泌尿器がん

FDAが腎臓癌治療の新治療を承認(ネクサバール)の画像

FDAが腎臓癌治療の新治療を承認(ネクサバール)

原文 進行腎細胞癌にFDAの新治療承認 米国食品医薬品局(FDA)はNexavar (sorafenibトシレート)を最も多いタイプの腎臓癌である進行した腎細胞癌の成人患者の治療のための新抗癌剤として承認した。 「進行した腎臓癌を治療するN
アバスチン®[Avastin](ベバシズマブ[bevacizmab])/腎細胞癌(RCC)におけるタルセバ/アバスチンの最新試験結果の画像

アバスチン®[Avastin](ベバシズマブ[bevacizmab])/腎細胞癌(RCC)におけるタルセバ/アバスチンの最新試験結果

キャンサーコンサルタンツ2005年11月サラ・キャノン・リサーチ・インスティテュートの研究者らは、タルセバ(エルロチニブ)とアバスチン(ベバシズマブ)の、転移性腎淡明細胞癌患者に対する最新の試験結果を報告した[1]。この研究は、18ヵ月の追
術後放射線によって前立腺癌の再発リスクが低下の画像

術後放射線によって前立腺癌の再発リスクが低下

Radiation After Surgery Cuts Risk of Recurrence in Prostate Cancer(Posted: 09/07/2005)The Lancetの2005年8月13日号によると、外科手術によっ
カルボプラチンがセミノーマに放射線より毒性が少ない可能性の画像

カルボプラチンがセミノーマに放射線より毒性が少ない可能性

Carboplatin May Be Less Toxic Than Radiation for Seminoma (Posted: 06/07/2004, Updated: 08/03/2005)July 23, 2005, issue
ゼローダ(カペシタビン)と放射線療法の併用は高齢または衰弱した膀胱癌患者に有効の画像

ゼローダ(カペシタビン)と放射線療法の併用は高齢または衰弱した膀胱癌患者に有効

キャンサーコンサルタンツ 2005年8月ウェイン州立大学の研究発表によると、ゼローダ(カペシタビン)と放射線療法の併用は手術やPlatinol(シスプラチン)をベースとした化学療法の対象とならない高齢または衰弱した膀胱癌患者にとって忍容性と
Provenge/Provenge®、ホルモン不応性前立腺癌の生存率を改善の画像

Provenge/Provenge®、ホルモン不応性前立腺癌の生存率を改善

キャンサーコンサルタンツ2005年5月第3相臨床試験の結果、免疫刺激ワクチンProvenge (APC 8015)がホルモン不応性前立腺癌の生存率を改善した。これらの結果は、2005年ASCO会議で報告された。 Provengeは
ネクサバール(sorafenib、BAY43-9006)/Sorafenibが転移性腎細胞癌の無進行生存率を改善の画像

ネクサバール(sorafenib、BAY43-9006)/Sorafenibが転移性腎細胞癌の無進行生存率を改善

キャンサーコンサルタンツ 2005年5月フランスの研究者が2005年ASCO年次総会で以下の内容を発表しました。「生物薬sorafenib(BAY 43-9006)が転移性腎細胞癌の患者の治療に低毒性で無進行生存率を有意に改善しました」 &