ASCO Breakthrough会議、日本開催:がん検出法の進歩、前立腺がんの性的健康に関する新知見を発表

米国臨床腫瘍学会(ASCO)

世界の腫瘍学専門家が集結して、米国臨床腫瘍学会(ASCO)Breakthrough会議が横浜市(日本)で開催される。この会議では、がんとともに生きる人々に対するケアを変えるがん医療技術の最先端の進歩と技術革新を探求する。

8月3日から5日まで日本の横浜市で開催されるASCO Breakthroughは、ASCO、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会、およびアジア太平洋地域の複数の関連学会によって企画・共催される。

ASCO Breakthrough会議では160以上のアブストラクトが発表される予定である。アブストラクトの表題は現在オンラインで入手でき、アブストラクト全文は7月31日(月)午後5時(米国東部時間)にwww.asco.org/bkth-abstractsで発表される。

ASCO Breakthroughプレスプログラム

以下のアブストラクトは、本会議の公式プレスプログラムの一環としてプレスリリースで取り上げる:

  • 消化器がん早期発見のための新しい手法、非侵襲的マルチターゲット便DNAメチル化解析(アブストラクト41) 
  • 監視型運動療法および自己管理型精神性療法の前立腺がん男性の性的健康に対する効果: ランダム化臨床試験(アブストラクト71)
  • コルポスコピー異常所見を検出する、人工知能による診断システムの開発(アブストラクト82)
  • 複数がん検出のためのctDNA解析の臨床的妥当性: 2,795人を対象としたベトナムの縦断的前向きコホート研究の中間報告(アブストラクト135)

上記のアブストラクトの著者は、8月3日(木)、4日(金)に横浜で開催される会議を現地で取材する記者に対し、研究結果を要約し質疑応答を行う予定である。

  • 監訳 榎本 裕(泌尿器科/三井記念病院)
  • 翻訳担当者 奥山浩子
  • 原文を見る
  • 原文掲載日 2023/07/18

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

がん研究に関連する記事

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果の画像

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果

ダナファーバーがん研究所意図せぬ体重減少は、その後1年以内にがんと診断されるリスクの増加と関連するという研究結果が、ダナファーバーがん研究所により発表された。

「運動習慣の改善や食事制限...
がん免疫療法薬の効果予測、より優れたバイオマーカーの画像

がん免疫療法薬の効果予測、より優れたバイオマーカー

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ免疫療法薬である免疫チェックポイント阻害薬に反応する患者の予測において、現在使用されている分子マーカーは必ずしも有効でない。その理由を、主に...
‘NCI-MATCH’ の次に来るものは?ー最新の精密医療がん臨床試験の画像

‘NCI-MATCH’ の次に来るものは?ー最新の精密医療がん臨床試験

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ8年以上前、NCIは、世界初の精密医療がん臨床試験であるNCI-MATCHに着手した。NCI-MATCHは、腫瘍に特定の遺伝子変異が存在する...
欧州臨床腫瘍学会(ESMO2023)速報:肺がん、子宮がん、膀胱がん、乳がん他の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO2023)速報:肺がん、子宮がん、膀胱がん、乳がん他

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)「最適ながんケアのための革新的研究を広めよう」という本年のキャッチフレーズを掲げた欧州臨床腫瘍学会(ESMO)会議2023が、2023年10月20日〜24日...