米国国立衛生研究所(NIH)の研究者は稀な腎臓癌に対し新たな見解を示す

NCIニュースノート

米国国立衛生研究所(NIH)の研究者らは、遺伝性の稀な腎臓癌に特異的な特徴を発見したが、これは、癌の進行および転移に対しより理解を深め、新たな標的療法の開発のための基盤を固めることにつながる可能性がある。Eunice Kennedy Shriver米国国立小児保健・人間発達研究所(NICHD)のTracey Rouault医師と米国癌研究所(NCI)のW. Marston Linehan医師が、2011年9月12日発行のCancer Cellにてその発見について報告している。

遺伝性平滑筋腫症-腎細胞癌(HLRCC)と呼ばれる遺伝性癌症候群は、細胞における主要なエネルギー産生要素であるミトコンドリアの中で働く重要な酵素の欠質を特徴とする。HLRCC患者は、より基本的であるが効率は悪い好気的解糖として知られる代謝経路を通して、糖の消費を増加させることによってこのミトコンドリア機能の損失を補っている。さらに、HLRCC腎癌由来の細胞も、AMPKとして知られる代謝のスウィッチの活性を抑えることにより代謝を変えていることを研究者は発見した。AMPKは、細胞を増殖させ、効率のよい癌増殖のため重要な脂肪酸合成を増加させる。急速な脂肪酸産生および貯蔵のスウィッチは、これらの細胞の転移を可能にし、あるいは癌においてワールブルク効果と呼ばれる好気的解糖を特徴とする、腎腫瘍や他の腫瘍の活発な増殖に対して重要な鍵となるであろ

翻訳担当者 滝川俊和

監修 榎本 裕 (泌尿器科)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

腎臓がんに関連する記事

腎がん術後キイトルーダの延命効果が初めて試験で示されたの画像

腎がん術後キイトルーダの延命効果が初めて試験で示された

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解「KEYNOTE-564試験の最新結果は、腎臓がんの術後療法におけるペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)の有効性に焦点を当て...
体幹部定位放射線治療(SBRT)が早期腎臓がんの重要な治療法となる可能性の画像

体幹部定位放射線治療(SBRT)が早期腎臓がんの重要な治療法となる可能性

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ一部の腎臓がん患者にとって、体幹部定位放射線治療(SBRT)と呼ばれる治療法は、手術が選択できない場合に非常に有効な治療法と考えられることが...
ベルズチファンはエベロリムスより進行腎がんの予後を改善の画像

ベルズチファンはエベロリムスより進行腎がんの予後を改善

ダナファーバーがん研究所免疫チェックポイント阻害薬および抗血管新生薬による治療歴のある患者において、新たな安全性の懸念が生じることなく無増悪生存期間が改善した

第3相臨床試験において、ベ...
進行腎臓がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の逐次投与を強く否定する研究結果の画像

進行腎臓がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の逐次投与を強く否定する研究結果

ダナファーバーがん研究所研究の概要

表題:免疫チェックポイント阻害薬による治療の後進行した転移性腎細胞がんに対するアテゾリズマブ+カボザンチニブ併用療法とカボザンチニブ単独療法の有効性と...