨床腫瘍学会(ASCO)臨床診療ガイドラインが更新され、がん治療において悪心および嘔吐を予防する医薬品が新規に追加された。7月31日に発表された最新情報では、オランザピン、NK1受容体拮抗薬およびデキサメタゾンの適正使用に関する新しいエ
症状自己報告Webシステムの使用が生存期間延長に効果の画像

症状自己報告Webシステムの使用が生存期間延長に効果

がん領域における患者報告アウトカム(PRO)利用の増加を裏付ける研究 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 ASCO専門委員Harold J. Burstein医師は言う。「オンライン・テクノロジーは私たちの生活のまさにあらゆる場面でコミュニ
MammaPrintに関するASCOガイドライン更新の画像

MammaPrintに関するASCOガイドライン更新

MammaPrintゲノム検査の使用に関する新たな推奨が本日発表された。この推奨は、今後早期乳がん患者に対する補助化学療法についての判断の指針になると考えられる。この推奨は、早期乳がん患者におけるバイオマーカーの利用に関する米国臨床腫瘍学会
CAR-T細胞療法で多発性骨髄腫が長期寛解の画像

CAR-T細胞療法で多発性骨髄腫が長期寛解

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「まだ早い段階ですが、これらのデータはCAR-T (キメラ抗原受容体発現T細胞) 細胞療法が多発性骨髄腫に寛解をもたらすことを強く示すものです」と、ASCO専門家のMichael S. Sabel医師は述
ダコミチニブがEGFR陽性肺がんに有効な可能性の画像

ダコミチニブがEGFR陽性肺がんに有効な可能性

ASCOの見解 「EGFR標的療法が導入されてから15年近くたち、その時以来多数の患者の生存期間延長に役立っています。これらの治療薬の第二世代はより有効的ですが、より重い副作用を引きおこす可能性もあります。そのため、患者とその主治医はリスク
小児がんサバイバーの重篤な健康問題の発生率が着実に低下の画像

小児がんサバイバーの重篤な健康問題の発生率が着実に低下

ASCOの見解 「この数十年で、小児がんほど治療が劇的に進展した腫瘍学分野はほかにないでしょう。 治療やケアの進歩に伴い、小児がん患者は生存期間が延長したのみならず、がん治療の長期的な副作用の減少による恩恵を受けています。今回の研究結果は、
アビラテロン併用で前立腺がん患者の生存期間が延長の画像

アビラテロン併用で前立腺がん患者の生存期間が延長

ASCOの見解 「本研究は、主に転移前立腺がん患者の標準ホルモン療法にアビラテロンを追加することを支持する有力なエビデンスを示すものであり、これにより、同条件下においてアビラテロンを標準治療として確立するエビデンスを一層強固なものにしていま
トラスツズマブ+ペルツズマブ、一部の女性で浸潤性乳がん発生率低下の画像

トラスツズマブ+ペルツズマブ、一部の女性で浸潤性乳がん発生率低下

ASCOの見解 「HER2分子標的治療薬の導入と治療の成功は乳がん治療の転換点となりました。本研究に参加した女性の一部でHER2標的治療薬1種類の単独投与よりも2種類を併用投与した場合でより高い効果が得られたことに期待がもたれますが、再発リ
免疫療法が、再燃した中皮腫に効果を示す可能性の画像

免疫療法が、再燃した中皮腫に効果を示す可能性

ASCOの見解 「われわれは、より多種類のがんへの使用拡大に伴い、免疫療法の第2の波を目にしています。長い間、治療の選択肢があまりに少なかった中皮腫に対し、免疫療法が効果的な新しい治療法であることを本研究は示しています」と米国臨床腫瘍学会(
がんサバイバーが感じる再発への恐れに、新たな心理介入法が効果の画像

がんサバイバーが感じる再発への恐れに、新たな心理介入法が効果

ASCOの見解 「がんサバイバーの数はこれまでにないほど増えていますが、多くのサバイバーは治療終了後長時間経ってもがんが再発するのではないかと恐れています。この恐れを軽減するための介入が良好な結果を示し、患者により広く適応できる道を開くこと
新たな循環腫瘍DNA解析技術によるがんゲノムの探究の画像

新たな循環腫瘍DNA解析技術によるがんゲノムの探究

がん早期発見のための血液検査に向けた最初の一歩   ASCOの見解 「循環腫瘍DNA分析の用途の可能性について有望な報告が続いています。この方法が、がんの早期発見のための確立された技術となるにはまだ時間がかかりそうですが、この研究
アビラテロンは転移前立腺がんの進行を18カ月遅延、生存期間を延長の画像

アビラテロンは転移前立腺がんの進行を18カ月遅延、生存期間を延長

ASCOの見解 「進行性前立腺がんと診断された患者にとって、まず化学療法による治療、そして今度はアビラテロンと、治療はより効果的なアプローチへと発展しています」と、ASCO ExpertのSumanta Kumar Pal医師は述べた。「こ
1回放射線治療で脊髄圧迫症状は十分緩和されるの画像

1回放射線治療で脊髄圧迫症状は十分緩和される

ASCOの見解 「脊髄圧迫症とは、進行がん患者の多くが経験する衰弱状態のことです。これまで、患者は放射線治療を受けるために、何日も病院と自宅を往復せざるを得ないことがしばしばありました。この研究はケアの質を損なうことなく、患者ががんではなく
心理的介入による進行がん患者の苦痛緩和の画像

心理的介入による進行がん患者の苦痛緩和

この要約には抄録にはない最新データが記載されています   ASCOの見解 「進行がんと診断されることは、患者や家族にとって重い負担になります。本試験はこの負担を和らげる新たな方法を与えてくれます。私たちの腫瘍医としての仕事は、患者
アレクチニブが肺がんの無増悪生存期間を1年以上延長の画像

アレクチニブが肺がんの無増悪生存期間を1年以上延長

ASCOの見解 「この第2世代分子標的薬治療が、脳転移を予防しながら進行肺がんの増殖を2年以上停止させたという事実は、この難病における並外れた結果です」と米国臨床腫瘍学会(ASCO)専門委員のJohn Heymach医学博士は述べた。「この
オラパリブがBRCA変異陽性の転移乳がんの増殖を遅延の画像

オラパリブがBRCA変異陽性の転移乳がんの増殖を遅延

PARP阻害剤が、乳がん治療において重要な役割を担う可能性を示唆   ASCOの見解 「待望された本研究結果は、この新たな治療法がBRCA遺伝子変異陽性乳がん女性の治療成績を向上させる可能性があることを示しています」「注目すべきこ