ASCOクオリティケア学会:がん治療の時間毒性、副作用を軽減する介入

米国臨床腫瘍学会(ASCO)

2023年米国臨床腫瘍学会(ASCO)クオリティ・ケア・シンポジウムの公式プレスプログラムが開催され、がん患者のQOLを改善する介入を探求した3つの研究が注目されている。介入には、ヨガに基づく支持療法、オンラインの心身フィットネスプログラム、テキスト情報に基づいたオンライン緊急度判定システムが含まれる。プレスプログラムに掲載された研究は、シンポジウムで発表される約500の抄録の一部である。

2023年ASCOクオリティ・ケア・シンポジウムでは、学際的な専門家や品質向上の先駆者たちが一堂に会し、今日の質の高い医療における最も重要な科学や話題について議論する。シンポジウムは10月28~29日にマサチューセッツ州ボストンで開催され、オンラインでも公開される。

放射線治療を受ける頭頸部がん患者に対する、ヨガに基づく支持療法: 3群ランダム化比較試験の結果。(抄録番号292)

がん診療の時間的負担を最小化するためのテキストベースの介入(TIME)。(抄録番号 301)

積極的ながん治療を受けている患者の予定外の入院を減らすことに関するオンラインの心身フィットネスプログラムの効果: 実用的ランダム化臨床試験。(抄録番号473)


発表演題の抄録集は9月26日(月)午後5時(米国東部時間)にASCO.org/qcs-abstractsで一般公開され、その時点で非公開が解除される。上記演題に関するプレスリリースが、本シンポジウムを取材する記者に公開される。

  • 監訳 東 光久(総合診療、腫瘍内科、緩和ケア/奈良県総合医療センター)
  • 翻訳担当者 青葉かお里
  • 原文を見る
  • 原文掲載日 2023/09/20

 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

 

がんに関連する記事

進行がん患者の終末期全身療法は予後を改善しないの画像

進行がん患者の終末期全身療法は予後を改善しない

MDアンダーソンがんセンター患者の希望に沿った支持的な終末期ケアに注力する医療提供者の重要性を強調する研究結果

進行が著しい固形がんを有する患者は全身療法を受けても全生存期間に有意な改善...
ストレス誘発性の免疫変化はがん転移を助長する可能性の画像

ストレス誘発性の免疫変化はがん転移を助長する可能性

過去数十年における研究から、お金の心配、仕事の問題、家族の緊張などの慢性的なストレスは、体内に化学変化を引き起こすことが証明されている。こうした変化は、血圧の上昇、炎症、特定のホルモン...
‘NCI-MATCH’ の次に来るものは?ー最新の精密医療がん臨床試験の画像

‘NCI-MATCH’ の次に来るものは?ー最新の精密医療がん臨床試験

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ8年以上前、NCIは、世界初の精密医療がん臨床試験であるNCI-MATCHに着手した。NCI-MATCHは、腫瘍に特定の遺伝子変異が存在する...
バーチャル マインドボディ・フィットネスが がん患者に予想外の効果の画像

バーチャル マインドボディ・フィットネスが がん患者に予想外の効果

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログがん治療中の人にとって、バーチャル・マインドボディ・フィットネス教室に参加することは、治療に伴う問題で入院するリスクが減るなど、重要な利点が...