がん治療

《がん治療の副作用》男性がん患者のセクシュアルヘルスの画像

《がん治療の副作用》男性がん患者のセクシュアルヘルス

がんの治療を受けている男性は、治療中、ときには治療後に、性生活に影響を及ぼす変化を経験することがあります。治療前のような性的活動への気力や関心はなくなる可能性がありますが、それでも、配偶者やパートナーと性的関係を持ち親密感を得ることはなおさ
《がん治療の副作用》女性がん患者のセクシュアルヘルスの画像

《がん治療の副作用》女性がん患者のセクシュアルヘルス

*原文を日本語で表示させるには画面右上にあるブラウザの設定で自動翻訳機能をONにしてください がんの治療を受けている女性は、治療中、ときには治療後に、性生活に影響を与える変化を経験することがあります。治療前のような性交渉への行動力や関心はな
モノクローナル抗体はがんをどう治す?の画像

モノクローナル抗体はがんをどう治す?

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ モノクローナル抗体はがんをどのように治すのでしょう?この動画は、ト
FDAが固形腫瘍のNTRK融合遺伝子の特定にFoundationOne CDx診断検査を承認の画像

FDAが固形腫瘍のNTRK融合遺伝子の特定にFoundationOne CDx診断検査を承認

2020年10月23日、米国食品医薬品局(FDA)は、ラロトレクチニブ(販売名:VITRAKVI、Bayer Healthcare Pharmaceuticals, Inc.社)の治療対象となる固形腫瘍患者の腫瘍組織標本から単離されたDNA
がんのリハビリテーションとはの画像

がんのリハビリテーションとは

がんとその治療は、身体的、心理的、認知的な問題を引き起こすことがよくあります。 これらの問題により、日常の活動や、仕事への復帰が困難になる可能性があります。さらに健康への影響が持続することもあります。 がんのリハビリテーションは、治療中や治
一部の「不活性」医薬品成分が、生物学的に活性である可能性の画像

一部の「不活性」医薬品成分が、生物学的に活性である可能性

医薬品成分に対するより厳格な再調査の必要性が、包括的な実験室での研究により指摘される 着色料や防腐剤など、一般的な医薬品に含まれると考えられる不活性成分の一部は、生物学的に活性である可能性があり、予期せぬ副作用を引き起こす可能性があることが
陽子線治療は通常の放射線治療より安全かの画像

陽子線治療は通常の放射線治療より安全か

放射線治療の一種である陽子線治療は、進行がんの成人例に対して、通常の放射線治療と同じくらい安全で効果的であるとの知見が、既存の患者データを使用し、2種類の放射線治療を比較した研究から得られた。 通常の放射線治療では、X線、つまり光子のビーム
がん治療としての運動プログラムの処方の画像

がん治療としての運動プログラムの処方

========= 2019年10月16日、米国スポーツ医学会(ACSM)が招集した専門委員会は、がんの予防とサバイバーシップにおける身体活動と運動の役割に関する最新のガイダンスと推奨事項を発表した。ペンシルベニア州立大学医学部公衆衛生学科
がんサバイバーのがん関連認知障害の画像

がんサバイバーのがん関連認知障害

発見および管理戦略 がん関連の認知障害は化学療法に限定されない。ある集学的アプローチにより、その複雑なメカニズムに関する知識が向上した。現在、がん患者やサバイバーが認知障害に対処し、生活の質(QOL)を改善できるように、認知リハビリテーショ
がん患者の血栓(深部静脈血栓症:DVT)予防の画像

がん患者の血栓(深部静脈血栓症:DVT)予防

【1】がん患者とがんサバイバーは、静脈血栓の発生リスクが高く深刻な健康問題が生じる場合があります 深部静脈血栓症(DVT)とは、深部静脈で血栓が形成されることです。こうした血栓は通常、下腿、膝、骨盤で発生しますが、腕で発生する可能性もありま
化学療法による末梢神経障害は、オンコロジーマッサージ療法で疼痛軽減の画像

化学療法による末梢神経障害は、オンコロジーマッサージ療法で疼痛軽減

専門家の見解 「化学療法によって誘発される末梢神経障害(CIPN)は最も苦痛で長期にわたり持続する、生活の質(QOL)への影響が大きいがん治療の副作用の一つです」と2019年Supportive Care in Oncology Sympo
1回の採血でがんを判別できる新検査技術の画像

1回の採血でがんを判別できる新検査技術

ASCOの見解 「がんの症状がなく、特にリスクが高い人のがんを判別できる血液検査で、正確ながんスクリーニングや早期の判別を容易にすることにより、がん診断を変えることができるでしょう。さらに研究を進める必要があるものの、今回明らかになった結果
リキッドバイオプシーにより免疫チェックポイント阻害薬が奏効しうる患者の特定が可能にの画像

リキッドバイオプシーにより免疫チェックポイント阻害薬が奏効しうる患者の特定が可能に

検査に誤り訂正を採用して精度を高める 米国がん学会の定期刊行物であるClinical Cancer Research誌で発表された結果によると、新たなリキッドバイオプシー検査によって、マイクロサテライト不安定性(MSI)および腫瘍遺伝子変異
AIツールによる画像検査報告により、がんの転帰を判定の画像

AIツールによる画像検査報告により、がんの転帰を判定

ダナファーバーがん研究所の研究者らは、肺がん患者の非構造化型の放射線レポートから腫瘍変化に関する臨床情報を抽出することにおいて、人工知能(AI)ツールが、人間のレビュアーと同等レベルで、なおかつはるかに迅速に実行できることを立証した。 AI
新しい抗がん剤、新たな副作用、がん免疫療法の合併症の画像

新しい抗がん剤、新たな副作用、がん免疫療法の合併症

近年、免疫療法(がんを検出し、破壊する免疫機能を向上させる治療)の恩恵を受けるがん患者数が増加している 免疫チェックポイント阻害薬やCAR-T細胞療法を含むこれら新規免疫療法に対して、顕著で長期的な奏効を示す患者がいる。また、まれに免疫療法
EMAが、フルオロウラシル関連医薬品による治療前の患者スクリーニングの検討を開始の画像

EMAが、フルオロウラシル関連医薬品による治療前の患者スクリーニングの検討を開始

2019年3月15日、欧州医薬品庁(EMA)は、フルオロウラシル(5-フルオロウラシルまたは5-FUとしても知られる)含有医薬品、およびそれに関連する医薬品であるカペシタビン、テガフール、フルシトシン(これらは体内でフルオロウラシルに変換さ
がん患者の血栓予防に関するCASSINI試験データの画像

がん患者の血栓予防に関するCASSINI試験データ

試験データにより、血栓を発症するリスクが高いがん患者の診断、予防、治療のための新ガイドライン策定か 高リスクのがん患者の血栓を予防する直接経口抗凝固薬リバロキサバンの使用について検討した最初の臨床試験が2019年2月21日号のNew Eng
ローゼンバーグ博士による免疫療法研究の画像

ローゼンバーグ博士による免疫療法研究

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ なぜ免疫療法は今日これほどがん研究で注目の分野なのでしょうか? 
がんの分子標的薬の画像

がんの分子標的薬

がんの分子標的薬とは何ですか? がんの分子標的薬の標的をどのように特定しますか? 分子標的薬はどのようにして開発されますか? どのような種類のがんの分子標的薬を受けられますか? 分子標的薬の対象患者をどのように決定しますか? がんの分子標的
がんに対するバイオ医薬品の画像

がんに対するバイオ医薬品

バイオ医薬品とは何でしょうか? 免疫系とは何でしょうか? 免疫系はがんを攻撃できますか? どのような種類のバイオ医薬品ががん治療に使用されますか? バイオ医薬品の副作用にはどのようなものがありますか? がん免疫療法に関する現行の研究はどのよ
免疫療法:免疫系を使ったがん治療の画像

免疫療法:免疫系を使ったがん治療

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ 免疫療法では、体が持つ免疫系を利用してがんを攻撃します。この動画で
免疫療法を理解するの画像

免疫療法を理解する

【Cancer.NET 免疫療法】  免疫療法を理解する 免疫療法の副作用 分子標的治療および免疫療法への副作用 がんワクチンとは何ですか? 免疫療法を理解する Cancer.Net Editorial Board、2018年5月承認 免疫
心疾患―がん治療の心臓副作用の研究の画像

心疾患―がん治療の心臓副作用の研究

およそ100人の研究者らが、6月にメリーランド州ベセスダの米国国立衛生研究所(NIH)のキャンパスで行われた研究会に参加した。それは一部のがん治療において、重要であるが正しく評価されていない副作用である心疾患についての研究会であった。 特定
免疫療法の副作用の画像

免疫療法の副作用

【Cancer.NET 免疫療法】 免疫療法を理解する 免疫療法の副作用 分子標的治療および免疫療法の皮膚への副作用 がんワクチンとは何ですか? 免疫療法の副作用 Cancer.Net Editorial Board、2018年1月承認 免