呼吸器がん

非小細胞肺がんの染色体異数性から免疫治療薬への反応を予測できる可能性の画像

非小細胞肺がんの染色体異数性から免疫治療薬への反応を予測できる可能性

・腫瘍の異数性が低レベルである患者は、免疫チェックポイント阻害薬治療の転帰が良好な場合が多いことをダナファーバーの研究者らが発見 がん細胞の異数性(染色体数の異常)の程度が低い非小細胞肺がん(NSCLC)患者は、その程度が高い患者に比べて免
術前ニボルマブ+化学療法は切除可能な肺がんの病理学的完全奏効を改善の画像

術前ニボルマブ+化学療法は切除可能な肺がんの病理学的完全奏効を改善

切除可能な非小細胞肺がん(NSCLC)患者の術前療法として、化学療法+ニボルマブ(販売名:オプジーボ)併用で、病理学的完全奏効(pCR、主要評価項目)率が24%と有意に改善した一方、化学療法単独群では2.2%で、併用療法による全毒性や手術遅
アダグラシブがKRAS変異型非小細胞肺がんに有効の画像

アダグラシブがKRAS変異型非小細胞肺がんに有効

 欧州肺がん会議 2021バーチャルプレスリリース 欧州肺がんバーチャル会議2021で報告されたKRAS(G12C)阻害薬adagrasib[アダグラシブ]を用いた試験の結果によれば、KRAS(G12C)を阻害する薬として二番目となるアダグ
自分の腫瘍の種類を知らない肺がん患者は10人に1人以上の画像

自分の腫瘍の種類を知らない肺がん患者は10人に1人以上

肺がん治療の複雑化や言葉の障壁により、患者が医療チームとコミュニケーションをとりにくくなっている可能性 治療とケアの障害になるのみならず、近年の「患者のエンパワーメント」の進展をも脅かすおそれ Global Lung Cancer Coal
欧州バーチャル肺がん学会(ELCC)ハイライト(2021年3月25~27日開催)の画像

欧州バーチャル肺がん学会(ELCC)ハイライト(2021年3月25~27日開催)

欧州肺がん学会2021(European Lung Cancer Congress 2021)は肺がん治療の質の向上を目的とする年次総会であり、バーチャル会議として開催予定である(3月25日~27日)。 200以上の研究報告が、口頭もしくは
術前ニボ+イピ併用が早期非小細胞肺がんの予後を改善の画像

術前ニボ+イピ併用が早期非小細胞肺がんの予後を改善

化学療法節約レジメンが第2相試験の主要評価項目を達成 ステージ1~3の非小細胞肺がん(NSCLC)に対する単剤および併用による術前免疫チェックポイント阻害薬療法について報告した初のランダム化第2相臨床試験により、病理学的奏効(MPR)率、腫
FDAが非小細胞肺がんにセミプリマブを承認の画像

FDAが非小細胞肺がんにセミプリマブを承認

2021年2月22日、米国食品医薬品局(FDA)は、進行非小細胞肺がん(NSCLC)(外科的切除や根治的化学放射線療法の適応とならない局所進行または転移のみられるNSCLC)で、腫瘍がPD-L1高発現であることがFDA承認検査で確認され(
FDAが肺がん治療による骨髄抑制の軽減にトリラシクリブを承認の画像

FDAが肺がん治療による骨髄抑制の軽減にトリラシクリブを承認

骨髄機能保護のために進展型小細胞肺がんの化学療法前にトリラシクリブを投与 速報 2021年2月12日 米国食品医薬品局(FDA)は、トリラシクリブ(販売名:Cosela)を進展型小細胞肺がん(がんが原発巣のある肺や所属リンパ節を超えて転移し
FDAが転移非小細胞肺がんにテポチニブを迅速承認の画像

FDAが転移非小細胞肺がんにテポチニブを迅速承認

2021年2月3日、米国食品医薬品局(FDA)は、間葉上皮転換(MET)エクソン14スキッピング変異を有する転移非小細胞肺がん(NSCLC)の成人患者にテポチニブ(販売名:テプミトコ、EMD Serono Inc.社)を迅速承認した。 ME
小細胞肺がんにおける第4のサブタイプと治療の個別化の画像

小細胞肺がんにおける第4のサブタイプと治療の個別化

増幅免疫細胞集団が特徴のこれまでに知られていなかった第4のタイプ 遺伝子発現に基づき、小細胞肺がん(SCLC)を固有の4つのタイプに分類する包括的な枠組みを初めて構築し、タイプごとに潜在的な治療標的を特定したことを、テキサス大学MDアンダー
コロナワクチンとがんーブログ更新の画像

コロナワクチンとがんーブログ更新

キャンサーリサーチU.Kブログ1月18、21日 昨年3月にコロナウイルスが世界的に大流行し、世界の動きが停滞して以来、ワクチンのことが話題になっています。 新型コロナウイルス感染症のワクチンは、ウイルスを抑制して、正常に戻るための最大の機会
非小細胞肺がんにおける免疫関連副作用と生存期間の関係の画像

非小細胞肺がんにおける免疫関連副作用と生存期間の関係

免疫療法を受けた非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象とした大規模なレトロスペクティブ研究の結果、患者が複数の免疫関連副作用を受ける可能性があり、これらの多臓器免疫関連副作用(irAE)と患者の生存期間延長との間に相関関係があることが明らか
進行ALK陽性肺がんへの初回治療としてロルラチニブはクリゾチニブより優れているの画像

進行ALK陽性肺がんへの初回治療としてロルラチニブはクリゾチニブより優れている

ロルラチニブは、進行ALK陽性非小細胞肺がん(NSCLC)患者の初回治療薬としてクリゾチニブよりも無増悪生存期間が長く、脳腫瘍に対してより効果的であることが、ファイザー社の抗がん剤2剤比較試験の結果から明らかとなった。 ロルラチニブによる治
中皮腫の腫瘍体積評価においてMRIはCTより優れているの画像

中皮腫の腫瘍体積評価においてMRIはCTより優れている

中皮腫患者における原発巣の腫瘍体積を評価する際、MRIは、CTよりも優れていると英国の研究者らが報告した。 「腫瘍体積のMRI測定は、同じ腫瘍体積をCTで測定するよりも、その後の生存を予測する上で精度に優れていると思われる」と、英国のクイー
肺がんサバイバーの性的健康の画像

肺がんサバイバーの性的健康

Narjust Duma医師は、ウィスコンシン大学の血液腫瘍内科の教職員である。胸部悪性腫瘍の臨床と研究に重点的に取り組んでいる腫瘍内科医であり、特に女性の肺がんに関心を持っている。Duma医師は、肺がん女性の性的健康を評価した現時点で最大
肺のマイクロバイオームが肺がん病因・予後と関連かの画像

肺のマイクロバイオームが肺がん病因・予後と関連か

肺にみられる、口腔マイクロバイオーム (ヒトの体に共生する細菌叢)の豊富さと、病期進行、予後不良、および腫瘍進行との相関を示唆する研究結果が、米国がん学会(AACR)の機関紙Cancer Discovery誌で報告された。 「長い間、肺に菌
米国がん免疫学会2020:メラノーマと肺がんの臨床試験成績の画像

米国がん免疫学会2020:メラノーマと肺がんの臨床試験成績

注目の演題は、メラノーマおよび肺がん患者を対象とした併用療法の良好な臨床データ アブストラクト 277, 368, 420 メラノーマおよび肺がんの患者に対する併用療法の期待できる臨床結果が、米国がん免疫療法学会(SITC)35周年記念年次
PD-L1高発現の肺がん(NSCLC)初回治療にアテゾリズマブが有用の画像

PD-L1高発現の肺がん(NSCLC)初回治療にアテゾリズマブが有用

特定の転移非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象とする少規模臨床試験において、初回治療としてのアテゾリズマブ(販売名:テセントリク)は、プラチナベース全身化学療法群と比較して、全生存期間中央値を7カ月強(41%)延長することが、Roche
非小細胞肺がんの術後放射線治療に効果なしの画像

非小細胞肺がんの術後放射線治療に効果なし

非小細胞肺がん(NSCLC)の完全切除および(術前)術後化学療法の後に実施する術後放射線療法(PORT)は、3年無病生存率(DFS)において統計学的有意差を示さないことが2020年欧州臨床腫瘍学会(ESMO)年次総会で発表されたデータにより
FDAが悪性胸膜中皮腫の一次治療にニボ+イピ併用を承認の画像

FDAが悪性胸膜中皮腫の一次治療にニボ+イピ併用を承認

アスベスト繊維の吸入により発現するがん、中皮腫に対する16年ぶりの承認 速報 2020年10月02日 本日、米国食品医薬品局(FDA)は、手術による切除が不能な悪性胸膜中皮腫成人患者の一次治療薬として、オプジーボ(販売名:ニボルマブ)とヤ―
オシメルチニブ(タグリッソ)が肺がんの脳転移を抑制の画像

オシメルチニブ(タグリッソ)が肺がんの脳転移を抑制

【ロイター】タグリッソ(一般名:オシメルチニブ)は、英国の製薬会社アストラゼネカ社の売上首位の製品であるが、早期に診断された肺がんの特定の組織型において、脳への転移を遅らせると土曜日に発表された。 外科切除が可能な早期に診断され、いわゆるE
FDAがRET融合遺伝子を有する肺がんにプラルセチニブを承認の画像

FDAがRET融合遺伝子を有する肺がんにプラルセチニブを承認

2020年9月4日、米国食品医薬品局(FDA)は、FDAが承認した検査で検出された転移RET融合遺伝子陽性非小細胞肺がん(NSCLC)成人患者にプラルセチニブ(GAVRETO、Blueprint Medicines Corporation社
ESMOバーチャル会議2020:注目の演題の画像

ESMOバーチャル会議2020:注目の演題

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)年次総会(2020年9月19日~21日開催)の全演題を現在こちらで公開している。 【主要演題】 (LBA:当日発表)(O:口頭講演) ・非小細胞肺がん、上部消化管がん、乳がん、腎がん、前立腺がんの日常診療を変えう
ESMOが進行がんに対する「次世代シーケンシング」の使用を初めて推奨の画像

ESMOが進行がんに対する「次世代シーケンシング」の使用を初めて推奨

腫瘍内科の主要専門組織である欧州臨床腫瘍学会(ESMO)は、転移がん患者のための『次世代シーケンシング(NGS)』の使用に関する推奨を発表した。 「学会による次世代シーケンシング(NGS)の使用に関する推奨はこれが初めてです」と、フランス、