がん治療

OncoLog 2014年5月号◆新たな治療でALアミロイドーシス患者の転帰改善に期待の画像

OncoLog 2014年5月号◆新たな治療でALアミロイドーシス患者の転帰改善に期待

MDアンダーソン OncoLog 2014年5月号(Volume 59 / Number 5)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog2014年2月号◆House Call「食品と薬の相互作用を避ける」の画像

OncoLog2014年2月号◆House Call「食品と薬の相互作用を避ける」

MDアンダーソン OncoLog 2014年2月号(Volume 59 / Number 2)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
肥満患者は十分量の化学療法剤を投与されていない可能性があるの画像

肥満患者は十分量の化学療法剤を投与されていない可能性がある

キャンサーコンサルタンツ米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、殺細胞性化学療法剤を体重から算出した最大投与量で肥満患者の治療に使用することを推奨するガイドラインを採用することになった。肥満患者が不十分な化学療法剤の投与を受けることが多いことを示す
OncoLog2013年8月号◆癌標的療法が放射線抵抗性を克服する可能性の画像

OncoLog2013年8月号◆癌標的療法が放射線抵抗性を克服する可能性

MDアンダーソン OncoLog 2013年8月号(Volume 58 / Number 8)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
OncoLog2013年3月号◆呼吸器学の進歩により、癌の診断と治療が容易にの画像

OncoLog2013年3月号◆呼吸器学の進歩により、癌の診断と治療が容易に

MDアンダーソン OncoLog 2013年3月号(Volume 58 / Number 3)  Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL
従来の腫瘍生検に比べ、癌のドライバー遺伝子変異のスクリーニング血液検査ではより包括的な情報が得られるの画像

従来の腫瘍生検に比べ、癌のドライバー遺伝子変異のスクリーニング血液検査ではより包括的な情報が得られる

• 精密な血液DNA検査により、より有益な癌遺伝子変異の概要を得た • 血液検査では同一患者の腫瘍サンプルを検証するより詳細な全体像を得られた。 • 血液検査に基づく遺伝子変異の概要は標的治療の個別化に役立つ可能性がある • 血液検査は癌の
FDAが特定の癌患者のリンパ節検出にLymphoseekを承認/FDAニュースの画像

FDAが特定の癌患者のリンパ節検出にLymphoseekを承認/FDAニュース

FOR IMMEDIATE RELEASE:2013年3月13日 Media Inquiries: Stephanie Yao, 301-796-0394 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAが特定の癌患者
2012年診療の質シンポジウムより、癌診療の質の向上についての研究発表ハイライトの画像

2012年診療の質シンポジウムより、癌診療の質の向上についての研究発表ハイライト

速報 バージニア州アレキサンドリア発―2012年診療の質シンポジウムで発表される5つの追加的研究が、癌診療がもたらす治療の質をいかにして改善できるかについてのヒントを提供する。このシンポジウムは11月30日から12月 1日まで、サンディエゴ
成人癌患者における発熱・好中球減少症の管理に関する新ガイドラインの画像

成人癌患者における発熱・好中球減少症の管理に関する新ガイドライン

ASCOが成人癌患者における発熱・好中球減少症の管理に関する新ガイドラインを発表、また国際小児好中球減少症ガイドライン(International Pediatric Neutropenia Guideline)を承認    上記のガイドラ
2013/01/08号◆スポットライト「化学療法はどのように作用するか、その神話を崩す」の画像

2013/01/08号◆スポットライト「化学療法はどのように作用するか、その神話を崩す」

同号原文|NCIキャンサーブレティン一覧 NCI Cancer Bulletin2013年1月8日号(Volume 10 / Number 1) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pd
抗鬱薬サインバルタが化学療法後の疼痛を和らげる可能性の画像

抗鬱薬サインバルタが化学療法後の疼痛を和らげる可能性

キャンサーコンサルタンツイリノイ州シカゴで開かれた2012年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で発表された試験結果によると、抗鬱薬のサインバルタ(デュロキセチン)は、タキサンまたは白金製剤を用いた化学療法に伴う、しびれやうずきを軽減すると
ASCOガイドライン、肥満患者への化学療法剤適正量の計算に実体重使用を推奨の画像

ASCOガイドライン、肥満患者への化学療法剤適正量の計算に実体重使用を推奨

ASCOガイドライン、肥満患者への化学療法剤適正量の計算に実体重使用を推奨 速報 問い合わせ先: Aaron Tallent 571-483-1371 Aaron.Tallent@asco.org   アレキサンドリア(バージニア州) ― 
インサイドNCI:放射線研究について Dr. Norman Coleman氏が語るの画像

インサイドNCI:放射線研究について Dr. Norman Coleman氏が語る

  米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 ◆─────────────────◆ NCI「放射線研究プログラム」統括研究者であるDr. Norm
2011/09/06号◆コメンタリー【動画】「インサイドNCI-放射線研究についてDr. Norm Coleman氏は語る」の画像

2011/09/06号◆コメンタリー【動画】「インサイドNCI-放射線研究についてDr. Norm Coleman氏は語る」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2011年9月06日号(Volume 8 / Number 17) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ____________
ケモブレインが起きた患者の多くは5年以内に回復するの画像

ケモブレインが起きた患者の多くは5年以内に回復する

キャンサーコンサルタンツ化学療法後に思考が不明瞭になる、物覚えが悪くなるといった症状を呈するケモブレイン(chemo brain)に関して、患者の大半では、こうした症状は時間とともに大幅に改善するという研究結果が示された。しかしながら、一部
ビスフォスフォネート剤の長期服用と非定型大腿骨骨折の関連性の画像

ビスフォスフォネート剤の長期服用と非定型大腿骨骨折の関連性

キャンサーコンサルタンツJournal of the American Medical Association誌が発表した研究によると、骨粗鬆症治療薬ビスフォスフォネートの長期服用は非定型大腿骨骨折リスクを増大させる可能性がある。しかし、こ
2011/03/08号◆各界のトピック「ルーチンCT検査時の放射線被ばくを大幅に低減」の画像

2011/03/08号◆各界のトピック「ルーチンCT検査時の放射線被ばくを大幅に低減」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2011年3月8日号(Volume 8 / Number 5) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 PDFはこちらからpicture_as_pdf ______________
FDAがモバイル機器向けに初の放射線診断学用アプリケーションを承認の画像

FDAがモバイル機器向けに初の放射線診断学用アプリケーションを承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2011年2月4日 Media Inquiries: Erica Jefferson, 301-796-4988 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDAFDAがモバイル機
2011/02/08号◆特集記事「ベバシズマブ、化学療法との併用は死亡率上昇と関連」の画像

2011/02/08号◆特集記事「ベバシズマブ、化学療法との併用は死亡率上昇と関連」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2011年2月8日号(Volume 8 / Number 3) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜PDFはこちらからpicture_as_pdf _______________
腫瘍タンパク値が癌の進展の可能性を示すの画像

腫瘍タンパク値が癌の進展の可能性を示す

NIH (米国国立衛生研究所)ニュース米国国立衛生研究所(NIH)の研究者らは治療方針の決定に役立つ検査法の開発を目指している 2011年2月1日米国国立衛生研究所(NIH)と香港大学の研究者らは、ある特定のタンパク質の値が癌細胞で高いこと
2010/01/26号◆クローズアップ「画像診断による癌リスク」の画像

2010/01/26号◆クローズアップ「画像診断による癌リスク」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2010年1月26日号(Volume 7 / Number 2) 〜日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中〜 ____________________ ◇◆◇ クローズアップ ◇◆◇
2009/12/15号◆クローズアップ「循環腫瘍細胞(CTC)検査の実用化に向けて」の画像

2009/12/15号◆クローズアップ「循環腫瘍細胞(CTC)検査の実用化に向けて」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2009年12月15日号(Volume 6 / Number 24)  ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ ____________________ ◇◆◇クローズアップ◇◆◇
放射線治療における嘔気・嘔吐の前向き観察試験:イタリア45カ所の放射線治療施設で集められた1,020名の患者の解析の画像

放射線治療における嘔気・嘔吐の前向き観察試験:イタリア45カ所の放射線治療施設で集められた1,020名の患者の解析

A prospective observational trial on emesis in radiotherapy: Analysis of 1020 patients recruited in 45 Italian radiation
2009/09/08号◆クローズアップ「がんに対する陽子線治療:新技術の概要」の画像

2009/09/08号◆クローズアップ「がんに対する陽子線治療:新技術の概要」

同号原文| NCI Cancer Bulletin2009年09月08日号(Volume 6 / Number 17) ~日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~ PDFはこちらからpicture_as_pdf ___________