呼吸器がん

肺・気管支がん  ~知っていますか?~の画像

肺・気管支がん ~知っていますか?~

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ)が日本語字幕を付けたものです。  米国でのがんによる死亡のうち、肺がんが男性・女性ともに最も多いことを知っていますか?「肺がん~知っていますか
オラパリブ+テモゾロミド併用療法は再発小細胞肺がんに初期試験で有望な結果の画像

オラパリブ+テモゾロミド併用療法は再発小細胞肺がんに初期試験で有望な結果

米国がん学会(AACR)ジャーナルのCancer Discovery誌で報告された第1/2相臨床試験の結果において、PARP阻害薬オラパリブ(リムパーザ)は化学療法剤テモゾロミド(テモダール)との併用によって、再発小細胞肺がん(SCLC)患
FDAが特定の遺伝子陽性固形がんおよび非小細胞肺がんにエヌトレクチニブを承認の画像

FDAが特定の遺伝子陽性固形がんおよび非小細胞肺がんにエヌトレクチニブを承認

2019年8月15日、米国食品医薬品局(FDA)は、神経栄養因子受容体チロシンキナーゼ(NTRK)融合遺伝子陽性で既知の獲得耐性変異を有さず、転移がみられるか外科的切除が重篤な合併症を起こす可能性が高く、治療後に病勢進行したか適切な標準治療
早期肺がんにおいて術前のチェックポイント阻害薬併用は有効の画像

早期肺がんにおいて術前のチェックポイント阻害薬併用は有効

ニボルマブ+イピリムマブの併用による術前補助療法、すなわち手術前の治療を受けた早期切除可能非小細胞肺がん患者における病理学的著効(major pathologic response:MPR)率は33%であった。これらの患者では、手術時点での
ペムブロリズマブが進行非小細胞肺がんの一部でこれまでの生存率を改善の画像

ペムブロリズマブが進行非小細胞肺がんの一部でこれまでの生存率を改善

ASCOの見解 「これらのデータは、5年以上生存可能な患者集団が存在するという点で、免疫療法で治療した他のがんにおいてみられるデータと類似しています。今までよりも多くの患者について、もはや生存期間を月単位で計算する必要がないということは、実
FDAが転移小細胞肺がんにペムブロリズマブを承認の画像

FDAが転移小細胞肺がんにペムブロリズマブを承認

2019年6月17日、米国食品医薬品局(FDA)は、1つ以上の治療を受け、かつプラチナベースの化学療法中または治療後に進行した転移小細胞肺がん(SCLC)患者の治療薬としてペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ、Merck社)を迅速承認した
初期肺がんに対する術前アテゾリズマブ免疫療法は有望の画像

初期肺がんに対する術前アテゾリズマブ免疫療法は有望

ASCO年次総会で発表される大規模多施設試験の中間結果 手術可能な非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象にした免疫チェックポイント阻害剤による術前化学(ネオアジュバント)療法は忍容性が良好で、多くの場合、顕著な腫瘍細胞死を引き起こした。これ
FDAが非小細胞肺がん(TPS ≥1%)一次治療にペムブロリズマブの適応を拡大の画像

FDAが非小細胞肺がん(TPS ≥1%)一次治療にペムブロリズマブの適応を拡大

2019年4月11日、米国食品医薬品局(FDA)は、切除不能もしくは根治的化学放射線療法が適応でないステージ3非小細胞肺がん(NSCLC)患者、または転移を有するNSCLC患者の一次治療にペムブロリズマブ(商品名キートルーダ:メルク社製)を
ASCO最新の知見、米国がん学会(AACR)年次総会で発表されたTAPUR試験についての画像

ASCO最新の知見、米国がん学会(AACR)年次総会で発表されたTAPUR試験について

協力企業の支援期間延長により、実際的試験からのより多くの知見が腫瘍学分野にもたらされる 2019年米国がん学会(AACR)の会期中、ポスターセッションにて3件の完了済みコホート試験より得られた知見が発表された。この3件のコホート試験は、米国
FDAが進展型小細胞肺がんにアテゾリズマブを承認の画像

FDAが進展型小細胞肺がんにアテゾリズマブを承認

2019年3月18日、米国食品医薬品局(FDA)は、成人進展型小細胞肺がん(ES-SCLC)患者に対する一次治療として、アテゾリズマブ(商品名:テセントリク、Genentech Inc.社)とカルボプラチンおよびエトポシドの併用を承認した。
非小細胞肺がんへのリキッドバイオプシーは、組織生検と同程度に有効の画像

非小細胞肺がんへのリキッドバイオプシーは、組織生検と同程度に有効

FDA承認薬が存在する4つの変異をより正確に同定し、最初の検査から治療開始までの期間を短縮することができる。 テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者らが主導した多施設共同研究により、進行非小細胞肺がん(NSCLC)におけるガイドラ
侵襲的肺がん検診の合併症発生率とコストは予想以上に高いの画像

侵襲的肺がん検診の合併症発生率とコストは予想以上に高い

肺がんCT検診を検討している患者とリスクを共有することの重要性が研究により明確に 肺の異常に対する侵襲的診断後の合併症発生率は、地域医療の場面では肺がん検診試験での報告の2倍であった。また、検診を受けたのちに発生する関連コストは平均で$6,
小細胞肺がん二次治療、ニボルマブの効果は標準化学療法と同等の画像

小細胞肺がん二次治療、ニボルマブの効果は標準化学療法と同等

進行小細胞肺がん患者に対する化学療法と免疫療法では、奏効率および生存率は同等 一次治療後に再発した転移を有する小細胞肺がん(SCLC)患者において、抗PD1抗体治療薬であるニボルマブは、標準化学療法と比べて奏効率や生存率を改善しなかった。こ
進行肺がんにおいてペムブロリズマブはドセタキセルよりも長期に生存を改善するの画像

進行肺がんにおいてペムブロリズマブはドセタキセルよりも長期に生存を改善する

ペムブロリズマブは治療歴のある進行非小細胞肺がん患者の全生存期間を有意に延長する 治療歴のある進行非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対するペムブロリズマブ投与は、ドセタキセル投与よりも有意に長い全生存期間(OS)を示したと、スイスのジュネー
進行肺がん患者における運動の有益性が初めて示されるの画像

進行肺がん患者における運動の有益性が初めて示される

ESMO 2018 プレスリリース 肺がん患者の大半は定期的な運動がもたらす利益を認識していないが、新たなデータは定期的な運動が疲労を著しく軽減し、心身の健康を改善する可能性があることを示している。ミュンヘンで開催されたESMO2018年総
FDAが転移非小細胞肺がんに化学療法+アテゾリズマブを承認の画像

FDAが転移非小細胞肺がんに化学療法+アテゾリズマブを承認

2018年12月6日、米国食品医薬品局(FDA)は、EGFRまたはALK遺伝子変異がない転移非扁平上皮非小細胞肺がん( NSq NSCLC)患者の一次治療に対してベバシズマブ、パクリタキセルおよびカルボプラチンとの併用でアテゾリズマブ(テセ
実臨床下での免疫療法薬による副作用は臨床研究よりも多いの画像

実臨床下での免疫療法薬による副作用は臨床研究よりも多い

専門家の見解 「免疫チェックポイント阻害薬は多くのがん患者の生存期間を改善しますが、これまでの新しい治療法と同様に、その使用には副作用のリスクが伴います。免疫療法は実用化されてからまだ数年しか経過していませんが、普及しつつあることから、この
小細胞肺がんの免疫療法薬がついに生存期間を改善の画像

小細胞肺がんの免疫療法薬がついに生存期間を改善

20年以上にわたる年月の中で初めて、一つの治療が進行小細胞肺がん(SCLC)患者の生存期間を改善できることが示された。 大規模臨床試験において、免疫療法薬のアテゾリズマブ(テセントリク)を標準化学療法レジメンと併用した治療法により、この侵襲
手術や放射線療法で転移が限定的な肺がん患者の生存期間が延長の画像

手術や放射線療法で転移が限定的な肺がん患者の生存期間が延長

新たな手法を試した初のランダム化比較試験で、全生存期間が2倍以上の41.2カ月に MDアンダーソン ニュースリリース 2018年10月21日 一次治療として化学療法を行った後に進行を認めない4期肺がん患者にとって、転移巣を放射線または手術で
FDAがロルラチニブをALK陽性転移性肺がんの二次治療以降に承認の画像

FDAがロルラチニブをALK陽性転移性肺がんの二次治療以降に承認

2018年11月2日、米国食品医薬品局(FDA)は未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)陽性転移性非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対しlorlatinib [ロルラチニブ](商品名:LORBRENA、Pfizer, Inc.社)を迅速承認した。
FDAが転移扁平上皮肺がんの初回治療にペムブロリズマブ併用を承認の画像

FDAが転移扁平上皮肺がんの初回治療にペムブロリズマブ併用を承認

2018年10月30日、米国食品医薬品局(FDA)は転移扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)患者の初回治療にペムブロリズマブ(商品名:キイトルーダ、Merck & Co. Inc.社)をカルボプラチン+パクリタキセルまたはナブパクリ
ラドンとがんの画像

ラドンとがん

目次 ・ラドンとは ・一般の人々はラドンにどのようにさらされていますか? ・ラドンはどのようにがんを引き起こしますか? ・ラドン曝露により肺がんを発症する人はどのくらいいますか? ・肺がん発症におけるラドンの関与を研究者らはどのように発見し
FDAが転移を有する非小細胞肺がんにダコミチニブを承認の画像

FDAが転移を有する非小細胞肺がんにダコミチニブを承認

2018年9月27日、米国食品医薬品局(FDA)は、FDA承認検査で上皮成長因子受容体(EGFR)のエクソン19の欠失またはエクソン21のL858R置換変異が検出された転移を有する非小細胞肺がん(NSCLC)患者の初回治療として、dacom
ポジオチニブ、難治性肺がんの変異に高い奏効率を維持の画像

ポジオチニブ、難治性肺がんの変異に高い奏効率を維持

MDアンダーソンではEGFRエクソン20挿入変異とHER2エクソン20挿入変異を有するがんに関する臨床試験を継続 テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターではムーンショット計画によりpoziotinib(ポジオチニブ)を用いた分子標的療