欧州バーチャル肺がん学会(ELCC)ハイライト(2021年3月25~27日開催)

欧州肺がん学会2021(European Lung Cancer Congress 2021)は肺がん治療の質の向上を目的とする年次総会であり、バーチャル会議として開催予定である(3月25日~27日)。

200以上の研究報告が、口頭もしくはオンラインポスターにより発表される予定であり、Journal of Thoracic Oncology誌オンライン版で増刊号として掲載される。

【プログラムハイライト】
・小細胞肺がんと中皮腫の治療における新たな展望。化学療法、放射線療法、免疫療法における期待、および新規治療薬を含めて

・禁煙と電子タバコの安全性/有効性に焦点を当てた肺がん予防法

・早期および進行期非小細胞肺がん、両者のマネージメントと治療選択肢

・肺がん治療における免疫療法の役割

【キーノートレクチャー(基調講演)】
・「2021年Heine H. Hansen(HHH)賞受賞スピーチ:一滴一滴がいつしか湖をつくる―肺がん治療30年の進歩」Johan Vansteenkiste氏、2121年3月25日、09:15-09:45

・「2020年HHH賞受賞スピーチ:生検、バイオマーカー、生物学」Fiona Blackhall氏、2021年3月26日、09:15-09:45

・「非小細胞肺がん周術期治療の進歩と今後の展望」光冨徹哉氏、2021年3月26日、14:35-15:05

【報道・マスコミ関係者向け】
・肺がん患者10人に1人以上は自身のがんがどのようなタイプかを知らない

・非小細胞肺がんのKRASG12C変異を標的とする2剤目となる薬剤が有効性を示す

翻訳担当者 山本哲靖

監修 田中文啓(呼吸器外科/産業医科大学)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

肺がんに関連する記事

【ASCO2024年次総会】オシメルチニブは局所進行EGFR変異NSCLCの標準治療を変える可能性の画像

【ASCO2024年次総会】オシメルチニブは局所進行EGFR変異NSCLCの標準治療を変える可能性

ASCOの見解(引用)「LAURA試験は、切除不能なステージIII疾患におけるEGFR標的療法の役割を明確にした最初の試験である。本試験ではオシメルチニブと現在の標準治療である...
周術期ニボルマブ+化学療法が肺がんの転帰を改善の画像

周術期ニボルマブ+化学療法が肺がんの転帰を改善

周術期におけるニボルマブ+化学療法併用により、化学療法単独と比較して疾患の再発、進行、または死亡の確率が有意に低下することが第3相試験で明らかに

テキサス大学MDアンダーソンがんセンター...
FDAが肺がんの補助療法としてアレクチニブを承認の画像

FDAが肺がんの補助療法としてアレクチニブを承認

外科的切除が可能な非小細胞肺がん(NSCLC)患者の一部は、標的治療薬アレクチニブ(販売名:アレセンサ)による術後療法を受けるべきであることが、大規模臨床試験の結果から示唆された。

AL...
グレシラシブがKRAS G12C変異陽性進行肺がんの治療に有望の画像

グレシラシブがKRAS G12C変異陽性進行肺がんの治療に有望

ASCO専門家の見解
「今回の発表で、KRAS G12Cを阻害する複数の薬剤は、同程度に有効であるというデータを得ることができました。中国以外の国での臨床現場を変えるには、 この薬剤が、...