呼吸器がん

FDAがKRAS G12C変異陽性非小細胞肺がんにアダグラシブを迅速承認の画像

FDAがKRAS G12C変異陽性非小細胞肺がんにアダグラシブを迅速承認

2022年12月12日、米国食品医薬品局(FDA)は、FDAが承認した検査でKRAS G12C変異が認められた局所進行または転移性非小細胞肺がん(NSCLC)の全身治療歴のある成人患者を対象に...
肺がんの見落としを防ぐ早期発見プログラムの画像

肺がんの見落としを防ぐ早期発見プログラム

画像検査は外傷や疾患の診断に広く用いられているが、肺がんのわずかな初期徴候をとらえるという副次的メリットがある。

コンピュータ断層撮影(CTスキャン)は疾患の診断に重要な情報を提供するが、これら...
FDAが​肺がん(NSCLC)にトレメリムマブ+デュルバルマブ+化学療法併用を承認の画像

FDAが​肺がん(NSCLC)にトレメリムマブ+デュルバルマブ+化学療法併用を承認

2022年11月10日、米国食品医薬品局(FDA)は、感作性上皮成長因子受容体(EGFR)変異または未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)ゲノム腫瘍異常のない転移性非小細胞肺がん(NSCLC)成人患者に対し、トレメリムマブ(販売名:Imjudo、
FDAが非小細胞肺がんの併用療法にセミプリマブを承認の画像

FDAが非小細胞肺がんの併用療法にセミプリマブを承認

2022年11月8日、米国食品医薬品局(FDA)は、上皮成長因子受容体(EGFR)、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)、またはc-ros oncogene 1(ROS1)の遺伝子に異常のない進行した非小細胞肺がん(NSCLC)の成人患者に対し
限局型非小細胞肺がんに対する術前がん免疫療法は安全で有効な選択肢の画像

限局型非小細胞肺がんに対する術前がん免疫療法は安全で有効な選択肢

がん免疫療法薬であるアテゾリズマブ(販売名:テセントリク)は、肺がん手術を受ける前のステージIB~IIIBの非小細胞肺がん(NSCLC)患者に安全かつ有効な治療であることが、新たな研究結果から明らかになった。この研究は、オハイオ州立大学総合
FDAがHER2変異肺がんへの初の標的療法としてトラスツズマブ デルクステカンを承認の画像

FDAがHER2変異肺がんへの初の標的療法としてトラスツズマブ デルクステカンを承認

肺がんの人々が、腫瘍内の特定の遺伝子変化に狙いを定めた治療(標的療法)を受けることがますます増えている。今回、非小細胞肺がん(NSCLC)患者にとって、標的療法の選択肢がもう一つ増えた。 8月11日、米国食品医薬品局(FDA)は、HER2遺
大気汚染が喫煙経験のない人の肺がんを誘発することを発見の画像

大気汚染が喫煙経験のない人の肺がんを誘発することを発見

● 気候変動に関連する微粒子は、気道細胞のがん性変化をも促進する ● EGFRおよびKRAS遺伝子に変異がある細胞は、大気汚染物質にさらされるとがん化する可能性がある ● 肺がんの予防と治療への新たなアプローチに道を開く最新データ キャンサ
肺がん患者は、他のがんリスクを高める遺伝的変異を継承している場合があるの画像

肺がん患者は、他のがんリスクを高める遺伝的変異を継承している場合がある

遺伝子検査は、患者、家族のリスクを見つけ出し、治療選択肢を決定するのに役立つ ASCOエキスパートの見解:「肺がんのほとんどは喫煙やその他の環境的要因に起因する可能性がありますが、肺がんを発症する遺伝的素因は何千人もの患者に影響を及ぼしてい
欧州臨床腫瘍学会(ESMO)ハイライト(2022年9月9日〜13日開催)の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)ハイライト(2022年9月9日〜13日開催)

学会期間中、発表される約2,000の最新の抄録の中から具体的な演題を紹介する。 ◎ 大気汚染による非小細胞肺がん誘発の作用機序の発見が、肺がんの予防と治療に対する新たなアプローチの基礎を築く(LBA1) ◎ 1回の血液検査で複数のがんを同時
肺がん女性では性機能障害が多い傾向の画像

肺がん女性では性機能障害が多い傾向

肺がん女性の性機能障害を評価した過去最大規模の研究 ダナファーバーがん研究所がん治療公平プログラムのアソシエイトディレクターであるNarjust Florez(Duma)医師が主導した研究によると、肺がんの女性において性機能障害が高頻度にみ
FDAがHER2変異非小細胞肺がんにトラスツズマブ デルクステカンを迅速承認の画像

FDAがHER2変異非小細胞肺がんにトラスツズマブ デルクステカンを迅速承認

2022年8月11日、FDA(米国食品医薬品局)は、FDAが承認した検査法により活性化ヒト上皮成長因子受容体2HER2(ERBB2)変異が検出された切除不能または転移性非小細胞肺がん(NSCLC)で、全身療法歴のある成人患者を対象としたトラ
EGFRエクソン20変異肺がんに対するポジオチニブの活性は挿入位置に依存の画像

EGFRエクソン20変異肺がんに対するポジオチニブの活性は挿入位置に依存

一部の肺がんに対して新たなレベルの高精度医療(Precision Medicine)が必要であることを示唆する研究結果 テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者らが主導した、上皮成長因子受容体(EGFR)エクソン20変異非小細胞肺が
加齢黄斑変性の進行抑制に、βカロテン代替サプリメントで肺がんリスクを軽減の画像

加齢黄斑変性の進行抑制に、βカロテン代替サプリメントで肺がんリスクを軽減

加齢黄斑変性(AMD)の進行を抑制する目的で用いられるサプリメントとして、βカロテンに代えてルテインとゼアキサンチンの有用性が確認され、この代替サプリメントの採用によりβカロテンに関連する肺がんのリスクが低減されることが10年間の追跡研究で
KRAS阻害薬アダグラシブ、非小細胞肺がんにおいて奏効率43%を示すの画像

KRAS阻害薬アダグラシブ、非小細胞肺がんにおいて奏効率43%を示す

KRAS変異陽性、非小細胞肺がん患者を対象として、KRAS-G12C阻害薬であるadagrasib[アダグラシブ](600 mgを1日2回経口投与)を検討したKRYSTAL-1試験第2相の結果が明らかになった。 測定可能な病変を有する患者1
ペムブロリズマブによる肺がん初回治療の有益性に喫煙歴が影響する可能性の画像

ペムブロリズマブによる肺がん初回治療の有益性に喫煙歴が影響する可能性

進行非小細胞肺がん(NSCLC)において、PD-1阻害剤ペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)による初回治療の有益性は、患者の喫煙歴と関連する可能性があることが、MDアンダーソンがんセンターの後向きコホート研究でわかった。本研究は、JAM
早期肺がんに術前の化学療法とニボルマブの併用が有効の画像

早期肺がんに術前の化学療法とニボルマブの併用が有効

≪研究共著兼監修者注はこちら≫   肺がんが肺の外に広がる前に発見された場合、通常、手術で腫瘍を除去する。残念ながら、がんが早期に発見され手術によって腫瘍がすべて取り除かれたとしても、がんが再発することはよくある。 今回、大規模臨
肺がんに対する、がん免疫療法新薬tiragolumab試験が不成功にの画像

肺がんに対する、がん免疫療法新薬tiragolumab試験が不成功に

Roche社が展開する新たながん免疫療法薬の開発は、5月11日水曜日、免疫療法薬の2つ目の試験で肺がん進行を遅らせることができず先行きが不透明となり、このスイス製薬会社の株価に打撃を与えた。 研究において、抗TIGIT新薬tiragolum
KRAS阻害薬ソトラシブが非小細胞肺がんに長期的な臨床的有用性をもたらすの画像

KRAS阻害薬ソトラシブが非小細胞肺がんに長期的な臨床的有用性をもたらす

CodeBreaK 100試験の2年追跡調査で、腫瘍への効果持続期間の延長と良好な安全性プロファイルが確認された KRAS G12C阻害薬ソトラシブ(販売名:ルマケラス)を投与した非小細胞肺がん(NSCLC)患者の2年全生存率は32.5%で
米国がん学会(AACR):非小細胞肺がんのデュルバルマブ併用術前療法の画像

米国がん学会(AACR):非小細胞肺がんのデュルバルマブ併用術前療法

単剤療法よりも併用療法を支持する橋渡し研究の知見 アブストラクト番号:CT011 早期非小細胞肺がん(NSCLC)の術前療法において、抗PD-L1モノクローナル抗体のデュルバルマブ(販売名:イミフィンジ)と他の新規薬剤との併用免疫療法はデュ
肺がん術前化学療法+ニボルマブ免疫療法により治療成績が向上の画像

肺がん術前化学療法+ニボルマブ免疫療法により治療成績が向上

≪研究共著兼監修者注はこちら≫  世界のがん死亡原因で第1位の手術可能な非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対し、手術前化学療法(ネオアジュバント)に免疫療法薬のニボルマブ(製品名:オプジーボ)を追加することで、がんの再発または死亡リスクが1
個別化した血液検査で肺がん再発を予測の画像

個別化した血液検査で肺がん再発を予測

肺がんの治療後に各患者に個別化した血液検査を行うことでがんの再発リスクが高い患者を特定できることをケンブリッジ大学の研究者が示した。 キャンサーリサーチUKケンブリッジ研究所の研究者が用いた個別化血液検査はリキッドバイオプシーの1種であり、
FDAが早期肺がんにニボ+プラチナ製剤2剤併用療法による術前療法を承認の画像

FDAが早期肺がんにニボ+プラチナ製剤2剤併用療法による術前療法を承認

2022年3月4日、米国食品医薬品局(FDA)は、切除可能な非小細胞肺がん(NSCLC)の成人患者に対するネオアジュバント療法(術前薬物療法)として、ニボルマブ(販売名:オプジーボ、Bristol-Myers Squibb Company社
非小細胞肺がんの初回化学療法へのトリパリマブ追加で無増悪生存期間が延長の画像

非小細胞肺がんの初回化学療法へのトリパリマブ追加で無増悪生存期間が延長

【ASCOの見解】 「本結果から、免疫療法薬と化学療法の併用が、ドライバー変異を持たない未治療の進行非小細胞肺がん患者の生存率を改善することが確認されました」-ASCO肺がんエキスパート  Maximilian Diehn医学博士 CHOI
ESMO専門家の合意声明: 腫瘍学領域で実践的なガイダンスを提供する新リソースの画像

ESMO専門家の合意声明: 腫瘍学領域で実践的なガイダンスを提供する新リソース

ESMO Annals of Oncology誌プレスリリース ESMO(腫瘍内科の代表的専門組織)は、現在のエビデンスでは臨床的な意思決定に十分な情報を提供できないためにガイドラインの対象外であるがん診療の領域において、医師を導くための新